悪口を言えば言うほど惨めになる理由

妖怪・性別知ラズ

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)見参!!

 

 

今回は

「悪口を言えば言うほど、惨めになる理由」

について考えていきたい。

 

 

 

 

僕はひっじょーーーーーーーーに寛大な性格なので

これまでに誰かの悪口を言ったことがない。

 

 

 

 

…といえば、もちろん嘘になると思うが(←オイ)、

なるべくなら悪口を言わないように意識はしている。

 

 

 

あなたがもし、どうしても人の悪口を言いたくなったら、

冗談交じりの皮肉やブラックジョークなら

笑いを生み出して生産活動にもなるので、良いと思う。

 

そこから新たな発見もあるかもしれないしね。

 

 

 

あと、誰かに対する悪口や批判により

あなた自身が学べることがあるのなら、

その経験から得た学びの内容をハッキリさせることで、

あなた自身が成長することもあるかもしれないよね。

 

 

 

それに対して、

誰かをただ罵るだけの会話、

文句や悪口だけを延々と言っている状態というのは

ハッキリ言って「悪」でしかない。

 

 

なぜなら、悪口というのは、

内容自体がネガティブなのはもちろんのこと、

視野が狭く一方的な見解により発せられていることが多いからだ。

 

 

いわば思考停止の状態なのだ。

 

 

思考停止からは何も生み出されない。

 

 

 

また、悪口を言うことのデメリットは、それだけではない。

 

 

「悪口を言うこと」があなた自身にとって毒なのは、

意識・無意識にかかわらず、

あなた自身の「とある感情」を無視している、

もしくは心の奥底に追いやってしているからである。

 

 

 

大抵、悪口というのは、

人の嫌な面が目についたり、

あなた自身が不快な思いをしたりした時に

発せられるものである。

 

 

その発言には当然、様々な形とはいえ、

「怒り」が伴うものだ。

 

 

これら全ての「怒り」の本質として

その「とある感情」が共通している。

 

 

 

それは、「嫉妬」である。

 

 

 

つまり、あなた自身の「嫉妬心」から目を背けたまま、

人の悪口を言っているということだ。

 

 

「嫉妬心」に向き合わないということは、

「あなた自身の本心と向き合わない」ということだ。

 

 

 

 

上の図のように、

悪口を言うと、一時的には気分がスッキリするが、

あなたの心の奥底に渦巻いている嫉妬心は

消えないままだろう。

 

 

なぜなら、その嫉妬心の影に隠れた

あなたの本心の願いや要求が

解決されていないからである。

 

 

あなたの本心がわかるのはあなただけだ。

 

 

本心の叫びにあなた自身が気づかないと、

この「嫉妬心」があなたの感情をコントロールするメイン装置として

半永久的に悪さをし続けることだろう。

 

 

 

さて、ここで、

「なぜ人は他者に対して嫉妬心を抱いてしまうのか?」

を考えてみよう。

 

 

 

その理由はぶっちゃけ、その人が報われていないからである。

 

 

もしくは、「自分ばかりが負担を強いられている」などと

被害者意識に囚われているからである。

 

 

 

例えば、あなたが真面目に仕事しているのに、

サボってばかりの同僚がいて、

しかも待遇も給料もあなたより良かったら

それは確かに嫉妬するかもしれないね。

 

 

怒りを感じて当然だ。

 

 

しかし、そんな時こそ、学びのチャンスだと思うことが肝心だ。

 

 

相手のことも、あなた自身も責めてしまうことなく、

「誰かと比べてしまっているあなた自身」に、いち早く気づこう。

 

 

もしかしたらその怒りや嫉妬心の中に隠れている、

あなたの無意識の本音は、こう言っているかもしれない。

 

 

「あの人は私よりも能力があって羨ましい」

「沢山お金もらえて良いなー」

「この会社こんな体制でよく社会で立ち回れているよね」

「俺だって運が良ければ、もっと認めてもらえるはずなのに」

 

…といった具合にだ。

 

↑俺もこんなこと言ってみてぇわ。

 

 

