「自分自身の監督」になって、自分の人生をセルフプロデュースしよう

僕は最近、

 

「他人の感情には振り回されるな。自分自身の気持ちを優先しろ。」

 

といった内容の文章を書いている。

 

 

逆に言うと、それは自分自身にも当てはまることで、

「自分の感情には振り回されるな。」とも言える。

 

 

「自分の感情に振り回されず、自分を客観視する。」

 

 

もしかしたら、この生き方を意識することで、

他人の批評も一切気にならなくならず、

ほんとうの意味で自分らしい人生を送れるのでは?と思った。

 

 

というわけで、今日は

 

「自分の感情に振り回されず、自分を客観視する。」

 

…このテーマについて考えていこうと思う。

 

 

 

最近…に限ったことじゃないけど、

街中、特に買い物している時とか、テレビをみている時とか

やたら感情を煽る表現が多いなと思う。

 

「あなたはこのままではダメですよ」

「今のままでは将来〇〇ですよ」

 

というような…

 

購買欲を煽るためなのか、

やたら不安にさせるような言葉をよく見かけるし、

 

「タイムセール中!」

 

「今買わないと損ですよ!」

 

といったセールもよく見かける。

 

実際それに飛びついて別に欲しくなかったものを

買ってしまった方も多いかと思う。

 

 

大丈夫、僕もその経験たくさんあるから(笑)。

 

 

その他、人の感情を煽る表現としては、

過激な活動家がヘイトスピーチを行っているデモとか

パワハラ、セクハラ上司がいる職場とか

 

 

まぁ色々あると思う。

 

 

…もう数え上げたらキリがないよね。

 

 

そんな人の言うことをいちいち真に受けていたら

身が持たないし、自分を見失ってしまうだろう。

 

 

疲れちゃうよね。

 

 

さて、こんなにたくさんの情報に溢れた現代。

 

 

こんな時、しっかりと自分を持って、

誰にも振り回されず、狼狽えないようにするにはどうすれば良いんだろう?

 

 

 

僕は以前、このような記事を書いたことがある。

 

 

 

「自分の人生の”主人公”にはなるな。」

 

 

これはつまり、どういうことかと言うと、

 

 

「自分の人生の主人公になる」というのは、

「自分の主観」で生きている状態ということなんだ。

 

 

それは結果どうなるというと、

いつまでも「動かされる側」になっちゃうんだよね。

 

 

感情的なものに左右されてしまうし、

基本、「情に厚い良い人」だからお涙頂戴の演出にも弱い。

要するに「カモ」的な扱いを受けてしまうこともあるだろう。

 

 

 

そういう「常に何かに煽られる生き方」をやめて、

 

「流行りには惑わされない。」

 

「自分は自分の選んだものだけを信じて生きる」

 

そんなかっこいい生き方をしたい!!

 

 

そんな生き方を実現するにはどうすればよいか。

 

 

そのためには…

 

 

 

「自分自身を一歩引いて見つめる存在」を

自分の中で作ってしまおう。

 

 

わかりやすく言うと、「監督」だ。

 

 

監督は監督でも、自分の人生の「監督」だ。

 

 

映画やアニメなどはもちろん、スポーツにも「監督」という存在は必要だよね。

 

 

自分をコントロールする「監督」がいるから、

作品は出来上がるし、選手なら勝てるように動いていける。

(かなり雑な表現だけど、実際そうだよね笑)

 

 

アートとスポーツで違うけれど、

両者に共通しているのは、

「目標(ゴール)を達成すること。」

 

 

これを自分の人生に当てはめると、

自分の中の監督が決めた「目標(ゴール)」。

つまり、「なりたい自分像」を明確にすることで

それに向かって「自分という人間」を動かしていける。

 

 

つまり、

 

「目標(ゴール)に向かって自分に指示する監督を、自分の中で作ろう」

 

ということなのだ。

 

 

 

「俺の人生」の主導権を握るのはこの俺だ!(By.監督)

 

 

例えば…

 

 

自分の中で「痩せたい!」という目標を決めたとする。

 

 

主人公である自分は「目の前のラーメンを食べたい。」という気持ちを抑えられない。

いや、もしかしたら欲望に勝てず食べてしまうかもしれないね。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

