人生はキャンバスではない。パレットだ。

Life is a great big canvas;
throw all the paint on it you can.
人生はとても大きなキャンバス(画布)だ。
可能な限りその上に有るだけの絵の具を投げかけなさい。

 

という名言がある。

 

人生は自分自身で描いていくもの、という意味だろうか。

 

 

僕も昔はこの言葉に共感していた。

 

 

しかし今は、逆だと思う。

 

 

むしろ、人生とは…

 

現在起きている事象に
自分がどう意味づけしていくかが重要になる。

 

そう考えるようになった。

 

そう考えるとむしろキャンバスではなくて、
パレットだと思う。
色を作る道具ね。

 

これは画用紙だが。
 

すべての物事は意味があるようでいて、意味が無い。

 

では、誰が意味づけしているのかというと、
他でもない、人間だ。

 

過去から現在において、
世の中の人が作った「価値感」だとか「伝統」だとか
そういうもので意味づけされている。

 

それなら、自分の好きなように色を塗ったってかまわないだろう。

自分で好きなように色を作って塗っていく、

 

つまりすでにある「意味あるもの」に自分で意味づけをしていくのだ。

 

大抵の人は幼少時代から大人まで完全に一人で生きてきたわけではないだろう。

 

むしろ、自分自身で人生をコントロールできた人なんて
ほとんどいないのではないか。

 

しかも、多くの場合は大人の影響で洗脳を受けているから、
さらに自分の行動を制限するようになる。

 

そうなると、自分自身で生み出せる色(意味)の数も限られてくる。

 

他にたくさんの種類の色があるのかもしれないのに、
緑しか知らなければ、緑を使うしか無いしな。

 

いや、もしかしたら本当は、
赤色は青色なのかもしれないし、
青色は赤色なのかもしれない…。

 

しかし、何も考えずに生きていると、
そんな可能性すら考える余地すら無くなる。

 

…まぁこれ以上言うとただの頭おかしい奴だから、ここまでにしておくけど。

 

ちなみに僕は最近、何かイラストなどを見た時に、
その人がどのような画風の絵を描くかというよりも、

 

その人がどのような配色をするのか
その人がどのような色づくりをするのか

 

他人の彩色や配色に関するセンスが気になってきたのである。

 

 

上のイラストは、
LGBTのビーチパーティを開催した時に配布したフライヤーのデザインだ。

 

これは僕が作ったもの。

 

これを見て、とある人が聞いてきたんだ。

 

「コリュって沖縄の人なの?」って。

 

いや、僕は本土出身の妖怪だけど?

 

どうやら、沖縄の人は原色というか、鮮やかな色を好む人が多いらしい。

その人は僕のこの色使いを見て、沖縄の人っぽいと判断したそうだ。

 

沖縄の子供達の絵を見ていると、
本土の子供達との色使いの差が顕著に現れると聞いたことがある。

 

僕は教育者じゃないからわからないけど、
本土出身の、もしくは本土での生活経験がある美術の先生だったら、
それに気づくこともあるのかな。

 

もしくは逆のパターン。
沖縄の人が本土の学校で教えている場合だと、
本土の子供達の色使いに驚くことがあるのかな。

 

僕はたまたま自分の色使いが沖縄の人寄りだったんだろう。

和物が好きだし、淡い色の日本色も好きなんだけどな。

自分の表現においては、わりとハッキリした色使いをする傾向になるらしい。

普段あまり自己主張しない性格だから、
コントラストを強めることで自分の内面を吐き出しているのかもしれないな。

 

いずれにせよ、その人の生まれ育った環境が
その人の感性に大きく影響することは間違いない。

 

他の人の絵を見ていると、
自分じゃできないような色使いに驚かされることがある。

 

逆に、自分が当たり前のように使っている色も、
他の国や地域の人から見ればとても珍しいんだろうな。

 

キャンバスに何を描くかよりも、
どのように色付けをしていくか。
どのような色を作るか。

 

未完の絵に、皆が予想もできない配色で
独自の色で色を付けられたら…

自分にしか描けない人生と価値観が生まれるのだろう。

 

そして、「人生はパレットだ」と言ったところで、

星空でもあると思うんだ。

 

一つ一つの星…点と点を繋げて大きな線にしていく。

 

その線自体には大きな意味はないのかもしれないが、

自分で「星座」を作っていくなら、その線は重要な要素になり得る。

 

 

…偉そうなこと言ってるけど、
結局これら全て僕自身が作った「意味付け」だしね。

 

 

それに共感するのかしないのかも

逆にあなた自身がどう捉えるのかも

全てはあなた自身の「色」にかかっているのかもしれない。

 

 

 

最終的には皆が「これは青だ!」と言うのを
「いや、赤だ!」と言い張るような、

 

 

そんな人間を目指してみるのも良いんじゃないかな?

