恐怖心や正しさに囚われることなく心地よく生きるには

今日はKindleでこちらの書籍を読み終えた。

 

喜びから人生を生きる!: 臨死体験が教えてくれたこと(アニータ・ムアジャーニ著)
 

この書籍には末期がん患者だった著者の臨死体験により得られた考えが書かれている。

 

僕は最近ブログで「自分の本心に目を向けて心地よく生きていこう」というようなことをよく言っている。

 

 

それくらい自分がいかに楽に生きられるかというテーマは自分にとってすごく重要で、

書籍の内容もまるで

 

「この本は自分のためにあるのではないのかぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

 

と錯覚するくらいすんなり受け入れられた。

 

まぁ…もちろん錯覚なんだけども^^;

 

「楽に生きられる考え方」が身についていない時にこの書籍を読んでも
疑心暗鬼でしっくり来なかったかもしれない。

 

元々スピリチュアルの分野に興味はあっても
胡散臭さを感じてしまうような人間だったから
色々学んできてベストなタイミングで読めて良かったなぁと思う。

 

 

元々、人は誰しも素晴らしい存在である。

 

しかし、育っていく過程や人間関係の中で不当な扱いを受けたり
競争したり人と比べられたり
自分という人間を一辺倒な価値基準で判断されたり
ルールを守らないと罰せられたり怒られたり
それで傷いてしまい、
「嫌われないようにしなきゃ」「もっとちゃんとしなきゃ」
と自分の人生を生きられなくなってしまっている人も多い。

 

世の中にはルールとか宗教とか色々あるが、
そういったものがあることにより「正しさ」が生まれてしまい
それが人々の苦しみになってしまっている。

 

世間が定めた基準から少し違うというだけで
人々から非難されたり場合によっては差別を受けたりして
「自分は価値のない人間」と思うようになってしまうのだ。

 

だから自分を殺して自分自身の持つ本当のエネルギーに蓋をしてしまうのだ。

それが病気や不調として身体に現れる場合もある。

最悪の場合…自ら死を選んでしまう人もいるかもしれないね。

 

僕もあれこれ人をジャッジするのはできるだけしないようにしている。
いつかは完全にやめられるようになりたい。

 

「正しさ」に囚われること。

それの何がいけないかというと、

人を裁いたり批判したりすることって一見気持ちの良いように見えても、

結局の所自分を苦しめるだけだからだ。

 

そして世の中の基準や暗黙のルールに囚われて
人の顔色を伺って自己犠牲をしてしまうこともやめた。

自分の「楽しさ」や「快適さ」を重視するんだ。

 

そして、他人に寛容であるようになりたい。

 

それは決して自己犠牲からくるものではなく、
そうすることで自分が楽になるからだ。

 

実際、今は昔ほどイライラしなくなってきた気がする。

 

人間一人一人の違いとその素晴らしさを受け入れられるようになってきたからかもしれない。

 

そして、ネガティブな感情が生まれてもそれは否定する必要はない。
そんな自分も受け入れるのだ。

 

よくスピリチュアルは「ポジティブな言葉しか言わない」みたいな傾向にあるけど
僕はまさにそういうのがすごく苦手で(笑)

 

それを考えると、「どんな状況でもあるがままを受け入れる」という
この著者の考えが自分に合っていたと思う。

 

 

それと、がんなどの病気は決して闘うものではないことを知った。

 

もし身体に何らかの不調が現れたらそれは除去しようと敵対するのではなく、
身体からのメッセージとして受け止めて、共存するのだ。

 

多くの場合、恐怖で病気を消そうとしてしまうから状況が悪くなってしまうようだ。

 

そして、病気になってしまったことを悔やんだり自分を責めたりすることもしない。
自分をひたすら愛するのだ。

 

…こうして色々書いていくと抽象的だなと自分でも感じるのだが、
これは徐々にでも自分自身で実感していくしか無いだろう。

 

では、僕がこの書籍の内容をすんなり受け入れられた経緯は何かについて参考までに教えると、

様々な書籍を読んできたから、色んな人の考えに触れるきっかけを作ってきたから。

 

