【LGBT映画】「卍」感想〜若き日の女優さんマジ卍〜

レズビアンにしても男女にしろ
男が介在する女同士のドロドロした関係の映画、大好きなんだよね。

 

最終的に恋のライバル同士が仲良くなるというのも青春ぽくて良いけど、
恋仲であった二人の関係性が悲しい結末を迎えてしまうというのも良い。

 

というわけで、この映画を観た。

 

 

なんかすごい画だけど、先に断っておく。

 

一応このブログ、アダルト系ではないから(笑)。

 

確かにたまに人縛った画像投稿しているけどそもそも着衣だし芸術目的だし。
DVDのパッケージがこんなに過激だったっていうだけの話!!!!

 

 

 

LGBTというよりかは、同性愛、かな?

 

もうね、タイトルからしてエロいね。

 

マジ卍だね。

 

てか「マジ卍」って使い方が正しいのかどうかは知らんけど。

 

そんなのどうでも良くなるくらい「マジ卍」な映画だったんだ。

 

ちなみに僕が見たのは樋口可南子さん×高瀬春奈さんコンビの時の。

 

 

物語の流れからすると、
レズビアンというよりかは、バイセクシュアルなのかな。

 

 

ぶっちゃけて言うと、
この映画は樋口さんを眺めるだけでも十分だった。

 

 

 

「皆死んでしまえばいいのに。」

 

 

とても美しい。

(資料少ないし似せることは諦めた。)

 

某白い犬が出てくるCMじゃあまり良くわからなかったけど、
女性にしてはなかなかの長身なんだね。

 

 

手足も長いし、砂を投げる姿など本当に絵になってた。

 

 

役としての言動にはあどけなさが残るものの、
一挙一動がフォトジェニック。

 

 

やはり女性はこういう黒髪清楚なクールビューティが好みだ。

 

 

高瀬さんの「あなたの乳房を携帯したい(意訳)」
みたいなエグいセリフも相手に対する依存度と重さがわかる。

 

 

同性をそこまで狂わせてしまうくらいの美しさ、小悪魔感。

 

 

グラビア体型の高瀬さんの自慰シーンや女優二人のキャットファイトも見もの。

 

 

キャットファイト→牛乳舐め(精子をイメージ?)→セックス

この一連の流れが印象的。

 

 

対立する二人が同じモノ(性的なもの、異性を連想)を共有して
恋愛関係になる、みたいな。

 

 

後のあの複雑な関係を示唆していたのかな?

 

また、性行為以外にも一緒に砂を投げるなどの

同じ行動を共にする場面があったのにも関わらず

結局は一方通行の思いだったのか。

 

 

今記憶のみで書いているから違うところがあるかもしれないけど、

一つ一つの表現を深掘りしていくと面白いよね。

 

誰かが死んだあの妙な場所も気になるし。

 

 

ネタバレを防ぐために回避する表現をしているので、

詳しく知りたければ、ぜひ本編を観ていただきたい。

 

 

今回観たバージョンも良いけれど、

岸田今日子さんバージョンも気になるな。

同じ映画でも違う内容なり表現なりがあるのだろうか。

 

 

原作、もとい谷崎潤一郎の他の作品も読んでみたい。

 

 

 

Kindleだと無料なんだ!ワオ!やったね!

 

早速ダウンロードしたよ!
というわけでまたもや内容のない同性愛映画感想となってしまった。

 

同性愛ではないけど、悪女モノの映画として最近こちらも見に行ってきた。

 

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

こういった映画は
悪女という存在に翻弄されるマゾヒズムなのか
そこから脱却するのか
登場人物の行方が気になるところ。

 

今後もこんな感じで自分が触れた作品を気軽に紹介していけたらと思う。

 

マジ卍な万事も惨事も毎日暗示、肝心の主は異端児ぶったアホな凡人。
そんな安易なブログって感じ?

