【LGBT映画】「卍」感想〜若き日の女優さんマジ卍〜

レズビアンにしても男女にしろ
男が介在する女同士のドロドロした関係の映画、大好きなんだよね。

 

最終的に恋のライバル同士が仲良くなるというのも青春ぽくて良いけど、
恋仲であった二人の関係性が悲しい結末を迎えてしまうというのも良い。

 

というわけで、この映画を観た。

 

 

なんかすごい画だけど、先に断っておく。

 

一応このブログ、アダルト系ではないから(笑)。

 

確かにたまに人縛った画像投稿しているけどそもそも着衣だし芸術目的だし。
DVDのパッケージがこんなに過激だったっていうだけの話!!!!

 

 

 

LGBTというよりかは、同性愛、かな?

 

もうね、タイトルからしてエロいね。

 

マジ卍だね。

 

てか「マジ卍」って使い方が正しいのかどうかは知らんけど。

 

そんなのどうでも良くなるくらい「マジ卍」な映画だったんだ。

 

ちなみに僕が見たのは樋口可南子さん×高瀬春奈さんコンビの時の。

 

 

物語の流れからすると、
レズビアンというよりかは、バイセクシュアルなのかな。

 

 

ぶっちゃけて言うと、
この映画は樋口さんを眺めるだけでも十分だった。

 

 

 

「皆死んでしまえばいいのに。」
 

 

とても美しい。

(資料少ないし似せることは諦めた。)

 

某白い犬が出てくるCMじゃあまり良くわからなかったけど、
女性にしてはなかなかの長身なんだね。

 

 

手足も長いし、砂を投げる姿など本当に絵になってた。

 

 

役としての言動にはあどけなさが残るものの、
一挙一動がフォトジェニック。

 

 

やはり女性はこういう黒髪清楚なクールビューティが好みだ。

 

 

高瀬さんの「あなたの乳房を携帯したい(意訳)」
みたいなエグいセリフも相手に対する依存度と重さがわかる。

 

 

同性をそこまで狂わせてしまうくらいの美しさ、小悪魔感。

 

 

グラビア体型の高瀬さんの自慰シーンや女優二人のキャットファイトも見もの。

 

 

キャットファイト→牛乳舐め(精子をイメージ?)→セックス

この一連の流れが印象的。

 

 

対立する二人が同じモノ(性的なもの、異性を連想)を共有して
恋愛関係になる、みたいな。

 

 

後に高瀬さんの旦那役である原田芳雄さんと関係を持つことになる、
実質男1人女2人の(ノンケでは発生しない)複雑な三角関係になるんだけど、
それを示唆していたのかな?

 

性行為以外にも一緒に砂を投げるなどの同じ行動を共にする場面があったのにも関わらず
結局は高瀬さんの一方通行だったのか。

 

今記憶のみで書いているから違うところがあるかもしれないけど、
一つ一つの表現を深掘りしていくと面白いよね。

 

誰かが死んだあの妙な場所も気になるし。

 

岸田今日子さんバージョンも気になるな。

同じ映画でも違う内容なり表現なりがあるのだろうか。

 

 

原作、もとい谷崎潤一郎の他の作品も読んでみたい。

 

 

 

Kindleだと無料なんだ!ワオ!やったね!

 

早速ダウンロードしたよ!
というわけでまたもや内容のない同性愛映画感想となってしまった。

 

同性愛ではないけど、悪女モノの映画として最近こちらも見に行ってきた。

 

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

こういった映画は
悪女という存在に翻弄されるマゾヒズムなのか
そこから脱却するのか
登場人物の行方が気になるところ。

 

この投稿の中でも紹介しているけど、国際通りのまきし食堂は良いよ。

 

観光客でごった返している日曜でもかなり人少なかったし、
どこへ行っても人の多いあのエリアの飲食店の中なら特におすすめ。

 

今後もこんな感じで自分が触れた作品や
沖縄のスポットなどを気軽に紹介していけたらと思う。

 

マジ卍な万事も惨事も毎日暗示、肝心の主は異端児ぶったアホな凡人。
そんな安易なブログって感じ?

