「腹」で考える習慣をつけよう

先日こちらの記事↓で紹介した書籍を読み終えた。

 

 

呼吸法についてはあれこれ書籍が出ていると思うけど、
「何秒吸って、何秒吐いて。」などという法則や回数は
別に気にしなくて良いんだなと思った。

 

そもそもその回数や時間には理由があるのか?って話だし、
自分が無理なく出来るかどうかが一番なんだよね。

 

というわけで、呼吸が浅いなと感じたら
出来るだけ息を長く吐くようにしている。

 

常に無理して意識する必要はないから、
リラックスしている時や、仕事中比較的手が空いている時だけやる。

それだけでだいぶ違ってくるんじゃないかなと思う。

 

さらに、書籍には「正しい姿勢」についても書かれていた。

 

無理のない姿勢についてはつま先立ちになると良いらしい。
そして肩を上げ下げする。
無理なく上げ下げできるところがベストな肩の位置のようだ。

 

僕はかつて猫背を指摘されてから数々の書籍を読み漁り、
どのような姿勢になればよいのかを模索していた。
気づいた時に鏡を見て姿勢を正すなどしていくうちに
姿勢は良くなっては来たのだが、
やはり身体にはいろいろ無理が生じていたようだ。

 

もちろん猫背のままではいけないのだけど、
背筋をピンと張ろうとすると身体に無理な力が加わってしまう。

 

藤平光一氏の書籍によると、リラックスした状態の人間は一番強いらしい。
つま先立ちで肩を上げ下げすれば自然とリラックした姿勢になるので、
気づいた時に身体をリセットするべく行うようにしている。

 

 

それと、書籍の中では、
内面を常に穏やかに保つための考え方も書かれていて参考になった。

 

その鍵となるのが、「臍下の一点」

 

今後、感情的になりそうだったらこの「臍下の一点」を意識すれば良いらしい。

 

「頭にくる」などの言葉があるように、頭で考えようとするから感情的になる。
逆に、「腹を決める」「腹に落ちる」などの言葉があるように、
エネルギーを腹に持っていくことで消化することが出来るようだ。

 

 

ちなみに以前僕はブログの中で、
「ネガティブな感情が湧き上がってきたらその感情に振り回されず、
ブラックホールのようなものを見つめているような感覚になろう」
と良いということを提案した。

 

 

僕の大好きなおそ松さんの楽曲である「第四銀河大付属高校校歌」の中に

ブラックホールが卑猥に見える

という歌詞があるのだけど、

 

嫌なことがあってイライラした時に

 

「今自分の中にエロいものが湧き上がっている!!」

 

と思ったらなんだかバカバカしくなってくるのでちょっとおすすめ(笑)。

 

 

結局、自分の機嫌を取るのは自分の責任だから、
自分が楽しく納得できれば何でも良いんだよね。

 

急に自分を変えようとすると
ストレス溜まったり嫌になったりすることもあるだろうから、
無理せずストレスなく自分を楽にしていきましょう。

 

 

最後に、先日、「HEAL奇跡の治癒力」という映画を見たけど、
内面から健康になるにはどれも同じようなルールがあるんだなって思った。

 

↑上映会の感想はこちら。

 

僕のブログにもいろいろ楽に生きるためのヒントを書いているので、ぜひ読み漁ってみてね。

 

 

さて、「氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める」の感想をざっくり書いたけど、

書籍の内容には抽象的な表現が多い。

逆に自分が自然と一つになるような感覚など、イメージがしやすいところもある。

 

 

とはいえ自分自身では理解できることが限られてくるから
合氣道の道場に行ってみたほうが良さそうだな。

正しいやり方も教えてくれるだろうし、何より一緒に学ぶ仲間もできるのは大きい。

 

