2019年2月縄会@美ら縄アート&3月の縄会お知らせ

那覇市内某所

月一で行われる秘密の緊縛サークル…

美ら縄アートさんで久々の縄会。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


ガッツリ練習するのは昨年の10月以来なので本当に久しぶり。

 

アドバイスをいただき、今更ながら留めが足りないことがわかったので

次回は意識したい。

 

 

前回の様子↓

 

 

11月はイベントが大成功に終わって本当に良かった。

 

イベントで初めて物販をやらせていただけるという貴重な経験もしたしね。

2019年のイベントもぜひお楽しみに!

 

 

参考までに2018年11月のイベント(主に物販)はこちら↓

 

 

 

 

 

 

ただ一つ難点が…

 

 

圧倒的にモデルが足りない!!!!笑

 

 

…というわけで縛られたい方、いつでも募集中。

 

 

さて…

 

ここでお知らせを…

 

 

 

2019年3月2日(土)19時〜、那覇市内の某所で縄会やります!!

 

 

初めての方の参加も大歓迎!

女性はお一人の参加も可能ですが、男性は女性一名の同伴が必須となります。

もちろんMTFの方は女性として扱います。

その他セクシュアルマイノリティなどの事情がある方はお気軽にご相談ください。

なお、私達は着衣の緊縛美を追求する健全なサークルなのでその点ご了承願います。

 

参加希望の方に改めて場所の詳細をご連絡します。

 

↓参加希望、お問い合わせは美ら縄アートさんまでよろしくです。

 

 

View this post on Instagram

 

美ら縄アートさん(@cyuranawa_art)がシェアした投稿

相変わらず美しい作品の数々。

 

女将の官能小説も好評連載中!!

 

少しでもビビッときたあなたは

ぜひこの世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか…?

カラーセラピーを受けてきた

「カラーセラピー」というものを、友人にやってもらった。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

カラーセラピーは色彩心理学を用いて

その人の心の状態などを判断するものだ。

 

 

疲れたらなんとなく「肉が食べたい」とか

栄養が足りないなと感じたら「野菜が食べたい」とか

誰しもこのような経験はあるかもしれないが、

それにもちゃんと心理学的な意味があって

色から連想するもので食べたいものを決めているのだとか。

 

 

食べ物だけじゃなくて、

普段僕たちが何気なく選んだ色にも意味がありそうだよね。

 

 

そう考えたら面白いかも。

 

 

例えば、雑貨などを買うときに、

「自分の好きな色は青なのに、何故か赤を選んでしまった。」

という経験は誰しもあることだろう。

 

そんな時は自分の心理状態が、

選んだ色に反映されているのかもしれないね。

 

 

さて、今回受けたカラーセラピーでは

自分が知らない「潜在意識の自分自身」を知ることが出来るのだとか。

 

 

僕の潜在意識は一体どんな感じなのだろうか。

 

 

ドキドキ。

 

 

さっそく見ていこう。

 

 

 

 

【注意!】

※以下、カラーセラピーの感想を書いていますが、

ネタバレになる可能性があります。

選んだ色に対する結果がはっきりわからないようぼかした表現をしてますが、

これから受けようとしている方は自己責任で御覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、カラーセラピーは2回の構成で成り立っているのだが、

僕が選んだ色はそれぞれこちらである。

 

 

 

 

 

これら一連のカラーセラピーを受けた率直な感想として、

自分の生きにくさがなんとなくわかった。

 

 

なぜ僕が生きにくいのかと言うと、

本来なら僕の魂は高い精神性を持っていて

束縛を嫌い自由な発想をするような奴だそうだが…

 

 

クールに生きていきたいのもあり、

波風立てず周囲と調和していたいのもあり、

さらに、真面目ということもあり、

常識からはみ出ないように、型にはまろうとして

自分の気持を抑えつけてしまう傾向にあるようだ。

 

 

そのため、「ああしたい!」「こうしたい!」と思っていても、

少し逸れた行動をしただけで罪の意識を感じてしまうようだ。

 

 

洞察力があり先見の眼があるから

「こうすればよいのになぁー」と思うことがあっても

それを伝えられないものだから、

そんな自分を歯がゆく思うこともあるそうだ。

 

 

せめて型にはまった状態のままで、

幸せに生きられるタイプだったら良いんだけどね。

残念ながらそうじゃないんだよな(笑)。

 