でも、外から見ているもう一人の自分、つまり監督が

「今後、こいつ(自分)は痩せるというシナリオにする。でなきゃ困る。」

って言うんだったらもうそれに従うしかない。

 

 

一度それを決めたら、ラーメンを目の前にしても、

「とりあえず我慢するか。」

「低カロリーのもので置き換えよう。」

という選択肢が生まれるはず。

 

それがなかなかうまくいかないから、困っている人もいるかもしれない。

 

でも僕だって昔太ってたのに

今は「細すぎ」と言われるくらいまでになったから、

やろうと思えばできるんだよ。

 

今だって結構大食らいだけど、

旅行と人と一緒にいる時以外は1日1.5食にしているからか、

食べてもあまり太らない。

 

しかも、好みも変わってくるのか、

昔ほど甘いものを好まなくなった。

 

 

…なぜそうなったかと言うと、

「こういう自分になりたい」

というイメージを明確にしていたからだと思う。

 

その時ちょうどヴィーガン料理にハマっていたから、

そんな自分が好きだというのもあったかもしれない。

今はもうしんどくなってやめた(笑)。

 

それにぷくぷくした自分よりもスッキリした自分のほうがかっこいいから

今の自分を維持しているわけ。

夜のストレッチとスクワット以外、特に運動はしてないけどね。

なるべく自転車で行動するようにはしているけど。

 

 

自分を客観視して、目標を決める監督が

「痩せる」という目標を決めたから、

「できている部分」と「できていない部分」も把握できるようになって、

自分(主人公)をコントロールできるようになったからだ。

 

 

わかりやすくダイエットを例にしたけれど、

これと似たようなことがどんなことにも応用できる。

 

 

「物事に応じない」自分になりたいのだったら、

いろんな出来事に慣れていくしかない。

 

「余裕のある」自分になりたいのだったら、

とにかく収入を増やして、時間を作るようにすること。

どうしたらそういう自分になれるのかを考えて

いろいろ勉強したり人の話を聞いたりしていく。

 

そういった過程の中で、自分にとって必要なことを取り入れて

いらないものを捨てていく。

 

成長するにはとにかく学んでいく、経験を積むしかないわけだし。

 

 

僕だってまだまだ成長したいと思っている。

 

挫折しそうになったこともあるけれど、

昔ほど不安から物を溜め込んでしまったり、

余計なものを買うこともなくなった。

 

 

寂しさや虚しさで必要以上に飲み会に参加することもなくなった。

 

 

それは僕の中の「監督」が

 

「お前(自分)はもうそれはそれは臆病者だし

どこに行っても浮いてしまって社会不適合者みたいな奴だ。

 

でも、この先、“自分自身の生き方がまさにアートだ”と言えるような、

将来的にカリスマ性のある奴になっていくんだ。

 

それにはそれに恥じない人格を、今から作っていく必要があるのだ。」

 

って決めているからだ。

 

 

 

いやーーー困った困った。

 

 

俺、超絶コミュ症だけどそんな風になれるのかな?

 

 

でも、そのおかげで

例え今苦しいことや嫌なことがあったとしても、

「大丈夫。」と思えるんだよね。

 

 

そう。

 

 

「監督」である自分は自分に支持を出せるわけだし、

「主人公」である自分はその過程を楽しむことができる。

 

 

うまくいかなくても、

例え人からバカにされたとしても、

その過程すら「美味しい」と思えるようになる。

何かにつけて一喜一憂しなくなるんだ。

 

 

だから…

 

 

どうせ人生の主人公になるなら、

監督から脚本まで何から何まで自分でセルフプロデュースできる、

そんな人物を目指していくのはいかがだろうか。

 

 

例えると、チャップリンみたいな!!!!

