青春18きっぷの旅③〜栗林公園「松、この知らない世界…」編〜

2018年8月の「青春18きっぷの旅」。

 

四国から地元・宇都宮まで3日かけて移動するという

無謀なのか計画的なのかよくわからない長旅だ。

 

初日では高松に到着・宿泊した。

今回の記事ではその翌日である2日目の様子を書いていきたい。

 

前回の記事。高松のグルメと高松港の夜景について書いています。

 

 

前日は高松に宿泊するのみだったので、

翌日であるこの日が青春18きっぷを使う記念すべき1日目となる。

 

 

わーい楽しみ♪

 

 

さて、この日は6:00頃に起床。

 

 

早朝の栗林公園を散歩するため、

いつもより少し早起きして宿を出る。

 

 

というか、僕の普段の旅でも

ここまで早起きするのはかなり珍しい。

 

まぁこの日は8時間くらいかけて中部地方まで移動する予定だから

当然といえば当然だけど。

 

 

 

天気が良くて清々しい朝。

高松城も目の前。

 

眠い目をこすりながらまずは歩いて高松駅まで向かう。

 

 

 

 

駅のロッカーにキャリーバッグを預けて駅の改札内へ。

 

ここで今回の旅で初めての青春18きっぷを使うことに。

 

期間中はタダで電車乗り放題だぜイェーイ。

 

朝からテンション上がる。

 

 

徳島線の電車に乗車。

 

「この電車に乗れば徳島にも行けるのか…」

 

と一瞬思ったのだが、今回は時間がないので徳島に行くのは断念。

 

でもいつかは四国オンリーの旅を計画してみたいものだ。

 

 

 

 

 

さて、10分も経たない内に栗林公園北口に到着。

 

 

さて、案内に沿って進んでいくと

栗林公園に辿り着く。

 

 

 

ここはどうやら正門ではないらしい。

 

偶然なのかそうでないのか知らないが、

僕は大概「正門」から入らないことが多い。

 

裏道や逸れた道を散策したがるのだ。

 

この静けさが漂う「マイナー感」が非常に好きなのである。

 

 

受付で入場料の支払いを済ませる。

こういう所って大抵現金払いなことが多いので、

カードで支払えるのは感心した。

進んでる―。

 

 

さて、パンフレットをもらってさっそく園内にGO!

高揚した気分もさらにハイな気分に。

 

↑チケットも良い感じ。

 

 

…という時である。

 

 

「あ、お客様!」

 

先程の受付の人から声をかけられた。

 

 

どうやらここ数日前に、園内でイノシシが目撃されたらしい。

 

その対処法が載せられている用紙をもらった。

 

 

 

 

「物陰に隠れる」「高台に隠れる」ね…。

 

 

…うん、気を…つける…(ガクブル)。

 

 

 

ちなみに後日、この記事↓を見て恐ろしくなった。

 

 

29日の朝って…

 

まさに俺が公園内散歩してた時じゃん!!!!

 

 

実際、園内でなんか車が1台止まっていたんだよね。

 

その茂みの奥から人の声とガサゴソと音がしたから

もしかしたらその時に捕獲作業してたのかもしれないなぁ…。

 

それが大体8時代くらいだったと記憶しているから

時間としても丁度それくらいだろうし。

 

極めて自分はラッキーだと思った。

 

 

…さて、気を取り直して園内の感想を。

 

 

早朝ということもあり、元気なご年配の方がちらほら散歩をしていた。

こちらまで気持ちよくなる。

 

 

園内は美しい日本庭園はもちろんのこと、

面白い形の松がたくさんあったので

さっそく写真を撮りまくった。

 

 

 

近年ではBONSAIが外国人に人気らしいけど、

確かに松って本当に美しい…。

 

それはまるで現代芸術…

創作ダンスなどで身体表現をしている人間かのように

生命の躍動感と大きなエネルギーを感じる。

 

さらに一つとして同じものがない。

全て異なっているし、それぞれに個性がある。

人間のようにキャラクターを感じるのだ。

 

まさに自然が生み出したアートである。

 