これらの本音に気づくことなく、

怒りがあなた自身を支配してきたら、

その怒りを相手や誰かにぶつけるのではなく、

 

 

一度冷静になって、あなた自身の本心に耳を傾けることが

重要ではないだろうか。

 

 

 

 

一方、人によっては「嫉妬」ではなく、

悪口の対象となる人の存在や発言が地雷となる場合、

その人がいるだけでストレスを抱えてしまうこともあるだろう。

 

 

その場合は、「悪口の対象となる人」の嫌な部分を

あなた自身に投影しているだけである。

 

 

相手に対して嫌悪感を覚えている部分が、

あなた自身の中にもあるから、悪口を言うのである。

 

 

例えば、

ランチをどれにするか決められなくて迷っているAさんを見て

Bさんが「早くしろよ!」とイライラしてしまう。

 

 

それでBさんが「あいつのウジウジしている部分が嫌」って

誰かにAさんの悪口を言うかもしれない。

 

 

ここで、Bさんが怒りを感じた原因は、

Bさんが「せっかちでイライラしやすい性質だから」とは限らない。

 

 

もしかしたら、Bさんが元々優柔不断な人である可能性も高く、

Aさんの嫌な部分を自分自身の中に見出している場合もあるのだ。

 

↑…………えっと…ソーキもてびちも豚肉なのだが…

 

 

その「嫌な部分」は過去の自分なのか、

現在の自分なのかはわからないけれど。

 

 

どちらにせよ、この出来事を客観的に見た時に、

「BさんがBさん自身を受け入れていない。」

と判断することも可能である。

 

 

自分自身を正しく愛せていないってことだね。

 

 

「他人は自分自身を写す鏡」だというが、まさにそれである。

 

 

自覚しているか否かに関わらず

あなた自身が抑圧させているあなた自身の嫌な部分を

相手の言動の中に見出しているということだ。

 

 

その事実を棚に上げて、

Bさん自身が自分の中にある「嫌な部分」を直視しないようにして、

「Aさんのこういうところが嫌」と

クレームをつけているだけであり、

根本的な原因を解決していないのである。

 

 

 

 

そのため、あなたが相手に対して嫌悪感を覚えたら、

悪口を言う前にまずはすべきことがある。

 

 

 

それは、

あるがままのあなた自身を受け入れること。

 

 

相手の全てを許せるようになれるには

まず、あなた自身の中にいる、

「あなた自身の小さな子供」を

優しく抱きしめてあげよう。

 

 

「自分には悪いところがある!」

「ここはダメ!」

「ここは直さなければいけない!」

 

…などと潔癖になる必要なんて全く無い。

 

 

自分にも他人にもダメ出しばかりしていたら

自分自身が辛くなるだけだ。

 

 

誰かの悪口を言うということは

あなたの中にいる「小さな子供」を傷つけているのと同じなのだ。

 

 

子供が求めているのは、海よりも深い愛情と、受容だ。

 

 

彼らのSOSにちょっとでも気づいたら、

人の悪口を言ってる場合じゃないよね。

 

 

彼ら…つまり「あなたの中にいる子供」を救うのが先だ。

 

 

 

 

 

最後にまとめると…

 

・言っても仕方がないだけの愚痴や悪口は、出来るだけ言わない。

 

・もしどうしても言いたくなったら、言う相手は厳選しよう。

 

・批判だけで終わらせず、何か学びを得るような形で考えていく。

 

・ネタとして冗談交じりに話すか、

 ブラックジョークで笑い飛ばすのは有効な方法。

 

・悪口を言うメカニズムは、「相手の嫌な部分≒自分の嫌な部分」を見出し、

 相手への嫌悪感を覚えている状態。

 さらに、相手を嫉妬心が湧き上がっている状態。

 

・嫉妬心が湧き上がったら、あなた自身の心が発している「本音」に気づこう。

 

・相手の言動に怒りを感じたら、

 「私は自分自身を愛せているだろうか?」と考えてみよう。

 

