石垣島離島巡り③〜水牛界のイケメンアイドルとチェキ撮ってきた〜

人生初の石垣島旅行。

 

 

竹富島の観光もついに後半戦。

 

 

前半戦の様子はこちらから↓

 

 

 

竹富島で観光スポットを一通り周ったり

八重山そばを食べたり

ビーチで遊んだりした後は、

目的の水牛車に乗るまで、集落の中を散策してみた。

 

 

 

 

 

↑街のあちこちに見られる昔ながらの建物に心癒やされる。

 

 

↑お花も綺麗だねぇー。

 

 

↑よく出来てるねぇー。

 

 

↑!!!!????

 

 

 

…こんな感じで、いかにも沖縄らしい景観と

街のいたるところにある個性的なオブジェを楽しみながら

ゆったりのんびりと沖縄時間を過ごす。

 

 

 

 

小さなダムのような大きな井戸もあった。

 

 

この井戸の名前は「仲筋井戸」といって

犬が発見したという言い伝えがあるらしい。

 

 

 

木の写真を撮るのは好きだが、

ガジュマルの写真を撮るのも好きだ。

 

 

木などの植物は生命力に溢れ

僕たちに力を与えてくれる存在だからだ。

 

 

 

こうして、あちこち散策していると、

水牛車がごっそり並んでいる場所に辿り着いた。

 

 

 

 

そう、ここが竹富島で水牛車を運営している業者の一つ、

「竹富観光センター」である。

 

 

 

さっそく近づいてみよう。

 

 

 

 

水牛さん達がいる。

 

どんどん近づいてみよう。

 

 

↑花をつけてもらってる。可愛い。

 

 

 

 

水牛にもいろんな子がいるんだねぇ。

 

 

 

 

 

ハイテンションなシーサーに迎えられて建物の中に入る。

 

 

水牛車の受付をして待合所で待機し、

数分後、名前を呼ばれて水牛車に乗車する。

 

 

 

この時の乗車人数は10人ちょっとくらいかな。

 

 

なんだかワクワクするな!

 

 

いざ、しゅっぱーつ。

 

 

水牛さん。

この時点でまだ顔がわからないのだが、

良い尻だ。

 

きっと尻フェチにはたまらないだろう。

 

 

ちなみに上の写真の奥のほうに看板があるのだが、

それを拡大するとこちら↓になる。

 

 

 

 

まもるくんって宮古島じゃなかったっけ?

 

石垣島にもいるなんて初めて知ったぞ。

 

絵だから問題ナッシングなのかな?

 

 

まぁ細かいことは別に良いか。

 

 

 

水牛車に乗車した時の様子は

3分ちょっとの動画でまとめてみたので

ぜひこちら↓をご覧いただきたい。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

本来ならこれらは全て繋がっている動画となっているのだが。

Instagramだと動画を短く数回に分けて上げざるを得ないので

容赦いただきたい。

 

動画サイトに上げたらそちらを貼り付ける予定なのでしばしお待ちを。

 

 

さて、4つ目の動画にも説明がある通り、

今回の水牛車での担当水牛は「りゅう君」というオスの水牛だった。

 

 

人間の年齢に換算すると30くらい。

 

 

俺と同じアラサーってことだな。

 

 

ちなみにこのりゅう君、解説のお姉さんによると

 

「エグザイル系のイケメン」

 

なのだそうだ。

 

赤ちゃん時代はジャニーズ系でめちゃくちゃ可愛かったらしい。

 

その写真があったらぜひ見たかったものだが。

 

 

さて、そんなイケメン水牛、りゅうくんの写真をバシバシ撮影してきたので

あなたもぜひ目の保養にしていただければと思う。

 

 

 

さぁ皆の衆!!!!

 

こちらがイケメン水牛りゅうくんの写真だ!!!!

 

刮目せよ!!!!

 

 

 

 

 

ホラ見ろ!!!!

 

 

 

めちゃくちゃ小顔でイケメンじゃないか!!!!

 

 

 

 

 

 

水牛を引く姿も絵になるねぇ。

 

 

しかし可愛い。

 

水牛ってこんなに可愛かったっけ?