 

※最後に若気の至りっぽくしてみたいと思って無理やり陰踏んで自爆。
お粗末様でした。

「ぼくの名前はズッキーニ」感想〜無償の愛さえあれば万事OK〜

「ぼくの名前はズッキーニ」を観てきた。

 

 

 

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

予告編↓

 

 

このアニメーションの形態はストップモーションアニメだ。

僕のストップモーションアニメで古い思い出があるのは…

そう、「メトロポリタン美術館」。

幼少時代はかなり恐かったけど、不思議な雰囲気があるんだよね。

 

 

…てか、ググったらトラウマ作品で有名らしいし、

皆同じこと思ってたんだなって安心したよ(笑)

 

 

 

この手書きや3Dでは出せない気持ち悪さ(褒めてる)と、

独特な表現ができるのが、ストップモーションの良いところ。

良くも悪くも、観る人の印象に残りやすい。

 

 

ちなみに僕もストップモーションアニメを作ったことがある。

 

 

ノリだけで作ったので、内容わかりにくくてもご愛嬌。

これは製作日数2週間、編集1週間くらいだった気がする。

超雑でもこれくらいはかかるのだよ(笑)。

 

 

一方で、今回観た作品「ぼくの名前はズッキーニ」は

一つ一つが非常に丁寧で繊細なので、

製作期間はとても長くかかったに違いない。

 

 

 

 

※以下、ネタバレ含みます。

 

 

 

この映画の舞台は孤児院で主人公

ちなみに日本語吹き替え版。

実写ならともかく、アニメだったらオリジナルの声優さんじゃなくても別に良いしね。

もちろん、オリジナルの方も気になるではあるけど。

 

 

 

 

話としては特に意外と難航するような部分はなく、さっくり見れた。

イーダおばさんに連れ去られたカミーユもすぐに取り返したし、

シモンを始めとする子供達がだいぶ理解力のある子達だし。

 

 

重いテーマを扱ってる分、

作品として本当に伝えたいところが伝われば良いというスタンスなのかなと思った。

だからこれはこれで良いのだ。

 

 

キャラクターの表情も細かく、複雑な思考の変化も見て取れた。

 

 

それで、大切なのは、この話はフィクションかもしれないけど、

ノンフィクションでない現実があるということだよな。

 

 

個人的には大人たちに問いかけるような終わり方が印象的だった。

 

 

「あなたは、どんなことがあっても、私達を愛してくれますか?」

 

 

…と言われているような。

 

 

その言葉が架空の人物とは言え、

残酷な境遇と一生消えないトラウマを抱える、

そんな子供達が投げかける言葉だからこそ、重みがある。

 

 

ロージーの返答をあえて明確にしていないところも、意図があるのだろう。

 

 

孤児に限らず、何かしら人は悲しい過去を持っているはず。

昔は僕もだいぶスレてたけど、

今は「無償の愛」さえあれば良いのかな、

なんて思うようになってきたのだ。

 

 

子供を愛することが出来ない大人達もいれば、

優しい大人達もいる。

 

気の合う人間もいれば、合わない人間もいる。

 

 

もちろんどれも現実だが、

この作品では、残酷さの中にある人の温かさと

魅力的なキャラクターで心が癒されたし、

ズッキーニが孤児院で楽しい仲間達と思い出を作って、

本当に信頼できる人と新しい生活を始める…

そんなハッピーエンドで希望が見えるのも良かった。

 

 

そして、孤児に関して、

僕自身がセクシュアルマイノリティとして、

個人的に思うところはある。

 

 

世間では

子供を意識的に作らない人、

セクシュアリティの関係で作れない人、

子供を持たない人を悪とする風潮がまだあるのだ。

 

 

もちろん、自ら子供を作りたいと思う人がいるのも自然なことだし、

そういう人々に関しては心から応援したいと思う。

 

 

子供を持ちたくて妊活をしているセクシュアルマイノリティの方と
実際にお話したことがあるし、
そういった人達のためのSNSサイトがあるとも教えてもらった。

 

↑気になる方は、過去の記事でチェックして欲しい。

 

 
しかし、子供を作らないことを決めた人も、作れない人も、
何らかの事情で子供がいない人も、養子制度を活用して欲しいと思うし、
僕も経済的に子供を育てる余裕ができたら検討したい。
…なんてことをうっすら考えているのである。

 

 

養子制度はあまり明るくないから、
もしかしたら甘い考えかもしれないけど…
性別も国籍も属性も生まれも育ちも関係なく、
少しでも多くの子供達が笑顔になれる
 
 
 
 
 
 
…そんな世界を築けたら良いよね。
 
 
 
 

DVD(ブルーレイ)はこちら↑
 
 

映画「ウィッチ」から感じた人間の恐ろしさ

先日、ホラー映画を見に行った。

 

 

タイトルは「ウィッチ」。

 

 

予告編はこちら↓

 

 

 

 

基本的に宗教に対してはほぼ無知なので、その辺については触れないでおく。

 

 

海外のホラーはクリーチャーとか、

ゾンビとか恐い物が出てきてワーキャーしているイメージ。

 