こんなアートを見せつけられたら、

自分が生み出したアートなんて取るに足らない…

なんて思ってしまうくらいだ。

 

庭園というと美しさを楽しむものだと思いがちだが、

まさかここで自然の力強さも感じるとは思わなかった。

 

自分の身体も満ち足りてくる。

 

これが昼も過ぎて観光客が多くなると

いかにも観光地っぽくなるだろう。

 

生命のエネルギーをより感じるためにも、

人のいない早朝に来て本当に良かった。

 

 

もちろん、園内も自然が豊富でとても心地よかったし

庭園も美しかった。

 

 

写真も選びきれなかったので載せるだけ載せておきたい。

 

 

 

 

…さて、パンフレットを参考に満足行くまで園内を散歩したので

ちょっと一息。

 

公園の名物である栗ソフトをいただく。

 

 

基本的に朝イチからアイスって食べないんだけど

まぁ旅行だしいいだろ。

(基本自分に甘々である。)

 

お店の方にも「早起きだねぇ」と誉めていただく。

 

確かに、よく覚えてないけど、

この時点でまだ9時になってなかったと思う。

 

朝も早いのに僕以外にも園内に若者が多かった。

それも意外だったな。

(あ、俺は別にそんなに若くはないか…。)

 

 

1〜2時間ほど歩き回って正門にも近づいていたので、一旦外に出ることにした。

 

 

基本的に僕は朝ごはんは食べないのだけど

せっかく香川に来ているので

近くのうどん屋さんでうどんを食べることに。

 

 

公園から地下道を歩いて10分ほど。

 

さぬきうどん 上原屋本店」さんに辿り着く。

 

 

 

 

システムが良くわからず困惑してしまったのだけど、

うどんのチェーン店でおなじみの

「はな○」さんや「○亀」さんと同じで

メインのうどんを頼んだらほとんどセルフで食べたいものを取る形式である。

 

 

8月下旬となると残暑もまだ残る。

この日も朝からとても暑かったので、冷うどんを注文した。

 

 

お店の人から

「うどんのみですが良いですか?」

というようなことを言われた。

 

 

後で知ったのだが

このお店はダシが美味しいのだとか。

HPによるとどうやらイリコを使ったダシのようだ。

 

 

なので、かけうどんなどダシ汁のある商品を頼めば

その味を楽しめたのかもしれない。

 

 

まぁ良いよ…この日は歩きまくって暑かったしね。

 

 

てか、やっぱり本場ということもあり、

うどんだけでもだいぶ美味しかったし。

 

 

飲食店でメニューを選ぶ時は

「自分が何を食べたいのか」

自分の気持に正直になるのが一番。

 

直感で選ぶのも大切だしね。

 

 

まぁどちらにしろ讃岐うどん美味しかったから

僕はかなり満足だった。

 

 

次に来る時は寒い冬も良いね。

寒いの嫌いな僕は冬あまり本土に行きたくないんだけど

暖かいうどんをハフハフしながら食べるのは最高だよね。

絶対美味しいはず!

 

 

 

さて、帰りは栗林公園の正門入ってすぐのお土産店で

お土産用のお菓子とオリーブ茶を購入。

 

 

 

 

「ぴっぴ」ってうどんって意味らしいね。

 

 

ということは、近年巷で耳にする

「彼ぴっぴ」というのは…

 

 

「彼うどん」ということになるのか??

 

 

彼氏の何がうどんだと言うのだ!!!!

 

 

おっさん、最近の言葉はよくわからん!!!!

 

 

 

さて、お土産屋さんで公園の入場券にスタンプを押してもらい、

再び栗林公園へ入場した。

 

 

事前に正門にいた公園のスタッフの方に聞いたのだが、

どうやら再入場はその日に1回限りらしい。

 

 

正門に入場前の左手にお土産屋さんで入場券にスタンプを押してもらえれば

一日一回限りで公園に再入場が出来る。

 

 

なので、公園を観光途中で、

「うどんが食べたい!」

などと外に出たくなった人は

計画的に利用すると良いだろう。

 

 

公園内でまだ歩いてない別のルートを歩きながらJRの駅まで戻り、

再び高松駅に向かう。

 

オリーブ茶、ヘルシーで美味しい!