それももちろんだけれど、
最近はアーシングが習慣になっているから、それが一番影響しているのかもしれない。

 

 

裸足で大地に立ち、自然と一体感を覚えると、
「これが本来の自分なのだ」と思うんだよね。

 

自然に囲まれている時の自分は全ての悩みから解放されて

「自分が自分自身でいられる」時だから。

 

 

それが実生活にも影響するようになったのか、
仕事に対しても以前ほど完璧さを求めなくなり、
自分なりに毎日を楽しんで過ごせるようになった。

 

世の中には「正しさ」など無い。

 

他人の価値基準よりも、「自分がどう感じるのか」を最優先する。
少しでも違和感を覚えるのであれば、それは自分に合っていないのかもしれない。

 

色んな健康法を試してみてはいるけれど、
完璧に健康な人間になろうとして苦悩するのも
「自分は今すごく健康だ」と思って
毎日たくさん笑って楽しく過ごすのが一番良い健康法のかもしれない。

 

まだ起こってもいないことに不安や恐怖を感じる必要もない。

 

何よりこの書籍を読んで一番変化があったのは、

もし明日自分が難病にかかってしまっても、
今までの自分よりかは恐怖を感じないだろうと思ったことだった。

 

ま、起こってもないことを考えても仕方ないし、実際わからないけどね。

 

ただ、病気を「悪」ではなく「現象」として捉えることはできそうだし、
辛い時でも自分のことも愛せるはずだ。

 

実際、今だって昔に比べ身体に不調を感じることも増えてきたが、
それらも全てどういうわけか「大丈夫」と思えるようになっているしね。

 

多分実際、「大丈夫」だと思うし、今後も良くなっていくと思う。

よくわからないけど、そんな気がする。

 

自分の感覚を一番大切にしたいから。

 

 

最後に、もう一つ。

 

人間は多くの愛と可能性に満ちている存在だ。

 

皆さんが自分をより愛せるようになるためにも、
人の目を気にして自己犠牲にならずに、
自分が心地よくいられることだけに目を向けていこう。

 

そうすればあなたの未来はきっと開ける。

 

アーシングが僕にもたらしたもの

今日は久しぶりにビーチへ行ってきた。

 

 

沖縄はもうビーチが解禁されているようだ。

 

でも別に泳ぐためではない。

 

アーシングをするためだ。

 

 

 

あ…足が人間!?

 

妖怪じゃない!?

 

えーとこれはえーとその〜………

 

人間に化けたからさ!(苦しい言い訳)

 

しかも実は上2つの写真は全く別の日に撮影したものだというね。

 

 

…まぁそれはさておき。

 

 

もともと、電磁波がもたらす人体への影響に興味があって、
それに対する効果が高いとするアーシングに興味があった。

 

今感じている不調ももしかしたら電磁波のせいか?と思ったので。

 

そしてこの本にたどり着いたのだ。

 

 

最近KindleUnlimitedの本ばかり読んでたけど、
久々にKindle本を購入した。

 

 

体内静電気やアーシングに関することが
科学的な論拠に基づいて説明されているので、
信頼できそうな内容だと感じた。

 

ただ、こちらの本はあくまで「体内静電気」であって、
元々知りたかった電磁波とはあまり関係ないとされていたので
これはこれで別の書籍で調べる必要がある。

 

 

とはいえ、この「体内静電気」を知っただけでも
この本を読んでよかったと思った。

 

というか、費用対効果を考えたら
断然価格以上の価値があると思った。

 

 

ちなみに本を読んで
「アーシングやばくね!?」
「早速アーシングをしよう!!」
と思い、
近所に土に触れられる良いところはないかと探していた。

 

そしたら今まであまり足を踏み入れたことのない、とても素敵な場所を見つけたのだ。

 

夜は虫やカエルの鳴き声が美しいので、
この音を録音して海の音をミックスさせて
瞑想用の音楽を作ってみようかなーなんて考えてもいる。

 

 

そして実際に足を大地に触れさせていると、とても気持ちが良いと思った。
実際にアーシングを習慣にすることで、それを日常で体験できるようになったのだ。

 

というより、元々人間はそのように生活していたのだから、
自分があまりにも現代人的なライフスタイルになってしまっただけなのだろうが。

 