 

 

 

 

まとめると…

 

感情だけで自分を動かさない。というか、誰にも動かされない。

 

 

「人生の監督である自分」を自分の中に作って、

一歩引いた上で自分を見つめ、

その上で「なりたい自分」「目標(ゴール)」に向かって

「人生の主人公である自分」を動かしていこう。

 

 

そして…

 

誰も経験したことがない。他の誰にも置き換えられない。

 

「これが自分の人生!」

 

そう胸を張って言えるような人生を送りましょう。

「美しい蝶」ではなく、「蛹」の自分が一番美しい

自分はこれでもかというほど自己肯定感が低い生き物だったので
「今の自分じゃダメだ」と常に思い、

 

色々なことに興味を持っては夢中になる…
(途中で飽きて中途半端に終わることもしばしばだが)

 

そんなことを繰り返してきた。

 

イラスト、ダンス、DTM、縄、音楽(楽器の演奏、ライブ参戦)、料理、投資…などなど。
(現在もハマっているもの、興味のあることもあるが)

 

 

興味の対象を行っていることで自分が楽しい、
また、それをしている時の自分が好きというのであれば、
いろんなことに挑戦することはむしろやるべきことだと思うんだ。

 

でも、あまりにも「自分には何もない」と思い込んで、

 

・周囲の求める「ジェンダー」や「価値観」などに合った自分を演じようとする
・興味のかけらもないジャンルの資格を無理にでも取ろうとする
・あまり続けられなそうなことでお金を稼ごうとする
・気が向かないのに友人知人に合わせて趣味を始める
・周囲が皆結婚しているからなどの理由で、焦って婚活や出会いの場を求める
・SNSで見栄を張るために偽りの自分像をアピールする
・自分自身を美しくないと思いこんで整形にハマってしまう

 

…などなど。

 

こういうことはやめたほうが良い。

 

 

「挑戦すること」と、「やらされていること」は全く異なるものだ。

 

 

一見すると自発的にやっているように見えて、
全くそうでもないこともあるかもしれない。

 

 

仕事でも趣味でも家庭でもどんなことでも、

 

「それは本当に大好きなことなのか?」
「自分が心から必要としている、求めていることなのか?」
「周囲の意見に左右されていないか?」
「周りからの目を気にしていないか?」

このように、
自分の心に聞いてみよう。

 

 

もしかしたら、「嫌」という声が聞こえてくるかもしれない。

 

 

「他人のため」を思ってしていることではなく、
「他人の機嫌をうかがうため」にしていることは、
全て必要がないことだ。

 

 

人を喜ばせたくてすることではなく、
人からどう見られているかを気にして行動することは、
自分しか見えなくなってしまう状態だからだ。

 

 

自分しか見えないと、
一つの価値観に固執してしまいがちである。

 

 

「自分を必要以上に良く見せたい。」
「結婚しなきゃいけない。」
「女(男)らしくならなきゃいけない。」

 

などの「焦り」が生じてくることだろう。

 

 

何故、焦る必要があるのだろう。

 

 

周囲の人の声なんて「その人自身の意見」にすぎないんだから、
「そういう考えの人もいるんだな」と思っていれば良い。

 

 

他人の要求に従う必要なんて全く無いんだよ。

 

 

本当に「心地よいと感じる自分の状態」を開放してあげて、
自分の生き様をどう見せるのか…

 

それが一番大事なことだ。

 

誰かに見せるための「完璧」な自分は不自然だ。

 

自分が心地よく生きられるための「完全体」な自分で良いのだ。

 

 

「完璧」と「完全体」は違う。

 

 

今のあなたはまだ蛹かもしれない。

 

 

まだ蝶にもなっていない段階で

 

「美しい蝶にならなければいけない」
「自分が思い描く蝶の姿にならなければ愛してもらえない」

 

といった「完璧さ」を求めたって意味がない。

 

蝶になったらなったでその姿を受け入れる必要がある。

 

勘違いしないでほしいのが、
蛹は蛹の状態でも「完全体」なのである。

 

その状態を受け入れて、今の蛹の状態を楽しめば良い。

 

理想を諦めろということではない、
「完璧」を目指すなということだ。

 

「『完璧』な自分じゃなきゃ人に受け入れられない…。」
それは全て周囲の人の影響や過去の経験により、
自分自身が作り上げた「幻想」なのである。

 

 

 

例えば、僕が思う「魅力的な美人像」というものがある。

 

 

それは完璧な顔の作りではない。
ちょっと欠損(一般的に言うとコンプレックス)があるからこそ努力をするのだし、
その欠損があるからこそ人間らしい愛嬌さがある。

 

