【4コマ】慮(おもんぱか)りまくりのクリティカルンなアルパカるんるん

天海夜 煌琉だよ。

 

皆聞いてくれ。

 

最近、「慮(おもんぱか)る」という言葉が

気になりすぎるんだ。

 

 

 

…と思ったら、有吉さんも過去に気になっていたとは…。

 

「”慮(おもんぱか)る”なんて言葉、初めて知った!」という方へ。

 

「慮(おもんぱか)る」言葉の意味はこんな感じ↓だ。

 

《「おもいはかる」の音変化。「おもんばかる」とも》周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。「相手の体面を―・る」

参考:コトバンク「慮る」

 

なるほど。

思い巡らすということね。

 

相手のことを配慮する習慣がある日本だからこそ

生まれた言葉という印象だ。

 

「慮(おもんぱか)る」って

漢字一文字とひらがな一文字なのに、

日本人の素晴らしさが現れている文字だよね。

 

 

うーん…好きだ。

 

 

ちなみになぜ「おもんぱかる」という発音になったのかは

調べればわかるので、あえてここでは言わない。

 

しかし、「慮(おもんぱか)る」の「ぱか」って

他の日本語にはあまり見られない響きだし

珍しいよね。

 

有吉さんのつぶやきにもあるように、

なんだかアルパカみたいだなって思った。

 

…なんてことを思って、書いた4コマ漫画がこちら↓

 

 

 

実際こんなアルパカいたら

首筋にドロップキック食らわしたいわぁ…(笑)

 

 

…さて、ここで一つ注意したいのは

「同情」や「忖度」と、「慮る」は違うということだ。

 

それぞれの意味は割愛するが、

ざっくり言うと、

同情も忖度も、どちらかといえば主観が入っているが、

慮るは客観的な思考というイメージ。

 

その点でオモンパカルンの思考には主観が入っているし

どちらかというと人間に対して同情しているというか、

「慮る」の完全に意味を勘違いしてるのかもだけど…

 

彼が本当の意味で「慮る」んだったら

↓こうなるのかな?

 

 

「今日はボクを見にたくさんの人が来てるね。

しかし皆やけに必死だよね。

アルパカを初めて見るのかな?

アルパカの大ファンなのかな?

いや、一番人気のパンダを見た後だからかもしれない。

それとも、久々のお休みでテンションが高いのかな?

動物園に来ること自体が嬉しいのだろうか?」

 

…このように、一方的な視点で物事を決めつけず、

様々な可能性を推測することだろう。

 

 

この辺の思考はクリティカル・シンキングを学ぶことで

俯瞰的に物事を見ることが出来るようになり、

一つの物事に対しても、

様々な可能性を思い巡らすことが出来るだろう。

 

適切な思考を身につけるには

僕が最近読んでいるクリティカル・シンキングの本↓も参考になる。

 

「クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法 」

(道田泰司&宮元博章・著)

 

 

…なーんて、偉そうなことを言ってるけど…

 

もしかしたら僕のこの思考自体が間違っているかもしれないし、

あとはご自身で調べて、学んでいただけたらと思う。

 

 

僕もついつい主観に寄った主張になりがちなので

(↑それはそれで相手の心に響くこともあるけどね)

クリティカルな思考をしっかり身に着けていきたいものだ。

 

 

ちなみにガチな話をすると…

 

 

最近、ニュースを見ていると、

死体や事件・事故現場にスマホを向けて

死んだ人やその人の遺族・関係者のことを考えない、

モラルのない行動をする人たちが目立つようになったよね。

 

この世に生きる全ての人々には価値観に違いはあっても、

人としてやって良いことと、悪いことはあるだろう。

 

しっかり慮ることができれば、

自分がされて嫌なことは、人にも出来ないはずだ。

 

だから僕は、このような行動をする人たちの思考が謎すぎて、

今はそういった問題に対して関心があり、慮っている状態だ。

 

 

今は手軽に情報が手に入って、

誰にも手軽に発信ができるようになった。

 

 

だからこそ、眼の前のことだけに反応するではなく、

時には想像力を働かせて、

「相手を慮(おもんぱか)る」ということも

必要だと思うのだ。

 

それが積み重なると、

だんだんと「周囲を慮(おもんぱか)る」ようになり

「日本を慮(おもんぱか)る」ようになり

「世界を慮(おもんぱか)る」ようにもなっていく。

 

思考のスケールが広がっていくんだろうね。

 

慮(おもんぱか)りぎるると、

慮(おもんぱか)りまくることになるし、

慮(おもんぱか)りまくりまくりすてぃになる。

 

↑これはさすがに長すぎるけど(笑)…

 

こんな感じで日々、様々なことを慮って

思考を深める習慣を身につけ、

周囲の人に配慮できるような行動が取れるよう、

自分自身のレベルを高めていきたいものだ。

 

人に期待をせず、人を信頼できる人物であれ

ふと思った。

 

人に「期待」することと、人を「信頼」することー

似ているようで全く異なるものではないかと。

 

 

試しにgoo辞書で

「期待」と「信頼」

それぞれの言葉の意味を調べたら、以下のようになった。

 

 

「期待」とは…

 

[名](スル)あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。
当てにして心待ちにすること。

 

「信頼」とは…

 

[名](スル)信じて頼りにすること。頼りになると信じること。
また、その気持ち。

 

 

 

…なるほどなるほど。

 

 

これを受けて、私コリュの辞書では、このように定義した。

 

 

 

「期待」することは、受け身になること。

相手を自分の都合が良いように解釈して、意にそぐわないと失望すること。

被害妄想の原因も、一方的な相手への「期待」から生まれるものだ。

 

 

「信頼」することは、相手を信じること。

失敗しても、思うような結果が得られなくても、

ただただ愛情を注いで相手を見守ること。

 

 

 

人に期待してはいけない。

人から期待されるのも嫌だ。

 

 

 

人に期待することで、

妄想の中で自分勝手な「その人の人物像」が出来てしまうからだ。

それは現実に存在している「その人」ではない。

 

もちろん、僕自身が誰かから期待されるとしたら、

そんな僕は僕自身ではない。

その人が妄想の中で作り出した、「別の何か」だ。

 

 

そんなもの、怖くないか?

 

 

 

彼らが妄想している「僕」は、僕ではない「別の何か」。
 

 

 

そうではなく…

 

 

 

ただ無条件で相手を信じられる、

人に与えられる…

そんな「人に信頼できる」人間になりたい。

 

 

 

人に期待して作り上げた「別の何か」ではなく、

あるがままの「その人」を受け入れよう。

 

 

そういうわけで…

 

 

僕は誰にも期待しないし、期待もされたくない。

 

 

自分が心から愛せる人だけを、信頼していたい。

 

 

ちなみに上のイラストは、理想の人物像(?)を形にしたものである。

 

 

 

自分が一番自分に期待してんじゃねーか!!!!!!!