 

と思わせられるほどだ。

 

↑お姉さんおすすめの「斜め下」からのショット。

 

↑横向きも様になるな。

 

 

 

しかしこのりゅう君。

 

 

 

お姉さんの話によると、ちょーーーっと面倒くさい性格らしい。

 

 

・ボスになりたいのか、仲間に対して攻撃的

(それが理由で、りゅうくんの待機場所?には

他の水牛にはない”囲い”が設置されているほど。)

・それを実感した出来事として、水牛車に乗車中、途中で鉢合わせた水牛車めがけて

突っ走っていきそうになった。非常にわかりやすいw

・人間には優しい

・かなり神経質

(コースの近くに停まっている車など、

いつもはないものや見慣れないものがあると

それだけで嫌になってしまうw)

・異常なくらい仲良しの水牛(アーパー君というらしい)がいる。

離されると泣いてしまうのでシフトはいつも一緒。

 

 

 

そうね…俺も攻撃的…はちょっと違うんだけど

リーダーになりたい願望があるのか放っておくと仕切りたがるし。

 

小さい頃は特定の子としか仲良く出来なかったし

不特定多数と必要以上にコミュニケーションをとろうとしないので

嫌いな人、苦手な人は割とわかりやすいタイプだった。(今もそうか。)

 

あと、異常なくらい繊細でちょっとしたことで嫌になる。

(紆余曲折あり今はちょっとメンタルがゴリラ化してるが。)

 

 

りゅう君と俺ってなんだか似ている…

 

 

もしりゅう君を擬人化したとして

自分にとって身近な人物になったとしたら

同族嫌悪で彼をライバル視してしまうか

むしろ興味を持って仲良しになるか

両極端な関係になりそうだ。

 

 

同性の水牛と異常に仲が良いというのも

BL好きの人にはたまらないのではないかな?

 

…なんて思ったり。

 

 

 

いずれにせよものすごく親近感が湧いたのだった。

 

 

水牛車に乗車後は水牛さんと一組ずつ写真を撮ってもらえることになっていて、

実際に僕もりゅう君と一緒に記念写真を撮ることになった。

 

 

 

その時の写真がこちら。

 

 

 

 

 

↑両手は水牛のポーズ!!!!

 

 

 

 

…ん?なにか文句ある?

 

 

 

 

ちなみにこの時、彼も僕の「同族感」を察知した(?)のか、

僕が隣に来た時に、何かに反応したのか横にぶれたのである。

 

それで一瞬カメラマンさんが写真を撮るのを中断したのだ。

 

僕も事前に「水牛には触ってはいけない」というのを教えられていたので

うっかり触ってしまわないようとっさに避けたよ。

 

 

 

本当ならば…

 

よしよし良い子だね可愛いね〜

 

って撫で回してあげたかったのに!!!!!

 

 

触れられる距離なのに触れられない…

その切なさがわかったよ。

 

 

しかしそれが実現できなくとも、心は通じ合えるのだ。

 

何となくだけど、そんな気がした。

 

 

そして…

 

 

また竹富島に来ることがあれば、次回もまたりゅうくんに会いにいく!

 

 

そう心に決めたのだった。

 

 

もう完全にただのファンである。

 

 

 

 

ちなみに上の写真は水牛さんたちの相関図である。

 

 

見ての通りりゅう君とアーパー君がラブラブ。

ハートの絵がやたら大きいことから、

公認のカップルということが伺える(?)。

 

それ以外に気になることと言えば、

カビラちゃんというおばあちゃん水牛がモテモテの様子。

(お姉さんも「熟女ブーム到来」と解説してくれた。)

 

 

そんなカビラちゃんが好きらしい「ゆいちゃん」の性別が不明なのだが、

男女で相思相愛なカップルがいないのもまた面白い(笑)。

 

 

水牛界もLGBTの波が来ているのか!?

 

 

見ての通り、人間と同じで、

水牛界も皆「オープンな関係」であり

「複雑な関係」なのである。

お前らFacebookか。

 

 

非常に奥が深い水牛界に、より一層興味を持ったのだった。

 

 

 

 

 

さて、りゅうくんに名残惜しい感情をいだきながらも

水牛車とセットになっている帰りのバスで港へ向かった。

 

 

竹富島の観光はこれで終わり。

 

石垣港に到着後は夕飯を食べる所を探しに市内の中心部を歩き回る。

 

 

 

 

猫も見かけつつかまいつつ(逃げられるが)、

なかなか良いところが見つからない…。

 

 

中心部で夜開いているお店は

どこも観光客向けばかりなのである。

 

 

30分から1時間くらいは歩き回っただろうか…。

 

 

 

最終的に辿り着いたのがこちら。

 

 

 

 

「石垣島キッズ」さん。

町中のカフェって感じで良い雰囲気だと思った。

 

 

こちらで「石垣牛の炙り丼」を注文した。

 

 

 

本来なら石垣牛は認証マークがある店で食べるのが良いんだろうけど

美味しければ何でも良いよね。

 

お店の方も親切だったし

コロッケなどの別の商品も美味しそうだった。

 

 

もし石垣市内に住むとしたら

贔屓したい店だと思った。

 

 

 

さて、お腹も満たされたところで、宿に帰ると…

 

 

 

 

 

ハロウィンの置物にほっこり。

 

 

