【ライブ参戦記】2017年2月7日 MERRY 福岡DRUM SON

コリュにちばんこ〜!

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)だよ。

 

 

かつて、僕はライブの遠征をするがてら

各地の名所を旅することにハマっていた。

 

旅のことはもちろん、

せっかくだから、その時参戦したライブのことも書いている。

 

2017年2月山口〜福岡に旅をした際の記録はこちら↓

 

 

今回は、2017年2月7日福岡DRUM SONにて参戦した、

MANY MERRY-HOLIC」について書いていきたい。

 

 

 

 

こちらのライブはMERRYと、スーパーメリーズの対バン風ライブ。

 

「対バン」ではなくて、「対バン”風”」としているのは…

まぁ…その…いろいろとご察し。笑

 

↓参考

 

 

 

福岡DRUM SONは初めて来た、というか

福岡でのライブ参戦自体が初めてだった。

 

 

福岡の雰囲気はどんな感じなのだろう?

ちょっとドキドキ。

 

 

 

 

手書きの感じが良いね。

 

 

ちなみに僕、基本的にライブレポはほとんどしないし、

ライブの感想とそれにまつわる個人的な体験談くらいしか書かないから、

そのあたりはご了承いただきたい。

 

 

セットリストはこちら↓

 

 

上のセトリ情報は「MERRY」ではなく、

「スーパーメリーズ」のセトリである。

 

 

MERRYのコピーバンドだからか、

全体的に初期のレトロックな曲が多いのも特徴的だし、

かつてこの頃の曲にハマっていた時期があった自分としては嬉しかった。

 

 

しかしなぜか、セトリの情報に関しては、「スーパーメリーズ」のみで、

「MERRY」のセトリ情報は、調べても出てこなかったのだ。

 

 

MERRYのライブレポとして、

セトリを挙げている方のブログも拝見したけど、

間違っている可能性もあるとのことだった。

 

 

僕自身も、もう時間が経ってしまったものだから、

残念ながらどの曲をやったのか忘れてしまったし、

というか、覚えられない。

 

 

でも、遠い記憶の中に

「平日の女」「傘と雨」「ジャパニーズモダニスト」

をやった気がするのは確か。

 

ジャパモダまた聴きたいな―。

 

「何回聴いても飽きない」というのは、

本当に好きだからだよな。

 

 

そして、確かこの時のライブだったかな?

 

 

MERRYの時に「ワルツ」が聴けたのは鳥肌モノだった。

 

「ワルツ」収録シングル↓

 

 ZERO-ゼロ-(初回生産限定盤B)(DVD付)

※クリックするとAmazon商品ページ

 

 

 

昔の話になるが、僕が小学生の時には、

当時気になっていたいろんなアーティストのCDの曲を

テープに録音していたのだけれど、

大概、シングルカップリング曲は省いてしまうことが多かった。

 

 

カップリングの曲の中にも良い曲もあったとは言え、

どうしても地味な曲が多くなりがちというか、

「メイン曲のほうが華やかで好き」

というケースが多かったからだ。

 

まぁ子供だから仕方がないものの、いかにも子供っぽい理由だよな。

 

 

しかし、GLAYの「グロリアス」を聴いたあたりで、

その概念は崩れ去った。

 

 

当時はメインである「グロリアス」も

カップリング曲である「Believe in fate」も大好きだったのだ。

 

 

しかも、その大好きな「Believe in fate」でさえ、

最初は大して好きではなかったのである。

 

 

 

そして、よくよく聞くと

 

「なんてかっこいい曲なんだーーー!!!!」

 

と初めて気付くのだ。

 

「…いやお前、前に『別に好きじゃない』って言ってただろ」

という自己ツッコミもしながら。笑

 

 

特定のアーティストのことを好きになると、

A面もB面も関係なくなって

全ての曲をフラットに聴けるからかもしれない。

 

「できるだけ多くの曲を知りたい」

というスイッチが入るからね。

 

 

だから、それまで気付かなかった「曲の良さ」に気付くのだろう。

 

 

 

というか、大抵どのアーティストも、

コアなファンほど、カップリング曲に隠れた名曲があるのを知っているはず。

 

「きっと多くの人は知らないであろう、この曲を愛している自分が好き」

 

という、そのアーティストへの愛と、

ちょっとした優越感が生まれるのかと思う。

 

 

 

というわけで、僕は昔から、

気になったアーティストに関しては、

シングルもアルバムも余すことなく目(耳?)を通し

自分の好きな曲を見つけるようにしている。

 

 

中には、最初は通り過ぎたものの、

 

よくよく聞くと

 

「良い曲じゃん!!!!」

 

…などと思ってしまう、スルメ曲もたくさんあるのだ。

(場合によっては延々リピート)

 

 

 

MERRYのレトロな世界観は、

 

