さらば、義務(ギブ)&洗脳(テイク)

世の中には

 

「〇〇しなければいけない」

「〇〇しないと〇〇になれない」

「〇〇してはいけない」

 

みたいな義務や洗脳があまりにも多いと思う。

 

 

いや、思う、じゃなくて…

 

 

実際多いよなぁ。

 

 

いやはやまったく息苦しいよなぁ。

 

 

 

…そう思わないかい?

 

 

 

「メェ?」
 

 

…………。

 

 

 

最近気づいたんだけど…

 

「やらなきゃいけないこと」って
大抵別にしなくても良いことなんだよね。

 

もしかしたら自分自身で「やらなきゃいけない」と妄想しているのかもしれないし、
ただ、やらなかった場合の恐怖に対して動かされているのかもしれない。

 

 

色んな本を読んでわかったけれど、
恐怖で動くことはあまり良くないことがわかった。

 

いや、むしろやめたほうが良い。
それくらい身体に対するストレスが大きいからだ。

 

 

むしろ、「いかに遊ぶか」が重要。

 

 

 

 

自分にとって心地良いことだけを考えていくほうが、
心から幸せになれると思うし、
若々しくて健康的な身体を手に入れることができるはずだ。

 

 

これでも多くの人はまだ

 

「会社には3年以上務めなければいけない」とか

 

「良い会社に入るためには良い大学に出なければいけない」とか

 

「結婚して家庭を築かないといけない」とか

 

「周りに迷惑かけてはいけない」とか

 

いろんな義務感や焦り、不安で動いている人が多いと思う。

 

 

「その通りにならないといけない」と考えながら
親や周囲の人間からのプレッシャーを受けて、
失敗を恐れて行動している人もいることだろう。

 

 

自分や他人の生き方にあまりにも制限や条件ばかり付けていたら
自分自身が生きやすくならないだけじゃなくて、
常に緊張感でガチガチだったら身体も壊すよね。

 

 

…でもこんな生きにくい生き方というのはもう昔前の話。

 

今は時代と共に価値観が変わってきているし、
インターネットの発達とともに自分を表現する機会や場所が増えた。

 

実際に僕の回りには
自分をありのままに出すことで人が集まってくる人が多いし、
楽しそうにお金を稼いでいる人もたくさんいる。

 

確かに、僕だって不安が全くないわけではない。

 

でもどうにか以前よりも楽になれたのは、
上に挙げたような「自分に正直に生きている人たち」と出会えたおかげだ。

 

もしこれが生まれてから今まで一定の価値観しかないコミュニティに
身を置いていたらと思うと非常にゾッとする。

 

要するに「家庭」だよね。

 

 

僕は以前、↑の記事でも言っていたことがあるが、
真の意味で自分が楽に生きるようになるためには、
安心できる「家庭」から離れるしか無い。

 

その安心感は本当の意味で自分を癒やしてはくれない偽物だからだ。

 

暗い自分のままだったら、それはそれは変化がなくて楽だけど、
自分が一番苦しいのだ。

 

しかし、自分自身を変えるには、
これまで身を置いていた考え方や価値観を手放さないと
なかなか変わることができないと思う。

 

僕も他者に対する恐怖だったり依存だったり自意識だったりが非常に強かったから
この辺のマインドを作り上げるのに時間がかかった。

 

もちろん今も発展途上ではあるが、
自分がどう見られているか、嫌われないか、ということよりも
どうしたら周囲の人を助けられるか…という考えに変わってきたように思う。

 

そして、何かをやるにつけてハナから「無理だ」と決めつけるよりかは、
「やってみないとわからないな」という考えに変わってきた。

 

ただ、一番の足かせになっているのは、
性格上、出来るだけ自分で解決したいという気持ちが少し強いようだ。
もっと素直に人に相談できたら良いなと思うんだけどね。

 

世の中にはすぐに結果が出る人となかなか結果が出ない人がいると思うけど、
素直な人は悩んだり疑心暗鬼になったりする間もなく行動に移すから
成長のスピードが早いんだと思う。

