内向的な人のためのチューニング的交渉術〜後半〜

皆様コリュにちは。

狐と狸の妖怪・無性別

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)でございます。

 

 

前回は、

「内向的な人のためのチューニング的交渉術〜前半〜」

ということで…

 

 

内向的で交渉嫌いな自分が、

しっかりと自分の判断軸を持ち、

他人との交渉や駆け引きを楽しめるようになった経緯や

参考になった書籍について紹介した。

 

 

前回↓

 

 

今回は、その後半戦ということで、

 

 

「人に対してお願いしづらい」

「他人の頼みを断れない」

 

 

そんなあなたが人と交渉する際において

「自分の軸をしっかり持って、人と交渉できる心の持ち方」

を、考えていこうと思う。

 

 

まず、

 

 

「人に対してお願いしづらい」

「他人の頼みを断れない」

 

 

このような思いを抱えてしまう原因について考えてみよう。

 

 

 

恐らくだが、こういった悩みが起きる問題は

「相手がどう思うか」

「自分がどう見られているか」

という、あなた自身の考えによるものだと思われる。

 

 

しかし、実際に相手の考えというのは、

相手にしかわからないわけだし、

あなたがコントロールできるものでもない。

なので、あなた自身が過剰に気を使う必要は、本来なら全く無いのだ。

 

 

 

だから、あなた自身が何か相手にお願いをして、

相手に承諾してもらっても、

必要以上に申し訳無いと恐縮する必要はない。

 

 

 

一時的には「自分のワガママなんじゃないか」と思えても、

そのワガママ…というか、そのお願いが、

結果的にあなただけではなく、

周囲の人や社会にとって良い方向に進む可能性もあるからだ。

 

よほど反社会的なことではない限り、

あなたの目指していることは

他の人や、世の中にとっての喜びでもありうるからだ。

 

この考えを「三方良し」という。

 

この「三方良し」が根底にあれば、

あなたが誰かにお願いをして相手に断られたとしても、

それはあなた自身を拒絶したわけではなく、

ただ、その要望が”相手の都合”や”好み”に合わなかっただけなので、

必要以上に気にしたり、落ち込んだりする必要はない。

 

 

その時はその時で、別の方法を探せば良いだけだ。

他の人に頼んだり、別のやり方を考えたりね。

 

 

同様に、あなたが人から頼まれた事を断ったとしても

それに対して嫌な感情を抱くかどうかは相手の問題だし、

あなた自身が罪悪感を感じる必要性も、全く無いのだ。

 

 

 

それでも、実際に他人との交渉事になったら

萎縮して相手に押されてしまう人もいることだろう。

 

そして、最初は軽い気持ちで引き受けたものの、

思っていたより自分の負担が増えて、

嫌な思いをしてしまうことだってあるだろう。

 

 

そうならないために、

あなたがしっかり「自分ルール」を作り、

自分一人で背負い込むことなく、

お互いに協力して素敵な未来を描いていけるために、

交渉における簡単なイメージ戦略をご紹介しよう。

 

 

 

その戦略とは

 

「チューニング交渉術」だ。

 

 

 

 

「チューニング交渉術」とは何か?

 

 

 

 

まず、楽器をやっている人ならわかると思うが、

ギターなどは、演奏する前に弦のチューニングを行う必要がある。

 

 

 

 

チューニングとは何かと言うと、

 

例えば…

ギターの一番高い音である第一弦の音はE(ミ)だが、

元の音がずれていることもありえるのだ。

 

素晴らしい音楽を奏でるためには、

弦を正確な”ミ”の音にする必要がある。

 

そのために、

以下のような”チューナー”という機械を用いながら

弦の音を調整するのである。

 

 

(ちなみに僕はたまに楽器を触ることもあるんだけど、

その際のチューナーはアプリを使っている。)

 

正確な音に合わせないと、本来の音で演奏できないために

不協和音を生み出してしまうからだ。

 

不協和音で奏でられた音楽は

酷く耳障りで不快なことこの上ないだろう。

 

(もちろん、わざとそういう表現をしている音楽もあるけどね。

あと、「正確な音」とはいっても、

音楽のジャンルによってはダウンチューニングというのもある。

ここでは本題じゃないので割愛するけど。)

 

 

交渉などのコミュニケーションだって、音楽と同じだ。

 

両者の意見がかみ合わない状態だと、

喧嘩や関係の亀裂など、

人間関係における「不協和音」を生み出しかねない。

 

 

そうならないために、

自分の要望を言う時や、相手の要望を聞く際には

きちんと両者の意見を「チューニング」してあげる必要があるのだ。

 

ここで言う「チューニング」とは、

具体的にどういうことか。

 