 

チャレンジ精神旺盛というか、

他の人がなかなか経験しないような変わった体験や

自分がまだ足を踏み入れたことがない世界など、

色んなことに首突っ込みたがるしな(笑)。

好奇心も旺盛だし、

クールぶって落ち着いてるように見えるが

実はとにかく落ち着かない子供なのである。

 

 

自分の潜在意識がそれを求めているのなら、

自分が退屈、平凡、堅苦しいと感じる周囲の意見や叱責なんか

「うるせぇだまれ!」と一蹴して

むしろ一切聞かないほうが良いのかもしれない。

本当に必要な忠告やアドバイスだけをありがたく受け取れば良いし。

 

 

本当の僕はもっと枠にはまらないで良いんだ、

世間の基準なんか気にしないで良いんだ、

自分の直感を信じて、「好き」「嫌い」で決めて良いんだ。

 

そうやって自分に許しを与えられるようになったよ。

 

 

また、長年「この方法で良いのか?」と悩み苦しみながら

自分のやりたいこと実現に向けてやれることをコツコツと続けていたわけだが、

 

 

「今のやり方で良いんだ」

「自分を信じてこのまま突き進もう」

 

…と強い確信を得ることが出来た。

 

 

 

潜在意識は全てを知っている。

 

それは目に見えないものだが、

色が自分にメッセージとして教えてくれるのだ。

 

 

 

今もしすぐに実現できないことがあっても

今は勉強をしていったり、人間関係を構築していったり

種まきの時期だと思ってコツコツと続けていけばよいわけだし、

 

以前まいた種があるのならば、それを育て続け、

収穫の時期…つまりに夢実現に向けて大きく成長させていこう。

 

 

叶わない夢は想像すらできないわけだし、

自分は描いた想像を現実にする力がある、

それはなかなか出来ないことだし、

もしかしたら僕の生き方を馬鹿にして笑う人もいるだろう。

 

 

それでも、自分が持つ無限大の力を、

自分の可能性を信じて良いんだって思えた。

 

 

だから、今は一つ一つの目標を達成させながら、

自分がサポートできる人を探していくことに集中しよう。

 

 

そこからまた和が広がって様々な奇跡が起こるかもしれない。

 

 

一人では叶えられなかったことも、

皆の力を借りれば叶えられることが出来る。

 

 

もう一人で抱え込まなくて良いんだって思うようになった。

 

 

疲れたりしんどくなったり行き詰まったりしたら

遠慮なく「無理」と言って良いし、休んで良い。

 

そのワガママを聞いてくれる人だけと付き合っていけば良いんだ。

 

 

「この人には良い面もあるはずだ」

「この人は悪い人じゃない」

 

こんなことを言い聞かせて

無理をして人を好きにならなくて良いし、

人を嫌いになってしまう自分を責めなくて良い。

 

 

ほんの少しでも「何かおかしい」と感じたら

その違和感をメモしたり、人に聞いてみたりして、

その直感を確かな確信へと変えていくのも良いかもな。

 

 

もっと自分の心の奥深くにいる自分の「内なる子供」

彼が発する声や気持ちに気づいてあげよう。

 

 

 

…そんなことを思ったのである。

 

 

 

こんな感じで、カラーセラピーは

あなたが気づけなかったあなた自身に出会うことができる絶好の機会である。

 

また後日話そうと思うが、僕は最近数秘術にもハマっているし、

「色」が持つ力と「数字」が持つ力をかけ合わせることができれば、

もっともっと自分自身を深く知ることが出来るのでは?と考えている。

 

(ちなみにこの日施術していただいた方は、

数秘術で僕と同じ数字の方でもあったので、

自分にとって腑に落ちるようなアドバイスを得ることができたのでは、と思う。)

 

 

少なくとも僕は、カラーセラピーを受けたことで

なんか…自分に対して「悪かったな。」って気分になった。

 

 

「自分軸」や「他人軸」のことは

以前こちらの記事↓で説明したことがあるのだが…

 

 

 

僕は他人に合わせる「他人軸」はおろか、

世間に合わせてしまう「世間軸」になっていた可能性すらある。

 

 

仮に世間からどんなに滅茶苦茶な理屈だと言われようが、

「自分が正しいと思っていることなんだから間違いない。」

と自分のポリシーを徹底的に貫いていきたい。

 

自分が好きなことを自分の好きなようにやっていきたい。

 

そんなガジュマルの幹のようにぶっとい「自分軸」を持ちながら、

風のように軽やかに

堂々と生きていこうと思った。

 

 

 

 

さて、いかがだったろうか?