 

慎重になるのは仕方がないけれど、
あまりにもひねくれたものの見方だけはしないようにしたいね。

そうならないように、
不満があったらなるべく言うようにするだけでも良いのかもしれない。

 

 

だから僕は出来るだけ色んな人と会うようにしている。

特にこれまで自分が内心嫌でモヤモヤと感じていた固定観念やらなんやら
それらを否定してくれる人達の存在が必要だと感じているのだ。

 

確かに、これまで生きていた中で自分に酷い扱いをしてきた人達もいたけれど、
そんな人達よりも自分を大切にしてくれる人が遥かに多い。
自分の未熟さが原因で粗相をしても、許してくれる人だってたくさんいる。

 

そうやって「自分が価値のある存在」であることに気づいて、
周囲の人々に心から「ありがとう」と思う気持ちを持つ。
体験を一つずつ積み重ねていくしかないんだよね。

 

それは何年かかるかわからないけれど、焦らなくていい。

 

別に誉められなくたって良い。

 

「ありがとう」の言葉があれば良い。

 

実際にそれだけで自分の存在が許されている気がする、魔法の言葉だからだ。

 

 

僕も少し前まではギブ&テイクの考えだったけれど、
最近はだいぶ緩んでいる。

 

「ギブ&テイク」は、「義務&洗脳」でもあるからだ。

 

 

自分の身を犠牲にする「ギブ&テイク」じゃなくて、

「自分が楽しみながら無償の愛で世に貢献できる」

これが理想だ。

 

 

当たり前になっている価値観から抜け出そう。

 

 

それにはまず、自分が遊ぶことから始まる。

 

 

※ハウステンボスにだって一人で行ってしまうくらい遊ぶの大好き、なのである。

ゾウリムシ先生と一緒に「性」について考よう

最近知った衝撃的事実。

 

どうやらゾウリムシはセックスをするらしいのだ。

 

あまり詳しくはわからないが「セックスのようなもの」をするらしい。

 

 

 

 

マジですかゾウリムシ先生。

 

 

ちょっと色気づきすぎでしょゾウリムシ先生。

 

 

単細胞だから分裂すれば良いのに?

 

 

そう思ったのだが、
実際のところ、そのセックスみたいな行為というのは
繁殖のために行うものではないようだ。

 

 

そう考えると、必ずしもセックスが
繁殖行為に結びつくわけじゃないのでは?と思った。

 

その行為に快感…が伴うのかはわからないが、
生き物として生きていく以上、
子孫繁栄はもちろんのこと、

 

「何か(誰か)と繋がりたい」

 

そう感じて行動を起こすことが、生物の本質であり本能なんじゃないかな。

 

だからSNSが流行るわけだし、
僕もそうだけど多くの方がネット上で発信をしているわけだ。

 

人間も他の動物も、親しい間柄の中では手をつないだり、頬に触れたりなど、
肌と肌との触れ合いが生じることがある。

 

肉体として繋がる前に精神的に繋がることが必要だし、
人間はそれを必要としている生き物なのだ。
昔からコミュニティを形成して生きてきた生物だからね。

 

 

なので、政治家の失言などでよく見られる
「生む道具」として人間を捉える考え方って極めてナンセンスだと思うし、
「セックス」という行為を見下している印象さえ受ける。

 

ただのエロスじゃないんだよ、セックスは。
一つの命と命がぶつかりあう、神々しいものなんだ。

 

もちろんLGBTを否定的なものとして捉える考え方も、
生き物としての自然な行為を否定している印象さえ受ける。

 

「子孫を残すことに貢献しないから」という理由で否定する人もいるかも知れないけれど、
それは絶対ウソだなって思うし。
その人が生まれ育った文化や価値観が大きく影響してるんじゃないかな。
もしくはその人自身が当事者の傾向があるから、
そんな自分を受け入れられないというのもあるかもしれないし。

 

どうしても受け入れられないならそれはそれで仕方がない。

 

しかし、「こうであるべき」という考え方があまりにも強いと、
それって結局自分自身の首を締める気がするんだ。

 