 

 

さて、高松駅に到着後は駅の近くのスーパーに立ち寄る。

 

沖縄に戻った時の食材用にうどんとオリーブ素麺を購入。

 

沖縄の自宅に持ち帰って調理した時の様子を
Instagramに挙げたのでよろしければどうぞ。

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


正直なんかイラッとする←名前のうどんだけど

価格も安いし添加物が入っていないのはポイント高い。

 

 

お土産用のうどんってどうも価格が高い傾向にあるけど

自分で味付けするから付属のスープなんて全然いらないもんね。

 

 

 

そしてこちらはオリーブ素麺。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

チャンプルーが緑色だぜ。

 

沖縄にも緑色のソーメンチャンプルーが食べられる食堂があったら

流行る気がするんだけどね。

 

てか、その気になれば「レインボーのソーメンチャンプルー」なんて作れるのでは?

…LGBTQ的にはぜひ試してみたいものである。

 

 

てか、駅近で価格も安くて品揃え揃ったスーパーがあるのってすごいな。

うどんなら外食の費用も安く済むし街も発展してるし、

高松も住みやすい街なのかな。

 

 

さて、栗林公園で写真を撮りすぎてしまい

まだ午前11時だと言うのに既にカメラの電池が危うくなった。

 

 

駅のカフェで充電しようか迷ったけど、一旦次の目的地へ向かうことに。

 

 

ということでマリンライナーへ乗車。

 

 

 

そして生まれて初めての瀬戸内海の景色を楽しんだ。

 

 

その時の風景を動画に撮ったので

ぜひお楽しみください。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

僕は別に「鉄男」ではないのだけど、

ガタンゴトンという電車の音は心が高まるよね。

そう思わないかい?

 

 

途中で隣に人が乗ってきたものの、

シートは広々としていたので車内はとても快適だった。

 

 

「ずっとこんな感じだったら良いのになぁ…。」

 

 

さて、この時の僕は今後かなりキツイ思いをするとも知らず、

これからの電車の旅に期待を膨らませつつ、

最高の気分で次の目的地へ向かうのであった…。

 

 

↓次回へ続く。

 

青春18きっぷの旅②〜初めての四国・高松の夜編〜

さて、「青春18きっぷの旅」も今回で第2回目となる。

 

今回はいよいよ高松市内での旅の様子を書いていきたい。

 

前回はこちら↓

 

 

高松空港からリムジンバスに乗り、兵庫町に到着。

 

最初は高松駅で降りて宿まで歩いていこうと思ったけれど、

GoogleMapさんによるとこちらからのほうが近いとのことだった。

 

 

これ…一部しか写ってないけど

後から調べたら入り口の全体像がとてもかっこよかった。

ぜひ「兵庫町」で画像検索かけてみていただきたい。

 

 

商店街。

 

天井がかっこいい。

 

今回利用した宿は

Booking.comで見つけた「SUNNY DAY HOSTEL」さん。

 

 

 

イルカかわいい。

 

 

宿もオシャレだし

ドミトリーだけどカプセルみたいにベッドが広々とした感じが良い。

 

 

 

本当は栗林公園近くで宿を探そうと思ったんだけど、

どちらにしろこの日は営業時間には間に合わないから

駅の近くで宿を探して翌日駅のロッカーに預ければ良いと思った。

 

栗林公園近くにはJR駅もあるらしいから18きっぷを使えるし

チェックアウト時間を気にすることなくゆっくり周れるしね。

 

…というわけで宿選びにはかなり時間を要したのだけど、

結果、今回の宿にしてよかったと思う。

 

同室の人によって快適さも異なってくるドミトリーも

1泊だけなら十分。

(いびきすごい人や物音がうるさい人がいた日はちょっとキツイ。)

 

 

こうして自分の旅程や行きたいところをある程度明確にしつつ

宿を選んでいくのが僕のスタイルかな。

 

将来的には

「今日の宿決まってない」

という日があっても楽しそうだし、

そういうのも経験してみたいではあるが。

 

 

…さて、宿に荷物を置いた後は…

 

 

 

香川と言えばうどんに決まってんだろ!!!!

