L’Arc~en~Cielが全曲サブスク解禁したので、僕のラルク遍歴(+黒歴史)を語ろう

hyde氏みたいな顔に生まれたかったけど

自分の顔もそんなに嫌いじゃない天海夜 煌琉だよ。

 

 

ちなみに一時期は本気で自分の顔嫌いだったから

だいぶ自己肯定感上がったよ。

 

 

そんなことはどうでも良い。

 

 

皆聴いてくれ。

 

L’Arc~en~Cielがサブスク解禁したんだ!!!!

 

 

 

 

いやもう知ってるよって感じだろうけどさ。

 

 

嬉しいことは何度でも言いたいじゃないか。

 

 

僕の場合サブスク解禁したときに

ちょうど東京に行ったときだったので、

電車の中などSpotifyで聴いていた。

 

 

その間ひたすらラルクの曲をシャッフル再生していたのだが、

懐かしい曲が次々と雪崩のように流れてきて大感動だった。

 

その感動の嵐ったらwinter fallどころじゃないって話さ。

 

 

 

まぁよくわからなければそれで良いんだけど、

自分がこのような感じだから、

上にあるリンク先のサイトの方などに対しても、

勝手に仲間意識を持ってしまった。

 

 

しかも、僕は現在UQmobileを使っているのだが、

これだと「節約モード」にしても

問題なくサブスクが聴けるのは良かった。

 

 

てっきりオンラインで音楽聞いたら

かなり容量食って月末厳しいモードになるかと思ってただけに

これは喜ばしいことだ。

 

 

ただ、元々アルバム全曲集めているわけではないので、

知らない曲との出会いも当然ながらあった。

 

なので、これから聴き込んでいくうちに

好きになる曲が出てくる可能性も、

それはそれで楽しみなのである。

 

 

 

僕とラルクとの出会いは、flowerが発売されたあたりである。

 

 

この頃からラルクにドハマリし始めたのだが、

その時自分は小学生だったから

かれこれ20年くらい前のことである。

 

 

初めて買ったラルクのシングルはLies and Truthだ。

 

 

当時はCDがすり減るんじゃないかってくらい

好きで好きでリピート再生していたものだが…

 

この曲は今でも、ラルクの中でも上位に入るくらい好き。

 

 

 

当時はラルク好きの友人と一緒に、

hydeさんになりきって学校の窓に手を当てて歌うという、

Lies and TruthのPVのマネ…

 

 

つまり…

 

「君が見えなくてごっこ」をよくしていたものだ。

 

 

↑hydeサンニナリキレテナイ妖怪ノ図

 

 

これは

「窓さえあれば誰でもhydeさんになれる」

という素晴らしい遊びなので

ぜひラルクファンの方には試していただきたいものである。

 

 

 

ちなみにこのPVのロケ地である洋館は、埼玉の入間市にあるようなので

機会があったらぜひ行ってみたいと思う。

 

※ちなみに、flowerLies and Truthが両方聴けるアルバムは

Trueなので、気になった方はチェックしてみると良いだろう。

 

 

その他に買ったシングルは他にも、

Blurry EyesHoney

風にきえないでDIVE TO BLUE

先に挙げたLies and Truthの合わせて合計5枚だ。

 

 

そして、購入したアルバムは「ark」と「ray」の2枚だった。

 

 

↑ark

 
↑ray

 

この2枚のうち、どちらが好きかと聞かれれば、

これはこれでなかなか難しいところである…。

 

両方ともそれぞれに好きな曲があるし、

全体的な雰囲気も全然違うからだ。

 

 

 

それ以降は曲の好みがHIPHOPやパンク、

一般的なJ-POPや音ゲーなどに移るようになり、

ラルクとの思い出は次第に薄くなっていったが、

 

 

良いなと思う曲があれば、

SMILEなどのアルバムをレンタルすることもあった。

 

 

そして、READY STEADY GOのシングルで

各パートそれぞれが不在のバージョンを聴きまくって

 

 

「あーーーーーーーー

個人的にはこの中ならボーカル+リズム隊(ギター不在)バージョン、

次いでボーカル+竿隊(ドラム不在)バージョンが好きだけど

やっぱり誰が抜けてもラルクは成り立たないなー

 

などと感動したものだ。

 

 

話がよくわからなければ、

ぜひ各サブスクリプションサービスで

READY STEADY GOのシングルバージョンをチェックしてみてくれ。

 

 

 

それぞれのパートがいないことで、

聴き取りにくかった音が拾いやすくなり、

曲の雰囲気も全く変わってくるので、

新しい発見があることだろう。

 

 

