依存的な相手の言いなりにならない魔法の言葉

以前、「”あなたの領域”に他人が踏み込んできたら」

という内容の記事を書いたことがある。

 

 

 

 

まず、相手があなたの領域に踏み込むこと…

 

 

それはつまりどういうことかと言うと、

 

 

「あなたは〇〇すべき。(決めつけ)」

「〇〇しなさい。(命令)」

「〇〇しないと〇〇しません。(条件を提示)」

 

 

といったように

相手の都合を考えず、一方的に相手に要求をすることだ。

 

 

上で紹介している記事は、

相手からそのようなことを言われた時に、

あなた自身を楽にする考え方を説明したもの。

 

 

自分の領域も相手の領域も尊重し、

感情が込み上げたら言いたいことを言うことで、

依存的な相手を振り払い、相手との適度な距離を保つことができるのだ。

 

 

…さて、今回の記事では

「なぜ、相手の領域に踏み込んではいけないのか?」

もう少し詳しく説明したいと思う。

 

そしてさらに、

「相手の言いなりにならない魔法の言葉」

伝えていけたらと思う。

 

 

 

相手の領域に踏み込みすぎるとどうなるか?

 

 

「あなたは〇〇すべき。(決めつけ)」

「〇〇しなさい。(命令)」

「〇〇しないと〇〇しません。(条件を提示)」

 

 

こういうことを言い続けているとどうなるか?

 

 

 

まぁ、仕事にしろ家庭にしろ

相手が言うことを聞いてくれれば、

あなたはやりやすくなるよね。

 

 

自分にとって都合が良い人物になるように、

すごく嫌な言い方だけれど、

相手を「調教」「教育」するわけだから。

 

 

 

しかし…

これはお互いに信頼しあっている関係ならまだ良いのだけれど、

中途半端な関係性だと相手から反感を買うことになる。

 

 

また、たとえ信頼しあってても、

「相手が反発しないから」

と調子に乗って一方的な要求をするのもよくない。

 

これも相手が不満を抱えてしまう原因になりかねない。

 

 

 

それでは、どういうやり方で伝えればよいかと言うと…

 

 

すごく基本的なことだけれど、

相手に「お願い」することだ。

 

 

なぜ、「お願い」なら良いかと言うと…

 

 

最終的に「そのお願い」を受け入れるかどうかは、

相手が判断することだからだ。

 

 

これは別に「自分の意見を押し付けている」わけではないよね?

 

 

自分の要望を言っただけで、相手の領域には踏み込んでいない。

 

 

あなたのお願いに対して、もし相手が「無理、出来ない」と感じたら?

当然、断られることになるのだけれど、

それでも相手を恨んではいけない。

 

 

「ダメか…仕方がない。じゃあ別の方法を考えよう。」

 

…と、気持ちを切り替えて、また別の方法を考えれば良いことだ。

 

 

成長が出来る人というのは、

どんな状況も楽しみながら前向きに試行錯誤をしていく人だ。

 

 

逆に、依存度が高い人間は

自分の思い通りにならないと不平不満や文句を言うのだ。

 

 

僕も過去に関わってた人は

身内も含め後者のタイプが本当に多かったし

僕自身もそうだった。

 

 

僕自身も「嫌われたくない」「あることないこと言われたら嫌だ」

という恐怖心を抱いていたので

無理をして自分を安売りすることも多かった。

 

 

過剰な要求を受けてオーバーワークをしてしまうため

ミスも多くなるし

さらに「ちゃんとやらなきゃ」という強迫観念に囚われて

自分自身が疲弊してしまう。

 

 

結果、自分の価値を自ら下げてしまい

相手からも

「だからあなたはダメなんだ」と否定され

より多大な要望や要求を受けることになってしまう。

 

 

自分自身も

「こんなことも出来ないから自分はダメなんだ」

と思うようになる。

 

 

そういったことが積み重なり、

クレームや批判などをやたら恐れるようになってしまった。

 

 

 

でも、今なら言える。

 

 

 

そういった一方的な押しつけや決めつけは

 

 

すべてスルーOK!!!!

 

 

…ということを。

 

 

あなたが嫌だと感じる言葉をスルーするためにも

この魔法の言葉を唱えれば良い。

 

 

「そうですか。あなたはそう思うんですね。」

 

 

この言葉自体は、相手自身を受け入れ、

相手の意見に対して最低限の敬意を払っているので、何ら問題ない。

 

 

しかし、あなた自身は相手の意見や要求に対して従う必要はあるのか?

