ゾウリムシ先生と一緒に「性」について考よう

最近知った衝撃的事実。

 

どうやらゾウリムシはセックスをするらしいのだ。

 

あまり詳しくはわからないが「セックスのようなもの」をするらしい。

 

 

 

 

マジですかゾウリムシ先生。

 

 

ちょっと色気づきすぎでしょゾウリムシ先生。

 

 

単細胞だから分裂すれば良いのに?

 

 

そう思ったのだが、
実際のところ、そのセックスみたいな行為というのは
繁殖のために行うものではないようだ。

 

 

そう考えると、必ずしもセックスが
繁殖行為に結びつくわけじゃないのでは?と思った。

 

その行為に快感…が伴うのかはわからないが、
生き物として生きていく以上、
子孫繁栄はもちろんのこと、

 

「何か(誰か)と繋がりたい」

 

そう感じて行動を起こすことが、生物の本質であり本能なんじゃないかな。

 

だからSNSが流行るわけだし、
僕もそうだけど多くの方がネット上で発信をしているわけだ。

 

人間も他の動物も、親しい間柄の中では手をつないだり、頬に触れたりなど、
肌と肌との触れ合いが生じることがある。

 

肉体として繋がる前に精神的に繋がることが必要だし、
人間はそれを必要としている生き物なのだ。
昔からコミュニティを形成して生きてきた生物だからね。

 

 

なので、政治家の失言などでよく見られる
「生む道具」として人間を捉える考え方って極めてナンセンスだと思うし、
「セックス」という行為を見下している印象さえ受ける。

 

ただのエロスじゃないんだよ、セックスは。
一つの命と命がぶつかりあう、神々しいものなんだ。

 

もちろんLGBTを否定的なものとして捉える考え方も、
生き物としての自然な行為を否定している印象さえ受ける。

 

「子孫を残すことに貢献しないから」という理由で否定する人もいるかも知れないけれど、
それは絶対ウソだなって思うし。
その人が生まれ育った文化や価値観が大きく影響してるんじゃないかな。
もしくはその人自身が当事者の傾向があるから、
そんな自分を受け入れられないというのもあるかもしれないし。

 

どうしても受け入れられないならそれはそれで仕方がない。

 

しかし、「こうであるべき」という考え方があまりにも強いと、
それって結局自分自身の首を締める気がするんだ。

 

 

自分にしろ他人にしろ、何かを強く拒絶することで、
自ら幸せになる道を閉ざしているんだよ。

 

だったら、
まず第一にありのままの自分を受け入れる。

 

そして、他の人の生き方を受け入れてあげる。
許容してあげる。

 

固定観念に縛られている状態よりも、
その方が自分にとっても楽になれるんだよね。

 

 

今はピンとこない人もいるかも知れないけれど、
いずれわかる時が来る。

 

 

誰しも自分が自分であることを禁止されるほど
生きにくいことはないからね。

 

心に余裕が持てるようになれば、
自分がされて嫌なことは人にしなくなってくる。

 

昔の僕だったらLGBTを否定する人を強く拒絶していたかもしれないが、
もう否定はしない。
人それぞれだから。

 

もちろん考え方は合わないと思うし、攻撃的な人や面倒な人は避けるけどね。

 

ただただ、自分らしく生きられる人、
生きやすいと感じる人が増える世の中になれば良いなと思う。

 

 

そんなことをゾウリムシ先生と考えてた、今日この頃。

 

 

 

 

 

でも異種姦はあかんよ。

綺麗な虹も 昔は嫌われていた

さて、前回の続きでサイト名について説明させて頂きます。

 

↓前回

 

ブログ名をどうしようか考えてた時に、

僕の場合、他の人と同じように

タイトルに「虹」ってつけてもありきたりな気がするし
(虹をブログなどのタイトルにしている人すみません…)

どうしても別の方法でブログ名を表現したいな

…と思って色々探していました。

 

 

すると、ある日…

 

「これだ!!」

 

って思うものを見つけました。

 

 

そう、それが「雨呑み者(アミヌミヤー)」ですね。

 

「雨呑み者(アミヌミヤー)」ってなんだ?

