「スクワット」という人生哲学。

高城剛さんがメルマガの中で勧めていたこちらの書籍を読んで
スクワットを始めることにした。

 

 

とは言ってもまだ初めて3日くらいなんだけど。
今のところは3日坊主になる感じはしない。

 

僕自身あまりストイックな運動が好きではないのだが、
(散歩やダンスは好き。)
たったの1分でも、やっぱり運動した後は気持ちが良い。

 

というか、自分の体重分の負荷をかけているから、
1分でも非常に大きな運動効果が得られるんだってわかった。

 

年齢とともに下半身の筋肉は衰えていく。
それが、スクワットを続けるだけで
筋肉をつけるだけじゃなくて、
様々なパフォーマンスの上でも効果があるらしい。

 

僕の場合は腰痛などの改善が見込めるんじゃないかと思って
始めることにしたんだ。

 

この本の中でも特に最後のメンタル部分は参考になった。

 

まずは66日間続けられるかどうかが重要らしい。

 

というのは、何かを習慣化しようと思ったら、
人間だしどうしても途中で「怠けたい」感情が芽生えてくるからだ。

 

66日間続けることが出来れば、
例え体調不良などで1日休んでしまったとしても
「やらないといられない身体」になってくる。

 

これまでの努力を無駄にしたくない、と思えるようになるのだそうだ。

そこを目指すまでが大変そうではあるが。

 

習慣化というのはトレーニング以外にも、
何かを続けること全てに共通していることだし、
自分を変えること、つまりビジネスと深い関係があるんだなって思った。

 

まずはスクワットを続けることが、
自分自身に身体的な変化だけじゃなくて
内面的な変化ももたらしてくれるかもしれない。

 

かの有名女優・森光子さんが美しさと若さを保ってられたのも
スクワットを欠かせなかったからだ。

 

たった1分のスクワットでも、
その中に人生の哲学が詰まっている。

 

「たった1分」でも何かときちんと向き合うことで
自分の価値観を大きく変えるんだろうな。

 

実際今習慣化しつつあるのは毎日のアーシングと自力整体、瞑想である。
以前ドライマウスになったことから舌のトレーニングも欠かせない。

 

これらが自分に良い変化をもたらしていると実感している。

 

 

 

 

ロボの開発もできるようになっちゃうかも???