当然、そんな義務は全くないのだ。

 

 

相手の言うことを聞き入れるも聞き入れないも、

あなた自身が判断してよいのである。

 

 

人の意見に左右されることがなければ、

あなたの領域に相手を踏み込ませないで済む。

 

つまり、相手があなたを「都合の良い奴」と認識しなくなるので

相手があなたに対して依存してこなくなる。

 

結果、相手とあなたの距離感を適切なものに保つことが出来るし、

不平不満ばかりの嫌な人はあなたの元から離れていく。

 

 

逆にあなたが人の意見にいちいち左右されることなく、

「ブレることのないしっかりした自分」を確立していれば

あなたを大切に思う人ばかりが寄ってくるようになる。

 

 

それでもギャーギャー言ってくる奴には

頭の中で次のような言葉を呟いても良いし

場合によっては口にしたって構わない。

 

 

「あ、そう。」

 

 

面倒くさい奴にはこの一言で突っぱねれば良いことだ。

 

 

 

「右から左へ受け流す」どころか、

安全圏(自分の領域)というバリア内にいるから一切寄せ付けない。

 

 

 

まとめると、

あなたが人から要望やアドバイスを受けたとして、

それを「参考」として受け入れるのは良いのだけど、

すべて従う義務や必要は全くないということ。

 

 

「意見の一つ」として捉えれば良いだけだ。

 

 

 

…さて、ここで気をつけたいことは、

あなた自身も相手に対して、

どうしても言いたいことがあるとか、

相手に対して意見や不満があるとか、

アドバイスをしたいとか、

接している上で様々な願望や要求が出てくると思う。

 

 

それを言ってはいけないということではない。

 

 

むしろ、言いたいことは言っても構わない。

 

 

ただ、

「最終的な判断はすべて相手自身にある」

…ということを覚えておこう。

 

 

 

このような考え方を繰り返していくうちに、

「相手があなたに求めていること」を理解しつつ

「あなたが相手に求めていること」をはっきり伝えられるようになるはずだ。

 

 

僕もまだ自分の思いを伝えるのがうまくできないのだが、

以前よりかは意見を言えるようになったし

むしろ誰も仕切らないと、自然と中心的存在になる…

そんな一面があることにも気づくようになった。

 

 

何も言わないくせに全て相手任せにして不平不満を言う…

そんなダサい奴になりたくないからだ。

 

 

 

一人ひとりにとって価値観やルール、正義は違う。

 

 

それがぶつかった時に

相手に対して憤りを感じるかと思う。

 

 

そんな時は

「そう思う人もいるんだな。」

「色んな意見があって面白いな。」

「教えてくれてありがとう。

くらいに思って

あまり深く考えすぎないようにしよう。

 

 

例えあなたと意見や考え方が違う人と出会っても

「あなたが大切にしていること」も

「相手が大切にしていること」も大切に出来るように

 

 

また、相手に言いたいことを言わせてあげながら、

あなた自身も言いたいことを言えるようにするために

 

 

お互いに尊重し、信頼できる人が常にあなた自身の周りにいる…

あなたにとって心地よい環境を見つけられるように

 

 

少しずつでも良い。

 

誰の基準でもない、「あなた自身が感じている思い」を

眼の前の人に伝えられるようにしていきましょう。

相手が自分の領域を犯してきたら戦争しろ!

「戦争」なんてなんだか物騒な言葉を使ってしまったけど、

まぁタイトルのとおりだね。

 

 

ただ僕は、国家間や宗教間などの「戦争」について語りたいわけじゃないから

それを目当てに来てしまった人はブラウザをそっと閉じていただきたい。

 

 

僕が話したい「戦争」というのは

 

「自分を守るための戦争」

「人と健全な関係性を築くための戦争」

 

である。

 

コミュニケーションにおける戦争…

まぁ言ってみれば「喧嘩」や「口論」「自己主張」だね。

 

 

それを踏まえて、

 

「相手と戦争(バトル)して自分の領域を守ること」

 

の重要性について語っていきたい。

 

 

 

先日、とある会社のセールスの人が家に訪れた。

 

恐らく日本中でも大半の人が迷惑しているであろう

あの企業の訪問員だ。

 

 

その人はなぜかアパートの事情を知っていて、

一方的にこちらの事情を決めつけてきた。

 

僕は直感で「こいつは悪質なやつだ」と判断した。

 

 

出かける間際だったし

「急いでいるのですが。」

「さっきも言ったように…。」

とあれこれ説明しても信じるどころか全く聞き入れてくれない。

 

 