 

もちろん、性別だってそうだ。
僕は「女性になりたいMTFさん」のほうが
一般的なシスジェンダーの女性より女性らしいなと感じることが多々ある。

 

 

それは「完璧な女性」ではないからこその魅力があるからだと思う。
生きていく過程で苦しんだこと、努力してきたことなど、
その人ならではの「味わい」が出るからだ。

 

結果、その人独自の色気や醸し出される雰囲気に
非常に惹きつけられるのだ。

 

生き様が表れているというか、そんな感じ。

 

 

 

というわけで、

たとえ今のあなたが幼虫だろうが蛹だろうが蝶だろうが

今の自分を大切にしよう。

 

 

 

他人の嗜好に自分を合わせる必要なんて無い。

 

 

別に整形する人を否定はしないけれど、
そのままでも十分愛らしい人はいくらでもいる。

 

ほんのちょっと形を変える、
見栄えを良くするくらいだったら良いかもしれないけど、
「他人の好みや他人の理想像」に自分を合わせてしまうと、
本来の自分が持っている魅力が歪んでしまう危険性もあるからだ。

 

それで「もっともっと」と「完璧さ」を追求していくうちに
整形にハマってしまう人もいるかもしれないね。

 

 

「整形」は何も顔や体に限ったことじゃない、

 

 

性格的なもの、自分の生き方を無理矢理に「整形」してしまって
苦しんでいる人もたくさんいるし、
むしろ、そういった「内面的な整形」は精神的なものだから、
お金をかけずに気軽にできてしまうわけだし、
外見的な「整形」をする人よりもはるかに多いのではないか。

 

人として美しくある為にも、今の自分自身を愛することが大切。

 

仮に将来どんな姿になったとしても、その姿を隅から隅まで愛せる…

 

そんな自分になろう。

 

 

その上で、もっと美しく見えるように、
自分の魅力をさらに引き出す努力をしていけば良いんじゃないかな。

 

 

 

 

 

「自分を愛すること」についてより深掘りしたければ、
こちら↓の記事も参考にしてみてね。

 

 

 

あなたは今のままで十分美しい。

 

 

 

ちなみに今日のBGMは天野月子さん。

 

 

だからかちょっとエモい気分になっている…そんな土曜の夜だった。

さらば、義務(ギブ)&洗脳(テイク)

世の中には

 

「〇〇しなければいけない」

「〇〇しないと〇〇になれない」

「〇〇してはいけない」

 

みたいな義務や洗脳があまりにも多いと思う。

 

 

いや、思う、じゃなくて…

 

 

実際多いよなぁ。

 

 

いやはやまったく息苦しいよなぁ。

 

 

 

…そう思わないかい?

 

 

 

「メェ?」
 

 

…………。

 

 

 

最近気づいたんだけど…

 

「やらなきゃいけないこと」って
大抵別にしなくても良いことなんだよね。

 

もしかしたら自分自身で「やらなきゃいけない」と妄想しているのかもしれないし、
ただ、やらなかった場合の恐怖に対して動かされているのかもしれない。

 

 

色んな本を読んでわかったけれど、
恐怖で動くことはあまり良くないことがわかった。

 

いや、むしろやめたほうが良い。
それくらい身体に対するストレスが大きいからだ。

 

 

むしろ、「いかに遊ぶか」が重要。

 

 

 

 

自分にとって心地良いことだけを考えていくほうが、
心から幸せになれると思うし、
若々しくて健康的な身体を手に入れることができるはずだ。

 

 

これでも多くの人はまだ

 

「会社には3年以上務めなければいけない」とか

 

「良い会社に入るためには良い大学に出なければいけない」とか

 

「結婚して家庭を築かないといけない」とか

 

「周りに迷惑かけてはいけない」とか

 

いろんな義務感や焦り、不安で動いている人が多いと思う。

 

 

「その通りにならないといけない」と考えながら
親や周囲の人間からのプレッシャーを受けて、
失敗を恐れて行動している人もいることだろう。

 

 

自分や他人の生き方にあまりにも制限や条件ばかり付けていたら
自分自身が生きやすくならないだけじゃなくて、
常に緊張感でガチガチだったら身体も壊すよね。

 

 