長旅と桟橋での怪我(↑上の方に載せている前半戦の記事参照)で

疲れ果てた身体と心が一気に癒やされた気がする。

 

 

 

今日はゆっくり眠れそうだ。

 

 

 

さて、波照間島へのフェリーが欠航したことにより

本来ならこの日は波照間島で1泊するはずで

翌日の午後に石垣島に帰る予定だった。

 

 

そのため、翌日の予定をまた組み直さないといけなくなった。

 

 

でもそれって逆に言えば

行きたいところが増えたってことだよね。

 

 

せっかくアイランドホッピングパス(フェリー乗り放題券)を購入したことだし

明日はまた別の離島に行くことにしよう。

 

 

台風は多分しばらく消えないだろうから波照間島はダメだとして、

黒島、小浜島、西表島…どの離島に行こうかな?

 

 

それとも石垣島で過ごそうかな?

 

 

全ては自分次第。

 

 

明日も良い旅になると良いな。

 

 

※翌日の旅の様子はこちら↓からどうぞ。

石垣島離島巡り②〜なごみの竹富島 DE イタミの事件〜

10月後半に実行した石垣島旅行。

 

 

この日は白保地区の宿で初めての朝を迎えた。

 

 

一日目の様子はこちら↓

 

 

本来ならこの日は念願の波照間島へ行く予定だったので

安栄観光さんのサイトでフェリーの運行状況をチェックするためだ。

 

 

↓こちらからフェリーの運行状況をチェックできる。

 

 

欠航率の高い波照間島航路は要チェケラ。

 

 

 

しかし、生憎の雨で台風も近いこの状況…。

 

 

果たして船は無事運行するのか???

 

 

 

結果は…

 

 

 

 

残念!!!!

 

 

 

欠航だった…。

 

 

 

なんとなく予想はしてたけどね〜。

 

 

 

というわけで、楽天トラベルで予約を取り直し、

宿の人にもう一泊するので荷物を置いておくことを伝えた。

 

 

 

感じの良い女性オーナーさん。

 

 

 

「わかりました!

 

今日もコリュさんしかいませんよ!」

 

 

 

とのこと。

 

 

まぁオフシーズンだしこの天気じゃね(笑)。

 

 

というわけで、予定を変更し、

バスで石垣島離島ターミナルへ向かったのだった。

 

 

 

 

 

ターミナルへ到着。

 

 

 

 

 

アイランドホッピングパスを購入。

 

 

要するに(波照間以外の)離島へのフェリー乗り放題券だ。

 

 

これから数日間離島へ行き来するので

このパスを買ったほうがお得だし、楽だと判断した。

 

 

 

↑こちらのフェリーに乗船。

 

いってきま~す。

 

 

船に揺られること15分程…

 

 

竹富島に到着。

 

 

 

 

 

待合所の案内板によるとレンタサイクルや集落までのバスもあるようだけど

歩くの好きなので今回は特に利用しないことに。

 

 

とりあえず案内板通りビジターセンターに訪れる。

 

 

 

ちなみに建物の中には民俗資料の展示があった。

フェリーの待ち時間にふらっと立ち寄ってみるのも良いかもしれない。

 

 

↑本島ではあまり見ない(?)カラスがいる。

 

 

まずは集落まで行ってみないことには始まらないので

集落までふらふら歩くことにした。

 

 

↑第一村人ならぬ第一集落(?)発見。

 

 

 

 

 

 

ふらふらと散策するのも良いけど、

何かしら目的があったほうが良いので

ガイドブックを片手に目的地まで向かうことにした。

 

 

ちなみに今回の旅で絶対的に手放せなかったお供はこちら↓

 

 

高城剛氏の「人生を変える南の島々。日本編」だ。

 

こちらの電子書籍を端末のKindleアプリにあらかじめダウンロードしておいた。

 

沖縄の離島を中心に、広告目的ではない離島の情報が詰まっている。

 

観光やショッピングではなく、

「離島本来の姿」を知りたい物好きな旅人は一見の価値あり。

 

 

というわけで、

その書籍の中で紹介している「なごみの塔」に訪れることにした。

 

 

 

 

おお!!!!

 

 

多くの人がなごみの塔に和まされに来ているぞ(?)。

 

 

 

…かと思いきや…

 

 

 

 

 

圧巻。

 

 

竹富島の中でも異彩と言うか、独特な雰囲気を放っている。

 

 

「和まされる雰囲気」とは無縁そうだ。

 

 

 

 

…とはいえ…

 

 

 

 

塔周辺からの眺めは素敵だった。

 

 

 

 

いかにも沖縄らしい竹富島の原風景を見ると

確かに心が和む。

 

 

 

 

エアーマンが倒せない。のと同じように(?)

