人生二度目の石垣島旅行⑥〜米原ヤエヤマヤシで考えた「自然の必要性」と「死生観」〜

2019年5月に行った石垣島の旅。

今回は最後の日である3日目の様子について書いていきたいと思う。

 

前回↓

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-
「自分とは何か」…その答えを探すため、あてもない旅を続ける"がちまやー(食いしん坊)"な雨呑家(あめのみや)・煌琉(コリュ)の物語。

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-

 

 

宿泊していたホテル、

CABIN HOTEL Mr.KINJO in ISHIGAKI58<石垣島>にて、

最後の(普段は滅多に食べない)朝食を摂った後、

友好的な外国人スタッフに見送られながら、ホテルを後にした。

 

 

せっかく石垣島に来たので、

天気が良ければレンタルバイクで島を一周することも考えたのだが…

 

この日は夕方くらいから雨のマークが出ていたので

「行きたいところに行ければ良いか〜」

と、バスで周ることを決意。

 

 

目的地の経由地となる、最も近くのバス停まで足を運び、

バスの車内で1日フリーパスを購入。

 

 

 

 

2018年秋に行った石垣島の旅では

宿泊数が長かったこともあり、

5日間フリーパスを購入したのだが、

1日フリーパスは今回が初めて。

 

一般的によくある当日0時までのものではなく、

「購入後24時間有効」というお得な仕様となっている。

 

2018年秋・石垣島の旅の記録についてはこちら↓

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-
「自分とは何か」…その答えを探すため、あてもない旅を続ける"がちまやー(食いしん坊)"な雨呑家(あめのみや)・煌琉(コリュ)の物語。

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-

 

 

石垣島ではバスの運転手さんも親切な人が多いので、

バスの本数や時間が限られているのが難点ではあるが、

うまく旅の計画を立てることができれば、

バスでの旅も楽しいものになるかと思う。

 

 

自分で運転しなくて良いしねー!

 

 

 

 

 

石垣島だと、市街地から離れるとこのように素朴な風景が広がる。

窓からその風景を眺めるのも楽しいのだ。

 

 

さて…本日の目的地は…

 

 

 

 

米原のヤエヤマヤシ群落!

 

 

早速行ってみよー。

 

 

 

 

 

 

 

入り口までの道は山に囲まれていて

のどかな雰囲気である。

 

 

 

 

 

 

猫様たちを発見。

2匹で仲良く遊んでたよ!

 

 

入口に到着。

 

 

ちなみに、近くにはジュースを売っているお店があるようだが、

この時はまだ時刻が9時より前だったので、開店前といった感じだった。

 

 

 

入り口の中に入るとジャングルのような空間が広がり、

道は整備されているものの、

ちょっとした冒険気分を味わえる。

 

 

 

 

ぜひその感覚を以下の動画↓で体験してみてほしい。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

 

木々のザワザワした音と

虫の声が非常に心地よい。

 

 

周囲は本当に緑だらけなので、

森林浴にもうってつけの場所だ。

 

 

 

 

 

↓さらに奥まで進んでみよう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

 

さて、肝心のヤエヤマヤシはどこにあるのだろう?

 

 

…と思っていたところ

 

 

 

 

長ーーーーーーーーーーーーーーーい木を発見。

 

 

 

 

さらにさらに!!!!

 

 

 

 

群落も発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本の木が独立していたり

場所によっては数本の木が生えていたりする。

 

 

そういう木々が合わさって

まるでコミュニティのように

南の島の木々の群落ができているのだな。

 

 

なんだか人間と似ている。

 

 

 

 

 

 

 

動画でもぜひスケールの大きさをご確認いただきたい。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


ちなみに、ヤシだけじゃなくて他にも様々な植物が生えている。

 

 

 

 

ビワがそのへんに落ちていて

うっかりしてると踏んでしまう。

 

 

 

 

説明書きによると、ギランイヌビワというもののようだ。

 

 

蝉の声の主はイシガキニイニイってやつかな?

 

 

メスでもニイニイ(兄々)なんだな!

 

 

 

…………まぁそれはさておき…………

 

 

 

 

こちらの滞在時間はそんなに長くはなかった。

大体10分ちょっとくらいかな。

 

 

 

 

1時間位かかると思っていたので

もう少しゆっくり来ても良かったかもな…。

 

 

でも、朝一だったからか人も少なかったし

空気も清々しかったし

とても気持ちが良かった!