…でもこんな生きにくい生き方というのはもう昔前の話。

 

今は時代と共に価値観が変わってきているし、
インターネットの発達とともに自分を表現する機会や場所が増えた。

 

実際に僕の回りには
自分をありのままに出すことで人が集まってくる人が多いし、
楽しそうにお金を稼いでいる人もたくさんいる。

 

確かに、僕だって不安が全くないわけではない。

 

でもどうにか以前よりも楽になれたのは、
上に挙げたような「自分に正直に生きている人たち」と出会えたおかげだ。

 

もしこれが生まれてから今まで一定の価値観しかないコミュニティに
身を置いていたらと思うと非常にゾッとする。

 

要するに「家庭」だよね。

 

 

僕は以前、↑の記事でも言っていたことがあるが、
真の意味で自分が楽に生きるようになるためには、
安心できる「家庭」から離れるしか無い。

 

その安心感は本当の意味で自分を癒やしてはくれない偽物だからだ。

 

暗い自分のままだったら、それはそれは変化がなくて楽だけど、
自分が一番苦しいのだ。

 

しかし、自分自身を変えるには、
これまで身を置いていた考え方や価値観を手放さないと
なかなか変わることができないと思う。

 

僕も他者に対する恐怖だったり依存だったり自意識だったりが非常に強かったから
この辺のマインドを作り上げるのに時間がかかった。

 

もちろん今も発展途上ではあるが、
自分がどう見られているか、嫌われないか、ということよりも
どうしたら周囲の人を助けられるか…という考えに変わってきたように思う。

 

そして、何かをやるにつけてハナから「無理だ」と決めつけるよりかは、
「やってみないとわからないな」という考えに変わってきた。

 

ただ、一番の足かせになっているのは、
性格上、出来るだけ自分で解決したいという気持ちが少し強いようだ。
もっと素直に人に相談できたら良いなと思うんだけどね。

 

世の中にはすぐに結果が出る人となかなか結果が出ない人がいると思うけど、
素直な人は悩んだり疑心暗鬼になったりする間もなく行動に移すから
成長のスピードが早いんだと思う。

 

慎重になるのは仕方がないけれど、
あまりにもひねくれたものの見方だけはしないようにしたいね。

そうならないように、
不満があったらなるべく言うようにするだけでも良いのかもしれない。

 

 

だから僕は出来るだけ色んな人と会うようにしている。

特にこれまで自分が内心嫌でモヤモヤと感じていた固定観念やらなんやら
それらを否定してくれる人達の存在が必要だと感じているのだ。

 

確かに、これまで生きていた中で自分に酷い扱いをしてきた人達もいたけれど、
そんな人達よりも自分を大切にしてくれる人が遥かに多い。
自分の未熟さが原因で粗相をしても、許してくれる人だってたくさんいる。

 

そうやって「自分が価値のある存在」であることに気づいて、
周囲の人々に心から「ありがとう」と思う気持ちを持つ。
体験を一つずつ積み重ねていくしかないんだよね。

 

それは何年かかるかわからないけれど、焦らなくていい。

 

別に誉められなくたって良い。

 

「ありがとう」の言葉があれば良い。

 

実際にそれだけで自分の存在が許されている気がする、魔法の言葉だからだ。

 

 

僕も少し前まではギブ&テイクの考えだったけれど、
最近はだいぶ緩んでいる。

 

「ギブ&テイク」は、「義務&洗脳」でもあるからだ。

 

 

自分の身を犠牲にする「ギブ&テイク」じゃなくて、

「自分が楽しみながら無償の愛で世に貢献できる」

これが理想だ。

 

 

当たり前になっている価値観から抜け出そう。

 

 

それにはまず、自分が遊ぶことから始まる。

 

 

※ハウステンボスにだって一人で行ってしまうくらい遊ぶの大好き、なのである。

上から目線ではない。「俺様から目線」だ。

僕は言い切り型の文章だ。

 

それはこのブログが独り言だからというのもある。

 

敬語だとなんだか緊張してしまって
なかなか思うように物が言えなくなるからだ。

 

言い切り型だともしかしたら
「上から目線で偉そう」みたいな印象を与えてしまい、
もしかしたら不快に感じる人もいるのかもしれない。

 

