世間が自粛ムードの中、僕が過去の旅日誌を書き続ける理由

デンジャラスなジェンダーレス妖怪こと

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)だよ。

 

ここのところ、「御楽縁生記(ヲタノエンセイキ)」という名前で

過去の旅日誌を書いている。

 

現時点では、山口〜福岡の旅と、

鹿児島への旅について書いた。

 

山口〜福岡編↓

 

鹿児島編↓

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-
「自分とは何か」…その答えを探すため、あてもない旅を続ける"がちまやー(食いしん坊)"な雨呑家(あめのみや)・煌琉(コリュ)の物語。

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-

 

両方共2017年のことを書いているが、

こちらの縁生記(エンセイキ)を書いたのは2020年。

つまり3年前の出来事を書いているのだ。

 

2017年は特にいろんな地域へ旅がてら遠征に出かけたので

今後もその時のことを書きたいと思っているが、

ここで一度、自分自身を省みたいと思う。

 

 

なぜ世間がコロナウイルスで自粛ムードの中、

過去の縁生記(旅日誌)を書くのか?

 

 

今回はその理由についてまとめてみた。

 

 

①元々書きたいと思っていたから

 

それはまず、元々書きたいと思っていたからだ。

そもそも、このブログ自体、

「旅をしながら自分の日常を漫画にする」

という目的で始めたものなのだ。

 

しかし、実際のところ、旅のことよりも、

自分の内面的な葛藤や生きていく上でのなんたるかを

書くことが多くなった。

 

もちろん、それはそれで良いのだけれど、

縁生記を書いていくにつれ、

旅の記録それ自体は、自分自身の内面とは一見関係がないように見えて、

実際には、より思考を深めることに繋がっていると実感している。

 

これまで、旅の記録を書くことを

なかなか実行することが出来ないでいたのだが、

徐々に行動へ移していきたいと思い、

こうして過去の記憶を次々と呼び覚ましているのだ。

 

 

②収束後、皆さんに日本各地を旅行してほしいから。

 

今の状態は長く続くと言われているが、

収束する時期は必ず来るはずだ。

 

各地を安心して旅行できる日が来たのなら、

その時には、ぜひ皆さんに旅行をしていただきたいと思う。

 

日本にはこんなに素晴らしい場所があるんだって。

 

もちろん海外も良いけど、

まずは国内の経済回復に貢献するのも良いかと思う。

 

きっと未だあなたが知らない日本があるはずだ。

 

 

③暗い世の中にエンターテイメントを提供したいから

 

今は自粛ムードであるが、

「お家の中でも楽しめる娯楽」ということで、

僕自身、エンターテイメントとして、

多くの人に楽しんでいただける企画を考えているところだ。

 

正直、創作系の漫画も描きたいと思っているのだが、

自分で生み出したものを形にするまでには時間がかかるし、

まずは自分自身の体験談を書くのが、一番手っ取り早いと思ったのだ。

 

 

縁生記を読んでいただくことで、

僕と一緒に旅をしている感覚を実際に味わっていただき、

旅行に行けない、遠出ができない、ライブやイベントに参加できない

…などといった様々なフラストレーションを、和らげていただければと思う。

 

 

④世の中がどんな状況でも、自分自身が楽しんでいきたいから

 

最近は自粛ムードで、

ウイルスへの不安や金銭的不安などから

ネガティブな気持ちで日々を過ごしている方も多いかと思う。

 

一方で僕自身は、

全くネガティブな感情にならないわけではないのだが、

縁生記を書くことで、一つ一つの達成感を味わえるからか、

日々確実に成長している感覚を掴んでいる。

そのため、自分自身は、

一般的な人ほどは暗い気持ちになっていないのでは?と思うし

むしろ毎日楽しい。

 

僕は元々不安症っぽい傾向があったのだが、

それにも関わらず、である。

 

もし、10年前の自分が今のコロナパニックのような状況にあったら

確実に焦っていたし、途方に暮れていただろう。

 

