誉めないめげないコミュニケーション

僕は全くと言っていいほど人を誉めない。

 

厳密に言うと、人の良いところを言ったとしても、「誉めている」感覚がない。

 

確かに、相手の良いところを相手に伝えて喜んでもらえるなら、
その行為自体は好きだ。

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


しかしそれは「相手の一面」「そこから自分が考えたこと」という事実を
相手に伝えているだけなのである。

 

意見や考え方の相違はあるかもしれないが、
それを伝えることで、新しい価値観や新しい一面が生まれるかもしれないしね。

 

それから、最近では苦手な人でも良い部分がないか探すようにしている。

 

厳密に言うと、相手のことを少しでも理解したいというか、
その人の人間性をできるだけ多く把握して分析をしたい。

 

…といった気持ちが強いのかもしれない。

 

こういった一連の研究をしていくことで、自分にとって新しい発見があるし、
ネタ作りの参考になるからだ。

クリエイターの性だよね(汗)。

 

いや、その人が有している人間性には、もしかしたら「良い」も「悪い」もないのかもしれない。

というのも、以前のブログでも言及をしているが、全ての物事に意味付けをしているのは自分だから。

 

 

特に人間の長所と短所なんて紙一重なわけだし、
自分の都合の良いように「ここは良い」「ここは悪い」と判断するのも
なんだか失礼な気がするのだ。

 

好き、嫌いで判断するなら個人的な好みの問題だから良いけどね。

 

人間的にどうしても好きになれない人物なら、
できるだけ関わらない、離れればよいだけのことだし。

 

自分が今関わっている人がどんなキャラクターで、
どんなことに喜びを見出し、
逆にどんなことに弱いのか(怒るのか)は、
よく見るようにはしているかな。

 

さて、話を「誉めること」に戻すと…

 

以前、「嫌われる勇気」を読んだ時に、
人を誉めることが必ずしも良いこととされないことを知った。

 

 

確かに誉めるという行為自体、
どことなく人を下に見ているような印象さえあるしな。

 

「誉めること」が度を過ぎてしまうとただの馴れ合いになるし、
個人的にそれは最も勧めないコミュニケーションだ。

 

だから、僕は人のことを誉めない。

 

その代わり、「あるがままの相手の一面を認識して、受け入れる」ことを重視するようになった。

 

相手の一面を「こうなのだな」と正確に認識する。

 

そして、その事実を受け入れて、自分がどう解釈しているのかをフィードバックする、
あるいはメモなどに残しておく。

 

「いいね」という感情ももちろん大切だけど、なぜ自分は「いいね」と感じたのか?

 

それを分析していくことで、
自分自身のことがわかるようになってくるからだ。

 

 

自分のことがハッキリわかっていれば、
どんな情報や意見を目にしても、ブレることもなくなるし。

 

自分が確信を持って行動して、
誰かが温かくその行動を見守ってくれているなと感じているのなら、
誉められるという行為は大して必要としなくなるのかもしれない。

最近では特にそう思うようになってきたのだ。

 

でも人間は何処かでつながりを持っていたい生き物である。
誰かからの言葉や反応が欲しいし、
それがないと活動を辞めてしまう人だってある。

 

僕は数年前から試行錯誤しながら形を変えつつ発信活動を続けてきているが、
最近では何の反応もなくても全く問題ない。

 

自分は自分なりに狂った世界で苦しんでいる人々の役に立てれば
それで良いと思うからだ。

 

 

ただし、もし何か新しい発見を見つけたり、
逆に「いやこれはこうだろ」と思うことがあったら、
その際は遠慮なくコメントを下さい。

 

 

とりあえず、時には反応しづらい内容も躊躇せずに書いているわけだが、
何も反応なくてもめげない(笑)。

 

 

現に、「サイレントマジョリティが抱える闇」という見えない怪物のせいで
多くの人が生きづらさを感じている。

 

そんな怪物の弁慶の泣き所に
ジョブを打ち続けていくに意味があるからね。

 

 

 

弁慶の泣き所?

 

 

 

 

…足の小指でも良いかも。

人生はキャンバスではない。パレットだ。

Life is a great big canvas;
throw all the paint on it you can.
人生はとても大きなキャンバス(画布)だ。
可能な限りその上に有るだけの絵の具を投げかけなさい。

 

という名言がある。

 

人生は自分自身で描いていくもの、という意味だろうか。

 

 

僕も昔はこの言葉に共感していた。

 

 

しかし今は、逆だと思う。

 

 

むしろ、人生とは…

 

現在起きている事象に
自分がどう意味づけしていくかが重要になる。

 

そう考えるようになった。

 

そう考えるとむしろキャンバスではなくて、
パレットだと思う。
色を作る道具ね。

 

これは画用紙だが。
 

すべての物事は意味があるようでいて、意味が無い。

 

では、誰が意味づけしているのかというと、
他でもない、人間だ。

 

過去から現在において、
世の中の人が作った「価値感」だとか「伝統」だとか
そういうもので意味づけされている。

 

それなら、自分の好きなように色を塗ったってかまわないだろう。

自分で好きなように色を作って塗っていく、

 

つまりすでにある「意味あるもの」に自分で意味づけをしていくのだ。

 

大抵の人は幼少時代から大人まで完全に一人で生きてきたわけではないだろう。

 

むしろ、自分自身で人生をコントロールできた人なんて
ほとんどいないのではないか。

 

しかも、多くの場合は大人の影響で洗脳を受けているから、
さらに自分の行動を制限するようになる。

 

そうなると、自分自身で生み出せる色(意味)の数も限られてくる。

 