 

 

 

…というわけで、さっそくうどんを食べに行った。

 

 

しかし、時刻は20時をとっくに過ぎていた。

 

 

事前に調べたけど、

うどん屋さんってほとんどが昼もしくは夕方までの営業らしいね。

 

 

徒歩圏内に夜でも開いているうどん屋さんはないか色々調べまくった結果、

良さそうなお店を見つけたのでそこに向かうことに。

 

 

 

 

こちらの「手打ちうどん・鶴丸」さんである。

 

 

サッパリしたものを食べたい気分だし、

温かいものより冷たいものかなと思い、

ぶっかけうどんを頼んだ。

 

 

さすが本場のうどん。

 

ツルツルシコシコしていてとっても美味しい。

 

歯ごたえが違うというか。

 

グルメリポーターじゃないから

うっすい感想しか出ないけど。

 

 

そうは言っても

とにかく美味いものは美味いのだ!!

 

 

実は今回の旅行の一ヶ月前くらいに

那覇市内で香川直送のうどんが食べられるうどん屋さんに行ってたので

「香川のうどん」については予習していた。

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

天ぷらも美味しいしおすすめ。
ちなみに鶴丸さんはカレーうどんが美味しいらしいけど

今回はカレーっていう気分じゃなかった。

 

 

でもカレーを頼む人が多かったようで、

周囲からカレーの美味しそうな匂いはしたので

ぶっちゃけ心が揺らいだね(笑)。

 

次回来ることがあったらカレーうどんもぜひ食べてみたいな。

 

 

さて、食いしん坊な僕はうどんだけでは足らず

次なる食事処を求めさらに足を延ばしてみた。

 

 

 

 

Google Mapで近くの飲食店を調べて

なんとなくこちらのお店が気になったのだ。

 

 

 

「しるの店 おふくろ」さん。

 

いかにも地元のお店って感じだね。

 

 

ところが…

 

メニューが書いていない上に中の様子も見えないので

正直、5分ほど入るのを迷っていたのである。

 

相変わらずのヘタレである。

 

 

でも人の出入りは多いようなので

迷った挙げ句、

ついに意を決して中に入ってみた。

 

「いらっしゃいませ〜。」

 

お店の人が暖かく歓迎してくれる。

 

当初、注文やメニューの仕組みがよくわからず

ちょっと挙動不審状態でカウンターに座る。

 

お店の人が飲み物を聞きに来てくれたので、

飲むつもりがなかったのについビールを頼んでしまった。

 

 

料理の注文の仕方については、

お店の人が親切に声をかけてくれて教えてくれた。

 

 

どうやらカウンター前に惣菜が一通り並んでいるらしく、

それを注文していくとのこと。

 

ちょっと変わったスタイルなのが面白い。

 

というわけで早速色々注文した。

 

 

手前はアジ、奥は鯛のフライだった気がする。
物珍しかったので頼んでみた。

漬物とご飯は自然と付いてきた。

 

 

僕は普段、鰹のたたきを頼むことは殆どないのだが、

ビールのつまみがほしいなと思い、

瀬戸内の魚介はどうなんだろう?と気になり頼んだ。

 

見るからに美味しそうじゃない?

実際メチャクチャ美味しかったんだけど!!!!

 

そして、お店のメインとなっているのが汁物で、

好きな汁物を一品頼むのが必須らしい。

 

こちらはカウンターにメニューがあるのでそこから選べるようになっていた。

 

僕が選んだのはアサリの味噌汁。

 

 

価格は500円くらいだけど、

上の写真にある茶碗よりも大きな器に入っている。

 

 

沖縄で言うところの「みそ汁」みたいなもんだな。

「みそ汁」好きの僕としては非常に嬉しい。

 

 

さて、みそ汁以外の料金がずっとわからなくて不安だったんだけど、

会計時に料金は3,000円ほどだとわかった。(←聞けばいいだろ)

 

飲まなければもっと安く済んだだろうし

誰かと一緒に食事するならよりコスパ高くなるかも。

 