そして、今は様々な書籍を読み、学んだおかげで、

ウイルスに関しては世の中のあらゆる情報に惑わされず、

一つ一つの情報を精査できるようになったからというのもある。

 

経済的なしわ寄せも将来来るだろうとは思っていても、

焦りや恐怖などはあまり感じていない。

 

旅をしまくっている時は、それはそれで楽しかったかと思うが、

今の特殊な環境も、自分にとって学ぶところが多く

感謝すべきことがいっぱいあると感じている。

 

 

⑤昔の自分と今の自分を比べて、成長を実感できるから

 

縁生記もそうだし、こうして昔の出来事を書いていると、

過去の自分の行動遍歴がわかって、なんだか楽しいのだ。

 

当時はまるでブログなどの記録を想定していなかったというか

撮影した写真の数がとにかく少ないというか

偏りが多いことに気づく。

 

撮影可能な史跡や、景色の写真は多いのだけれど、

駅や建物、お店の写真の数がとにかく少ない。

 

あと、撮影に失敗しているものも多い。

(↑それは今も相変わらずだが笑)

 

さらに、今思い返すと時間配分が下手すぎだし、

直前の微妙なスキマ時間に

「ここ行きたい!」と急な予定入れすぎ。

あ、それは今もか。笑

 

 

しかし、今ではすっかり旅慣れて、

今はフェリーや電車などで現地に着いたら

港や駅の建物や名前、乗り物や周辺の景色の写真は必ず撮影する。

 

 

「自分が楽しむための撮影」から「人へ伝えるための撮影」へと

変わっていったんだなと思った。

 

 

 

いろんな所に訪れる上で、

「事前調査」で様々な方の旅ブログもたくさん見かけたし、

そのようなサイトから参考になった部分も多かったのだろう。

 

 

つまり、

縁生記を「やる前」と「やってみた後」では、

実際に感覚が異なってくることがわかったのだ。

 

 

「昔の出来事を、今描写する」ということは、

まるで、今より未熟だった頃、限られたお小遣いで買ったおもちゃを使って、

今、少しでも成長した自分が、いかに楽しく工夫して遊んでいるかのようだ。

 

 

昔の自分と今の自分の、双方を満たすために、

「自分自身が現在進行系で試行錯誤して、

過去の自分とコラボレーションしている」

ことに気づいたのだ。

 

 

抽象的すぎて何のことやらという印象かと思うが…

 

 

つまり、今の自分が

「こういう写真を使ってこういう書き方をしよう」

と想定しながら旅を楽しんで記録をとるのと…

 

 

一方で、とにかく行きたいところへ行った過去の自分。

過去の自分が残した素材だけで、

今の自分がいかにして物語を語っていくのか…

 

 

前者と後者では、その遊び方がまるで違うのだ。

 

 

↑前者のパターン

 

 

前者の場合は、とにかく色んな場所で買い物を楽しむのに対し、

後者の場合は、買い物には一切行かず、

自宅にあるものだけで調理する感覚に近いのだ。

 

 

限られたものでも上手く使うことで、

今までに見たことがない、

美味しい料理が出来るのかもしれないね。

 

↑後者のパターン

 

 

⑥自殺者を減らしたいから

 

これは③の理由ともかぶるかもしれない。

 

様々な方の発信からきちんと情報を得ていればわかることだが、

個人的に、今回のコロナウイルスは、

本来、そこまで恐れるウイルスではないと判断している。

 

感染者に対して死亡者数が圧倒的に低いし、

特に日本は驚異的な死亡率の低さである。

 

しかし、政府はまだ緊急事態宣言を延長するとのこと。

 

僕が住んでいる沖縄、那覇はもう

国際通りも大型ショッピングモールもシャッター街状態である。

 

心底「鬱陶しいな」と思いながらも、

密集した人の間を通り抜けて買い物をしていた頃が懐かしい。

 

過度な自粛を続けていると、

経済苦のために、自ら命を絶つ人も出てくるし、

残念ながら、国内ではもう既に自殺者がいると聞く。

 

少しでもより多くの人が前向きな気持になれるなら、

何かしら、ほんの一歩でも行動する意味があると思ったのだ。

 