 

 

 

 

毎日の生活に追われていると見失いがちになるが、

生き物など地球上の生命は元々自然から来たものである。

 

なので、我々は本質的に自然を求めているのだ。

 

僕自身、毎日近くの茂みに行ってアーシングしているし、

週に一回はビーチに行くようにしている。

 

 

ちなみに、アーシングについてはこちら↓で説明している。

 

 

 

昔はとにかく仕事やタスクを終わらせることばかり考えていたが、

今はむしろ

「出来るだけやらない」

もしくは

「負担を減らす」ことを重視している。

 

 

その分、その時間を自然と触れ合うようにすることで、

アイデアが思い浮かんだり、

ストレスが軽減されたりするので

 

今はむしろパリピが飲み会に積極的に参加するかのように

雨呑家(あめのみや=雨)である僕は

積極的に自然に還ろうとしているのである。

 

 

今後、自然に没頭しすぎて

事故などを起こしてガチで自然に還ってしまうことがないようにはしたいが(笑)

病気で亡くなるよりはずっとマシというか

むしろ本望なのではないかと思うようになってきた。

 

 

今回訪れた群落は整備されている場所なので安心だが、

今後は足元にも十分注意しながら、

自然との対話と冒険を楽しんでいきたいと思う。

 

 

さて、次は海を見ながらまったり過ごそうかなと

米原ビーチへと移動。

 

 

 

 

しかし、俺はこの旅行で最大の大失敗を犯すことになる。

 

 

 

次回へ続く!

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-
「自分とは何か」…その答えを探すため、あてもない旅を続ける"がちまやー(食いしん坊)"な雨呑家(あめのみや)・煌琉(コリュ)の物語。

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-

石垣島離島巡り⑨〜豪華ホテル近くのビーチで旅の余韻に浸ってみた〜

石垣島の旅の記録も今回で最終回!

 

 

4泊5日と微妙に長かった旅よりも

ブログの執筆のほうが長く感じたかな?

 

 

最後まで楽しく旅の思い出をお伝えできればと思う。

 

前回はこちら↓

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-
「自分とは何か」…その答えを探すため、あてもない旅を続ける"がちまやー(食いしん坊)"な雨呑家(あめのみや)・煌琉(コリュ)の物語。

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-

 

 

最終日の午前中は行きたかった川平湾に無事訪れることができたので、

午後は中心部をブラブラすることに決めた。

 

 

 

まず、市役所近くにある大きな公園に足を運ぶと…

 

 

なんかやってる。

 

 

 

お祭りのようだ。

 

 

 

那覇でやってるような祭りみたいに専門の業者はほとんどなく、

地元の高校だったり団体だったりお店だったりが出店している様子。

 

 

 

ステージも昼間より夜のほうが盛り上がるのかな?

本島と同じで音楽好きな人が多そうだ。

 

 

石垣島などの離島は狭いから、

こういったイベントも本島以上にアットホーム感ありそうだな。

 

 

 

 

 

 

竹富島役場がこんなところに。

そういえば、西表島に移転されるという話もあるみたいだけど、どうなんだろ?

 

バスに乗るまでの時間は周辺をブラブラしてみた。

 

 

 

昼の繁華街は夜に訪れた時と違った顔が見れるのも良い。

 

 

 

 

730記念碑。

 

こういう祖国復帰のモニュメントが誇らしげに飾られているのも

ヤマトンチュとして石垣島の好きなところである。

 

さて、飛行機までまだまだ時間があるから

残りの時間はビーチで過ごすことにしようか。

 

市内にあるビーチで空港からも市街地からも近いビーチと言えば…

 

 

 

 

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート近くの…

 

 

 

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート近くのぉぉぉぉぉぉ…

 

 

 

マエサトビーチである!!!!

 

 

ここで飛行機の時間が近づくまで

なにもせずダラダラ過ごすことにした。

 

 

 

余談だが、こちら↑はホテルの裏庭から見たホテルの写真である。

 

僕は間違えて、下の図のようにバス乗り場からちょっと遠回りしてしまったため

結果、ビーチまで歩いてすぐのところを10分くらい歩く羽目になり、

かつ、こちらの「裏庭」を通ってしまったのだった。

 

 

 

まーちょっとした宿泊者気分を味わえたので、嬉しい間違いだったかな(笑)

 

 

 

天気が良いからぜひビーチで泳ぎたかったんだけど

残念ながらずっと雨だろうなと思ってたんで

着替え持ってきてない!!!!

 

なので、できることといえば、海辺をバシャバシャするくらいだ。

 

 

ビーチでは宿泊客や旅行者、

地元の中学生や親子などが海で遊んだり

ビーチで日光浴などをしたりしていたようだ。

 

 

僕はそこでしか味わえない空気を肌で感じながら

瞑想したり旅の余韻に浸ったり

地元の人の日常を感じたり自然を満喫したり

 

そんな時間も必要だな…て思った。

 

 

 

 

青春18きっぷの旅をした時も思ったのだが、

旅行は特に、スケジュールを詰めて組んでしまうから

時間的にも精神的にもゆとりがなくなりがちである。

 

↓本土での青春18きっぷの旅の様子もぜひ。

 

 