逆に、日本は雰囲気が恐い映画が多い。

 

 

この映画はどちらかと言えば、日本的。

 

 

実態がつかめないものへの恐怖、
日本人が好きそうなホラーっていう印象。

 

※画像はイメージです。

 

 

そういえばこの映画とは関係なく、とある人の対談音声を聞いた時に、

 

「日本は空気を読んで、いつのまにか誰かを無視するとか、

皆が誰かを避けているといういじめが起こりうる。

あれは海外の人にとっては、全く理解できない。

いわゆる、ホラーなんだよ。」

 

というのを聞いたことがあって、妙に納得したものだ。

 

 

その映画もそういう”雰囲気”がある。

 

 

結局、魔女というものが本当に存在するのかどうかも不明だが、

皆が生み出したいからこそ生み出されたものと言えるだろう。

 

 

家族という狭いコミュニティの中で、

主人公である女の子への当たりが強かったのも、

ある種、弟以外の家族皆が望んでやっていることなのだ。

 

 

一般的に考えて、家族関係がうまくいっていれば、

そんな人を簡単に「魔女」だって信じないはずだ。

仮に末っ子がいなくなったのが主人公の責任にあったとしても、

明確な証拠がない限り彼女を魔女と判断するには無理があるだろう。

 

 

つまり、やっていることは

ネット上の誹謗中傷や低俗ないじめとほぼ同じことなのだ。

 

 

日本でも、某芸人さんが過去に起こった重大犯罪の仲間の1人だと、

未だに信じてやまない人間が居るようだ。

もちろん事実無根だろうし、

こういった悪質な噂話が世の中に蔓延している。

 

 

こういった人から疑いをかけられること、

感情のすれ違いが、現実にも起こり得ることなのである。

 

 

過去にも「魔女狩り」というものが存在したことから、それがわかる。

 

 

この映画の主人公もどちらかと言えば虐げられていた部分もあるし、

家族が怪現象を誰かのせいにして押し付けることで、

安堵感を得ていたいのかもしれない。

 

 

本来なら、そのような現象が起きたら、解決する方法はいくらでもあるのに、

人のせいにすることで、自分に責任が生じなくなるからだ。

 

 

特にこの様な現象が起こった場合、協力して家族間の信頼関係を築いていれば、

どんな事が起きても、皆で気持ちを分かち合いながら、

解決策を導き出すことも出来るはずだ。

 

 

まぁ、主人公の言葉をちょっと変えれば、

親父がヘタレだから仕方がないのだろうけど^^;

 

 

また、一部、主人公が

心身ともに開放されている印象を覚えたシーンもあった。

 

 

まさにダーク版アナ雪というか、

これまで閉じ込められていた場所からの脱出することで、

自分が望んだ環境を手に入れて、

思い切り好きなようにできることへの暗示なのかもしれない。

 

 

 

また、性的な描写はないものの、

この映画は女性の「性的な部分」も浮き彫りにされていたのが印象的。

 

 

姉と母親、姉と双子の妹という女同士の喧嘩もものすごかったけれど、

弟が姉の胸元を気にしていたり、魔女がやたらセクシーだったり。

「乳房と陰部」という言葉も出てきたり。

 

 

 

男をたぶらかす存在を「魔女」とするのであれば、

「魔女と女性の性」というのが、何かしら関係がありそうだ。

 

 

 

通常、一般的な女性であれば理性で抑えつけている性的な部分。

性に対してオープンな人、男を誘惑している人、

いわゆるアバズレ的な人を、

女性同士では「魔女」と思って軽蔑することもあり得るだろう。

 

 

しかし、全ての人が魔女になることは不可能である。

 

 

軽蔑している反面、憧れもあるのかもしれないね。

 

 

人間て複雑だ。

 

 

 

ちなみに、舞台が農家ということもあってか、

動物がたくさん出てくるのが嬉しかった。

悪魔の使い手とされる黒ヤギも、どちらかと言えば主人公に対して優しかったし、

双子や父親に対しては攻撃的な面も見られた。

 

 

人間同士にでいざこざがあっても、

誰に罪がないのかは動物は全てお見通しなんだろうね。

 

 

座っているだけのうさぎも怖くて良かった(笑)

 

 

 

個人的に今まで見た映画の中でトップに入るくらい好きな映画。

見る人を選ぶ映画かも知れないが、

勢いだけ、グロ映像だけのホラー映画にうんざりしている人には

ぜひ見て欲しい傑作。

 

 

↑DVD(ブルーレイ)はこちら