今の自分と過去の自分の良さを比較して、より自分らしいスタイルを確立させる方法

デンジャラスなジェンダレス妖怪・天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)だよ。

 

今日は

 

「今の自分と過去の自分の良さを比較して、より自分らしいスタイルを確立させる方法」

 

をテーマに話していきたい。

 

 

 

さっそく、僕が犯した「致命的なミス」とは何かと言うと…

 

 

僕はブログに写真やイラストをアップしているのだが、

あまりにも画像のサイズが大きいと、サイトの読み込みが遅くなる原因になると思って

ブログに貼り付ける際には、元の画像のサイズよりも小さめに設定していた。

 

 

しかも、事前に特に詳しく調べもせず、

「画像をクリックしたら、大きく表示される設定を、後でまとめてやれば良いや」と

なんとなーくな感じで軽く考えていたからだ。

 

 

しかし、いざその設定を行おうと、ネットで調べたところ…

残念なところ、どうやら一括で変更できる方法はなかったようだ。

 

 

専門的なことがよくわからないのであればスルーして構わないが、

画像をクリックすると、その画像だけ大きくなるようにするには、

WordPressにおける画像のリンクを全て

「なし」から「メディアファイル」に設定しないといけないことがわかった。

そうでないと、カーソルを当てても何も反応しないのだという。

 

 

たとえば、下の画像の二種類のうち、上の画像にカーソルを当てても何も反応しないが、

下の画像にカーソルを当てると、クリックできるようになっていて、

その画像が大きく表示できるかと思う。

 

 

 

 

 

僕は、ブログの画像を、全て上の画像の設定にしてしまっていたのだ。

 

 

しかもこれは一括作業ではなく、ひとつひとつを変更しないといけないようなのだ…。

 

 

これは面倒な作業になるな…

 

 

音楽を聴いたり、サブスクの動画サイトでアニメを観たりなど、

何かをしながら地道に修正していくしか無いと思った。

 

 

正直なところ、ほったらかしでも良いと言えばよいのだが、

僕の写真は素人の趣味程度とはいえ、じっくり見てもらいたいものも中にはあるし、

イラストや漫画などは、小さい画像のままだと、文字がよく見えないこともある。

 

 

というわけで、現在、ブログの更新もしつつ、

過去記事の修正作業も同時に行っているというわけだ。

 

まだまだ作業は続きそうだが、逆に今気づいてよかったなとも思う。

今よりさらに膨大な数になっていたら、さらに修正に時間がかかるだろう。

 

 

というわけで、今日までに一部の修正作業が終了した。

作業中に過去の文章を見て、ふと気づいたことがある。

 

 

「ずいぶん、文章の書き方が変わったな。」

 

 

まぁ、当然といえば当然かもな。

誰でも成長くらいするしね。

 

 

文章自体の自己評価としては、当然昔よりも今のほうがスキルは上がっていると思う。

 

 

具体的には、思いついたことをそのまま書く、というような詩的な書き方ではなく、

結論やテーマを先に提示する形で、前後の文脈や文章の構成を考えながら書くことが多くなった。

 

こそあど言葉などの指示語も、どれを指している言葉なのか、

気をつけて使うようになった。

 

今回の修正作業は画像がメインなので、

文章はチラ見程度がほとんどなのだが、

 

それでも、今ひとつ意味が通らないと思ったところは、

同時に修正するなどしている。

 

 

ただ、過去の文章にも良い部分はあると気づいた。

 

「形にとらわれない、自由に好きなように書いている」

 

ということだ。

 

 

内容にもよるが、文章も今よりだいぶ短いものも多いしね。

 

 

当時の自分は、誰のためというよりかは、

「自分のために書いている」という印象を受けたし、

文章を書くことを通して、自分の中で何かを納得させていたのだとしたら、

なんだか自分自身が愛おしくなったのだ。

 

 

 

人に伝えるために、理性的に文章を紡ぐのか

降りてきた言葉を、感情と共にそのまま吐き出すのか…

 

 

 

悩むところである。

 

 

 

結局の所、

 

両方の良さを活かせば良いのでは?

 

と思った。

 

 

素材を使って料理をするのか

 

 

 

素材をまるごとかじるのか

 

 

 

 

違いとしてはそんな感覚。

 

 

確かに今のほうが文章を整理する力や、わかりやすく表現する力はついたかもしれないが、

素材そのものが持つ良さというものも、大切にしたい。

 

 

そのためには、

 

「お前は飾らず気取らず、自分自身の本心をそのままさらけ出しているか?」

「お前が伝えたいのは本当にこれなのか?」

 

というようなことを、常に自分に問いかけてみようと思う。

 

 

最後に、

 

「今の自分と過去の自分の良さを比較して、より自分らしいスタイルを確立させる方法」

ということで…

 

物事を創造する時は、自分の中に常に二人の自分がいることを意識すること。

 

 

自分の中に眠る、自由で個人主義で気分屋で破天荒な「芸術家」としての自分と、

知性と理性、俯瞰的で客観的な視点を持つ「通訳者」としての自分

 

 

 

 

自分の中にあるこういった二面性をうまく使い分けて、自分自身を表現していこう。