 

 

少なくとも僕は、そんな妖怪になりたい。

自分を理解するには「具体」と「抽象」を繰り返そう

前回の記事では、夢や目標を実現するために、
「未来の自分」と対話しようということを語った。

 

↑前回の記事

 

「過去〜現在〜未来」という時系列を意識して、
過去を受け入れつつ未来に向かって自問自答していくことも大切だ。

 

今回は、「今この瞬間」をより深掘りしていくことについて語りたいと思う。

※ただ、僕自身、この内容についてまだ研究段階なので
わかりにくい表現が多々あると思う。
その場合はぜひコメントにてご質問ください。

 

「今この瞬間」にあなたが考えられること

 

それは…

 

「具体と抽象を行ったり来たりすること。」

 

…もうこの文章からして抽象的でよくわからないかもしれない。

 

なので、まずは練習してみよう。

 

「あなた」という人間を具体的に、そして抽象的に語ってみよう。

 

僕の場合だと、僕という人間は「天海夜 煌琉」である。
一応これは人物名(ハンドルネームだけど)なので、超具体的。
(そうか?と思われるかもしれないが、
皆さんの場合であればご自身の本名として思ってもらえれば良い。
それ以外の存在などいないはずなので。)

 

それでは、僕という人間を抽象的に語るとどうなるか。
僕は、「沖縄県民」「セクシュアルマイノリティ」「アラサー」などといったグループに属する。
住んでいる場所や職業、年齢や属性・性別などと言った要素は、
このうち一つだけでは僕という人間を語れないので、抽象的な要素と考える。

 

僕という人間はいろいろな要素で出来ている。
 

もっと僕という人間を抽象的に説明しよう。
抽象的なので、なんでもかまわない。

 

「一人で行動するのが好き」
「知らないところを旅するのが好き」
「V系など地下路線の音楽が好き」
「集団が苦手」
「自己中心的な人間が嫌い」
などといった好き・嫌いの要素を挙げていっても良い。

これら一つ一つは、現在の自分を語る抽象的な要素である。

 

抽象的に自分を語るには
「自分の属性」
「何が好きか・嫌いか」
「どんなことを心地よいと思うか、ストレスを感じるか」
「やりたいことは何か、やりたくないことは何か」
「現在抱えている問題・取り組んでいる課題」
などをたくさん挙げていくと良いだろう。

 

これをすることで、「自分」という具体的な自分像が見えてくるからだ。

 

それでは、これを未来の自分に当てはめてみる。

 

未来の自分では、「こうありたい像」を明確にすることが具体的となる。

 

有名になりたいとか、お金持ちになりたいとか、
社会に還元したいとか、クリエイティブなことをしたいとか…

 

こういったものは非常にふわふわしているので、抽象的となる。

 

確かに、未来に向かってモチベーションを上げて行動していくには、
将来の抽象的な、ふわっとしたイメージを持つことは大切。
しかし、抽象的なものを夢にしているだけでは、現実とはならない。

 

それだけではその夢に向かって何をしたら良いのか、具体的にわからないからである。

 

未来の自分を具体的に語るには、
未来の自分のライフスタイル、あり方を具体的にイメージしてみることが大切。

 

僕の場合だと

 

「沖縄県内で民泊を利用したプロジェクトを始めたい。
そこでは、福祉やセクシュアルマイノリティの援助もしながら、
自殺を考える人々・生きづらさを感じている人々がキャラクターを通して癒される空間を作りたい。
そして、自分自身は新時代を定義するアニメーターになって、
常に世の中に疑問を投げかけながら、日本や日本人の魅力を世界に伝えていきたい。
クライアントから依頼されたものをこなすのではなく、
全てを自分で生み出す仕事をして、楽しみながら安定した収入を得ていきたい。」

 

これは超具体的。

 