いかにも居酒屋っぽい店やチェーン店よりも

家庭的な料理の好きな僕としてはドストライクだった。

 

個性的な仕組みにどう反応するかも面白そうなので、

今度は誰か知人を連れていきたい。

 

もう少し料金の表示がわかりやすければ良いなとは思ったけど

料理の味と接客に関しては大満足。

 

 

料理が美味しすぎてちょっと食べ過ぎた感も否めないが

腹も心も満たされてお店を後にしたのだった。

 

 

しかし…

 

後悔先に立たず。

 

 

うどんも食べた上にがっつり食事してしまった。

 

 

もうお腹いっぱい。

 

 

ちょっと苦しいかも…。

 

 

でも、今回、高松は一泊しかしないのだ。

 

せっかくだから夜の高松をもっと堪能したいと思い、

また少し歩いて高松港近くまで行くことにした。

 

 

ブラブラと歩いて高松港に到着。

 

 

 

 

あ、先に言っておくけど、

僕、基本的に夜の写真ブレてる率高いのでそこはご了承いただきたい。

 

 

この個性的なオブジェも

なんとなくブレてるのが面白いのでそのまま載せることにした。

 

 

奥の船は「OLIVE LINE」と書かれていたな。

時間が許せばフェリーに乗って近くの島にも行って

草間彌生氏の作品を見たかった。

 

 

 

View this post on Instagram

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

…いや、これ↑は沖縄の島かぼちゃなので

厳密にはちがうんだけど

なんとなく似てなくね?

 

 

…さて、草間氏の作品はまた次回ということで、

赤い灯台「せとしるべ」を撮りにもう少し歩くことに。

 

 

夜の港は雰囲気が良いし明かりも綺麗。

そのためか付近にはカップルや若者がちらほらいた。

 

 

あった!!あれだ!!

 

 

この赤い灯台、厳密には

「高松港玉藻防波堤灯台」というそうだ。

 

幻想的な光だよね。

 

近くまで行くのは体力的に厳しかったので

今回はこのへんで宿へ戻ることに。

 

 

さて、次回は栗林公園に行った時の感想を紹介していきたい。

 

 

栗林公園行くために翌日朝早く起きるんだよ…

 

普段昼間で寝てる時あるから起きられるかな…ドキドキ。

青春18きっぷの旅〜初めての高松空港編〜

2018年8月下旬。

 

 

 

青春18切符を使って香川県から地元の宇都宮まで電車の旅をした。

 

その時の旅の様子を数回に分けて記録していこうと思う。

 

 

那覇から目的地の高松までは直行の飛行機が出ている。

ANAから14:40発の便が出ているのでそれを利用。

 

最終的には30分ほど遅延したので15時くらいになったけど。

 

 

久しぶりに窓際の席だった(しかも隣は誰もいない!)ので、

テンション上がりまくり。

 

 

窓から見えた景色の写真。

 

 

やっぱり沖縄の海は綺麗だ。

 

いってきまーす。

 

地球って丸い。

 

 

出発から1時間半くらい経った頃だろうか。

 

徐々に本土、四国へと近づいていく。

 

 

この島はなんだろう。

 

何の橋だろ。

 

工場もなんだか可愛らしい。

 

瀬戸大橋?

 

日本画っぽくてお気に入り。

 

この辺は香川だろうな。

コンパクトで綺麗な三角の山が連なる。

 

 

 

さて、空の旅と窓から見える景色を堪能しつつ

17時頃に高松の空港に着く。

 

 

 

 

 

帰りは高松空港を利用しないため

すぐにバスには乗らず、

空港内をブラブラすることにした。

この日は青春18切符を使わないので宿に着くのはいつでも良いし。

 

 

その結果…

 

 

空港内で1時間以上過ごすことになった。

 

 

基本的に高松空港は飛行機が着くときにしかバスが出ないので
タイミングによってはこういうこともあり得る。
すぐに街中に行きたい人は気をつけよう!