 

自分にしろ他人にしろ、何かを強く拒絶することで、
自ら幸せになる道を閉ざしているんだよ。

 

だったら、
まず第一にありのままの自分を受け入れる。

 

そして、他の人の生き方を受け入れてあげる。
許容してあげる。

 

固定観念に縛られている状態よりも、
その方が自分にとっても楽になれるんだよね。

 

 

今はピンとこない人もいるかも知れないけれど、
いずれわかる時が来る。

 

 

誰しも自分が自分であることを禁止されるほど
生きにくいことはないからね。

 

心に余裕が持てるようになれば、
自分がされて嫌なことは人にしなくなってくる。

 

昔の僕だったらLGBTを否定する人を強く拒絶していたかもしれないが、
もう否定はしない。
人それぞれだから。

 

もちろん考え方は合わないと思うし、攻撃的な人や面倒な人は避けるけどね。

 

ただただ、自分らしく生きられる人、
生きやすいと感じる人が増える世の中になれば良いなと思う。

 

 

そんなことをゾウリムシ先生と考えてた、今日この頃。

 

 

 

 

 

でも異種姦はあかんよ。

「腹」で考える習慣をつけよう

先日こちらの記事↓で紹介した書籍を読み終えた。

 

 

呼吸法についてはあれこれ書籍が出ていると思うけど、
「何秒吸って、何秒吐いて。」などという法則や回数は
別に気にしなくて良いんだなと思った。

 

そもそもその回数や時間には理由があるのか?って話だし、
自分が無理なく出来るかどうかが一番なんだよね。

 

というわけで、呼吸が浅いなと感じたら
出来るだけ息を長く吐くようにしている。

 

常に無理して意識する必要はないから、
リラックスしている時や、仕事中比較的手が空いている時だけやる。

それだけでだいぶ違ってくるんじゃないかなと思う。

 

さらに、書籍には「正しい姿勢」についても書かれていた。

 

無理のない姿勢についてはつま先立ちになると良いらしい。
そして肩を上げ下げする。
無理なく上げ下げできるところがベストな肩の位置のようだ。

 

僕はかつて猫背を指摘されてから数々の書籍を読み漁り、
どのような姿勢になればよいのかを模索していた。
気づいた時に鏡を見て姿勢を正すなどしていくうちに
姿勢は良くなっては来たのだが、
やはり身体にはいろいろ無理が生じていたようだ。

 

もちろん猫背のままではいけないのだけど、
背筋をピンと張ろうとすると身体に無理な力が加わってしまう。

 

藤平光一氏の書籍によると、リラックスした状態の人間は一番強いらしい。
つま先立ちで肩を上げ下げすれば自然とリラックした姿勢になるので、
気づいた時に身体をリセットするべく行うようにしている。

 

 

それと、書籍の中では、
内面を常に穏やかに保つための考え方も書かれていて参考になった。

 

その鍵となるのが、「臍下の一点」

 

今後、感情的になりそうだったらこの「臍下の一点」を意識すれば良いらしい。

 

「頭にくる」などの言葉があるように、頭で考えようとするから感情的になる。
逆に、「腹を決める」「腹に落ちる」などの言葉があるように、
エネルギーを腹に持っていくことで消化することが出来るようだ。

 

 

ちなみに以前僕はブログの中で、
「ネガティブな感情が湧き上がってきたらその感情に振り回されず、
ブラックホールのようなものを見つめているような感覚になろう」
と良いということを提案した。

 

 

僕の大好きなおそ松さんの楽曲である「第四銀河大付属高校校歌」の中に

ブラックホールが卑猥に見える

という歌詞があるのだけど、

 

嫌なことがあってイライラした時に

 

「今自分の中にエロいものが湧き上がっている!!」

 

と思ったらなんだかバカバカしくなってくるのでちょっとおすすめ(笑)。

 

 

結局、自分の機嫌を取るのは自分の責任だから、
自分が楽しく納得できれば何でも良いんだよね。

 