まぁこれでもまだ抽象的だとは思うが、
以前の「何をしたいのかよくわからない」状態の自分と比べたら
まだ良くなったと思う。

それは、世の中と対話しながら、
自分自身の「抽象」と「具体」の作業を徹底的に行ったからだ。

 

しかし、やりたいことを実現するためには、具体的な要素が必要となる。
それをするために必要なもの、手段、資金など…
これらを全て洗い出してみないといけない。

 

というわけで、手始めにアマゾンでデザイナーとして起業する本を注文した。
以前からフリーでやりたいと考えていたのに、今更遅すぎるとは思うが、
昨年開業届を提出して、起業なんて誰でも気軽に始められるとわかったので、
ちょっとずつ進めていけたらと思う。

 

なんだかんだ理由をつけて何もしない自分とは、決別することに決めたのだ。

 

 

 

前回の記事と合わせてまとめると、

①過去から未来の自分を見つめながら、

②自分という存在をひたすら抽象的に、具体的に、考える。

③①と②ををひたすら繰り返す。

 

 

そうすることで、本当にあなたがしたいこと、
世の中に対してできることは何かが明確になるかと思う。

 

 

ちょっとむずかしいと思うけど、
自分が一番しっくり来る「自分のあり方」を通して、
「未来の自分像」を見つけてみてください。

未来の自分と対話するということ

最近、「未来の自分が今の自分を作っている」と考えるようになった。

 

「未来の自分があるから、今の自分がある」
そう言ったほうがわかりやすいかもしれない。

 

「過去の自分が今の自分を作っている」というよりかは、
「今の自分次第で未来の自分のあり方が決まる」ということだ。

 

未来から見た今の自分=過去と考えれば、
まぁ似たような意味なのかもしれないが、
未来を軸として考えるのか、過去を軸として考えるのかでだいぶ異なるように思う。

 

例えば…

 

将来長生きするために、毎日の食事に気を使う。
試験に合格するために勉強する。
マッチョになってモテるためにジム通いをする。

 

…などなど、
簡単に言えばそういうことだ。

 

それは決して難しいことではなく、誰もが皆ごく自然に行っていることと言える。

 

僕は、過去の記事でも「時間は点ではなく、線で繋がっている」ことを述べた。

 

 

今回はさらに、思い描いた未来を実現させるために、
「未来の自分と対話する」ということについて語っていきたい。

 

 

「未来の自分と対話する」

 

…それは、一体どういうことかというと、

 

「今の自分が欲しているものではなく、未来の自分が欲していることを聞くこと。」

 

 

 

 

…まだよくわからないかと思う。

 

これは自分の行動について、一つ一つ自問自答することだ。

 

「将来自分はどうなりたいのか?」
「どうしてこの習慣を続ける必要があるのか?」
「それを続けていった先に自分がどうなるのか?」
「自分以外の人、世の中、家族・友人…はどう影響を与えられるか?」

 

といったことである。要するに質問攻めだ。

一つ一つのことを、さらに深掘りして考えていくということだ。

 

例えば僕の場合、今このブログを書く意味、
ブログを続けていく意味について考えてみた。

 

「自分の体験談や学んだこと、考えを語ることで、
たくさんの人が楽しく毎日を生きられるようになってほしい。」
「自分の活動・考えをアピールして、安定した収入を得られるようになりたい。」
「自分の発信でマイノリティを始めとしてたくさんの人を勇気づけて、
皆が自分らしく生きやすくなって、自殺者が減れば良いなと思う。」

 

こう考えることで、その時の気分だけで発せられたただのコンテンツではなくなる。
一つ一つの言葉や出来事が、自分の中で繋がっていくイメージ…
それが自分の中で出来上がる。

 

そうやって未来に目を向けながら自分のメッセージを伝え続けることで、必要な人に届いていくと思うし、
漫画や旅などのコンテンツを充実させていけば、もっと多くの人に楽しんで見てもらえるはずだ。

 

未来の自分も、楽しんで毎日を送っている姿が目に浮かぶ。

 

もちろん、自分がまだ未熟なばかりにうまくいかないことも多いが…

 

今後より次元の高い「未来の幸せな自分」と出会うために、
常に自問自答を繰り返していくだろう。

 

そうやって自問自答自問自答自問自答…を繰り返した矢先に、
自問自答が寺門ジモンになって、
脳みそが「聞いてないよー」って言い出すくらいには
思考を習慣化させていきたいと思う。

