無駄の積み重ねが 無駄にならないワケ

昨日は台風が直撃したので、アルバイトが休みになった。

 

もう今年は来ないと思っていたのに…

最後の最後で(?)あいつら、やりおるな…

 

せっかく家にいるからあれこれやろうと思っていたけれど、

台風特有の気圧の変化と日々の疲れで身体が思うように動かずに

昼までグダグダしてしまう。

 

 

 

まぁ、いつものことだ。

 

 

 

一般的には、そういうことは良くないとされるよね。

 

時間があるなら有意義なことに使おう、みたいな。

そういう風潮。

 

 

 

しかし、「休みたい」と思うことは、

実際に身体が休みたがっているわけだし、

思い切り休むと良いのだ。

 

体調の悪さに気候が影響しているなら、なおさらだ。

 

 

地球自体が必要としているから

そういった気候を引き起こしているのであり、

我々人間はそれに従うのがベストなのだろう。

 

 

長年沖縄で生活していて、

「台風の時は引きこもる」という術と、

台風が来るとわかってからの万全な事前の準備、

そのための暇つぶしツールや食材、

飲み物を買いだめしておくという人々の知恵を学んだ。

 

 

天候と共生しながら、家族や自分の身を守る。

 

 

天候に従った結果、時間を無駄にしてしまっても、

そういうことの積み重ねがどこかで自分の血や肉となって思わぬ形で現れる。

 

「無駄」は逆から読むと「ダム」だ。

 

 

(※画像は冬の金城ダム。

ダムだと信じられないくらい、水の部分が緑に覆われているが)

 

無駄だと思っていることの積み重ねが、

知識や経験の貯水地となるのだ。

 

毎日毎日何かしら目にしたこと耳にしたこと

考えたこと味わったこと犬猫をモフモフしたこと(?)

 

ちょっとでも気にかかることはあるはずだ。

 

そういうのひっくるめて全部噛み締めていれば、

「タスク」自体をうまくこなさなくても

自分の成長や思わぬアイデアに繋がる。

 

 

 

そうやって「ダム」として溜まっていった経験や知識が、

いざという時に役立つかもしれない。

 

 

ちなみに、夕方くらいには徐々にやる気が出てきたので、

ハロウィンで使うお面作りをしていた。

 

 

 

買い出しに行けないから、作れないと思ってたけど、

意外と家にあるものでなんとかベースとなるものは作れた。

 

…というか

 

 

ハロウィンまで2日しかないのに…

 

 

 

無事、完成するのだろうか?

 

 

…ちなみに、犬猫をモフモフさせて頂ける環境は随時募集中です。

 

 

 

むしろ恋人より欲しい(笑)