なごみの塔には登れない。ので

 

かつての人が眺めていた景色

かつての人の生活を想像しながら

現代の集落を見渡す。

 

 

 

 

 

これだけでも満足なのだが、

より高いところから風景を見てみたいと思い、

一般の方が運営している近くの展望台↓から集落の風景を一望することにした。

 

 

↑入場料は100円だそうだ。

雨天時は足元に注意だね。

 

 

こちらの展望台からはなごみの塔周辺よりも

さらに高い位置から集落を見渡せられる。

 

 

 

 

 

 

なごみの塔も見える。

 

 

展望台としての役割を終えてもなお集落を見守るその姿が実にかっこよい。

 

 

 

 

石垣と瓦の屋根に囲まれて、

不釣り合いどころか、レトロで哀愁漂う雰囲気が実にマッチしている。

 

 

廃墟の中でもとりわけ温かみのあるものに分類されるのでは?と思う。

 

 

廃墟好きの僕が言うんだから間違いない!!!!(根拠のない自信)

 

 

 

 

 

さて、展望台から降りて、散策の続き。

 

 

↑よく見るとカラスがいるよ。

 

 

 

 

なんだか独特なオブジェが並んでいる。

個人的にはかなりツボで興味津々だ。

 

 

 

後で知ったのだが、島内のちょっとした博物館らしい。

次に来た時は館内も訪れようかな。

 

 

 

↑懐かしいレトロな形のポストだ。

 

 

 

 

 

次の目的地に向かうために

どんどん西へと歩いていくことにした。

 

 

 

すると…

 

 

 

 

「西桟橋」と思われる場所に到着。

 

 

 

 

 

晴れていれば景色がもっと綺麗だったかもしれないが

離島に来て初めての海岸にテンションがあがる。

 

 

さて、桟橋の端っこまで歩いてみるか…。

 

 

 

 

そうそう、こういう穴があるから注意しないとな…。

 

 

 

 

…などと思いながら慎重かつ意気揚々と歩いていた矢先。

 

 

 

 

 

 

 

滑るように転んでしまった。

 

 

 

雨に濡れていたのもあってか

ものすごく滑りやすいところがあったのだ。

 

 

 

 

近くにいたアジア人女性に心配され苦笑いで返す。

 

 

足の痛みが収まらぬまま

 

半ば足を引きずりながらもなんとか辿り着く。

 

 

 

 

 

桟橋の端まで5分くらい歩いたが、ここまで来ても浅瀬なんだな。

 

桟橋にはもちろん手すりなどはないが、

仮に落ちてしまっても大事にはならなそうだ。

 

 

でも足元には十分注意してね。

 

 

 

もう転びたくないからな!!!!!!!!

 

 

 

足が痛くてテンション下がりぎみだし

お腹がすいたのでひとまず昼食を取ることに。

 

 

 

 

訪れたのは「そば処 竹の子」さん。

 

 

 

 

注文したのはスタンダードな八重山そば。

離島に来てからの初・八重山そばだ。

 

 

 

10月下旬だと八重山地方はそんなに寒くないと思うが

今回の度は雨も降っていたのでちょっと寒く感じることもあった。

 

 

こういう時に温かいそばは

体の芯から温まる。

 

ホッとするものだね。

 

 

…さぁ、心も体も満たされたので

また別の場所へ向かおう。

 

 

 

 

こういうアートもたまに見かける。

 

 

 

ファンキーなシーサーもたまに見かける(笑)。

 

 

 

さて、時刻はまだまだ12時台。

 

 

 

竹富島の散策はまだまだ続く。

 

 

 

 

 

 

カイジ浜(星砂浜)に来た。

 

 

ここはその名の通り「星の砂」で有名な場所。

 

 

 

 

皆さんこぞって星の砂を探しているのだろうか?

 

 

 

僕もトライしてみよう。

 

 

 

 

うん…無理だね!!!!(即決)

 

 

さぁ次行こ、次ー。

 

 

…というわけで早々に断念するも、

半ば後ろ髪引かれる思いで次の目的地へ。

 

 

 

 

コンドイビーチに来た。

 

 

 

 

後に若者のグループが来て奥の方で遊んでいたくらいで、

ほとんど人がいなかった。

 

 

晴れていたらより最高なプライベートビーチになったんだけどな。

 

 

 

 

その時の動画はこちら↓

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

離島の海とカラスってなんだか不思議な組み合わせだな。

 

 

 

 

さて、コンドイビーチで一通り遊んだ後は

竹富島の旅もいよいよ後半に突入。

 

 

 

第2の目的である水牛車に乗車するため、

「竹富観光センター」へ向かう。

 

 

 

水牛車では、どんな水牛さんや風景と出会えるのかな?

 

 

 

次回↓↓↓をお楽しみに!!!!