 

※最後に若気の至りっぽくしてみたいと思って無理やり陰踏んで自爆。
お粗末様でした。

【LGBT映画感想】クライング・ゲーム〜人間の性(セイ)と性(サガ)とは〜

最近、休みの日はアニメを見るか映画をみるかが主な過ごし方になっている。
たまにどこか遊びに行くこともあるけど。

 

今日は「クライング・ゲーム」を観た。

 

 

以前、観たい映画をリストアップしていて
なぜ自分がこの映画を観たいと思ったのかが全く思い出せなかった。

 

大抵自分が「あとで見る」候補にする作品といえば決まっている。

 

①暗く重い内容のもの
②シュール、ブラックコメディ
③サスペンス、ホラー
④LGBT関連
⑤その他、直感

 

こうして見ると自分がいかに男女間の恋愛ものやハートフルなものに
全く興味を示さないことがわかるな…。

嫌いなわけではないが積極的に観ようとも思わない。
なにせ中島哲也監督の作品のような、狂った世界観が大好きな人間なのだから。

 

 

「告白」は名作。
 

なので「クライング・ゲーム」を候補にいれていたということは、
ほぼ予測がついていた。

 

それでもどうしても気になってしまい調べたところ、
やはり上の①〜⑤つのうちどれかであることがわかった。

 

わからないほうが良かったかも?とも思ったが、
以前一回観た気がするし、
観ているうちになんとなく思い出したし、
結果としてあまり変わらなかったと思う。

 

ということで、感想を。

 

あらすじが気になるなら他のサイトにも書かれていると思うし、
あまりダラダラ書きたくないので箇条書きでポイントだけ。

 

 

※以下ネタバレ含む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・昔の映画だから楽しく飽きずに観れるかどうかわからなかったが、
ストーリー自体はわかりやすいので意外とあっさり観られた。
むしろ短く感じられた。

 

・その分、人が死ぬ描写を観ても特に何も感じなかったけど。

 

・この映画の伏線でもある、「サソリとカエル」の話はこの映画抜きにしても良い素材。
人間の性(サガ)を嘲笑しているのだね。どういう時に自分は自分の「性(サガ)」を見出すのだろう。

 

・ディルさんは女の姿でも男の姿でも美しい。

 

・他の客がディルを「レズビアンの男役!」というように罵倒するようなセリフが合ったが
その言葉を発したのがゲイだとわかったらなんとなく納得。

 

・お互い悪気はなかったとはいえ、男だと知って吐かれたら当事者としてさすがに傷つくわー。

 

・ディルと「男対女」→「男対男」→「人間対人間」という関係性への推移の描写が
とても面白いと思った。

 

・最後ファーガスが、ディルの身代わりになったところ。
罪悪感もあるのだろうけど惚れた女に対してそこまでするのか…。
でも、その優しさが彼の「性(サガ)」でなのかもしれない。
その「性(サガ)」に逆らえない運命なのだと、彼を皮肉っているかのようなラストだった。

 

・ジョディがその優しさにつけ込んで好意的に接するフリをし、
逃げることを考えているのかと思ってた。
(しかし敵に自分の身内を教えるわけないのでそれはあり得ない。)

 

 

役者さんがディル役となったのは無名だからこそなんだろうな。

 

日本では無名の当事者を扱ったといえば
以前観た性同一性障害のドラマを思い出す。

 

 

これも冒頭で主人公の女の子がMTFであることを象徴するような場面が出てくるけど、
当事者としては気持ちがわかるぶん辛くもある。

 

中村中さんと雛形あきこさんの演技がとても良い。

 

特に雛形さんは主人公のMTFちゃんを罵倒する悪役だったけど、
LGBTに関する問題をわかっているからこそ、あのような演技ができるのだと思われる。
そのセリフは当事者にとっては辛くも感じるが、非常に素晴らしかったことを覚えている。

 

もちろん役者さん本人じゃないから推測に過ぎないが、

この手の映画に関わる方は大抵当事者か理解しようと思っている方がほとんどだろうから、

出演する役者さんに対するイメージも自然とアップするものだ。

(もちろん「役に対する熱意が感じられるかどうか」にかかってはいるが。)

 

 

さて、話を「クライング・ゲーム」に戻すと、
この自体はイギリス映画だからあまり関係ない、
日本人ならではの発想なんだけど、
「性(sexとしての)」と「性(サガとしての)」が掛けられているところが
個人的に面白いと思った。

 

 

そういえば僕自身も昔、人間の「性(セイ)」と「性(サガ)」をテーマにして
ブログを書いていたことを思い出す。

 

でも、このブログになって内容が全く変わったかと思ったら
そうでもない。

 

人間のセクシュアリティな部分とブラックな部分に目を向けることで
人間がより面白く映るからだ。

 

 

これからもLGBTに関することや性別を問わず
あとはただ皆さんに笑って元気になってほしいだけの
くだらない内容の漫画を上げていきたいと思う。

 

 

他のLGBT映画もたくさん観たいし、
それ以外にも自分が面白いと思った映画やアニメもどんどん紹介するので
どうぞお楽しみいただければ、と思う。

 

 

 

…結局クライング・ゲームのことについて大して書いてなくてすみません。

でもイギリスらしい皮肉の効いた、後味悪くもさっぱりした映画で個人的には好きかな。

イギリス映画自体あまり観ない気がするけど、自分の嗜好に合いそうだからジャンル問わず他のものも観てみたい!

ゲイ云々以上にそれが収穫できた映画だった。