それどころか、

相手も「絶対に契約させる」勢いだったのか

何回も何回も同じことを聞いてくるのだ。

 

 

あまりにしつこいから最終的に

「だから言ったでしょ!?」

とキレて無理やり振り払うかのように相手を追い返した。

 

 

とりあえず申し込み用紙だけもらっておけば

相手も納得するだろうと思い、それは妥協したが。

(もちろん申し込むつもりはない。)

 

 

このように無礼な相手、

こちらの「人としての権利」を無視してくる相手、

自分の縄張りを犯そうとしてくる相手etc…には

僕は非常に厳しい態度をとる。

 

 

自分の「領域」を犯そうとしてくるから当然のことだ。

 

 

ちなみに「領域」とは国のように

自分の縄張りのようなものと思ってくれて良い。

 

 

それでもピンとこなければ

こちら↓でも軽く説明しているので参考にしてほしい。

 

 

 

…しかし…

こういう「赤の他人に自分の領域を侵される」経験は

きっと多くの人にあるはずだ。

 

 

 

例えば子供の頃を思い出してほしい。

 

 

親など大人たちから指図や命令をされたことはないだろうか?

 

 

「宿題しなさい」

「部屋を片付けなさい」

「あれやりなさい」

「これやりなさい」

 

 

まぁこんな細かいこといちいち言われてばっかりじゃ

 

 

「うるせーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」

「じぶんでやるわーーーーーー!!!!!!!!!!!」

 

 

ってキレたくもなるよね(笑)。

 

 

でも、従わないと怒られる、叩かれるなどされた人もいるはず。

 

 

そのたびに、相手に対して反発心を抱いてしまう。

 

反抗期では荒れてた人も多いんじゃないかな。

 

今リアルタイムで荒れてる人もいるかもしれないね。

 

 

それはまだ良い。

嵐はいずれ治まるときが来るだろうから。

 

 

問題なのは

「これが出来ない自分はダメなんだ」と

自分自身を否定するようになって、

 

大人になった今でもその呪縛から逃れられず

苦しんでいる人も少なくないはずだ。

 

 

親だけでなく、上司や先輩からも似たようなことをされている人もいるだろうね。

 

 

逆に、人をまとめる立場にある人なら、

人に対してそのようなことをしてしまう人もいるだろう。

 

 

こういった

「相手に対して指図をしてしまう」

もしくは

「相手の言うことに嫌々従ってしまう」

 

それは

「相手の領域を犯す」

もしくは

「相手が自分の領域に入るのを許してしまう」

ということにもなる。

 

 

 

「自分らしい生き方」をする上でも、

「相手との依存的ではない健全な関係性を築く」上でも

全く良いことではない。

 

 

 

 

 

それなのにも関わらず、

「本当はこういう事情があるのに…」

といった気持を言葉にできず

逆らえない人は多いだろう。

 

 

しかし、自分の気持ちを押し殺して人の言うことを聞いてばかりいると

全て相手の基準で物事を考えるようになってしまい、

自分の気持がわからなくなってくる。

 

 

「自分はどう考えているのか」

「自分にとって何が嫌なのか」

「自分は何を望んでいるのか」

 

 

こういった「自分の気持ち」がわからなくなってくると

相手が全ての判断基準になってしまい、

常に相手の顔色を伺うようになり

自分らしく自然体に振る舞うことができなくなる。

 

 

「自分の軸」ではなく「他人の軸」で物事を考えてしまうからだ。

 

 

※「自分の軸」「他人の軸」についてはこちら↓を参考にしてほしい。

 

 

「他人の軸」つまり「他者の気持ち優先」で物事を考えると、

自分が何をするにも相手が優先になる「共依存の関係性」になってしまう。

 

 

いつまでも子離れできない過保護な親とか。

DV彼氏と別れられない彼女とか。

 

 

「この子がいなきゃ…」

「この人がいなきゃ…」

と常に自分がいなきゃいけないと思う込んでいる状態のことだ。

 

 

そうしたことを続けていくと、あなた自身も被害妄想にとらわれやすくなる。

 

 

こうした共依存は、

「相手の存在」で「自分自身の存在意義」が保たれているからである。

 

 

いざその関係性がなくなり

(恋人と別れる、親なら子供が勝手にどこかへ行ってしまうなど)、

あなたにとって不都合な状況(破産や病気など)が訪れた時に

 

 

「あの人のせいだ」

「あいつが悪い」

「あの子が〇〇してくれない」

 

という考えに陥りやすいからである。

 

 

これは人を恨んでばかりの人生だ。

 

