新しい環境に飛び込む勇気を思い出させてくれる人々

先日はGID(性同一性障害)の仲間たちと忘年会だった。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

一応外部にも周知はしていたものの

集まったのはほぼ顔なじみの決まったメンバーだった。

 

 

そんな中で一人だけ新規でご参加いただいた方がいた。

 

 

その人を見て、僕が初めて沖縄でGID団体の集まりに参加した時のことを思い出した。

 

 

僕もそうだったけれど、GIDやLGBTの人って

思春期という貴重な時代を長くたった一人で悩む人が多いことだろう。

 

 

 

 

そんな時にインターネットで色々調べて、

自分以外にも同じ悩みを抱えた人がたくさんいるってことに気づくのだ。

 

 

GIDについて調べて訪れたクリニックで

交流会などのイベントのことについて聞かされ、

実際に同じ悩みを抱えた人と会うことになったのだ。

 

 

ちなみに僕が最初にGIDクリニックでカウンセリングを受けたときと

初めてGIDコミュニティの集まりに参加したときの感想を

こちら↓に書いている。

 

 

 

一歩踏み出すのは大変だ。

 

 

ましてや、まだ踏み込んでない場所に勇気がいることだろう。

 

 

もうコミュニティが出来上がっていると

なかなか話しづらいかもしれないし、

そこで自分のことを話すとなると

緊張してしまうことだろう。

 

 

僕はそんな人達に言いたいことがある。

 

 

「一歩踏み出すことができておめでとう。

 

そして…

 

勇気を出してくれてありがとう。」

 

 

僕もついつい人見知りしてしまうし

自分からお喋りすることは苦手なのだが…

 

来てくれた人が居心地の悪い気分にさせてしまわないように、

「楽しかった」「参加して良かった」と言ってもらえるように、

話しやすい雰囲気作りをしていきたいと思う。

 

 

そういう方々を見て、

逆に自分自身も気づくことがたくさんある。

 

初めてコミュニティに参加した時のこと、

勇気を出して「えいっ」て飛び込んだときの

不安と希望の入り混じったあの気持ち…

 

その気持ちを忘れちゃいけないなって思うし

新しい環境に飛び込むという挑戦はし続けていきたい、

ぬるま湯につかったままじゃ成長できない、

どんどん新しい開拓をしていかねばと思うのだ。

 

 

なので、新しい方が来てくれるということは

僕たちにとってもとてもありがたいことなのだ。

 

 

…というわけで、

もしあなたが性別違和などで悩んでいるのなら

僕のLINE@でも団体のLINE@でも良いので、

お気軽にご相談くださいね。

 

 

ブログやInstagram、LINE@などでも

GID・LGBT関連の情報は随時配信していきたいと思いますので

お気軽にフォローくださいませ。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