 

というわけで、今回は

「世間が自粛ムードの中、僕が過去の旅日誌を書き続ける理由」

について、ざっくりと6つの理由を書いた。

 

 

日本のことやらメンタルやら人間関係やらお金のことやら旅のことやら

自由奔放な内容でブログを続けているように見えて、

根本的なものはずっと変わらない。

 

 

僕の中にある信念は唯一つ。

 

目の前にいるたった一人でも良い。

笑顔で明日を迎えてほしい。

 

 

それだけだ。

青春18きっぷ2019夏①〜つまらない区間の旅を120倍楽しくしたいと思う〜

皆さん、今年の夏はいかがお過ごしかな?

 

 

 

 

僕の場合、毎年夏が訪れると、

青春18きっぷで旅をするというのが、ここ数年で通例になっている。

 

 

そのため、夏といえば電車旅行というイメージが自分の中であるのだ。

 

 

 

ちなみになぜ夏なのかというと…

 

別に春でも良いけど、年度初めで何かと忙しい時期だし、

冬の本土は寒いから長期間旅をしようと思わないからだ。

秋はそもそも18きっぷの期間じゃないしな。(似たようなやつはあるけど。)

 

 

しかし、僕は特に鉄ヲタというわけではないが、

電車の旅、特に見知らぬエリアの電車に乗るのはすごく好きなのだ。

 

 

確かに、電車に乗る事自体は退屈に感じることもあるが、

長時間かけて目的地のエリアに行くことは、

快適な新幹線の旅とはまた違った楽しみがあるし、

苦労した分、忘れがたいものとなると考えている。

 

 

そして、今年も淡く儚くも一生忘れることのない夏休みの思い出を作るために、

青春18きっぷで旅をすることを決めたのだ。

 

 

 

長距離の電車の旅というのは、

当初計画していた予定通りいかないこともたくさんあるけれど、

1日のうちに様々なエリアを周れるということでは非常に魅力的である。

 

 

僕の場合は大抵、特定のエリアで何か明確な目的や予定があって

18きっぷを使うことが多かった。

特に去年は「まだ行ってないエリアへの旅」をテーマにしたおかげで

電車の旅を中心に楽しめた。

 

 

個人的には岐阜や長野、山梨といった未開のエリアに

足を踏み入れることができたので、非常に満足だった。

 

 

 

その時の様子はこちら↓から辿ってご覧いただけるかと思う。

 

 

 

 

さて、今年の旅について最初に断っておくが…

 

 

 

 

 

今回はぶっちゃけ…

 

 

 

 

 

 

あまり面白くないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

旅の記録でこのようなことを言うのは大変心苦しいであるが、

これには理由がある。

 

 

 

 

 

 

まず、今回の旅について、元々は豊橋から飯田線を利用して、

長野経由で関東まで行こうと思っていたのだ。

 

 

 

飯田線といえば秘境で知られる路線のようで、

僕自身、過去に中央線で長野経由の旅をして、

とても楽しかったのを覚えている。

 

 

中央線で奈良井宿に訪れた時の記事はこちら↓

 

 

周囲が山に囲まれた中央線からの眺めは非常に素晴らしく、

他の乗客も旅行者がほとんどだったので、皆笑顔で楽しそうだった。

そのため、のどかでゆったりとした時間を過ごすことができたし、

ローカル線の醍醐味を存分に享受できたというわけだ。

 

 

同様に、似たようなエリアを走る飯田線の旅も

きっと楽しいだろうと思っていたのだ。

 

 

どんな乗車計画でどの宿(ホテル)にしようかなんて

1ヶ月以上前から色々物色していたわけである。

 

 

 

しかし…

 

 

 

今回は結果的に東海地方から神奈川、

そして地元栃木までの旅となった。

 

 

 

 

つまり、東海道線とJR東日本(しかも通勤圏)が

主になるわけである。

 

 

 

なぜこのようになってしまったのかというと、

元々、今回は予定ありきで旅の予定を立てていたのだ。

 

 

 