 

 

仕方ないので大部分の時間をラウンジで過ごすことにした。

うどん屋さんは街中を利用するつもりでいたし。

 

 

 

…ちなみにラウンジを使う際は楽天ゴールドカードを見せているんだけど、

ラウンジの使い放題がちょうど2018年の8月までとなった。

というわけで、回数を気にせず使えるのは今回で最後だね。

 

 

9月から国内のラウンジを無料で使えるのは年2回までとなるから

いつどこで使うのかはちゃんと吟味しておかないとな。

(ラウンジ自体はお金を払えば誰でも利用可能。)

 

 

今後海外に行くことが多くなりそうなら

プレミアムカードが良いかもしれないなぁ。

 

 

プレミアムカードだとプライオリティパスが付くから

海外のラウンジ使い放題だし

ちょっとリッチな旅も楽しめる。

 

 

国内のラウンジだとアルコールが無料で付く名古屋や福岡、熊本、

広々としてオシャレな羽田空港の保安検査場先にあるラウンジはお気に入りだけど

正直、それ以外は本当にビジネス用って感じで似たり寄ったりって感じ。

 

 

あ、那覇のラウンジもあのコンパクトさが良いし

グァバジュースやマンゴージュースが飲めるからわりと好きかな。

 

 

ただ、まだ国内の空港全てのラウンジに行ったことないからわからないけど

お金払ってまでラウンジを使いたいかっていうと微妙だよね。

 

 

 

一方で、一年中海外旅行をしている知人の方によると、

海外のラウンジは日本のラウンジよりも豪華だそうだ。

 

 

もちろん日頃から身の回りにある小さな幸せを見つけることが大切ではあるけど、

そういうライフスタイルが当たり前になってくると

自分の気持ちにも余裕が出そうだよね。

 

 

てなわけで僕もいつかはプレミアムカードに切り替える予定。

 

↓詳しくはこちら↓

 

 

 

 

…さて、ラウンジで作業をしたあとは

お土産屋さんや変わったオブジェなど色々見て回っていた。

 

 

 

↑うどんのように柔くて座り心地が最高だった。

 

 

何故か撮っていなかったけど、階段もカラフルで良い感じだった。

うどんのダシが出る蛇口もあったよ!

繁忙期じゃなかったからかな?

残念ながらダシ出なかったけど!

 

 

…そういえば撮りそこねてしまったが

飛行機が着陸する直前にも変な建物も見えたな。

 

 

思わず二度見したよ。

 

 

記憶を頼りにして描いたイメージ図がこちら↓。

 

 

 

 

 

 

先に言っておくわ。

 

 

 

 

俺、疲れて嫌な夢でも見てたのかもしれない…(笑)。

 

 

 

 

恐らく実際はだいぶ違うと思われる。

いや、確実に違うなこれは。

 

 

 

 

ただ、極端な言い方かもしれないが、

 

なんかドラクエ7のラストダンジョンみたいだな

 

っていう印象だった。

 

 

ぐにゃぐにゃした感じ。

 

 

 

さすが瀬戸内アート。

 

 

 

 

一体何の建物だったんだろう。

ピンときた方情報求ム。

 

 

 

 

さて、時間は19:00近くになり日も暮れてきた。

 

 

 

 

高松市内行きのリムジンバスも停まっていたので

運転手さんに出発時刻を聞く。

 

 

 

運転手さんによると、

バスは1台しか出ていないわけではなく、

数分おきに何台か出るらしい。

 

しかも時間通りというわけでなく、

基本的には飛行機の遅延に合わせるとのこと。

 

 

乗ろうとしていたバスは羽田発の便に合わせているそうだが

どうも少し遅延した様子…。

 

 

なので予定されていた時刻よりちょっと遅れての出発となる。

 

 

いかにも地方っていう感じの親切で融通がきく感じが良い。

 

 

バスに乗車後、さっそく空港内で買った「かまど」を食べる。

 

 

今回の旅は各地のグルメとスイーツを巡る旅でもある。

僕、和菓子大好きだしね。

 

形が可愛い。

 

バスに揺られること約40分。

 

 

夏至も過ぎ、

徐々に暗くなっていく景色を眺めながら

まだ訪れたことない土地への旅に胸が高まっていくのであった。

 

 

…次回へ続く。