例えば…下の図を参考にしてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

本来目指すべき理想の状態を「ド」、

あなたの要望を「シ」、

相手の要望を「レ」

 

…としてみる。

 

 

 

まず、前半(リンク先は上にあるよ)でも説明したように、

 

全ての物事は、両者にとって「Win-Win」であることが望ましい。

 

しかし、見ての通り、

あなたは「シ」という要望があるわけだし、

相手の要望は「レ」である。

 

 

 

さて、どうしようか…。

 

 

 

ここで、気をつけないといけないのが、

極端にどちらかの要望が優勢の状態になってしまえば

「Win-Lose」もしくは「Lose-Win」となってしまうのだ。

 

 

そのため、場合によっては

「ドに近いレ(相手寄りの理想)」

「ドに近いシ(自分寄りの理想)」

という状態になることがあったとしても、

 

できるだけどちらにも寄らず、

「ド(両者にとって理想の状態)」に近づくことが望ましい。

 

 

つまり、

 

「心地よい妥協点」を探すってことだね。

 

 

そうしないと、本当に目指すべきは「ド」なのに、

「レ」か「シ」などの別の音になってしまうと、

いつか不協和音(ストレス)が生じて、

後々に嫌な結果や心理状態(怒り、悲しみ、モヤモヤなど)

を招いてしまうかもしれないからだ。

 

人間関係も破綻してしまうかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

あなた…というより、

「あなた方」が目指すのは、

上の図のような、どちらかに偏った状態ではなく、

まさに「ド(理想の状態)」なのだ。

 

なので、どちらに偏りすぎてもいけないし、

「両者にとって良い状態を目指すこと」を目標にしよう。

 

こうして両者が歩み寄ることによって、

以下の図のような状態になるのである。

 

 

 

 

さて、こんな感じで説明したが、

以上が「チューニング交渉術」の大体の流れだ。

 

 

なお、今回は音楽で説明したが、

色でのイメージがしやすい人なら

 

 

自分が「黄色」、相手が「緑」

→目指すのは「黄緑」

 

 

でも良いし。

 

 

 

ドラクエが好きな人なら

 

 

自分が「戦士」、相手が「武道家」

→目指すのは「バトルマスター」

 

でも構わない。

 

 

 

要は、

 

「自分の感情や思考が邪魔しない、

 客観的な指標を作ってしまおう。」

 

というわけだ。

 

 

 

 

こんな感じで、

他人との交渉ややり取りにおいて、

「このままでは自分が不利な立場になる」とか

「なんか嫌だなぁ…でも断りづらいし…」とか

モヤモヤした感情を感じたら

 

 

「今の状態はレだ!ドにしよう!ド!!」と思って、

自分の要望を言ってみても良いかもしれない。

 

 

逆に、相手が自分より立場が下の場合などは

自分の要望が強くなりがちだ。

 

 

その際は「今はシ」だと思って、

 

「今やっている仕事が終わってからで良いですよ。」

「お手すきの際にお願いします。」

「断っても大丈夫ですよ。」

 

などと、

「相手に配慮して、選択させてあげる姿勢」

を見せることも大切だ。

 

 

 

また、

あなたが、あなた自身の要望をよりはっきりとさせたいなら、

あなたの無意識が感じていることを、意識することも必要だ。

 

 

無意識を意識する…

なんだか難しそうだけれど、

これは、あなた自身の心が感じていることを意識していけば、

だんだんとわかるようになる。

 

具体的な方法を知りたいなら、以下の手記も参考にしてみてね。

 

 

 

ぜひあなたも、

相手との力関係や性格の違いを”正しく”把握して、

両者が納得できる「妥協点」を

「チューニング交渉術」で探ってみてはいかがだろうか。

 

内向的な人のためのチューニング的交渉術〜前半〜

コリュにちはお日柄も良く…

天海夜 煌琉だよ。

 

ワードプレスを更新したら編集画面の仕様が変わってしまって

ちょっとやりにくくて

格闘しながら文章打ってるわけだけど

徐々に慣れるように頑張るよ(笑)

 

 

さて、僕は長年、「交渉」が大っ嫌いだった。

 

根暗なヲタクだしね。

 

 

「こう言ったら怒るんじゃないか?」

「気を悪くするんじゃないか?」

いちいち考えて気疲れしてしまうのである。

 

 

そんな僕でも、ここ最近は、

交渉が以前ほど嫌ではなくなった。

 

 

その考え方をお伝えしようと思う。

 

 

先述の内容からも想像できるように、

基本的に僕はかなり内向的である。

 

 

ちなみに今日までたまたま3連休だったのだが、

気分転換で外出する以外は

ほぼ家に引きこもって色々作業していたし。

 

 

これまでだって、人間関係なんて面倒くさいし

交渉なんてできれば避けたい…

それだったらできる限り自力でやりたい…

 