実際にやるかどうかはともかく、タイミングがあったら見学に足を運んでみようと思う。

身体の治療は病院ではなく、自分でデザインするもの

最近昨年の暮あたりから前腕とふくらはぎに痺れを感じるようになったので
筋膜調整サロンでメンテナンスしてもらっている。

 

時と場合にもよるが、施術後は症状が和らいでスッキリした気分になる。

 

ちなみに整体には行っていない。

 

もしかしたら神経を圧迫している筋肉さえ柔らかくなれば
症状が改善するのかもしれない。

 

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


ちなみに余談だが毎回サロンに行くたびにいただくお茶のデザインが可愛らしい。

 

↑これか。
店頭じゃあまり見かけないから珍しく感じる。
 

 

話を戻すと、もう通い始めて半年ほど経つのだが、
先日の施術で「呼吸が浅くなってないですか?」と言われた。

 

どうも首には様々な神経が集まっていて、
自律神経が乱れると様々な部位に影響が出るとかなんとか。

 

思っていた以上に首って繊細な部位だったんだね。びっくり。

 

深呼吸をすることで自律神経が整うのだとか。

 

ということで、最近は朝と夜にアーシングをしながら深呼吸を心がけてる。
それから、気づいたときに丹田で呼吸をするようにもしている。

 

まだ違和感があるものの以前感じていたような、
肩が分離しているような気持ち悪さは減ってきた…かな?

 

一応効果はあるらしい。

 

呼吸のことについてもっと詳しく学ぶためにこちらのkindle本も入手した。
今読み進めているところ。

 

 

そしてこの本の内容とリンクするかのように、

HEALという映画の存在を知ったので見に行こうかと思っている。

 

沖縄で上映会をしてくれるのはとても嬉しい。

 

 

 

 

そして色々な本を読んでいるうちに、
病気や不調は身体だけに起こるものではなく心とリンクして起こるものということがわかった。
どんな本を読んだのかはぜひ以下の記事もご確認いただきたい。

 

 

 

 

もう病気は病院で治す時代ではなくなるかもしれない。
個人個人で自分に合った治療法や施術者を選んで、
治療自体を自分でデザインするのが主流になってくるのだろう。

 

病院やクリニックで診断された症状が、別の症状だということもあり得るので
近くの病院に行ったとしても一箇所だけで判断しないようにするのも良いかも。

 

そして、自分でも治せるように日々できることを積み重ねることも重要。
肩こりを改善しようと思ってこちらの本も試してみた。

 

 

 

 

今まで何をしても続かなかったが、ここに書かれているストレッチならシンプルだし続けられそうだ。

 

何かを始めよう習慣にしようと思ったら完璧にする必要はない。

 

 

気づいたらやる。
自分の心と身体が求めたらやる。

 

 

それなら自然と続けていけると思うし、「無理に」ではなく「自然に」身につけることが大切。

 

 

それは考え方にも言えることで、
ネガティブな感情を無理やりポジティブにしようと捻じ曲げてもいけない。

 

 

そのような考えは上記に上げた「氣の呼吸法―全身に酸素を送り治癒力を高める(著・藤平光一)」にも見られた。

 

同書によると、「自分はプラスの人間になる」と毎日鏡に向かって唱えてみるのも効果があるらしい。

 

 

確かに、毎日暗い気持ちで生きていくよりも、
「良くなる」と思うことで心身にとって良い影響があるのかもしれない。

 

 

 

 

ちなみに上の図は毎日「自分はプラスになる」と唱え続けていた
物理的にプラスの形になってしまったマイナス思考の妖怪の成れの果てである。
皆さんも気をつけよう!

 

良い感情も嫌な感情も全て受け入れた上で自分にとって最善の選択をすること。

 

 

それが自分の心と向き合った生き方なのだろう。

 

 

最近一つ一つの出来事がリンクするなと感じるようになってきた。
すべてのことが点ではなく線のように繋がって見える。
これは物事が良くなる兆候かもしれない…などと感じている。

 

 

一つ一つの出会いに感謝。