(※寺門ジモンさんは特に関係ない上に、意味不明なまとめになりましたとさ。)

人生とは、星空のようなものだ

仮に今のあなたが不幸のドン底だからと言っても、悲観する必要はない。

 

今、この時が最悪だからといって、あなたの人生そのものが不幸の烙印を押されてしまうとは限らないからだ。

 

人生は、とある出来事だけを切り取った「点」ではない。

様々な点、つまり様々な出来事が繋がって「線(自分の人生)」を成り立たせている。

 

例えば、プラネタリウムで星座を見た時に、
一つ一つの星そのものは星座そのものではないことはわかる。
それぞれは独立していて、星座を構成している要素でしかない。

 

いくらシリウスなどの明るい星であったとしても、それだけでは他の星と繋ぐことができない。

どんなに光の弱い星でも、立派な星の一つなのである。

満点の星空では、そのような星でも否定されることなく存在することが出来る。

 

人生も同じようなものだ。

 

結婚して出産して老後も家族に囲まれて幸せに…といった人生像は、
実は、点の一部にすぎない。

 

人はそれぞれ千差万別の人生を送っているのだから、
皆同じような運命をたどるわけがないし、
幸せの形だって何億通り存在する。

 

さらに、人によって「幸せ」の定義は1つとは限らないから、
星の数ほどの数多の幸せが存在するということになる。

 

 

あなたの人生がオリオン座なのか、北斗七星なのか、蠍座なのか、
もしくはまだ見たことがない形の星座なのかは、
あなた自身が好きなように決められる。

 

様々な出来事や出会いを重ねて、

様々な星と星とをつなぎ合わせて、

自分の夜空をたくさんの星座で埋め尽くそうではないか。

無駄の積み重ねが 無駄にならないワケ

昨日は台風が直撃したので、アルバイトが休みになった。

 

もう今年は来ないと思っていたのに…

最後の最後で(?)あいつら、やりおるな…

 

せっかく家にいるからあれこれやろうと思っていたけれど、

台風特有の気圧の変化と日々の疲れで身体が思うように動かずに

昼までグダグダしてしまう。

 

 

 

まぁ、いつものことだ。

 

 

 

一般的には、そういうことは良くないとされるよね。

 

時間があるなら有意義なことに使おう、みたいな。

そういう風潮。

 

 

 

しかし、「休みたい」と思うことは、

実際に身体が休みたがっているわけだし、

思い切り休むと良いのだ。

 

体調の悪さに気候が影響しているなら、なおさらだ。

 

 

地球自体が必要としているから

そういった気候を引き起こしているのであり、

我々人間はそれに従うのがベストなのだろう。

 

 

長年沖縄で生活していて、

「台風の時は引きこもる」という術と、

台風が来るとわかってからの万全な事前の準備、

そのための暇つぶしツールや食材、

飲み物を買いだめしておくという人々の知恵を学んだ。

 

 

天候と共生しながら、家族や自分の身を守る。

 

 

天候に従った結果、時間を無駄にしてしまっても、

そういうことの積み重ねがどこかで自分の血や肉となって思わぬ形で現れる。

 

「無駄」は逆から読むと「ダム」だ。

 

 

(※画像は冬の金城ダム。

ダムだと信じられないくらい、水の部分が緑に覆われているが)

 

無駄だと思っていることの積み重ねが、

知識や経験の貯水地となるのだ。

 

毎日毎日何かしら目にしたこと耳にしたこと

考えたこと味わったこと犬猫をモフモフしたこと(?)

 

ちょっとでも気にかかることはあるはずだ。

 

そういうのひっくるめて全部噛み締めていれば、

「タスク」自体をうまくこなさなくても

自分の成長や思わぬアイデアに繋がる。

 

 

 

そうやって「ダム」として溜まっていった経験や知識が、

いざという時に役立つかもしれない。

 

 

ちなみに、夕方くらいには徐々にやる気が出てきたので、

ハロウィンで使うお面作りをしていた。

 

 

 

買い出しに行けないから、作れないと思ってたけど、

意外と家にあるものでなんとかベースとなるものは作れた。

 

…というか

 

 

ハロウィンまで2日しかないのに…

 

 

 

無事、完成するのだろうか?

 

 

…ちなみに、犬猫をモフモフさせて頂ける環境は随時募集中です。

 

 

 

むしろ恋人より欲しい(笑)