3〜4日ほどを想定した旅程のうち、

2日午前中は丸々ずっと浜名湖周辺での予定があり、

3日目は夕方から豊洲で行われるライブに参戦することになった。

 

 

しかも、本来3泊4日で旅ができたら良いなと思っていたのだが、

家族の事情との兼ね合いで、3日目のうちに実家へ帰らざるを得なくなった。

 

 

 

 

当初、飯田線で予定してた時、

最悪の場合、3日目の豊洲のライブは開演時間に遅れてもいいやと思っていたし、

当日の朝早く起きて行動すれば、

このルートで飯田線でイケるだろうと思っていた。

 

 

 

こんな感じで。

 

 

 

ちなみに、当初は上諏訪での宿泊を考えていたのだが、

到着時刻が遅くなって宿にチェックインできない可能性も考慮した結果、

宿は伊那市あたりが妥当だろうと判断した。

 

 

 

しかし、よくよく考えてみる。

 

 

 

 

 

 

うん、無理だね!

 

 

せっかくの電車の旅なので、

あまり時間に縛られず、色んな駅に訪れてみたいのだが、

予定がある時点で、自由な行動が制限されてしまう。

 

 

しかも3日目なんて特に移動距離長すぎて、確実に疲れるだろうし!!

 

 

飯田線の上諏訪か伊那市あたりに宿泊するにしても、

夜までチェックインできる宿が限られている上に

地元まで電車で6〜8時間は確実にかかる。

 

もちろん、それだけならまだ良いのだが、

3日目にはライブがあるから体力を消耗させてしまう。

 

せめて朝早く起きられればゆったり過ごせると思うが、俺は朝に弱い。

 

これでは翌日死ぬパターンだね。

長期休暇なのに休めなくなっちゃう!!!!

 

 

というわけで飯田線コースは泣く泣く諦めることにした。

 

 

 

 

ただ、一つの救いとしては、僕自身、神奈川は大好きで、

毎年夏の間に一度は寄りたいと思っている場所でもある。

 

 

 

2日目に神奈川で寝泊まりすることも考えれば、

旅程的にもちょうど良くなるため、

今回は東海道線経由で旅をすることに決めたのだ。

 

 

 

 

ただ、JR東日本に関しては、通勤圏で利用している方も多いと思うので、

「非日常を楽しみたい」旅の話としてはあまり魅力を感じない区間だろう。

 

 

僕だって普段利用しないローカル線の旅は大好きなのだが、

住み慣れている関東地方の路線に乗ったところで、

旅の高揚感がほとんどないのだ。

 

 

はっきり言ってつまらないのだ。

 

 

さらに、青春18きっぷでよく知られている情報として、

静岡を走る東海道線は、

在来線電車の中でも特に「つまらない」「きつい」区間と言われている。

 

 

一般的に言われているのは、

一列シートで車両の数も非常に少なく、

18きっぷの期間は激混みしやすいため、時間がより長く感じるということだ。

 

 

実際、体験してみないとなんとも言えないではあるが、

進んで乗りたいと思わないのも自分自身の直感だろう。

 

 

そのため、在来線では敬遠している区間ではあった。

 

 

電車の旅が長時間に渡ることを考えると、

少しでも快適に過ごしたいしね。

 

 

しかし、僕自身、過去に静岡を通過した際には

ムーンライトながらを利用したり、

新幹線を利用したりしたことはあるが、

実は、在来線を利用したことは一度もないのだ。

 

 

 

そのため、今回旅のメインとなる静岡は、

せっかくだし在来線を利用してみようかな…?

 

 

…と、あまり気が進まないが(笑)、

怖いもの見たさで無理やり決めたのである。

 

 

 

しかし、一見あまり面白くなさそうな旅を、

いかにして楽しい内容の旅にするか?

 

 

そもそも、あまり楽しくなさそうな区間を

どうやって楽しく過ごすのか?