見たことない場所や行ってみたい場所に行くことも必要だけど

旅行だからこそ、こうして自分と向き合う時間も作っていけたら良いなと思った。

 

 

 

 

さて、時刻は15時半ごろ。

 

もう十分に、海の水と共に余韻に浸る時間を過ごしたので

もうそろそろビーチともお別れ。

 

 

 

 

滞在3日目に間違えて乗ってしまった系統⑩のバスで

空港まで足を運ぶ。

 

 

その時の様子はこちら↓

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-
「自分とは何か」…その答えを探すため、あてもない旅を続ける"がちまやー(食いしん坊)"な雨呑家(あめのみや)・煌琉(コリュ)の物語。

がちまやーな雨呑み者-アミヌミヤー-

 

ちなみに、バス停でバスに乗り込む時のことだけど…

 

ホテルのスタッフさんは滅茶苦茶感じが良かったし

俺みたいな宿泊者じゃない奴にも丁寧にバスの案内をしてくれたよ!!!!

 

今回はVanilla Airのセールで航空券を購入したから利用しなかったけど、

僕は毎回、特典航空券はANA一択なんだよね。

 

飛行機だけじゃなくてホテルの対応も超一流のANA。

 

次に石垣島に来る時はこちらにも、ぜひ宿泊客として訪れたいものだ。

ホテルの詳細はこちらから↓

 

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>

 

 

バスに揺られて石垣空港に到着。

 

 

5日間使えるフリーパスも1日ちょっと余ってしまったな。

 

思ったんだけど、石垣島のバスの運転手さんは…

 

全体的にとっても感じが良く優しい人たちばかり!!!!

 

バスに乗ると笑顔で温かく迎えてくれる人が多い。

 

「チッ…観光客かよ。こっちは仕事なんじゃボケェ!!!!」

 

みたいな、嫉妬心にまみれた人がいなそうで感動した。

(↑そんな人にもほとんど会わないけどなw)

 

 

車が少ないからか渋滞もそんなにない印象だし、

渋滞でイライラしがちで無謀運転をしがちな本島とは違うのかな。

 

それぞれ良いところはあるけれど、

こういう点が石垣島の好きなところだと気づいた。

 

情報だけじゃわからない、

実際に来てみないとわからないことってたくさんあるよね。

 

「〇〇らしいよ!!!!」みたいな真偽不明の噂レベルの情報じゃなくて

できるだけ自分で体感・体験できることを増やしていきたい。

 

 

僕が旅をする理由はそこにあるのかなと思った。

 

 

さて、石垣空港ではお土産店巡りをしたり

ラウンジでちょっと早い夕食をとった。

 

 

 

石垣牛のカレーを食べたり

 

 

ジェラートを食べたりした。(何味か忘れた。)

 

 

ご飯屋さんは空港にもたくさんあるにはあるが、

空港近くにある白保エリアは地元客に人気の隠れた名店も多いので

そこでお好みのお店を探してみるのも良いだろう。

 

 

 

そろそろ旅も大詰め。

 

いよいよフライトの時間である。

 

 

 

 

聞いてくれよ。嬉しいことにだな。

なんと帰りの飛行機も隣の人がいなかったのだ!!!!

 

素晴らしきオフシーズンの恩恵。

 

リーズナブルな上にストレスフリーで

快適な空の旅を楽しめるのは良いね。

 

 

さらばだ石垣島。また会おう。

 

 

夕日が美しい。

 

 

この夕日を眺めながら、今回の旅をブログでどのように発信するか考えてもいた。

 

 

ブログでこのような記録を書くのは、

旅行や沖縄が好きな人に向けての情報というのもあるし、

自分自身が楽しかった思い出を色褪せずに残しておきたいというのもある。

 

 

一見ブラブラしているだけの旅に見えても、

旅の中で新しい発見、学びがあったり

自分の中の知らなかった一面が見えてくるのだ。

 

 

それが楽しいから僕は旅を続けていくんだと思う。

 

 

ツアーや友人とする旅行とはまた違って

自分自身で全て決められるのが一人旅の醍醐味である。

 

 

そして西表島で買ったこのお土産であるが…

 

 

 

 

 

どっからどう見ても某映画会社のロゴのパロディにしか見えないのである。

 

 

…こんな感じで面白いものを見つけていくのも

旅の面白さなの…かもしれない。

 

 

さて、今回の石垣島の旅行では、

合計4つの離島に訪れたわけだが…

 

せっかく那覇空港がリニューアルされるというのに、

 

残念ながらVanilla AirがPeachに統合されて、

那覇ー石垣便がなくなってしまう!!!!

 

 

…とのことなので

 

 

それまでに波照間島への旅を行えたら良いなと思う。

 

 

目標は5月のGW明けくらい。

 

 

次こそは波照間の綺麗な海で泳いで

綺麗な夜空を満喫するぞ!!!!!!!!