A面もB面も理解し、全てを噛み砕いた上で、

自分の好きな曲をより愛することが出来る…

 

そんなかつての感覚を呼び戻してくれると思った。

 

 

ちなみに、今回ライブで聴いた「平日の女」は、

上に挙げた「A面」「B面」の意味こそちょっと違うものの、

ともに違うアレンジになっている。

 

 

個人的にはA面の方が哀愁があって好みだけれど、

「同じ曲でもここまで印象が変わるんだなー」

と新しい発見だった。

 

 

↓気になる方はぜひCDを聴いてみてくれ。

 

平日の女

※クリックするとAmazon商品ページ

 

 

今、時代はサブスクリプションサービスが当たり前になって、

気になるアーティストの曲を全曲聴くことも可能となった。

 

 

しかし、CDを手にとった場合と比べて、

「あのアルバム(シングル)の、あの曲」

という感覚も薄れてしまいがちに思う。

 

 

便利な世の中になったのは良いが、

 

隠れた素晴らしい名曲

自分だけが知っている大切な曲

あの時に自分を救ってくれた思い出の曲

 

そういった素敵な曲たちを素通りしてしまわないように

 

一つ一つをスルメのように噛み締めて、味わっていけたら良いなぁ〜。

 

 

 

最後に…

 

 

今回書いたのはMERRYのことばかりで

スーパーメリーズについてはほとんど触れなくてごめん。

 

 

でも、なんだか自由にのびのび楽しそうにやっているのが良かった。

 

 

いつになっても「遊び心」を忘れずにいることで、

多くの人を楽しませることができるんだなって。

 

 

僕は個人的に、今まで仕事やお金、将来のことなど、

どうしても真面目に考えがちというか、

目標を決めたら無理をしがちになる部分もあるのだけれど…

 

 

遊びをやめてしまったら、さぞつまらない一生になるだろう。

 

 

遊びをナメちゃダメだ。

 

 

彼らのように、色々工夫するなどして、

もっと真剣に遊ぼう。

 

 

そう思って、ライブ会場を後にしたのだった。

【ライブ参戦記】2017.9.29&2017.9.30 MERRY 桜坂セントラル

10月に入り、沖縄も徐々に涼しくなってきている。

 

 

とはいえ、まだまだ余裕で半袖で過ごせるんだけどね!

 

 

2017年の9月よさよならバイバイ。

 

 

というわけで、9/29と9/30は、MERRYのライブに行ってきた。

 

 

煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

↓セトリはこちら

 

いやー神曲揃いだった。

 

 

レトロな曲調と独特な雰囲気、

オールドスクールな演奏がいい味出ているけど、

ボーカル・ガラさんの身体全身を使った迫力のある表現と、

情緒ある艶っぽい歌声が一度ハマるとなかなか抜け出せないんだなー。

 

 

良いバンドに出会えたもんだ。

 

ちなみにMERRYのことよく知らない人は、

ぜひYoutubeに公式が上げられている動画を見て欲しい。↓

 

 

 

 

ライブ動画もすごいよ。↓

 

 

 

今はこれよりもっとパフォーマンスがパワーアップしてると言っても良いかも(笑)

一見の価値ありです。

 

さて、ライブ会場はoutputという場所で、とても小さい箱だったので、

チケットを取れるか不安だったけれど、

早めだったからか余裕で取れて良かった。

 

会場は、ステージがとても近く感じられて、

人も密集していてでも苦痛を感じるほどでもなく、

ライブ自体もとても楽しかった!!!!

 

ヘドバンはもちろんのこと、

「【fuman farm】」で皆でもみくちゃにモッシュしたのが楽しかったし、

「バイオレットハレンチ」で周囲の人を見よう見まねでフリを真似してみたり。

 

 

新譜の「エムオロギー」はまだ聞けてないんだけど、

すぐに覚えられたし面白い曲ばかりだった。

 

 

1日目のMCでは、

 

・このツアーでは昔の曲もやることにしている。

・全部がMERRYの曲だから、やりたくない曲はない。

・ただ、辛い時に楽しい曲を歌えない。

・楽器の人は楽器に気持ちが行くけど、ボーカルはそうじゃない。

 

ということを話していた。(うろおぼえです。)

 

それと、下北沢でお世話になった人が沖縄の人だということで、

ガラさんがライブ当日その人に会ったらしく、

「人との縁」についても話していた。

 

「レストインピース」に入る前、

ガラさんは「その人のために(この曲を)歌います」と言っていた。

 

それを踏まえてこの曲を聞いて、

僕が今ここに居るのも、まさに縁がなせるものだと思った。

 

縁がなければ、素通りしてしまうアーティストもたくさんいると思うが、

縁があればどこかできっと興味をもって聴くようになると思うし、

なければ多分この先ずっと聴くこともないだろう。

 

 