・自分自身にダメ出ししなくなれば、他人にもダメ出しをしなくなり、

 あなた自身が楽になる。

 

・どうしても耐えられない相手ならば、距離を置くなどの対策を考えるか、

 誰かに相談すること。

 

 

あなたも誰かに怒りを感じて悪口を言いそうになったら、

言葉の裏にある「あなた自身の本心」を探ってみよう。

 

過去の出来事でトラウマの原因となるものがあるのなら、

そこからヒントを得てみるのも良いだろう。

 

 

もしかしたら、その怒りは相手の問題じゃなくて

実はあなた自身に対してなのかもしれないし、

 

「本当はこんなルールに従いたくないんだ!」

 

「私はなんでこんな不遇を強いられているんだ!」

 

…などという、社会の仕組みそのものに対してかもしれないしね。

 

 

 

とはいえ、我慢は禁物。

 

 

あなた自身が気持ちを整理したり、

考えていることをまとめたりする目的ならば、

誰かに愚痴を聞いてもらうことは決して悪いことではない。

 

 

信頼できる友人に話をするか、

友人がいないのであれば、

全く無関係の第三者に相談するのも良いかと思う。

 

 

誰かの愚痴や悪口ではないけれど、

実際僕も自分自身の「性別違和」に苦しんでいた時は

「全く無関係の第三者」に相談したからね。

 

 

知らない人の方が自分のことを話しやすいので、

その点ではとてもおすすめ。

 

 

 

重要なのは、自分一人で何もかも抱え込みすぎず、

誰かへの怒りで、自分自身を傷つけないこと。

 

 

たとえ世間から悪口や批判の嵐を受けて大災害状態になったとしても、

「あなたの中にいる小さな子ども」は

何としても守り抜きましょう。

 

 

他にも、「悪口」や「他者からの非難」をテーマにした記事を

過去にはいくつか書いているので

もし良ければ参考にしてみてね。

 

 

「多数派」を利用して従わせようとしてくる輩への対処法

先日の記事で、

 

「〇〇さんがあなたの悪口言ってたよ。」

 

というような、「悪口を報告してくる人」の心理について説明した。

 

 

 

こちら↑の記事では主に

「”〇〇さん”があなたの悪口言ってたよ。」

と、「”個人”から聞いた悪口」について説明していたが、

 

今回は、”集団”を利用してあなたの悪口を言うケースに絞って

この言葉を放つ人の心理を考えていきたいと思う。

 

 

つまり

 

「皆があなたのこと悪く言ってるよ。」

「皆があなたのこういう部分を嫌って言ってたよ。」

「あちこちであなたの悪評を耳にするよ。」

 

などと言ってくる相手の対策について、考えていこうと思う。

 

 

ちなみに、これらの言葉と似たような批判については、

僕も言われたことがある。

 

 

その時は僕自身何も言い返せず、

ショックを受けつつも

なんとなーーーく違和感を感じただけだったが…

 

 

後でよくよく考えたらおかしな点も多かった。

 

 

というのは、他人の性格、性質をどう思うかなんて

もはや個人の価値観、好き嫌いの問題なのだから、

100人中100人が「悪い」「困っている」「不愉快」

などの批判めいたことを言うなんてあり得ないのである。

 

そのうち一人くらいは

「別に何とも思わない」と思っているかもしれないし、

 

「いやむしろ大好き!」

などの肯定的な意見を言ってくれるかもしれない。

 

 

もし、個人の性質などの一つの事象に対して、

「皆が同じ考えだ」と思いこんでいるなら、

それは価値観が狭いということだ。

 

 

つまり、「皆言ってるよ」という言葉というのは、

その言葉を発した人物の強い思い込みと自惚れ、

視野の狭さが露見されてしまうだけに過ぎないのだ。

 

 

実際その人、「皆」や「あちこち」という言葉を使用している割に、

具体的な名前を挙げてきたのはたった一人だったし(笑)

 

↑誰だよ

 

そもそも、その言葉を言ってきた人(僕の悪評を報告してきた人)の傾向として

 

