誉めないめげないコミュニケーション

僕は全くと言っていいほど人を誉めない。

 

厳密に言うと、人の良いところを言ったとしても、「誉めている」感覚がない。

 

確かに、相手の良いところを相手に伝えて喜んでもらえるなら、
その行為自体は好きだ。

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


しかしそれは「相手の一面」「そこから自分が考えたこと」という事実を
相手に伝えているだけなのである。

 

意見や考え方の相違はあるかもしれないが、
それを伝えることで、新しい価値観や新しい一面が生まれるかもしれないしね。

 

それから、最近では苦手な人でも良い部分がないか探すようにしている。

 

厳密に言うと、相手のことを少しでも理解したいというか、
その人の人間性をできるだけ多く把握して分析をしたい。

 

…といった気持ちが強いのかもしれない。

 

こういった一連の研究をしていくことで、自分にとって新しい発見があるし、
ネタ作りの参考になるからだ。

クリエイターの性だよね(汗)。

 

いや、その人が有している人間性には、もしかしたら「良い」も「悪い」もないのかもしれない。

というのも、以前のブログでも言及をしているが、全ての物事に意味付けをしているのは自分だから。

 

 

特に人間の長所と短所なんて紙一重なわけだし、
自分の都合の良いように「ここは良い」「ここは悪い」と判断するのも
なんだか失礼な気がするのだ。

 

好き、嫌いで判断するなら個人的な好みの問題だから良いけどね。

 

人間的にどうしても好きになれない人物なら、
できるだけ関わらない、離れればよいだけのことだし。

 

自分が今関わっている人がどんなキャラクターで、
どんなことに喜びを見出し、
逆にどんなことに弱いのか(怒るのか)は、
よく見るようにはしているかな。

 

さて、話を「誉めること」に戻すと…

 

以前、「嫌われる勇気」を読んだ時に、
人を誉めることが必ずしも良いこととされないことを知った。

 

 

確かに誉めるという行為自体、
どことなく人を下に見ているような印象さえあるしな。

 

「誉めること」が度を過ぎてしまうとただの馴れ合いになるし、
個人的にそれは最も勧めないコミュニケーションだ。

 

だから、僕は人のことを誉めない。

 

その代わり、「あるがままの相手の一面を認識して、受け入れる」ことを重視するようになった。

 

相手の一面を「こうなのだな」と正確に認識する。

 

そして、その事実を受け入れて、自分がどう解釈しているのかをフィードバックする、
あるいはメモなどに残しておく。

 

「いいね」という感情ももちろん大切だけど、なぜ自分は「いいね」と感じたのか?

 

それを分析していくことで、
自分自身のことがわかるようになってくるからだ。

 

 

自分のことがハッキリわかっていれば、
どんな情報や意見を目にしても、ブレることもなくなるし。

 

自分が確信を持って行動して、
誰かが温かくその行動を見守ってくれているなと感じているのなら、
誉められるという行為は大して必要としなくなるのかもしれない。

最近では特にそう思うようになってきたのだ。

 

でも人間は何処かでつながりを持っていたい生き物である。
誰かからの言葉や反応が欲しいし、
それがないと活動を辞めてしまう人だってある。

 

僕は数年前から試行錯誤しながら形を変えつつ発信活動を続けてきているが、
最近では何の反応もなくても全く問題ない。

 

自分は自分なりに狂った世界で苦しんでいる人々の役に立てれば
それで良いと思うからだ。

 

 

ただし、もし何か新しい発見を見つけたり、
逆に「いやこれはこうだろ」と思うことがあったら、
その際は遠慮なくコメントを下さい。

 

 

とりあえず、時には反応しづらい内容も躊躇せずに書いているわけだが、
何も反応なくてもめげない(笑)。

 

 

現に、「サイレントマジョリティが抱える闇」という見えない怪物のせいで
多くの人が生きづらさを感じている。

 

そんな怪物の弁慶の泣き所に
ジョブを打ち続けていくに意味があるからね。

 

 

 

弁慶の泣き所?