 

 

もし僕の感想を読んでカラーセラピーに興味を持っていただけたら

ぜひあなたも試してみるのも良いだろう。

 

 

本来なら資格を持っている方に施術してもらうか、

自分自身で資格を持つのが良いのかもしれないけれど、

書籍もあるみたいだから、こういうのを活用するのも良いかもね。

 

 

 

新しいあなた自身を発見するためのきっかけになれば、と思う。

 

生まれて初めて緊縛ライブのグッズ制作を担当した話

2018年11月23日

沖縄の緊縛サークル「美ら縄アート」初の緊縛LIVEとなる

「女郎花-ominaeshi-」が開催された。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

僕は当日は物販スペースにいて

ずっとショーの様子を眺めていた。

 

物販にて販売したグッズはポストカード5種とストラップ。

 

 

上の5種類のイラストはポストカードのデザイン。

 

これを3週間以内で作ったのだが結構ハードだった。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

そしてこちらはストラップ。

 

こちらはお店へ素材を見に行った際に

直感的に「これとこれを組み合わせたらどうだろう」

ということで作ったものであり、

つまるところ自身の無計画により生まれた産物である。

しかしこれが意外にも好評で驚いたものだ。

 

 

正直な所、グッズの制作は大変だ。

アイデアが出なくて焦ることもあった。

 

 

しかし、実際にグッズを作っているとき、

グッズのことを考えているとき…

とても楽しい気持ちになっていることがわかった。

 

 

そして、頭の中では

このグッズを手にとって喜んでくれている人のことしか考えられなかった。

 

 

以前の自分だったら抱いていただろう不安な気持ち、

例えば…

「こんな値段で売っていいのだろうか?」

「クレームを言われるんじゃないか?」

 

こういったネガティブな感情は全く湧き上がってこなかった。

 

 

そのおかげで価格設定も含め、

イベントのクオリティにふさわしいグッズが作れたし、

特にお客様には楽しんでいただけてよかったと思った。

 

 

本当はもっとたくさんの種類のグッズを作りたかった、

制作がギリギリすぎた、

アピールが足りなかったなど色々反省点はあるけれど、

笑顔で商品を買っていただいたお客様を見て、

本当にこの日のために頑張ってきてよかったと思った。

 

 

実際にストラップを購入後カバンにつけていただいた方を見たとき、

自分の中でものすごく腑に落ちたものがあった。

 

 

「フェティッシュなもの、アブノーマルなものほど

日常に溶け込むようなアイテムが必要なんじゃないか」

 

って思ったのだ。

 

 

 

ライブ終了後、

将来的には緊縛をテーマにしたブランドを立ち上げようと決めた。

 

 

今、おおかたそのブランドイメージは固まってきているから

後は形にしていくだけ。

 

 

まずはサークルのイベントだけじゃなく、

違う物販イベントでもグッズの販売ができるように

グッズの種類も増やしていこうと思う。

 

 

 

 

…さて、自分が担当した物販に関する話はこれで終了。

 

 

 

肝心のショーはというと…

 

 

正直な話、

今回のライブに来ていただいた方はとてもラッキーだったんじゃないか…

自信を持ってそう思えるくらいには素晴らしいショーだった。

 

 

演者さんはそれぞれに反省点があるようだけど、

その気持ちさえあれば今後のイベントはもっともっと良くなっていくはず!!

 

 

最後の緊縛体験会も和気あいあいとしていて

非常に良い雰囲気だった。

 

 

お客さんもほとんどの人がマナーの良い方で

スタッフとしても非常に助かったし誠に感謝。

 

沢山の方と楽しい時間を過ごせて良かった。

 

 

最後に、ライブ当日のショーの様子をちょっとだけお見せしよう。

 

 

View this post on Instagram

 

美ら縄アートさん(@cyuranawa_art)がシェアした投稿

 

艶やかな百合の世界…。

 

お楽しみいただけたでしょうか?