そんな風に思っていたし、

実際、誰にも頼らず黙々と仕事に取り組んでいるものだから、

周囲からの評判もそんなに悪くはない。

 

ただ、何かをきっかけに爆発して

内面の我の強さが出てしまうと

嫌われたり怖がられたりすることもあったし、

かといって普段はそこまで自己主張しないので

ダークトライアドと呼ばれる人たちの標的にもなりやすく

実際嫌な思いをして縁を切った人々もいた。

 

 

しかし、今では僕が極端に嫌う人なんて

自分の周囲にはほとんどいないし、

数々のご縁により、以前と比べて交友関係も広がってきた。

 

それにつれて、自分自身の活動を広めるためにも

もっと多くの人に、気軽に「お願い」ができるようにならないといけない

…と思ったのだ。

 

 

最近、日々の生活の中で、

「7つの習慣」を意識して実践していて、

大切なのは「自立」することよりも

「相互依存」なのだということがわかった。

 

 

この「相互依存」という考え方が根本にないと、

誰に対してもいちいち

「迷惑かけてしまうから」

「自分でできないのはダメなことだから」

などと遠慮してしまうし、

 

逆に、誰にも頼まないのは精神的に楽ではあるけれど、

かといって自分自身で出来ることには限界がある。

 

以上のことが積み重なると、

一つ一つはさほど大きな問題でなくても

塵も積もれば山となるわけだし

生きていくこと自体がストレスになってしまう

…と思ったのだ。

 

 

7つの習慣。

Kindleにサンプルをダウンロードしたが、量がありそうで

現時点ではまだ読むに至ってない…。

 

僕が7つの習慣を読んだのは漫画版で、

あとはオリラジ中田さんのYouTubeで概要を知ることができたのだ。

 

7つの習慣(漫画版)については、こちら↓でも少し触れている。

(その他、いくつかおすすめの本も紹介している。)

 

 

 

…とまぁ、少し話が逸れたが

自分がもっと力を抜いて生きるためにも

邪魔なプライドは捨てて

「助けてあげたい人」になれるようになろうと思ったのだ。

 

 

そう考えて、DaiGoさんの書籍を読むなどして、

「必要以上に頑張らずに、人に協力してもらうにはどうすれば良いか」

自分なりに考えるようになった。

 

 

まずは、相手が喜んでもらえるように、

もっと自分の素直な気持ちを相手に伝えて良いのだと思った。

 

相手に好きになってもらうのだ。

 

そのうえで、

「理想的な交渉」について正しく理解することで、

交渉がやりやすくなるのではないか?と思った。

 

 

一般的に「交渉」というと、

「自分の主張を通すこと」と思われがちである。

 

この考えがそもそも間違いで、

これは7つの習慣でいうところの、「Win-Lose」的な考え方だ。

 

誰だって自分のことしか考えていない人、

相手のメリットについて考えない人、

この考えでは「自分勝手」と思われてしまい

上手くいかないのは当然だろう。

 

 

交渉して向かっていく先のものは、

お互いに「Win-Win」でなければならない。

 

つまり、

「自分にとっても、相手にとってもメリットがあり、

両者が望む結果が得られる」

ということだ。

 

 

そう考えると、

「交渉」というのは、

「競争」とか「戦い」の類では決してなくて、

むしろ「チューニング」だと思ったのだ。

 

楽器のチューニングをするように、交渉をする…

そのイメージで、「交渉」というものを考えるようになったのだ。

 

名付けて、「チューニング交渉術」である。

 

具体的にどのような考えをすれば良いのかと言うと…

 

後半に続く!!!!

 

 

 

…ちなみに余談だが、

僕はフリマサイトなどで一方的な値下げ交渉をされたら

お断りするか、コメントを削除するかしている。

 

プロフィールにもそう書いているし、

面倒そうな客は門前払いをすることで、

必要以上に安くすることもなく、

良い人だけにご購入いただけるようにしているのだ。

 

以前の僕ならば

優柔不断で人に嫌われたくないために、

嫌な人、面倒臭そうな人のお願いも嫌々聞いてしまっていた。

その結果、自分にとって不利益な結果を招くことにも

繋がってしまっていたのだ。

 

今はストレスのない関係性を築けているのも、

「自分の価値」を正しく理解して

「Win-Win」の関係を重視するようになったからだと思う。

 

 

後半ではその考え方について、詳しく説明していきたい。

 

今後も当ブログでは、

「日本人が自分自身の価値を正しく理解して、

自由な生き方ができる方法」

などの考え方を発信していくので、

どうぞお楽しみに!

 

↓今後もブログの更新情報が知りたければ、

コリュの公式LINEもぜひお友達に追加くださいませ。

(一番下にQRコードがあります)