急に自分を変えようとすると
ストレス溜まったり嫌になったりすることもあるだろうから、
無理せずストレスなく自分を楽にしていきましょう。

 

 

最後に、先日、「HEAL奇跡の治癒力」という映画を見たけど、
内面から健康になるにはどれも同じようなルールがあるんだなって思った。

 

↑上映会の感想はこちら。

 

僕のブログにもいろいろ楽に生きるためのヒントを書いているので、ぜひ読み漁ってみてね。

 

 

さて、「氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める」の感想をざっくり書いたけど、

書籍の内容には抽象的な表現が多い。

逆に自分が自然と一つになるような感覚など、イメージがしやすいところもある。

 

 

とはいえ自分自身では理解できることが限られてくるから
合氣道の道場に行ってみたほうが良さそうだな。

正しいやり方も教えてくれるだろうし、何より一緒に学ぶ仲間もできるのは大きい。

 

実際にやるかどうかはともかく、タイミングがあったら見学に足を運んでみようと思う。

心のバランスを保つには「ヒガメンタル」を意識しよう

さっそく本題に入るが、タイトルにもあるように心のバランスを保って

人生をより楽しく穏やかな気持ちで生きていくには

「ヒガ」を意識する!!!!ことが大切。

 

 

「ヒガ」というと僕の場合、まず先に思いつくのは「比嘉さん」だね。

 

沖縄に多い名字として知られていて、
沖縄だと職場のチームや学校のクラスに1人…いや下手すりゃ5人以上はいるんじゃないかと思われるくらい、
沖縄じゃかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜りポピュラーな名字だ。

 

 

でもその「ヒガ」じゃないんだよなー。

 

 

僕が言っている「ヒガ」というのは

「彼我(ヒガ)」のことだ。

 

 

つまり、彼(相手、You)と我(自分、Me)という意味だ。

 

 

自分の心の状態が

 

①「彼(相手、You)」が優位な状態なのか

 

それとも

 

②「我(自分、Me)」が優位な状態なのか

 

それとも

 

③「彼」と「我」が両方共バランス良く保たれている状態なのか

 

…ということだ。

 

 

理想なのは紛れもなく

 

③両方共バランス良く保たれている状態なのか

 

だ。

 

つまり「彼」と「我」、どちらにも偏りすぎず釣り合っている状態のことだ。

 

 

そう、この状態!これが理想なんだ。

 

 

これを今日から「彼我(ヒガ)メンタル」と呼ぶことにしよう。

 

この青いやつ(彼)と赤いやつ(我)がどちらかに偏りすぎていると、
あらゆる面で生きづらさを感じてしまうだろう。

 

 

ではこの比嘉さん…じゃなかった
「彼我」を意識するにはどうすればよいのか。

 

 

 

 

上図のように今ちょっと自分本位になりすぎていると言うか、
「我」が強いなぁと感じたら
これは①「我(ガ)メンタル」になっている証拠。
少し抑えて周囲のことを気にするように心がける。

 

 

逆に、人のことを気にしすぎて自分の気持ちが疎かになっていたら
相手を優先しすぎている状態。
②「彼(ヒ)メンタル」になっている証拠。
自分の欲求を聞くように意識しよう。

 

 

人間はあらゆる欲求でできている生き物だからエゴなしでは生きていけないし
他者の言う事ばかり聞いているようじゃ自分の人生を生きていけない。

 

要するに、「彼」だけでもダメだし「我」だけでもダメだってこと。

どちらかが強すぎるとどちらにせよ自分を苦しめることになるのだ。

 

だからとにかくバランス、バランスが大事なんだ。

 

 

「我メンタル」でもなく

「彼メンタル」でもなく

「彼我(ヒガ)メンタル」

 

 

そう、この「彼我メンタル」…これが理想の境地なんだ。

 

 

それは神のように神々しいのだ。

 

 

というわけで(?)神々しさを表現するべく背景を黄色にしてみた。

 

 

ホラ見て、背景を黄色にしただけでなんかちょっと気持ちが明るくなったでしょ?