他にたくさんの種類の色があるのかもしれないのに、
緑しか知らなければ、緑を使うしか無いしな。

 

いや、もしかしたら本当は、
赤色は青色なのかもしれないし、
青色は赤色なのかもしれない…。

 

しかし、何も考えずに生きていると、
そんな可能性すら考える余地すら無くなる。

 

…まぁこれ以上言うとただの頭おかしい奴だから、ここまでにしておくけど。

 

ちなみに僕は最近、何かイラストなどを見た時に、
その人がどのような画風の絵を描くかというよりも、

 

その人がどのような配色をするのか
その人がどのような色づくりをするのか

 

他人の彩色や配色に関するセンスが気になってきたのである。

 

 

上のイラストは、
LGBTのビーチパーティを開催した時に配布したフライヤーのデザインだ。

 

これは僕が作ったもの。

 

これを見て、とある人が聞いてきたんだ。

 

「コリュって沖縄の人なの?」って。

 

いや、僕は本土出身の妖怪だけど?

 

どうやら、沖縄の人は原色というか、鮮やかな色を好む人が多いらしい。

その人は僕のこの色使いを見て、沖縄の人っぽいと判断したそうだ。

 

沖縄の子供達の絵を見ていると、
本土の子供達との色使いの差が顕著に現れると聞いたことがある。

 

僕は教育者じゃないからわからないけど、
本土出身の、もしくは本土での生活経験がある美術の先生だったら、
それに気づくこともあるのかな。

 

もしくは逆のパターン。
沖縄の人が本土の学校で教えている場合だと、
本土の子供達の色使いに驚くことがあるのかな。

 

僕はたまたま自分の色使いが沖縄の人寄りだったんだろう。

和物が好きだし、淡い色の日本色も好きなんだけどな。

自分の表現においては、わりとハッキリした色使いをする傾向になるらしい。

普段あまり自己主張しない性格だから、
コントラストを強めることで自分の内面を吐き出しているのかもしれないな。

 

いずれにせよ、その人の生まれ育った環境が
その人の感性に大きく影響することは間違いない。

 

他の人の絵を見ていると、
自分じゃできないような色使いに驚かされることがある。

 

逆に、自分が当たり前のように使っている色も、
他の国や地域の人から見ればとても珍しいんだろうな。

 

キャンバスに何を描くかよりも、
どのように色付けをしていくか。
どのような色を作るか。

 

未完の絵に、皆が予想もできない配色で
独自の色で色を付けられたら…

自分にしか描けない人生と価値観が生まれるのだろう。

 

そして、「人生はパレットだ」と言ったところで、

星空でもあると思うんだ。

 

一つ一つの星…点と点を繋げて大きな線にしていく。

 

その線自体には大きな意味はないのかもしれないが、

自分で「星座」を作っていくなら、その線は重要な要素になり得る。

 

 

…偉そうなこと言ってるけど、
結局これら全て僕自身が作った「意味付け」だしね。

 

 

それに共感するのかしないのかも

逆にあなた自身がどう捉えるのかも

全てはあなた自身の「色」にかかっているのかもしれない。

 

 

 

最終的には皆が「これは青だ!」と言うのを
「いや、赤だ!」と言い張るような、

 

 

そんな人間を目指してみるのも良いんじゃないかな?

 

 

少なくとも僕は、そんな妖怪になりたい。

2018年4月縄会@美ら縄アート

いつもブログで哲学的なことばかり言ってるから
たまには実践的な芸術活動報告もしないとね。

 

今回は、今参加している緊縛サークル「美ら縄アート」の活動報告をしよう。

 

今回の縄会(サークルの集まり)は2018年4月21日、那覇市の某所で行われた。

 

こちらは僕の作品。

 

僕が縛りました。

 

 

 

 

もっと写真が見たい場合は、以下のインスタでご確認ください。

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

縄はお借りした。
赤縄良いね。

 

よく蜘蛛の巣のような緊縛アートをよく見かけるけど、
見た目も美しいのでそれに憧れている。
Hajime Kinokoさんの作品にあるようなやつね。
人体だけでなく、空間ごと人体を縛るようなイメージを心がけている。

 

 

いつかはこんな大作を作りたいなぁ…。

 

昔ながらの緊縛も美しいけど、
斬新な現代アートの緊縛をしたい。

 

それでもなかなかイメージ通りに出来ないからもっと上を目指さねば。

 

僕は元々グラフィックデザインに興味があったのだけど、
最近では民泊のことをいろいろ調べていて、
空間デザインにも興味を持っている。

 

立体的に空間を彩れたら、縛られている人の美しさがより際立つのでは
…などと考えている。

 

日々探求、試行錯誤の繰り返し。

 

 

 

さて、僕が部員となっている緊縛サークル「美ら縄アート」ですが、
沖縄県内(主に那覇市内)で緊縛活動をしているグループです。
あくまでも「アート」が目的であり、
それ以上のものは何もございません。
しかも、基本は着衣緊縛です。

 

ちなみにただ今部員募集中です。
もし良ければこちら↓のアカウントをフォローして、
興味があればご連絡くださいね。

美ら縄アートさん(@cyuranawa_art)がシェアした投稿

特に「縛られたい」女の子モデル、大募集です。

 

皆で毎月楽しく飲みながら食べながら縄を楽しんでおりますので、
まずは見学だけでもお気軽にどうぞ。
やがては皆でイベントなど出来たら…などと考えております。

 

 

僕にとって夢中になれることは、音楽だけじゃなくて、縄もだ。

もっともっと上手くなりたい。