「おそ松さん」の音楽がクオリティ高すぎる件

しばらくブログの更新をサボってしまった。

 

その間に何をしていたかと言うと
本土から来た民泊コミュニティの人と情報共有したり、
GIDの交流会に行っていたり、
逆に一人でいる時はアニメばっかり見ていたりした。

 

月の初旬は九州へ旅行にも行ったし
とにかく濃い1ヶ月だった。

 

なので、吸収したぶん
一つ一つ出していかないとな。な!

 

とか言ってまたサボるんだけどな。なぁぁぁあああ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!

 

…ってなわけで、
今日は今ハマっているアニメについて語っていこうかな。

 

実を言うと、今更ながら「おそ松さん」にハマってしまった。

 

元々ああいうブラックジョークやパロディを盛り込んでいるアニメは好きだし、
もちろん1期の時も見ていたのだけど、
有料動画サイトで2期を見て
「あ、やっぱり面白いな」と思って
また1期のアニメを見返して、
「あ、すっげー面白い、てかこんな場面あったっけ」
って懐かしくもすごく新鮮な気持ちになったのだ。

 

アニメを見ているうちに気になることが出てきたので、
インターネットに散らばっている色んな人の考察を漁っていた。
他の人の意見で当時は気づかなかったことを知ったり、
キャラに対する理解を深めたり、
気になるシーンをまた見返したり、
その作業がただただ楽しかった。
(元々廃人だから一度アニメにハマってしまうと
他のことが疎かになるなど結構重症化する。笑)

 

 

2期になるとキャラクターのキャラも1期の時より安定してきて、
魅力も増してきたような気がする。

 

特にカラ松。

 

個人的に1期の24話を見てから株が急上昇だし
2期はサラッと毒舌言う場面が多くて最高だった(笑)
サマー仮面のワケわからなさも良いし。

 

サマー仮面「どうしたんだお前達情けないぞ! 完全にサマーの暑さにやられてるじゃないか!」
チョロ松「いやお前の頭の方だろ。暑さにやられてるのは」
サマー仮面「ワオワオワオ! 4000サマー!」
チョロ松「基準がわかんない」

 

↑この部分すごく好き(笑)。

 

個人的に好きな一松も1期の時よりキャラ作りで空回っている感じがしなかったし、
穏やかになっててよく笑うし、安心して見ていられた。
一見合わないチョロ松と一緒にいると逆に朗らかで素直になるというのも
適度な距離のある兄弟の自然な関係性って感じがして微笑ましかった。

 

ただ、ギャグ全体としては1期のほうが丁寧な作り込みをしていたという印象だったな。
それでも「こぼれ話」のチャントシターやカラピノ、アライグマ十四松など好きな作品も多い。

 

あと、2期は音楽のクオリティにビックリした。

 

とにかく挿入歌が多い!!!!

 

サマー仮面が去っていく時に口ずさんでいた意味不明な曲もだし、
「ちゃんとした合体のテーマ」「イルカになった青年」など、
中毒性高い曲が多くて、個人的に好きな曲もたくさん。
「らりーるれろーりらー♪」も!!(←ファンの人ならなんの曲かわかるはず笑)

 

サウンドトラックも出るみたいだし買おうかな〜って悩んでる。

 

 

元々弐寺やポップン、ドラクエみたいなゲームのサウンドトラックはよく買うんだけど、
アニメのサウンドトラックは購入したこと無いのだ。

 

強いて言えばポケモン全盛期のときの主題歌「めざせポケモンマスター」くらい。
でもこれはあくまで「主題歌」であってサウンドトラックではないしな…。

 

あ、そうそう。

 

おそ松さんが放送された当初のOP曲「はなまるぴっぴはよいこだけ」は
あさきさんと96さんコンビってのも当時は非常にビックリしたんだ。
一般的にはあまり知られていないかもだが、音ゲーマーならほぼ誰でも知っているお二人である。

 

 

この曲、OPの映像がどうも印象が強いんだけど、ダンスもすごいクオリティ高いんだぞ…。
おそ松さん特有のギャグの雰囲気を醸し出しつつ複雑かつ激しいこの動き…芸術品そのもの。

 

 

 

ちなみにあさきさんの「神曲」は音ゲーファン以外の方にもぜひ聴いてほしい神盤。
「はなまるぴっぴ」のあの不思議で難解な歌詞も、
おそ松さんの一見単純なようでいて実は複雑な世界観を表しているように思うし、
実際歌詞の解釈にも興味があって色々漁っている。

 

 

2期のエンディングテーマも大槻ケンヂ氏が関わっているのもまたすごい。

てか、この曲に参加しているメンツ自体めちゃくちゃ豪華だな。吉井さんいるし。

 