それは人間関係でも同じだろうな。

アーティストとファンの関係だってそう。

例外なんてないだろう。

 

 

さて、2日目は、前日よりも人が増えていたし、沖縄の人も多くなった。

 

・ツアーでは一つ一つのライブを大切にしたい。

・24時間テレビのマラソンもゴールだけ映してもつまらない。
最後の2時間位にやるマラソンのドキュメンタリーがあるから面白い。

・日本青年館はファイナルだけど、変な話どうでも良い。その過程が大事。

・それぞれの都道府県で「宝」を見つけたい(結生さん談)。

・後悔のないように、今を楽しんでね。

 

というようなことを言っていた。(うろ覚えPart.2)

 

 

それと、弦楽器隊のメンバーはそれぞれ別々に、

首里に行ったことを話していた。

 

↑首里城。「新春の宴」などのイベントは一見の価値あり。

 

3人とも別行動で首里に行ったのは偶然だったらしく、

「そこ、一緒に行かないんだ」とガラさんに突っ込まれていたけど(笑)

 

あと、テツさんは、「沖縄の建物は窓が小さい」と言っていたので、

その視点で建物を見てみると面白いなって思った。

 

確かに、沖縄は日当たりが良好過ぎる家や、

大きな窓がある家はあまり見ない。

紫外線の強さの関係だろうね。

 

 

お酒の話もしていたけど、僕は古酒はまだ飲んだことないな。

沖縄にいるのに、やれてないことたくさんある。

 

 

沖縄に来る人と会う度に、自分の行動範囲の狭さに気づく。

もっと県内外問わず、色々な場所に行ってみたい。

 

 

あと、2日通して、メンバーが沖縄の食を満喫しているということもわかった。

僕も話を聞いててラフテーとかテビチとか無性に食べたくなってしまった(笑)

 

 

そんなこんなで、ライブ翌日は燃え尽きてほぼ1日中家にいたのだけど、

料理を作るための材料の買い出しついでに

首里の街なかをブラブラしてみた。

 

 

 

 

閑散期ということもあるが、観光地なのに人も車もあまり通らない。

 

 

伝統的な、静かな街。

 

 

改めて、この街が歴史ある素晴らしい街だって気づいた。

 

 

前は見たことがなかったお店もある。

 

 

ゆいレールも徐々に出来ている。

 

 

ここに住んでいると、ついつい忘れてしまいがちだが、

普段そこに住んでいない人の視点から得られるものってたくさんある。

 

 

本当に沖縄は素敵な場所なんだと思った。

 

 

 

正直な所、最近は、自分も日本人のくせに、日本に嫌気が差して、

日本を離れたいとさえ思っていたほどだ。

 

 

沖縄は嫌いになったわけじゃないけどね。

 

 

でもやっぱり「自殺大国」と呼ばれるくらい、

日本は生きにくさを感じる要素が多々あるんだと思う。

 

外国人がいっぱいなただの観光地じゃない、

外国人がいっぱいいるということは、それだけの魅力があるということだ。

 

 

それは日本人から見ても同じこと。

 

 

自分が住んでいる街に誇りを持つようにしよう。

自身を持って、人に勧めよう。

それで人がどう思うかはその人の勝手だ。

 

 

自立出来ている人は、どんな環境にいても、

それなりに楽しい思い出を作ることができる。

 

 

縁がない人はもうこの先会うこともないんだから。

 

 

今この場所に住んでいるのも「縁」だ。

皆が「良い」と思える場所に住めるなんて、

自分はすごく恵まれているんだと思った。

 

 

このライブに来なければ、鬱々とした日々を過ごしていたかもしれない。

 

 

何はともあれ、刺激を受けることは大切だと思った。

 

 

だから、これからもライブには行き続けると思うし、

いろいろな場所にも遠征や旅行をしようと思っている。

 

 

MERRYの皆さん、ありがとう。

 

また沖縄に来て下さい。

 

その時はまた、2DAYSで!!

 

 

ザイオンス効果というか、接触回数が多いほど、好きになるのは本当だ。

実際2日目の終わりはちょっと寂しかったし。

 

 

日本のバンドが内にこもることなく、どんどんライブをしてくれれば、
好きになる人が増えて、日本の音楽がもっと盛り上がっていくはずだ。

 

だから皆、どうか挑戦することを恐れないでほしい。

 

 

なんて、お前が言うなよって感じだけど(笑)

 

ちなみに散歩で買い出しに行った後作ったものがこれ。

 

 

 

煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

人様のレシピを参考に作ったんだけど、今まで作った中で傑作な気がする。

店が開けるんじゃないか?と思ったくらい(←自画自賛乙)

 

 

やっぱり自分は料理もだし、ものづくりをしているととても楽しい。

今はライターに転職をしたけれど、

やっぱり「手を動かしてものを作る」ことが向いている気がする。

 

 

それに気づけた1日でもあった。