そんな人生を送るようになってしまうと、

怒りや悲しみのエネルギーを湧き上がらせたまま毎日を過ごすことになり、

あなたが幸せに生きられなくなる。

 

 

なので、今すぐにそれを断ち切ろう。

 

 

「革命」の始まりだ。

 

 

DV彼氏(彼女)を持った恋人は

今すぐに同棲しているアパートから出ていくべきだし、

 

 

子供に干渉してしまう親は

「子供が幸せなら何をしていても構わない」と

良い意味で子供に対して「無関心」になる必要がある。

 

 

逆もあるよね。

 

 

親のことを「鬱陶しい」と思うのなら、

今すぐにでも一人暮らし出来るアパートを見つけよう。

連絡はたまに行えば十分だし、

なんなら海外まで行ってしまっても構わない。

 

 

僕だって一人になりたくて、

ほぼ海外みたい沖縄を選んだんだから。

 

 

「革命」の後には「戦争」が起こる。

 

 

もしそれでも相手が自分に依存してくるのであれば、

「戦争(バトル)」をしよう。

 

 

↑お前こそ口悪すぎだから自重しろ

 

 

自分が思っていることを相手にぶつける。

 

 

僕もそうだが、日本人には口論が苦手な人は多い。

 

怖いかもしれない。

面倒なことになるかもしれない。

 

 

でもね、

「自分の気持を吐き出すこと」は

自分のためでもあり、

相手のためでもあるのだ。

 

 

少しでもあなたを思いやってくれる人なら自分自身で考えるだろうし、

その人自身が自立して人生が良い方向に向かっていくかもしれない。

 

 

逆に、依存的な考えが抜けない人はいつまでも同じことを繰り返すし、

別の「依存させてくれる人」のところへ去っていくかもわからない。

 

 

でも、それは全て「相手の責任」なんだから、

あなたが心配して気にする必要なんてないんだよ。

 

 

少なくともあなたの「思い」を外にだすことで、

相手が成長する可能性を与えることになる。

 

自分の中で悶々としたままでは

その可能性すら0になるんだ。

 

だから、「言葉にする」ことは大切なことなんだよ。

 

 

それでも相手が

 

「あなたに対して過剰な期待をしてくる」

「あなたに対して依存心を抱いている」

「言うことを聞かせようと支配的な態度を取ってくる」

 

 

その状態であなたのところへまた来ようものなら、

完全にスルーして良い。

 

 

もしくは自分の考えをぶつけて、毅然とした態度で追い払えば良い。

しつこいセールスマンに対処するかのように。

 

 

 

「相手と戦争」をすること…

つまり、あなたが自分の考えを主張することは、

少なくともその人にとっては「意味があること」に繋がるはずだ。

 

 

もしそれで

「相手が怒る」「他の人からも責められる」

などの不都合なことが起きてしまっても、

それは放っておいて構わない。

 

 

厳密に言うと、

「受け取り方は人それぞれなのだから、徹底的に相手に任せる」

ということだ。

 

 

 

あなたに覚えていてほしいのが、

「相手が相手自身で考えて処理をするべき課題や問題」は

確実に「相手の領域」

なんだよね。

 

 

少なくても「あなたの領域」ではないはずだ。

 

つまり、あなたが相手の問題を解決する義務はないということ。

相手の問題なのだから。

 

あなたが相手を思い通りにさせたい、

相手に言うことをきかせたいと思い、

相手の「領域」に無理やり入り込んでいくのであれば

相手に反発されても仕方がないだろう。

 

相手だって相手の「領域」を守る権利があるんだから。

 

逆に言えば、

相手が自分の領域に無理やり入っていくのであれば

反発しても良いし、自分の言いたいことを言って構わない。

あまりにも執拗な行為をするのであれば逃げてしまって構わないし、

他の人に助けを求めるのもアリだ。

 

 

…てなわけでまとめると、

 

 

人に振り回されてばかりで疲れている人が

「人の顔色を伺わず、自分の気持ちを最も優先できる生き方」

ができるようになるには

 

 

「相手と自分との問題を明確に区別し、

必要以上に干渉してくる相手には毅然とした態度をとること。

もしくは必要以上に相手に干渉せずに突き放すこと。」

 

 

こういったことが大切なのだ。

 

 

「自分のことは自分で決める」

「相手のことは相手が決める」

 

それを前提にある程度の距離を置いた関係を築くこと。

 

 

それが本当の意味で

「お互いを信頼し、尊重できる」

自立した大人同士の理想の関係だと思うな。