 

自分の身体の内面に対する効果の程はわからないが、
当然といえば当然だがすぐには効果が出ないようなので、
少なくとも3ヶ月位は様子を見たいと思う。

 

 

まぁ仮に効果が出なかったとしても、
アーシング自体は精神的にとても良いと感じているので、
今後とも続けていこうとは思う。

 

朝と夜の散歩も習慣になりそうだし。

 

 

ただ、アーシングもそうだけど、
続けることで大切なのは、「やらなきゃ」と思わないことだ。

 

アーシングに関しては
「健康のためにやる」というのももちろんだけど、
「自分自身が心地よくなるため」だと思って実践したほうが良い。

 

木や土へ直に触れることも、「自然とコミュニケーションを取る」ことだと思えば良い。

 

人は好き嫌いがあるかもだけど、
別に植物に対しては(毒を持っていない限りは)
好きとか嫌いとかいう感情をあまり持たないしね。
コミュニケーションを取ることに対してはストレスを感じないかと思うし。

 

というか、身体にとって毒なものばかりな環境に暮らしていたら、
むしろ身体が欲していると思うんだ。

 

 

徒歩や自転車での移動中なら、
葉や枝を見つけたらハイタッチするように触れればよいし、
公園に寄ったら靴を脱げば良いだけのこと。

 

しかも、濡れたアスファルトでも効果があるということなので、
雨が降った日はちょっとラッキー。

 

そんな心理的な変化も見られるようになった。

 

僕は基本的に移動中は目的地まで一直線というタイプなのだが、
アーシングを始めたことによって、意識して自然と触れ合おうという気持ちが身についた。

 

今まで自分の興味あることしか目に向けてなかったし、
それまで見えなかったものが見えてきた感覚に近い。

 

 

ちなみに今年のテーマは「一体感」と自分の中で勝手に決めている。

 

それは自然ともそうだし、人間とか、音や光などの五感とか、周囲の環境とかもそう。

 

それを実感できたら、自分が心から求めているものにたどり着いて、
人にも本当に求めているものを提供できる気がするんだ。

 

アーシングを通じて自然と一体になれる感覚をつかめられる気がする。

あとは瞑想をうまく取り入れられたら良いよね。

 

胡散臭い健康法や健康グッズは山ほどあるけど、
アーシング自体はお金も手間も全くかからないし、
原始的な方法でもあるので、試してみる価値はあるのではと思う。

 

 

自然が豊富で海に囲まれている、
しかも霊的な次元が高い、
そんな恵まれた環境にある沖縄。

 

もともと僕も沖縄に来たこと無いのに、
その独特な魅力に惹かれたのだ。
この環境を生かしてゆるゆる生活していくことを夢見ていたはずだ。

 

それがいつの間にか忙しさと別の夢にとって変わってしまっている。

 

それは仕方ないしやりたいことは確かにあるけど、
この島が持つ魅力を感じないのは勿体無い。

 

というわけで、「自然」と「沖縄」をもっと身近に感じるために、
アーシングを毎朝毎晩欠かさず行っていくつもりだ。
海はさらに良いみたいなので、絶好の環境だよね。
週一くらいでビーチにも通えたら良いなぁ〜。

 

 

最後に…

 

僕自身、最近では以前と比べて
「正しさ」を求めなくなった。

 

科学的にどうということよりも、
「自分の気持がやりたいと思うか思わないか」
で判断することが大切だと思うようになった。

 

巷では様々な健康法が謳われているが、
別に肉ばっかり食べてたって大丈夫な人は大丈夫だし、
無理に神経質になることこそかえって健康を害する気がする。

 

だから、あまり1つの考えに固執しないほうが良い。

 

自然さを求めすぎて不自然な思考になってしまったら
それこそ本末転倒だし。

 

 

出来ない時は出来なくて良い。

 

自分の気分が乗るときで良い。

 

 

そんな考えだったら、結果的に長く続けることができて
習慣も自然に身につけることが出来るんじゃないかな。

 

 

 

 

アーシングは習慣化されつつあるけど、
まだブログが習慣化しきれてない僕より(笑)