「他人に言うことを聞かせるため、

自分自身の都合の良い状況に持っていくために

言葉巧みに話を盛ることがある

 

…ということを、僕は以前から薄々気づいていたのだ。

 

 

そのため、「彼が言っていることがハッタリだ」とわかったのだ。

 

 

 

しかし、こういった言葉は、

日本で生きている限り、あなたもきっと一度は言われていることだろう。

 

 

僕は、このような他者の意見を代弁したり、

「皆同じ考え」という極端な思考を耳にする度、

「これは日本の誤った学校教育によるものだ。」

と実感してしまう。

 

 

もちろん、日本人そのもの国民性もあるかもしれないが、

教育の弊害や問題についてはこちら↓でも考察しているので

ご参考いただければと思う。

 

 

 

例えば、日本中の学校でよく言われることとして、

 

「みんなちがって、みんないい」

 

という名言があるのだろうが、

 

 

悲しいことに、この言葉は実際にはただの綺麗事でしかなくなっている。

 

 

というのも、ほとんどの人の認識は

 

「みんなちがって(いるように見えるけど

 学校や会社によって偏った常識を植え付けられ

 みんな同じような考えに矯正されていて

 やりやすくなっているから)

 みんないい(+そこからちょっとでも外れている人は、わるい)」

 

ということだからだ。

 

 

つまり、一見個性的なようでいて中身は同じという

実質無個性なロボットや人形を大量生産するための国策による結果なのである。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

実際、「皆があなたの悪口言ってるよ」と言うような人々にとっては

「みんなちがう」ことは不都合なのである。

 

 

というのも、

そのような人々はきっと、真面目で優秀なロボットになれるように

会社や学校などでの無茶苦茶なルールや

理不尽な仕打ちにも耐えてきた可能性がある、

もしくは現在そのような苦痛を強いられている状況にあるからだ。

 

 

そのため、あなたが幸せだったり、楽をしていたり、

ルールを守らなかったりすると、

「許さない」という感情が湧き上がってしまうのである。

 

 

そして、あなたが「みんなと同じ(自分と同じ)」辛い気持ちを味わえるように

自分が受けてきた暴力的な行為を、あなたに強いる傾向があるのだ。

 

 

また、明らかに周囲と違う人もターゲットにされる。

 

 

あなたにちょっとでも周囲の人と違っている部分、

変わっている部分があると、

瞬く間に攻撃対象にするのである。

 

 

その人にとっては、才能がある人が許せなくて、

工業製品のように「みんな同じ」じゃないといけないからね。

 

出る杭は打たれ、「不良品」扱いされて捨てられるのである。

 

 

 

特に日本人には右へ倣えの性質があるから

他者や皆(集団)という言葉を使ってあなたを批判することで

「今のままじゃこの集団の中に受け入れてもらえない」

…とあなたに恐怖を覚えさせて、従わせようとする人も多い。

 

 

まさに「虎の威を借る狐」状態だ。

 

 

 

(↓虎の威を借る狐になった奴の心境)

 

「よっしゃぁー「架空のみんな(虎)」を味方にしたぞーーー!!!!

 

 これなら奴(あなた)に勝てるーーー!!!!

 

 俺最強ーーー!!!!」

 

 

 

 

というような感じで、

まるで強力な能力を身につけたかのような気分になるんだろうね。

 

 

それで実際にやっていることと言えば

「正義」を盾にして人を批判したり説教をしたりなど

いじめと同等のことをしているのだから陰湿極まりない。

 

※ちなみに俺は狐と狸の妖怪だが

そんなくだらないことは一切したくないと思っている。

すぐ虎(多数派・強者)に迎合する狐どもはマジで迷惑。

 

 

 

人は「誰かが悪口を言ってたよ」と聞くと、

コソコソと悪口を言っている人達のほうに

ついつい嫌な印象を抱いてしまいがちである。

 

確かにそうかもしれないが、

しかし、そもそもその事実が捻じ曲げられている可能性も考えておこう。

 

 