 

 

 

 

…足の小指でも良いかも。

人に期待をせず、人を信頼できる人物であれ

ふと思った。

 

人に「期待」することと、人を「信頼」することー

似ているようで全く異なるものではないかと。

 

試しにgoo辞書で調べたら、以下のようになった。

 

「期待」とは…

[名](スル)あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。
当てにして心待ちにすること。

 

「信頼」とは…

[名](スル)信じて頼りにすること。頼りになると信じること。
また、その気持ち。

 

…なるほどなるほど。

 

これを受けて、私コリュの辞書では、このように定義した。

 

「期待」することは、受け身になること。
相手を自分の都合が良いように解釈して、意にそぐわないと失望すること。
被害妄想の原因も、これだ。

 

「信頼」することは、相手を信じること。
失敗しても、思うような結果が得られなくても、
ただただ愛情を注いで相手を見守ること。

 

人に期待してはいけない。
人から期待されるのも嫌だ。

 

人に期待することで、妄想の中で自分勝手なその人の「人物像」が出来てしまうからだ。
それは現実に存在している「その人」ではない。

 

もちろん、自分が誰かから期待されるとしたら、そんな僕は僕自身ではない。
その人が妄想の中で作り出した、「別の何か」だ。

 

そんなもの、怖くないか?

 

彼らが妄想している「僕」は、僕ではない「別の何か」。
 

 

そうではなく…

 

 

ただ無条件で相手を信じられる、
人に与えられる…
そんな「人に信頼できる」人間になりたい。

 

 

人に期待して作り上げた「別の何か」ではなく、
あるがままの「その人」を受け入れよう。

 

 

そういうわけで…

 

 

僕は誰にも期待しないし、期待もされたくない。

 

 

自分が心から愛せる人だけを、信頼していたい。

 

 

ちなみに上のイラストは、理想の人物像(?)を形にしたもの。

 

 

 

自分が一番自分に期待してんじゃねーか。

自分の直感を磨くために、今日からできること

1月4日

 

世間では今日から仕事始めの方も多いと思うが、
僕は休みだった。

 

正月中はずっと出勤だったからね。

 

でも不思議と嫌じゃなかったな。

 

去年は、正月はもう働かないと決めていたんだけどね。

 

忙しかったけれど、なんだか楽しかった。

 

こうして働いてみてわかったのだけど、

自分は働くのが嫌いなわけではなく、

適度に外部から刺激を受けるのが良いみたいだ。

 

でないと、下手すると本当に外部との接触が無くなる恐れが有るからだ。

 

 

もちろん、人間関係がそれほど悪くない職場で、

残業代もきちんと出るという最低限の条件は絶対だけどね。

 

 

その代わり、自分の食べたいものを食べる、というように

極力自分を甘やかすようにはしている。

 

 

メリハリが大事。

 

 

その時に、新しいお店で食事するとか、

今まで食べたことのないメニューにあえて挑戦するとか、

何かしら目標を決めておくことで、新しい発見があるかもしれない。

 

 

 

一方で、あまり美味しくないメニューを選んでしまう可能性もあると思うので、

失敗した場合の口直しのお菓子やデザートも決めておけば、ストレスもたまらないし。

 

 

 

個人的には、ちょっと入りにくそうな雰囲気のお店にも勇気を出して入ってみたい。

そういうお店はコアなファンも多いから、広告だよりではない、

本当に美味しい料理が頂ける可能性もあるしね。

 

 

できるだけガイドブックに頼らずに、お店やスポットを見つけられれば、

自分の直感が磨かれていく気がする。

 

そうやって磨かれた直感で、自分好みの料理の味付けや、

フィーリングの合う人々がいるお店を見つけることも出来るかもしれない。

 

 

事前に調べたお店よりも、ふらっと入った店が良いこともあるのだ。

 

 

でも基本失敗したくないというか、慎重な性格なので、

やはり未だにグーグル先生にはお世話になりっぱなし(笑)

 

 

 

口コミやレビューではなく、

自分の足で、自分の目で見たものだけで、決められるようになれるといいなぁ。

 

 

このブログも一応沖縄住みブログだから、

今後は自分の直感で選んだちょっとマニアックなお店を見つけて

紹介していければと思う。

 

 

とりあえず、県庁前駅の近くにある居酒屋の焼き鳥は美味しかったと報告しておきます。

お店の雰囲気も良かったのでまた来たい!