始めよう、禁酒生活ーストロング系からの脱出ー

今、僕は猛烈に、自分自身を褒めたくて仕方がない。

 

 

なぜならば…

 

 

今年はまだ一滴も酒を飲んでいないのだ!!

 


「Heyマスター、濃厚なミルクを1杯☆」
 

 

…つってもまだ2018年始まって3日しか経っていないが(笑)。

しかも最近は、牛乳でさえ敬遠して飲んでないし。
 

 

 

というのは、最近はなんとなく、お酒を惰性で飲んでいる気がしているのだ。

 

 

 

元々僕は家ではあまり飲まない人間だった。
飲み会の場だけ飲む人間だった。

 

 

 

それが今では買い物ついでに酒を買うことも多くなってきて、
翌日休みの日や出勤が遅い日は夜に飲むのが普通になってしまった。

 

 

 

僕は2年くらい前から半日断食生活をしている。

 

 

断食の本を読み漁り、断食の効果があまりにも大きい印象があったので、
始めてみたのだが、確かに太りにくい身体にはなっている気がする。

 

姿勢やホルモンの影響からなのか、頭痛が酷いときもあるが、基本的には毎日仕事をしても、元気でいられるのだ。
(もう三十路のジジイだからなのか、身体の節々は痛いけど。笑)

 

朝は食べない。

昼はプロテインとバナナのみ。

夜はとにかく食べたいものを食べる。

 

そんな生活を送るのに慣れてしまった。
もちろん、人といる時、旅行やレジャーの時は緩めているが。

 

しかし、その反動でお酒を飲みたい衝動も出てきてしまっているのかもしれない。
食べたいものをよく食べるし、飲みたいものも飲む、みたいな。

 

煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

お酒は確かに美味い。

とはいえ、飲む日数を増やすとさすがにその分のお金はかかるし、
嗜好品とは言え、買うべきかどうかをもっと慎重に選んだほうが良いのでは、と思った。
買い物でお酒を選ぶ時間も勿体無いと思うようになった。

 

今日も2件ほどスーパーへ寄ったが、特別飲みたいものが合ったわけでもないし、
レジに進むのが面倒くさくなって結局何も買わなかった。

スーパーの中のイートインコーナーで食べたは○まるうどんが美味しかった。
でも僕はどちらかと言えば◯亀派だ。(関係ない)

 

 

その時に、「なんとなく」で行動している自分がいるのにも気づいたんだ。
この「なんとなく」が、理由がなくて危険なことで、いけないことだと思った。

 

さらに、最近では、お酒を飲むこと自体あまり良いことではないような気もしている。

 

 

特に、最近は巷でストロング系のお酒が流行っているようだけど、
アルコール度数強すぎだし、人々の人体の影響が心配だ。

しかも、缶チューハイはアセスルファムKみたいな人工甘味料使っていることが多いので、
その害についてもなおさら不安なのである。

 

こういった商品は以前からあるけれど、
この時期になって急にこんなにもてはやされるようになったのも、なんだか薄気味悪く感じている。

度数の強いお酒を飲むと一気に酔えるから、

辛いこと、不安なこと、悲しいこと、全て忘れられる。
それくらい、現代は闇を抱えた人々が多いんじゃないかと思う。

 

 

僕も一時期買っていたし、その度に良い気分になっていたけど、
いろいろおかしいと思って一切買うのを辞めた。

冷静に飲んだら、味も大して美味しくないし、
飲むとしたら添加物や人工甘味料を使っていないチューハイや、純粋なビール、
日本が誇る日本酒を好み、翌日影響が出ない程度に飲んでいる。

 

大抵、飲み会で日本酒を飲むと、周囲からの評判は良い。
FTMあるあるだが、僕も見た目が高校生のようだから、
そこにギャップを感じる人もいるらしい。

日本人として日本の文化や和モノが大好きな僕としては、
日本酒ならもっと詳しくなりたいと思ってるし、
日本酒を扱ったバーや酒造所にも大変興味がある。

 

脱線したが、まぁどんなお酒にせよ飲み過ぎは良くないし、
自分に合った量で飲むのが良いんだよね、本来なら。

別にストロング系を好きなら好きで良いとは思うけど、
毎日のように摂取している程飲んでいるのであれば、
一度ご自身の心身の健康と秤にかけて考えてみて欲しい。

クスリと一緒で、その原因となるものを解消しないと、
その場しのぎなだけで、根本的な解決にならないだろう。

 

例えば会社がいやなら、会社を辞めるのが手っ取り早いだろうが、
なかなかそう簡単にはいかない。
しかし、それに向けて何かしら行動してみることは誰にでも出来るはず。

お酒にかけるお金や時間をちょっとだけ我慢して、
好きなことや趣味に没頭する時間、読書や映画など学びの時間、
そんな時間をちょっとでも増やしてみてはいかがだろうか?

 

 

僕の場合、僕の家にはお酒を常備しているわけじゃないから、
本気になれば禁酒も意識すれば完全にできるとは思う。

 

その代わり、夜は毎日のように酒粕で甘酒を作って飲んでいる。
酔わないけれど、栄養が合って体に良いし、
1日のちょっとしたお楽しみとして、身体への最高のご褒美になるだろう。
麹から出来た甘酒も別の効能があるし、嫌いでなければぜひ取り入れてみれて欲しい。

 

 

 

ちなみに…人工甘味料の話に戻るけど、
健康系の某MLMの会社が発売している栄養ドリンクもアセスルファムK使ってるよね。

 

全部が全部とは言わないが、そういうものを販売している会社は、
なにかしら欠陥を抱えているような気がして、僕は完全には信用できないな。
人工甘味料使えば、低コストで大量生産が可能だもんね。

 

もちろんそういった商品を扱う会社の商品の中には良い商品もあるだろうし、
自分の生活を改善してくれて、自分に合ったものであれば、
生活に取り入れるのはありだと思うけど。

 

どちらにせよ、人工甘味料にしろ、アルコールにしろ、
できるだけ避けた方が良いに越したことはない。

 

 

参考として、食品を手に取った時に、それが自分の身体に合っているかどうかは、
「Oリング」というものでわかるらしい。
僕はまだ試してないけど、余計なものの購入を控えて、自分の体調を改善するためには活用できそう。

 

 

適度にお酒を飲むのは良いけれど、

ぶっちゃけ…

酒だけで保てている人間関係なんて破錠したほうが良いと思うんだ。

 

 

Oリングで身体に合わないもので身体の力が抜けるのを感じるなら、
最悪な人間関係、惰性だけの人間関係なんて自分の力を奪い取る元凶となっているはずだ。

 

 

お酒に頼らず元気な毎日を送っていけるためにも、
もう一度、自分の環境を見つめ直してみるのも良いだろう。

 

 

 

 

 

…とはいえ、僕はもう今月の新年会ではもう飲む気満々なので、徐々にだよね。笑

メリハリが大事なんだよ!!!!