 

 

ちなみに同氏が音楽で関わっていたアニメとしては「絶望先生」もあったよな。懐かしい。

 

 

このCDは参加している声優陣の歌唱力が全体的に高いというのもあるけど、
これだけ素晴らしい音楽を提供してくれるアニメがあるのに、
アニメを見ない人にとってはそれを知らない人も多いと思う。
それはV系などのジャンルにも共通していることではあるんだけどね。

 

だから僕は好きになったアニメや音楽については
「好き」という気持ちをどんどん発信していきたいと思っている。

 

「自分の好きなもの共有すること」、
それが自分の幸福度を上げるということを
最近になって気がついたんだ。

 

それに僕自身、大好きな音楽とアニメを掛け合わせて、
新しいエンターテイメントを生み出したいという野望がある。
なので、音楽に力入れているアニメはどんどん推していきたいよね!

 

てなわけで、今回は音楽がメインになったけど、
「おそ松さん」にしても他にハマったことがあるアニメにしても、
今後自分なりに調べたこととか、イラストだとかをどんどん出していけたらなぁと思う。

 

 

お楽しみに〜。

ポプテピピックがクソ魅力的なアニメすぎる

ポプテピピックって今大人気のようだね。

 

 

ポプ子とピピ美の絵柄でコリュ(ブログ主)を描いてみた。
ピピ美は継ぎ足しただけという手抜きのクソリティ(クソなクオリティ)。

 

 

僕も第1話をニコニコ動画で見たのだけれど、
これがめちゃくちゃ面白くて、
dTVを契約して最終回まで一気に見た。(30日間は無料のようなので)

 

ポプテピピックに惹かれたのは、
単に自分好みというのもあるが、
以下の記事に興味を持ったからである。

 

ビジネスモデルの形態として、ぜひチェックしておきたいなと思って。

 

 

この作品は上記の記事にもあるように、
配信サイトを積極的に使っているのも大きいのかもしれない。

 

昔は見たいアニメや映画作品を見たいと思って、
DVDを借りにお店まで足を運んでも、

 

そのお目当ての作品が借りられてしまっている…
もしくは扱われてもいない…

 

なんて悲しいことがたくさんあったけど、
今は有料の動画サイトがたくさんあって
見たい時にいつでも見たい作品を見られるから便利だよね。

 

好きなアニメや流行っているアニメをリアルタイムで見たいと思う人は
たくさんいるだろうし、
そんな時にDVDの発売なんて待っていられないだろうし、
わざわざ借りに行くのも面倒だし、
特別ファンなわけでもないからDVDを買うまでもないだろうし、
特定の動画サイトでしか配信されていないと不便だろうし。

 

そんな時にたくさんの動画サイトで、最新のアニメを見られるというのは有難い。

 

そして、このアニメの特徴といえば、
何と言っても同じ内容を同じ回で再放送して、
1回目と2回目では異なる声優を起用することである。

 

一方で声優があまり話さない部分に関しては
ちょっとした変化が施されていて、
視聴者を飽きさせない工夫がされている(11話など)。

 

 

普通、30分アニメを制作をする際はその尺分の労力と人手が必要と思うけど、
このアニメの場合、同じ15分アニメを声優を変えて2回分放送しているので、
作業自体を減らして、かつ視聴者が飽きること無い工夫を施しているのかなと思った。

 

その分大御所声優や人気声優を起用するなど、キャストにお金をかけているのだろうか。

 

発想としても前代未聞だし、実験的な要素も強いけど、
上手く視聴者の心を掴んでいるなという印象だ。

 

実際にここ最近Twitterでポプテピピック関連の呟きが見られない日はない。

「ヘルシェイク矢野」という謎の人物の登場だけで
大きな反響が得られるのは非常に驚きである。

 

作品自体も既存のパロディや作品を上手く使っていることで、
時に起用した声優と関連付けていることで、
市場での話題性を独占しているんだろうな。

 

 

…とりあえず今日はここまでにして、
次回はより踏み込んだ内容を語っていけたらと思う。

(僕はアニメについてそこまで詳しくないから
あまり期待はしないでほしいけど)

 

 

とりあえずこのアニメを見て思ったこと。

 

 

もっとこのブログももっと好き放題やろう、そうしよう。

 

 

ひと目に触れるブログだからって
別に良いこと言わなくたって良いんだよね。

 

完ぺきは目指さない。

 

言葉が足らなくたって良い。

 

ありのままのクソな自分を発信していけば良いのさ。

 

 

楽しんでいる人や皆が楽しんでいるのが伝わる作品って、
いつの時代でもクソ魅力的だしね!