ちなみに耳コピする上でも

このようなパート抜きバージョンがあるのはとても嬉しいし、

製作者の遊び心も感じられる。

 

特にベースが好きな自分としては

ベースラインがはっきり聴けるのは

とてもありがたい!!!!!!!!のだ。

(基本的にどのバンドもベースは低くて聴き取りづらいからね…)

 

 

…話が脱線しまくったが、

やはり20年以上もの時が経つとなると、

今でも好きな曲は好きだし、

逆に、当時は大して興味なかった曲が、今はすごく心に響くなど、

不思議な事も起こり得るのである。

 

 

 

時が経てば好みが変わるだけじゃなくて、

様々なアーティストの色んな楽曲に触れていく中で、

振れ幅が広がっていって、感性も磨かれていくのかな。

 

 

それとも単に歳の関係で、切ない曲に心が癒やされるようになったのか…。

それはわからないけど。笑

 

 

 

 

…ということで、

今後もSpotifyなどのサブスクサービスやアプリには、

長らくお世話になることだろう。

 

 

 

さて、やっとのことで本題に入ろう。

 

 

 

今回はサブスクで再び出会った、

ラルクの「とある曲」に感化されて、

文章を書きたいと思った。

 

 

 

別に小学生の時の黒歴史?である

「君が見えなくてごっこ」のことなんて

どうでも良いんだよ。

 

 

 

 

 

そんなつもりだったのだが…

 

 

前フリが思った以上に長くなってしまったので…

 

 

また次回に続く!!!!

 

 

 

 

とにもかくにも始めなければ、何も続けられない

昨日はギターの弦の張替えをしていた。

 

 

 

 

 

数年前に以前持ってたベースの張替えをして以来、

すごく久しぶりにやることなので、すっかり忘れていた。

 

 

なので、ネットで公開されている説明を見ながら行った。

 

 

やっぱり下手くそで上手く巻けなかったけど、弾き着心地も良い感じだ。

楽器が良いコンディションに保てるように、定期的にメンテナンスしないとな。

 

 

ギターそんなに弾くわけじゃないけどDTMでたまに触ったりする。

コード覚えてないし全く弾けないけど(笑)

 

 

実は初めてギターを触ったのって小学校3年生くらいで、

5年生くらいになってのめり込み、

大好きなGLAYのBELOVEDを一生懸命練習したものだ。

 

 

当時はGLAYのCDをひたすら買い漁ったものだ。
 

 

しかし、手が小さい自分は指で弦を押さえるたびに手が痛くなり、

楽器を演奏する楽しさよりもなかなか上達しない、

辛いという気持ちが勝ってしまった挙句、

次第にモチベーションが下がっていた。

 

 

また、中学になるに連れ自分自身の興味も

ロックからダンスへと移行していったので、

次第に楽器をやらなくなっていった。

 

 

今でもあの時ギターを続けていれば

今プロ並みに弾けたかもしれない…と思うこともあるが、

過去を悔やんだって仕方がない。

 

 

人の考えや興味はその時その時で変わるわけだし、

今の自分はある意味過去における自分の選択で存在してるもの。

だからある意味で正しかったのだと思う。

逆に楽器が好きでずっと触ってばかりの人って凄いなと思う。

 

昔挫折した分、今後は定期的に触っていけたらと思う。

 

物事を続けるには「始める日」がなくては何も始まらない。

 

それを永久に先延ばしするくらいなら、今始めたほうが良い。

 

たとえ途中でやめてしまっても、

それはそれで1つの事実として受け止める。

 

 

挫折すること、諦めることへの恐怖よりも、

病気など何かしらの理由で、続けたくても続けられない…

そのほうがもっと恐いはずだ。

 

 

というのは、ぼくが好きなアーティスト、

気になっているバンドやグループなど、

身体の問題で続けられず

苦渋の決断で脱退や解散を決める人達もいて、

そういう人たちの思いもわかるからだ。

 

 

なので、何か挑戦したいこと、やりたいことがある時は、

できるだけ早く始めるようにしたいと考えている。

 

 

いつかそれが実を結ぶ時が必ず来ると、自分を信じて。

 

 

煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

てなわけで、今後、なんとかしてDTMの音源(カバー曲など)を完成させて、

YouTubeに上げられたらと思います。

 

 

飽きっぽい自分がやり遂げる時が、果たして来るのか?