 

 

このようなことは他の誰のせいでもない、

全て自分自身にかかっているのだ。

 

 

本来誰しもが、旅の目的は「非日常」を楽しむことにある。

 

 

確かに、慣れ親しんだ東日本の路線を利用することは、

自分にとってほぼ「経験済みのこと」ではある。

 

 

しかし、少なくとも「日常」ではないはずだし、

静岡〜関東地方の中でも、まだ足を踏み入れていないエリア、

ほとんど言ったことがないエリアはたくさんあるわけだ。

 

 

「東日本」という木の幹だけに着目することも大切だが、

いかにそこから伸びた「未開のエリア」という木の枝に注目していくか?

もしかしたらその枝の先には、

「新しい発見や素晴らしい景色」という

美しい花を見落としているかもしれない。

 

 

 

 

失敗も成功も、

すべてのことを「新しい体験」として

自分の血肉として吸収していけば良いんだ。

 

 

あとは面白おかしくネタにするだけだからね(笑)。

 

 

 

それに、元々静岡と豊洲で立てていた予定や、

実家でお盆を過ごすことも、それぞれが楽しみなものだったし、

全体として素晴らしい旅になれば、それで良いじゃないか!

 

 

 

というわけで、

かなーーーーーーーーり前置きが長くなってしまったが、

かなり限定的な条件とはいえ、

今回の「つまらない」と断言した旅も、きっと楽しいものになるはずだ。

 

 

いや、絶対に楽しい旅にするし、

ネタとしても楽しいものにしてやりたい、と思った。

 

 

 

実際、もうすでに旅行前の計画の段階というか、

このシュミレーションだけで

一記事書けてしまったからね。

 

 

僕が最近気づいた自分の長所として、

仕事でも旅行でも、事前に全体を把握して

大まかな流れや時間の配分をシミュレーションすることは得意なようだ。

(実際にその通りに実現するかはともかくとして)

 

 

こうして自分の特技?を実際に記事にすることで、

長い間旅の予定を悩んだ時間も、

キャンセルしてしまった宿のことも、

最終的に至った結論を細かく書くことによって

自分の思考の過程や、今後旅の計画を立てる上での課題点が見えてくる。

 

 

そのため、決して無駄にはならなかったわけだ。

 

 

キャンセルした宿はメモしておいて、

また次の機会に利用させてもらえれば良いしね。

 

 

また、僕がこのように旅程を組んでいることを書くことによって、

旅程を組むのが苦手な皆様や

初めて長距離移動の旅に挑戦する皆様の参考になれば光栄だ。

(↑いや参考になるのか?)

 

 

地図もいったん白紙に戻そう。

 

 

というわけで、次の記事からは

今年の18きっぷの旅を僕なりに楽しく書いていこうと思うので、

楽しんでいただけたらと思う。

行ってみたい場所に”なる早”で行けるようにするには?

明後日くらいから本土への旅行を控えている。

 

しかも四国から関東の実家(栃木)まで
青春18切符であちこちを回りつつ3日間くらいかけて行くのだ。
宿はもう取ってあるし、ある程度ルートや寄りたい場所の目処は立っているものの、
時間などはその場の成り行き任せなのでまぁ無謀っちゃ無謀だ。

 

なので、宿などは出来るだけ遅くまで受付してるところを
限定して予約するようにした。

 

懸念していた台風も心配なさそうだし、とにかく楽しみで仕方がない。

 

 

…それなのにVanilla Airがセールをやってたので
前から行きたかった石垣島の航空券を確保した(笑)。

 

なんと、一番安い時で980円という破格なので、片道はその金額で予約した。
飛行機の時間も短いから席はどこだって良いし
荷物も最低限のもので良いから一番安いもので十分。

 

飛行機に乗るのも「安いのが当たり前」な時代になってきたね。
旅行産業が発達していくと共に、
これからもっと安くなる可能性すらあるんじゃないか。

 

実際僕だってタダ(特典航空券)で飛行機に乗りまくっていた時期もあったし
僕の知り合いは同様もしくはそれ以上の方法で世界中を旅している人もいるくらいだ。

 

旅を仕事にしながらお金を稼ぐ人達もいるくらいだし、
すごい世の中になったよね。

 

…まぁそれは置いといて。

 