例えあなたのことが嫌いではなくても、

冗談交じりに笑いながら悪口を言うケースはいくらでもあるだろうし、

あなたに対する評判全てを、必ずしも悪意を持って言っているわけではない

(「こうしたほうが良いのにね」みたいな意見など)だろうし、

話の流れで相槌を打ったり、同意したりしてしまったというケースなどもあるわけである。

 

 

そのため、

 

「頭の中だけであれこれ考えて不信感を募らせても、良いことはまるで無い。」

 

これだけは覚えておいて、健全な人間関係を構築していこう。

 

 

事実がどうあれ、あなたが接していて

なんとなーく嫌な感じがする相手からは、

そっと離れていけば良いだけなのだから。

 

 

ただ、優しい人や純粋な人は

「皆が自分の悪口を言っている」ことを疑いもせず、

全て真に受けてしまうこともあるかもしれない。

 

 

すると、他の人に対して申し訳なく思ったり、

負い目を感じてしまうこともあるだろう。

 

 

場合によっては、人間不信になり、人が怖くなり、

コミュニティなどにも行きづらくなり

自分の居場所がなくなってしまうこともあるかもしれない。

 

 

しかし、僕に言わせれば、

 

 

あなたが負い目を感じる必要は全く無い。

 

 

というのは、悪口を言う人というのは多くの場合、

暇さえあれば無理にでも他人のあら捜しをしてしまうほど

不満が溜まっている状態か、

冒頭のリンク先にある記事でも説明しているように、

嫉妬などの醜悪な感情が原因だからである。

 

 

その記事でも指摘しているが、

「〇〇さんがあなたの悪口を言っているよ。」という人は

自分の心が満たされたいために、

人の言葉を借りてあなたを従わせたいだけなのである。

 

 

それは「皆があなたの悪口言っているよ。」でも同じで、

集団という威力(実際中身は空っぽだけど)を使って

あなたをコントロールしたいだけである。

 

 

そのためにはあなたが傷つこうが、

実際より話を誇張することも厭わない。

 

 

そんな人の言葉など、信用できるかな?

 

 

「一切信用しなくて良い」と僕は思うし、

そんな言葉に傷ついてしまい、

あなたの大切な人生を棒に振ってしまうことがないよう、気をつけてほしい。

 

 

もし違和感を感じたら、すぐに誰かに相談するのも良いしね。

 

 

 

大丈夫。

 

 

 

これまであなたが生きてこれたのは、他でもない、

あなたの「直感」があってこそだ。

 

 

世の中に飛び交う意見や不確かな言葉なんかよりも、

もっとあなた自身の感覚を信じてあげてほしい。

 

 

 

最後に、まとめると…

 

 

「皆があなたのこと悪く言ってるよ。」

と言ってくる人の心理は以下のようになる。

 

 

・視野が狭く、一つの事象を「正しい」「間違っている」という判断しかできない状態。

 

・自分が辛い思いをしているから、個性的な人、要領が良い人、

 ルールや常識などから外れている人etc…のことが許せない状態。

 

・実際は自信がなくノミの心臓だが、

「集団」という虎の威を借りて気が大きくなっている状態。

 

とにかくどんな手を使ってでも相手をコントロールしたい状態。

 

・破壊的で醜悪な感情が渦巻いていてどうしようもないため、

 相手に八つ当たりをしたい状態。

 

 

こうやって書き連ねると

「皆があなたの悪口言っているよ。」という言葉を躊躇なく言える人物って

その人間性がいかに危険なのかがわかってしまうね。

 

 

よって…

 

 

「皆があなたの悪口言ってるよ」と言われたとしても、

 

 

あなたがその言葉を鵜呑みにしてしまう必要も

気にする必要も全然ないのである!!!!