音楽を通して、人の素性を知る

あけましておめでとうございます。

いよいよ2018年が訪れましたね。

 

 

戌年ということで、例年以上に犬を愛でていけたら良いなと思います。

 

 

 

 

さて、沖縄は基本的に暑くて、

冬でも風が強い日はあるものの、

気温自体はそんなに寒くない。

 

 

だから、冬になってもエアコン(暖房)はほとんどつけないのだが、

毎年1月くらいになると流石に寒くてエアコンをつけてしまうのである。

 

 

今年の冬はエアコンをまだ起動してない。

 

 

このままずっとつけずに終わるのか、

寒さに耐えきれずつけてしまうのかはまだ分からないけど、

できるだけ快適に過ごしたいので、もうこれ以上寒くならないで欲しい(笑)

 

 

さて、ライブブログを創りたくてこのブログを作成したわけだけど、

今年はなんとなくライブにあまり行かないような気さえしている。

 

 

それよりかは、海外旅行、特にハードルの高い一人旅を実践できたら良いなと思う。

 

 

あとは別に鉄男というわけじゃないけど、鉄道の旅が好きだから、

青春18切符であちこち周ることができればと思う。

 

※実践した結果の旅行記はこちら↓

 

 

 

僕にとっての2017年は、

心理的に大きな成長を遂げた年である。

 

 

 

というのは、2017年は最悪な心境で新年を迎えたからだ。

 

 

 

世間的にはほぼ無名でも界隈としては有名なので、あえて名は出さないけど、

2016年に大好きなバンドのメンバーが逮捕され、

その年の12月に彼が脱退してしまい、

その穴が抜けた状態のバンドを応援することになったからだ。

 

 

メンバーの中には心境を正直にぶっちゃけている人も居て、

共感できる反面、

かといって自分には何もできないので悔しい気持ちにもなったのだ。

 

 

そして4月に、そのバンドが復活ライブをするという発表があった。

 

 

僕自身もそのバンドの復活ライブに行ったのだけど、とても楽しかった。

 

 

しかも自分の誕生日だったから、この日は一生忘れないものとなった。

 

 

 

彼らの演奏もパフォーマンスも最高だったし、

メンバーが前を向いて進んでいこうという気持ちにも心を打たれ、

心から応援したいと思えたので、

その1年は例年以上にそのバンドのライブに行った気がする。

 

 

しかし、年末のライブ(自分は行ってないが)にて、

脱退したメンバーが次回の大型会場で復帰することが発表された。

 

 

怪我や病気で抜けていたのならわかるが、

軽いとは言え犯罪をしたことは事実である。

 

正直複雑ではあるが、これからのバンドの動向で、

自分自身が色々学ぶ部分があるかもしれない。

 

現時点でも違和感があるのだけれど、

人の意見や憶測ではなく、

自分の目で実際に足を運んで確かめて見ることが肝心だ。

 

 

なので、彼の復帰ライブには参戦する予定だ。

(というか、もうチケットは取ってある。)

 

 

そこで素晴らしい演奏を見られたら、

彼らは本物なのだろうし、

音楽ファンとして許せない中途半端なプレイをしたら

恐らくもう行かないだろう。

 

仮にそこでは満足しても、今後のインタビューなどを見て、

「違うな」と思ったら離れればよいし。

 

逆に、「頑張っているな」と感じたら応援し続ければ良い。

 

 

それは個人の自由である。

 

 

「何があってもついていくのが本当のファンであって、

離れるのは本当のファンじゃない」

 

 

このようなことは良く聞かれるが、そういう問題ではないのだ。

 

人それぞれ色んな意見があって当たり前。

 

その音楽と演者が、自分にとって合っているかどうかは、

大衆や専門家の意見など関係ない。

 

自分の直感や好みで判断するしかないのである。

 

 

僕は比較的マイナー傾向にある音楽を好む傾向にあるから、

その辺人との距離を感じるが、

今後も音楽を聴く時は、自分の琴線に触れるかどうか、

より好きになるならその人達が音楽に対して真摯な態度かどうかで判断するだろう。

 

 

音楽ファンをやっていると、

良かれ悪かれ人の言葉や生き方が直に伝わってくるので、

自分自身にも学びになる。

 

 

娯楽なのだから、「音楽だけで満足」できればそれはそれで良い。

 

僕も、大抵のミュージシャンはキャラクターまでよく知らないで音楽を聞いている。

 

しかし、本当に好きなミュージシャンは、その人となりも含めて好きでいたいのだ。

 

 

 

素晴らしい音楽を奏でる人は、自分の人生にも良い影響を与える。

 

 

 

それを信じて、好きなミュージシャンはよりキャラクター性を深掘りにして

よりよく知りたいなと思うし、

一方で、広く浅く様々な音楽にも触れていきたいなと思うし、

様々なジャンルのライブやイベントに足を運んでいけたらと思う。

 

 

 

というわけで、

2018年はまた新しい形でがっつり音楽やアートを愛でていきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いします。