宿はまた後々ゆっくり予約するとして、
宿泊の一部はできたらクーポンを充てるつもりなので
全体的な旅費も少なくて済みそう。

 

あとは天候が良いことを祈るのみ。

 

宮古島は行ったことがあるけど、石垣島は初めてだな。

 

この橋は2014年に撮影したものだから来間島かな?
伊良部大橋はその翌年に出来たから。
 

レンタサイクルで橋を渡った記憶がある(笑)。
 

 

Instagramがまだ主流じゃなかった時に
インスタ映えするような写真を撮っていたようだ。
 

 

 

宮古島の思い出はもっとたくさんあるけれどまぁそれはおいおい。

 

 

 

石垣島は4泊くらいするので波照間島や竹富島などの離島に行きたいなと思ってる。

 

とある情報源から欠航率の高い波照間島へのフェリーは
4月のとある時期からGWくらい、10月下旬くらいが妥当だと言われているので
果たして本当にそうなのかという検証をしたいのと、
離島でのんびり過ごしたいという願望もある。

 

台風に関しては本当にわからない。
去年も10月後半に直撃したからな…。

 

まぁ行けなかったら行けなかったで仕方がないよね。

 

しかし、「自分の夢」を叶えるためには
少しずつでも形にできるようにしていく必要がある

 

…と僕は考えている。

 

でないと、「石垣島に行ってみたい!」のに、

いつまでたっても

 

「また来年。」「また次の年に。」

 

…というのを繰り返して、
結局行けずじまいということにはならないようにしたいから。

 

僕だって沖縄にいつまでいるかわからないから、
できるだけ直行で行けるよう本島に住んでいる時に行きたいしね。

 

今後の自分の人生を決めるのも、
自分の予定を決めるのも自分自身。

 

「行きたい!」と思ったらまずは日程を抑えてしまおう。

 

そしたらあとは自分の予定を調整すれば良いだけ。

 

一度旅行を経験したら、
その経験が自分を生かしてくれる。

 

なので、ちょっとした「決断」があれば良いだけ。

 

こういう「決断」を少しずつ繰り返して、
今までできなかったこと、行きたいと思っても行けなかったところを
実現したいと思う。

 

水木しげる展に訪れた際にも確信したが、

「旅行」は自分に最高のインスピレーションを与えてくれる。

その「体験」の積み重ねが自分に「生み出す力」を与えてくれる。

座って悩んでいるままでは、それは決して生まれないことだ。

 

その時の感想がこちら↓

 

僕だって実は長旅は苦手だ。
家にいると一番安心する。

 

でも「同じことの繰り返しの毎日」から脱却するためにも
楽しいことや新しい経験をどんどん追求していきたいと思う。

 

シンプルにまとめると、「旅は良いぜ!(グッ☆)」ってことだ。

 

僕が時間をかけて宿泊先を決める理由

8月下旬に香川から青春18切符で祖母の家である群馬までと旅行する予定なのだが、
その間の宿泊先をやっと予約したところだ。

というのも、パッと直感で決めるわけではなく、
1週間くらいいろいろリサーチして吟味してやっと…というところである。

 

今回は3つの宿泊先を楽天、Booking.com、じゃらんの3つのサイトで別々に予約した。
それぞれでしか予約できない宿があったり、
ポイントで値引きできたりなどのメリットもあるからだ。

 

ちなみに一般的にはあまり知られていない、
ホテルを安く予約できるサイトも知ってはいるけれど、
その中にはあまりこれだというものがなかったし、
朝食付きのところが多かったのもネックだった。
僕はほぼ毎日一日1.5食を実践しているので、朝食は別にいらない派だからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は以前南城市の民宿に泊まった時に出された朝食。
これはすごく美味しかった!!!!
宿の方が自分のためだけに作ってくれる、
心のこもった料理だったらむしろ有り難く頂きたい。
2日とも微妙に内容が違っていたしね。

 

 

せっかくだからどこにも宿を取らず無計画の旅にするのも良いのかもしれないのだけど、
僕としても行きたいところが多々あるわけだし
出来るだけそれに沿った旅をしたいので、
予め宿を見つける必要性を感じたのだ。