 

 

 

最後に、「皆があなたの悪口言ってるよ」の件について

いろいろ調べてみたところ…

面白おかしく解説している素敵なサイトさんを見つけたので

こちら↓も参考にしてみると良いかもね。

 

 

 

 

攻撃性のある相手、

感情的になっている相手には

出来るだけ冷静に対応することで、

自分を不利な状況にしたり、何も言えず後悔をしたりすることも少なくなるだろう。

 

 

しかし、問題は「急に言われても対応できない」ということである。

 

 

紹介している1つ目のリンク先にもあるように、

一般的な会話として行われる言葉のキャッチボールならば

受け止めて返すことが出来るが、

攻撃は準備しないとうまく対応できない。

 

 

それなのに、「黙っていないでなんとか言ってみろ」などと言って

相手をさらに批判したり攻撃したりしてくる人が多いのだから

 

 

…まーーーーー困ったものだよね。

 

 

そもそも「皆言ってるよ」という内容自体、確認のしようがないし、

一方的なだけで中身がすごくスッカスカな言葉なのだが。

 

 

そんな時は

(…ああ、この人は今までこうやって人から攻撃されてきたんだね。可哀想に。)

と、同情してさしあげてはいかがだろうか。

 

 

共感はしなくて良い。

 

 

ひたすら同情してさしあげよう。

 

 

というのも、相当心の強い人ではない限り

大抵の人は不安な時に感情的になり、周囲に攻撃してしまうだろう。

 

その人の状況や心理を思いやることで

ちょっとは憎しみも減るかもしれない。

 

「皆大変なんだな」って。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

↑スイーツ食べてほっこりするのも良いよね。

 

 

たとえあなたがこれまで信頼していた相手にそのような言葉を言われて、

その人の人間性に不信感を覚えてしまうような辛い出来事があったとしても

「これも勉強だ」と思って

のらりくらりと、やりすごせられたら良いよね。

 

 

そのためには、攻撃的な人の心理や真意を予め理解しておくのも良いかと思う。

 

 

色々書いたが、僕も辛い出来事のおかげで自分自身が成長できているのだ。

 

 

それは、人の言動の裏にある感情や真意に注目して、

過去の自分の心境とも照らし合わせながら、冷静に分析できるようになったからだ。

 

 

あなたが誤った解釈で自らを責めてしまうということがないよう、

今後も出来る限りの情報や出来事は共有していきたいと思う。

 

 

自分に厳しく、心は日々鍛錬。

人には優しく、言葉は時に厳選。

 

 

同志よ、共に心の刀を磨いていきませう。

人づてに聞いた自分の悪い評判なんて一切気にするな!

「〇〇さんがあなたの悪口言ってたよ。」

 

 

 

これは、僕が今まで生きてきた中で言われた言葉の中で、

最も理解しがたい言葉である。

 

 

 

 

「〇〇さんがあなたのこと誉めてたよ!」

 

 

 

 

↑こういう良い評判なら信じられる。

 

 

というのは、伝えてくれる人の目的がわかりやすいので

信じることが出来るからだ。

 

 

「本人に伝えたらきっと喜んでもらえるだろう」

という親切心が伝わってくるからね。

仮に本当ではなかったとしても、嫌な気持ちにはならないだろう。

 

 

そうではなく、

 

「〇〇さんがあなたの悪口言ってたよ。」

 

 

このように「人づての悪口を報告してくる人」…

これは疑問に思う部分が多い。

 

↑あなたの味方を装ったディス(dis)には要注意でぃす。

 

 

なぜそのような行為をしてくるのか?

 

わざわざそのような言葉を言ってくる人の心の中はどうなっているのか?

 

そもそもなぜ自分の意見じゃなく、他人の意見じゃないといけないのか?

 

 

今回は、こういった疑問を解決するために、

「〇〇さんがあなたの悪口言ってたよ。」

などの人づてに聞いた悪口、他人(もしくは集団)を利用した悪口について

色々考察してみたいと思う。

 

 

まず、仮に、誰かがあなたの悪口を言っていたという事実を

「純粋な気持ち」もしくは「あなたを教育するため」

という目的で教えてくれたとする。

 

 ①あなたの悪口を聞いたAさん

→②Aさん(これはいけない!

  教えてあげなきゃあの人の評判落ちて可哀想!

  教えてあげなきゃあの人が変われない!)