 

 

でも実際バランスが保たれているとこれくらい心の状態が安定するはずなんだ。

 

常にこの「彼我メンタル」の状態になれるように自分と会話をするようにしよう。

 

 

「あ、今ちょっと自己中心的だな。もっと人の気持ちに敏感になろう。」

「あ、今なんか人の顔色伺いすぎているな。もっと気楽になろう。」

 

 

という感じで。

 

それでも怒りが湧いてきたり不安を強く感じたりしているようであれば

上の図を思い出してみて。

 

 

無理しない程度で良いので、

自分の感情を客観的に見つめるようにしていこう。

 

 

逆にこの「彼我」を意識しすぎて
「ヒガ」のことばっかり考えてしまって
「比嘉さん」にうっかり恋心を抱いてしまうことように注意しよう。

 

 

ま、たまにはそんな恋愛も良いけどね!!!!

 

 

(なんだこの結論)

僕がブログの更新を休んでいた理由

しばらくブログの更新をサボっていた。

 

というのは、ここ一ヶ月くらい

「自分が一番楽しいことはなにか。」

を考えていたからだ。

 

アニメ見たり
気になるアニメの考察をひたすら漁ったり
まだ行ったことないアーティストのライブに行ったり
音楽聴いたり
GarageBandで音楽作ったり
GIFアニメの下絵を描いたり
コミュニティの人たちと一緒に飲んだり
料理を作ったり

 

 

結果…

 

 

すべてが楽しいと思えた。

 

 

しかし

 

 

「本当に自分が好きなことというのはわからないものだな」と思った。

 

 

人間は常に変化している。

 

 

今日好きだと思ったことが明日好きかどうかはわからない。

 

 

例え同じことをしていても、
今楽しくても明日楽しいかどうかはわからない。

 

もちろん時には気が向かないもあるだろうから
なんとなくブログも書かなかった。

 

 

自分の心に問いかけたら
「今日はやりたくない。他のことがしたい。」ということだったので、
その気持ちを優先していたのだ。

 

大食らいの僕にとって美味しいものを食べるのは例外なく楽しいけど。
だから、

 

「今を楽しむこと」

「自分が心地よいと思えること」

「夢中になれること」

 

それらをひたすら実践していくしかないと思った。

 

 

心のままに。

 

 

飽きたら飽きたで仕方がないし。
ブログをやっていればそれすらネタになるから無駄にはならない。

 

 

ちなみに今は個人的に作りたいものが出てきたから
それに向けて制作を進めている。

 

モチベーションを維持するためにもその近況なども書いていけたらなと思う。

 

面倒でもアウトプットは大切だと思った。

 

あと、前々から書こうと思っていた各地の遠征記も書かねば。
撮りためていた写真もたくさんあるしな。

 

 

実は6月に熊本と福岡に行ったのだ。

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

熊本は大自然が豊富でとても癒やされた。

 

とても素敵なところだった。また行きたい。

 

九州はご飯が美味しいし定期的に遊びに行きたいなぁ。

福岡にはPeachが飛んでるしインターネットで予約すれば新幹線も安いし。

 

また8月に旅行へ行く予定だし(今度は特にライブの予定はないが)
自分なりのやり方で旅の楽しさを皆さんに伝えていけたらと思う。

 

あとは前に比べたら人に対してだいぶ寛容になったし
生きやすくなったなと思う。

 

本当に毎日が楽しい。

 

あとは身体のあちこちに見られる不調がどうにかなれば良いんだけど
これは悪い現象じゃなくて身体からのメッセージだと思って
焦らずに少しずつ治していけたらと思う。

 

 

今自分が心地良いのはSNSをほとんどやらなくなったのが一番かもしれない。

 

実はブログ用のアカウントとは別に音楽用のアカウントを作っていたのだが、
それもほとんど見なくなって消してしまったし、
今残っているアカウントもブログの更新くらいしか流してないしな。

 

不安定な情報に流されず

自分と向き合う時間を作ることが大事だ。

 

 

自分の心を優先しながら必要なものだけを取り入れていこう。