 

ただ、調べすぎて叶わなかったことも多々あるのも事実なので、
あまり慎重になりすぎるのも考えものかもしれないけど。

 

でも、やはり性格上自分の願望を実現させるために
計画的に決めておきたいのである。

 

旅自体も自分の人生と似ている部分があるんだな。

 

行きたかったけど疲れていて行けなかった、
なんてことも過去にはあったけど、それはそれで良いだろうし。

 

 

ちなみに僕の知り合いで、民泊などで稼いでいる方は決断が非常に早いのが印象的だった。
その時に思ったのは、それがその人と僕との決定的な違いだなって。

 

自分は何かにつけて時間をかけすぎるんだ。

 

出来るだけ決断を早くしようとはしているけれど、
やはり人は皆違うわけだし、
僕は僕にしかできないことを大切にしようとは思う。
慎重になる分、行動も遅いけど、
それだけ自分の願いを出来るだけ叶えたいという
自分の潜在意識も実感できるからである。

 

人生と同じだね。

 

この文章だってダラダラ書いてるけど
先行き見えない、手探り状態の感じ。

 

その状態で闇の中をひたすら突き進むと言うよりかは、
光を感じていたいのだろう。

 

その上で、今回宿を探すに当たって、
電車での旅が主になるということで、
以下の条件で宿を探すことにした。

 

JRの駅から歩いていける距離かどうか、
遅くまでチェックインを受け付けているかどうか、
あとはキャンセル料が発生するタイミングが遅めか、どうかなどである。
もしかしたらフライトの日に台風来たら旅程がずれる可能性もあるもんな。

 

というわけで今回は残念ながらAirbnbは予約していない。
現地の人と出会う楽しみが民泊の魅力でもあるけれど、
ホストといちいちやり取りをするのが面倒だからである。

 

ちなみに台風などの天災、やむを得ない状況で飛行機が飛ばなかった場合、
宿をキャンセルした場合でもゲストには返金がされるらしいよ。
その点ではすごく良いサービスだよね。
ただただホストとの連絡が面倒な点を除いては、むしろエアビー様様なのだ(そればっかり)。

 

 

しかし僕は貧乏旅行を極めてきたこともあり、
3つの宿の金額を合計しても1万円前後で済ませることに成功した。
うち2つはシングルルーム。
うち1つは駅からのアクセス重視で選んだドミトリー。
しかしドミトリーでも写真で見たところ、実質カプセルホテルみたいなベッドだった。
宿の雰囲気も良かったし、とても楽しみ。

 

観光目的だからとりあえず寝られる所があれば良い。

 

ゴージャスな宿にはあまり興味ないしね。ちょうど良いと思う。

 

ちなみに2017年、僕は飛行機代ほぼ0円で、
毎月のように日本全国あらゆる場所に遠征することを実現した。
月によっては2回別の場所に行ったこともあった。

 

 

今年は↑の記事に書いているような理由もあって旅行の回数を減らしたけれど、
そのノウハウの甲斐あって飛行機はマイルを効率良く貯めて、
今回も那覇空港→高松空港、羽田空港→那覇空港の飛行機代0円を実現することができた。

 

↑証拠。「特典発券済み」とあるのでチケットを特典航空券でゲットしたのがわかる。
 

まぁ特典航空券は日程の変更可能だから旅程は変更する可能性あるけどね。

 

 

いずれLINE@でもお得に旅をする方法などをお伝えできたらと思うので、
もし良ければ登録しておいてくださいね。↓↓↓

友だち追加

↑上のボタンをクリックして僕とお友達になってね♪

 

↑PCの方はこちらからどうぞ。

 

 

いつも遠征はぼっち参戦&一人旅ばっかりなので
もちろんそれも大好きだし自由気ままで楽しいんだけど、
たまには誰かと一緒に感動を共にしたいなぁと思うことがある。

 

というわけで旅仲間も募集中です!!

 

 

あーーー旅行楽しみ!!!!