→③Aさん「あなたの悪口言ってたよ」

 

という図式になるだろう。

 

 

 

確かに、純粋な気持ちであれば、教えてあげることで

あなたが良い方向に変われる可能性は、確かにあるかもしれない。

 

 

しかし、この考えには落とし穴がある。

 

 

それは何かと言うと、

「あなたが良い方向に変わるかもしれない」

という期待を相手が抱くことだ。

 

 

 

そもそも「良い方向」ってなんだ?

 

まず、あなたに知っておいてほしいことは、

 

あなたにとっての「良い」が、相手にとって「良い」とは限らない。

 

…ということだ。

 

それは逆も同じで、

 

相手にとっての「良い」が、あなたにとって「良い」とも限らない。

 

 

つまり、大抵の場合、誰かが言っていたあなたの悪評を

わざわざ本人であるあなたに伝えるという行為は、

基本的に一切不要で、お節介極まりない行為である。

 

 

その人にとっての「良い」を、あなたが「良くない」と判断すれば

全く意味のないものになるからね。

 

 

 

↑ちなみにこれは作者である僕の本音である。

 

 

「あなたの悪口を言っている人がいた」という言葉だけが強調され、

あなたを不快にさせるだけだし、

知らなくても良いことをわざわざ伝えに来るその人に対しても

不信感を抱いてしまうことだろう。

 

 

本人としては親切心のつもりで教えてくれたつもりでも、

事実と違った形で伝ってしまう危険性だってあるわけだし、

そもそもそれが事実かどうかすらわからないわけだから、

人間関係が破綻する原因にもなりかねない。

 

 

わざわざそのリスクを犯してまで、あなたに伝えたいことなのか…

全く理解しがたい行為である。

 

 

もちろん、もし仮に悪口の内容が本当だとして

「あなたの評判落ちてるから気をつけたほうが良いよ」

「今の状態を続けているといつか皆から総スカン食らうよ」

と忠告をしてくれているケースもあり得る。

 

 

そりゃ目に見えて明らかに犯罪級の悪さをしているなら、

その言葉を言われる方にも問題があるとは思う。

 

 

例えば、いじめやパワハラなどの暴力をしている人にお灸を据えるには

弱い立場の人や被害者を助けるためにも

「あなたの言動に傷ついている人もいるんだよ」

「皆あなたのやり方を不満に思っているんだよ」

と言う必要もあるかもしれないよね。

 

 

しかし、そうではない場合、

恐らくあなたも含め、大概の人は特に悪気がなく、

自分らしく好きなように日常生活を送っているだけである。

 

 

そこに、あなたのことを一方的に迷惑に思っていて、

あなたが変わることを期待して、

わざわざあなたまで悪評を伝えに来る人がいたとする。

 

 

「〇〇さんがあなたの悪口言ってたよ。」

 

って。

 

 

はっきり言って、その人達の目的は、

あなたのためではない。

 

加えて、他の人のためでも何でもない。

 

 

このように人の言葉を使う形で、

もしくは誰かを売るような形であなたを批判することで、

あなたを自分にとって都合の良い人格に強制していくこと、

あなたをコントロールしていくこと、

それが最大の目的なのだ。

 

 

さらに、その人達の心の中はどうなっているのかというと…

 

 

その答えは簡単。

 

 

嫉妬だよ。

 

 

嫉妬…そう、心の底に渦巻いている醜い感情だ。

 

 

↑こちらは僕の本音…ではないから安心したまえ(笑)。

 

 

その人はきっと、人生に何かしらの不満を抱えているに違いない。

 

 

あなたことを嫌だと思っていたり、ストレスを感じていたりして、

あなたが自分の思い通りになれば良い、

あなたを傷つけたい、攻撃したい、

ショックを受けた顔や反応が見たい

…などと思っているのだ。

 

 

 

 

こえーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

 

 

 

「私は正義」

「私はまともで正常」

「私はかわいそう」

 

 

そんな被害妄想が渦巻いているんだろうね。

だから、良い人のふりしてあなたの悪口を言うという、

悪意に満ちた言動が出来るのである。

 

 

自分が正しくて、あなたが悪者だと思い込んでいるからね。

 

↑正義は勝つ?…ノンノン。「自称」正義はF☓☓K!!!!