しかし、主張するということは、自分の考えを述べることだ。

 

相手に何かしら考える余地が生まれないと

自分の言葉なんてただのゴミになりうる。

 

もちろん、宝なのかゴミなのかは言葉を受け取った相手が決めることだ。

 

その際に回りくどい言い方じゃ自分の真意が相手に伝わりにくいし、
心にひっかからないだろう。

 

覚えてくれることもないかもしれない。

 

それでは主張する意味がない。

 

それに日本人特有の「〜は遠慮します」「〜したほうが良いですね」みたいな表現より
「○◯だ」「好き」「嫌い」「良い」「悪い」の方が
自分はこういう人間なんだと、自分にとっても他人にとっても明確になる。

 

日常生活で人に気を使ってばかりの人も多いのだから、
特定の個人に対する誹謗中傷を言わないなど最低限のマナーさえ抑えておけば
ネットくらい好き放題にものを言っても良いと思う。

 

個人に対してものを言っているわけじゃないから
言い方に気をつける必要もないしな。

 

文章を見て傷つくのも考えるのも同意するのも相手の自由なのだから。

 

一般的に、世の中にクソリプがたくさん生まれる要因として
皆他人の主張に過剰に反応し過ぎなんだよな。

 

自分があまり好まない意見であれば大概はスルーすれば良いことであって
攻撃するのはちょっと違うなと感じているし、
僕自身全く関係ない他者を攻撃することはまず無い。
自分自身が直接何かを言われたわけではないのだから。

 

そもそも、自分の考えを主張することに
上も下も右も左も全く関係ない。

 

自分が思う「正しさ」というのは
そこに存在する事実を自分の言葉で表現しているのであり、
そこに優劣なんて存在しないからだ。

 

「自分はこう思う」と言っているだけなのである。

 

それを相手がどう思うかだろう。

 

つまりのところ、

 

「上から目線」じゃない。

 

「俺から目線」なんだ。

 

 

僕は今後とも「俺様から目線」で
完璧ではない、ありのままの自分を曝け出していきたい。

人生の主人公にはなるな

「人生の主人公はあなただ!」

 

みたいな文章をよく目にすることがある。

 

結論から言えば、

主人公にはならないほうが良い。

 

僕は元々芸大生で、
アニメーションも作ったことがあれば、
絵本も作ったことがある。

 

小学生の時には漫画ばかり描いていた。

 

それからドラクエにハマっていて
一日中ゲームばっかりやっていることもあった。

 

2011年、2016年に開催されたドラクエ展に行ったこともあるくらいだ。
 

 

これらの経験を通して思ったのが、
物語を操作するのも
キャラクターをどうするか決めるのも
結局作者次第、つまり作り手次第なんだよなということだ。

映画だったら映画監督かな。

 

登場人物は決して自分の意志で動いているわけではないのだ。

 

ゲームの中のマリオやサトシ(ポケモンの)、勇者だって
自分で勝手に動くわけじゃないもんな。

プレイヤーである自分が好きなように動かしている。

 

 

そうなると…

 

自分自身をどう悲惨な目に遭わせてやろうか

 

 

それとも幸せな展開へと向かわせてやるのか

 

 

何と戦うのか

 

 

どんな選択をしていくのか

 

 

どんな珍しい経験をしていくのか

 

 

 

 

ホラー映画にするのか…

コメディ映画にするのか…

 

それを決めるのも自分自身である。

 

人生の主導権を持っているのは自分自身なのだ。

 

自分の生き方を考えるのが自分の役目であって
自分を操作しようとする誰かに動かされてはいけないんだよね。

 

 

ちなみに…

 

自分の人生がホラー映画になるのかコメディ映画になるのかは
自分のものの考え方でだいぶ左右される。

 

ならばいっそのこと自分で感情のコントロールが出来たほうが
自分にとって一番楽な生き方ができるはずだ。

 

もし良かったら以下の記事も参考にして、
湧き上がってきた負の感情に支配される前に、
「気づく作業」を意識的に行うようにするとよいかと思う。

 

魅力的なキャラクターに憧れることはあっても、

 

「動かされる側」にはならない。

 

「動かす側」になろう。