 

 

イベントに来ていただいた方も

残念ながら来られなかった方も

ぜひvol.2をお楽しみに!!

 

 

次回は「情熱」がテーマ!!

 

 

物販&グラフィック担当(俺のこと)も次回のライブに向けて

色々と構想を練っております。

 

 

「こんなグッズがあったら良いな!」というご意見やご要望等ありましたら

ぜひコメントくださいね!

2018年10月縄会@美ら縄アート&イベントの物販

早いものでもう11月も後半に差し掛かったところで…

 

 

10月の縄会報告。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

どういうわけかこの日はたくさん人が来たので

またもや人見知り発揮してしまった。

 

 

ちなみにこの日は11月23日(金)に行われる

「美ら縄アート緊縛ライブVol.1 女郎花(おみなえし)」

このリハーサルも兼ねていたので

目の前で緊縛ショーを見ることが出来た。

 

 

もうすごいよ!!!!

 

 

これは見なきゃ絶対に損だ!!!!

 

 

…というわけで

 

 

皆様、ぜひ素敵な緊縛ショーを観るために

イベントにお越しくださいね。

 

 

イベントについては下記↓↓↓の記事をご参考ください。

 

 

 

 

僕自身、最近しばらく更新が滞ってたのは…

 

 

なんと

 

 

このイベントの準備をしてたからなのさ!!!!

 

 

 

実は私、「雨呑家」こと天海夜 煌琉は…

 

 

「美ら縄アート緊縛ライブVol.1 女郎花(おみなえし)」にて

 

 

 

物販をやらせていただくことになりました!!

 

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

これはポストカードのイラストだけど、

 

今は色も塗られて完成したものが手元にある。

 

 

 

皆喜んでくれるかな…ドキドキ…。

 

 

さて、イベントでは美しいお姉さま方の緊縛ショーを楽しめるほか、

ポストカードを始め、

百合緊縛の世界観を彩る限定グッズを販売予定です!!

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

完全に自由にやらせてもらっているけど、

 

イベントのグラフィックデザイン(フライヤー)を手がけているのもこの俺。

 

中途半端なものは作れない…。

 

↑イベントのフライヤー

 

 

演者さんとはまた違ったプレッシャーだ。

 

 

でもでも!!!!

 

 

もし皆様が物販でグッズを買ってくだされば、

演者さんへのお布施にもなりますし、

今後のイベントに還元することが出来ます!!

 

 

なので…

もし気に入ったグッズがあったらぜひ買ってくださいね!!!!

 

 

そして、購入したグッズと共に

緊縛イベントを200%楽しんでください!!

 

 

沖縄も不安定なので暑かったり寒かったりですが、

体調を崩さぬよう、当日はぜひイベントに遊びに来てくださいませ。

 

 

一人でも多くの人に、縄の美しさに気づいてもらえることを楽しみに…

美ら縄アートスタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

沖縄で緊縛イベントやります!

タイトルの通りです。

 

11月に沖縄で緊縛イベントを行うことになりました!

 

つっても僕は演者としては出ないけど。

 

 

イベントは女子だけで行われるので。

 

 

その代りフライヤーのデザインをさせていただきました。

 

 

 

 

デザイナーは女子じゃなくてごめんねー。

 

 

 

イベントに関するお問い合わせは

美ら縄アートさんのTwitterやInstagram、
フライヤーに書かれているメールアドレスまでお願いします。

(ちなみに僕のメールアドレスではありません)

 

 

 

View this post on Instagram

 

美ら縄アートさん(@cyuranawa_art)がシェアした投稿

 

演者は女子のみですがお客様の性別は問いませんよ。

 

 

芸術性を重視した着衣の緊縛ですので

「初めて緊縛イベントに行くんだけど…」

という方もお気軽にどうぞ!

 

 

ちなみに…イラストに関してだけど

 

以前はこういう絵を描くの、

 

ものすごく恥ずかしい!

 

人様に見せるなんて絶対無理!

 

…という気持ちがあったんだ。

 

 

今?

 

 

全くないね!!

 

 

 

まぁ裸体や18禁イラストを堂々と描けるかって言ったら

まだちょっとわかんないけど。

 

 

自分の趣味嗜好を恥ずかしげもなく表現できるようになる。

 

 

こうして大人になっていくんだろうな。

 

 

…としみじみするのであった。