 

 

しかも、自分がやりやすいように、

あなたが変わるべきと思っているのだ。

 

 

本当に、何様のつもりなんだろうね?

 

 

 

例え、いくら偉そうな態度を取っていても、

他者の言葉を使っている時点で

 

「私は自分の意見に自信がありません。

 だから他人の言葉とか常識とかに頼るしか無いんです。

 そのため、私の言うことは一切信用しなくて良いです。」

 

と言っているようなものなのにね。

 

 

つまり、その言葉の奥に見えるのは、

恐怖や不安といったネガティブな感情なのであり、

「あなたのためでない」ことは明白なのである。

 

 

そのため、人づてに聞いたあなたの悪評を

あなたが気にする必要も

周囲の人に対して負い目を感じてしまう必要も

 

全っっっっっ然ないのである!!!!

 

↑本音がわかれば怖くないし、スルーもできるよね。

 

 

さて、「人づてに聞いた悪口をあなたに報告してくる人」の心理について

以上のことをまとめると…

 

 

・なぜそのような行為をしてくるのか?

→あなたをコントロールしたいから。

 

・わざわざそのような言葉を言ってくる人の心の中はどうなっているのか?

 

→嫉妬などのネガティブな感情に支配されている。

 もしくは何も考えていないだけ。

 

・そもそもなぜ自分の意見じゃなく、他人の意見じゃないといけないのか?

 

→自信がないから。

 

 

といった答えに行き着いた。

 

 

あなたの悪口をわざわざ報告してくる人は

決して健全な心境ではないことは明白なのである。

 

 

あなたが相当の悪事をしている自覚がない限り、

大抵の言葉は話を盛っているか、

言ってきた人物を含め、ほんの一部の人だけの解釈と思っていい。

 

 

たとえ親切心で「直したほうが良いのに」と思っていたとしても、

「今のあなた」を全否定している、

失礼極まりない行為であることには変わりない。

 

 

そのため、もしあなたの周りにこのような

「あなたの悪口を人づてに伝えてくる人」が

知人・友人の中にいるようであれば、

その人との付き合いは考えたほうが良いだろう。

 

その人物が家族や職場の中にいるなど、

どうしても距離を置けない状況であれば、

「その人の言うことは一切信用しない」と決めておくのも手だ。

 

 

 

 

人間なんて、皆完璧じゃない。

 

 

しかし、だからこそ魅力があるのだ。

 

 

残念ながら、あなたの魅力は、

あなたと出会った人全員がわかるわけではない。

 

 

時には良い人のふりをしながら、

あなたのためを思っているふりをしながら、

あなたに攻撃を仕掛けてくる人もいるだろう。

あなたに「完璧」を求めて、プレッシャーを掛けてくる人もいるだろう。

 

 

しかし、逆に言えば

「他の人が知らないあなたの魅力を知っている人達」

「そのままのあなたを受け入れてくれる人達」

そんな人達が誰かしら必ずいるはずだ。

 

 

あなたが確かめようもない情報なんかよりも、

大切な人達が本当にあなたのためを思って言ってくれた言葉だけを

信じてみるのも良いんじゃないかな?

 

 

不確かなNO!!よりも

不確かなYES!!を

 

不確かなYES!!よりも

確かなYES!!を

 

 

あなたにとって本当に必要なことなのは、

まるで四葉のクローバーを探すかのように、

「確かなYES!!」の花だけを見つけていくことである。

 

 

逆にあなたが育てている花の成長を阻害するような害のある人とは

「さよならバイバイ。気づかせてくれてありがとう。」と、

そーーーっと、嫌な感情と共に、プランターの外に移動させよう。

 

 

素敵な出会いの種を撒きながら

「YES!!」の花がたくさん集まって

「Thank You!!」の思いに溢れた花畑になるように

 

 

 

 

あなたが好きな人、あなたにとって気の合う人との関係だけを

じっくり育んでいきましょう。