 

と思われる人も多いと思いますが、

 

これは、昔の沖縄の人が「虹」のことをそう呼んでいたそうです。

 

 

「虹」の漢字の由来を調べて頂ければわかりますが、

「虹」は、もともとは蛇を連想させるものだったそうです。

 

 

今でこそ虹を見つけるとなんとなく嬉しくなったり、

喜んだりする人がほとんどかと思いますが、

昔は人々にとって忌み嫌われる存在でした。

 

 

沖縄の人にとっても「虹」は赤まだらの大蛇を意味し、

「雨を呑む」ということで、干ばつの象徴とされていたのです。

 

 

 

しかし、現在の「虹」はというと、

全世界でレインボー=LGBTが主流になっていますし、

性の多様性を象徴するものにもなっているほどですよね。

 

大昔の酷い扱いはなんだったのか…

 

 

まぁいいでしょ、今は今。

 

 

今が良ければ全て良し!

 

 

ということで、

 

 

昔の常識が今では非常識に

新しい価値観として生み出され

人々に広がっていく…

 

 

そんなことが続けられたら世の中が変わると思うのです。

 

 

それに、「虹」は

「目に見えるものと見えないものをつなぐ橋」

だと僕は思います。

 

 

皆さんの思い描いている夢と現実を、

「虹」という見えない架け橋で繋げられたら良いですね。

 

 

「雨を呑む」なんて、

人々に潤いをもたらさないように見えますし、

実際この「雨呑み者」というものが

人々にとって迷惑な存在であったことは事実でしょう。

 

 

実在しない、価値のない、それどころか不吉な存在を

現実的で、価値を生み出す存在に変えていく…

 

 

そんな気持ちを常に抱いて、

自分なりに発信をしていきたいですね。

 

 

そしてこのサイトがあなたにとって

全ての憂いや悲しみを呑み干せる…

そんな存在でありたいと思っています。

 

 

キツネとタヌキという日本の両性具有者達

このサイトのタイトルについて語らせて下さい。

 

 

仮にあなたがそんなのしらねーよ!と思ったとしても語りたくて仕方がないのです。

 

 

そこは欲望に従わせてください。

 

 

まず「狐狸」というのは文字通りキツネとタヌキのことです。

 

 

↑狐(キツネ)と狸(タヌキ)

 

キツネとタヌキは日本古来の昔話しによく出てくる動物ということで、

日本人には馴染みが深い動物だと思います。

 

 

実際犬猫のように近くにいるわけではないけれど、

野生の動物としてほどよい距離感を保ち続けていることも魅力ですね。

 

↑犬と猫

 

身近で可愛らしい犬猫とはまた違って、

どことなくミステリアスな印象さえ覚える。

 

 

その魅力に惹きつけられるのです。

 

 

キャピキャピした可愛い女の子よりも

どことなく幸が薄そうというか憂いを感じる美しい女性に惹かれる

 

 

それと似たようなものだと思います。(←お前の女性の好みは知らん)

 

 

そしてこのキツネとタヌキですが、

キツネは女に化けることが多く、

タヌキは男に化けることが多いとされています。

 

 

そうやって彼らは目の前の人間を翻弄しながらも、長い間日本人とともに共生をしていたのです。

 

 

そういうわけで、僕はこのキツネとタヌキというものに

 

「日本人の性のあり方の自由さ」を感じるんだ!!

 

 

それが今日の海のようにだだっ広いセクシュアリティと

両性具有的な日本人の性のあり方に繋がるのだ!!

 

 

そしてIKKOさん始め数多くの著名人の方々のおかげでLGBTが生きやすくなっているんだ!!

 

 

…なーんて勝手に思っています。

 

 

その結果生まれたキャラクターが↓こちらになります。

 

 

 

実際日本は緊縛文化をはじめ、BLやGLなどセクシュアリティや性表現がある作品、

姓に関するサービスが豊富な国ですね。

 

 

現に一部のセクシー女優は中国に大人気ですし、

日本の性に対する個人のあり方が世界に受け入れられています。

 

僕も和風な世界観は大好きだし、歌謡曲っぽい音楽が大好きだし、

自分が使うものは極力和モノに囲まれたいと思っています。

 

そんな日本のコンテンツや素晴らしい部分を、もっと世界に広められたらと思います。

 

 

おふざけサイトと思った?

 

 

俺だって真面目に語るぜ。

 

 

以降、次回に続く!↓