学校や会社なんて行かなくて良い理由

僕が人生で最も後悔していること。

 

それは好きでもない、むしろ嫌いだった学校に通い続け、
学生時代を病みながら過ごしたことだ。

 

毎朝嘔吐しながら無理矢理にでも学校に行くことなんて、
何もメリットがなかった。

 

親の機嫌や人の目なんて考えずに、
自分の気持ちを優先したら良かったのだ。

 

それは、堀江貴文さんの

「すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~」という本を読んで

確信した。

 

 

「なぜ学校に行くのだろう?」
「なぜ勉強するのだろう?」

 

これらは、日本国内で生きる誰もが必ず一度は抱く疑問だと思うが、
それも押し付けられたものだから、当然のことだろう。

 

本来、学びというものは自発的にするものだからだ。

 

自分が好きなもの、夢中になれるもの、没頭できるものに
時間や食事を忘れて打ち込むこと。

 

 

そうすることで、その分野に関しては詳しくなるし、
技術的なものであれば上達もする。

 

自分にとって好きなものだから、ストレスもないし、
我慢をする必要なんて無い。

 

楽しみながら成長できるのだ。

 

だから僕も最近では、「今を楽しもう」「夢中になろう」と
呼びかけているのである。

 

ところで、この書籍を読んで、
人間にはG型とL型というものがあるということを知った。

 

Gはグローバル、Lはローカル。

 

…ということでざっくり説明すると、

 

G型は世界規模で活動する人間。

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


たけしさんも世界中から絶大な支持を受けている人の一人。

 

 

対するL型は特定の地域において活動する人間。

天海夜 煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿


沖縄で生活していると、当然かもだけどローカルな有名人がたくさんいることに驚かされる。

 

要するに活動の拠点や判断基準が数カ所かつ外向きなのか
一箇所かつ内向きなのかということだろう。

 

だから、一見すると外向的か内向的かという分け方のようにも見えるが
おそらくそれは違くて、
外向的でもL型の人はいるだろうし、
内向的でもG型の人はいるだろう。

 

僕はおそらくG型よりのL型だと思う。

 

僕にとっては沖縄は地元ではないし、
好きではあるし可能性がある場所と考えてはいるが
ずっとそこにい続けるということもないかもしれない。

 

しかし、機会があれば今後、タイなどの国に移住することも考えているし、
それがいつになるかもわからない。

 

それから、自分が好きなものに関しても
G型やL型を当てはめてみた。

 

僕は最近色んなアーティストの曲を聞くのだが、
そのアーティストがG型とL型、
どちらよりの性格を持っているのかも気になるようになった。

 

アイドルやV系はファンとの一体感やストーリーを大切にしているので、
L型が圧倒的に多いとは思うが、
現在世界規模で活躍しているBABYMETALや
解散してしまったけれど世界中に沢山のファンがいたギルガメッシュなどは
G型に当てはまるのかなと思う。

 

メンバー個人の性格ではなく、グループとして考えたらそんな印象である。

 

 

…いや、もしかしたら人間、誰しもG型とL型、
どちらかの要素や性格があると思う。

 

書籍の中にあった比較表を見てみたけど
僕にはどちらの性質もバランス良く存在してたようだし。

 

好みや価値観など、自分の選択によってどちらになるかというものなのだろうな。

 

どちらにせよ、自分の可能性に蓋をするのは
最もやってはいけないことだし、
「教育」や「洗脳」によってそれをしてしまう人が多数いること。
人に価値観を押し付けて人の夢を奪ってしまう人も多数いること。

 

それが「生きていてもつまらない世界」を生み出すことになり、
「生きづらさ」を感じてしまう人もいることだろう。

 

現に日本はそういう国になっている。
だから自殺者が後をたたないのだ。

 

「幸せの形」なんて千差万別なのに、
世の中の一定の「幸せの価値基準」に当てはまらないから、
希望が見えないと思い込んでしまう人も多数いるのだ。

 

人間は本来やりたいことを好きなようにすることがニュートラルなあり方である。

 

それが、教育を受けてしまうことで、
N型人間というものになってしまう。

 

N=日本ということで、Nationalなのかな。
会社の言いなりになって動くような人間、
自分の頭で考えることができない人間と解釈している。

 

これは戦時中の「お国のため」思考を未だに引きずっているものであり、
最もあってはいけないあり方だそうな。

 

そんな人間になってしまうと、
「正解」を求めるような人間になってしまう。

 

これの何がいけないのかというと、
何かにつけて「答え探し」をするようになってしまう。

 

誰かが「正解」をくれるだろう、
そうすることで、自分は損をしない。

 

そんな他者依存をするような発想になってしまうのだ。

 

被害妄想という最も最悪な考え方も身についてしまうし、
自分自身が人の人権を無視して
他人を奴隷みたいに扱うようになってしまう可能性すらある。

 

現に日本はサービス業の人に対してちょっと厳しいところがあるし。
やってくれたことに感謝できなくなったら、人間として終わりだよね。
もちろん、世の中に「正解」など無いし、
誰か偉い人が与えてくれるものでもない。

 

それは自分で毎日を丁寧に生きながら探していくものである。

他の人に合ったやり方でも、自分に合うとは限らない。

自分の生き方は、自分で学びながら見つけていくものなのだ。

 

その人間が本来あるべき姿を捻じ曲げてしまうのが、

「学校」であり、

「教育」という名の「洗脳」である。

 

今、学校に行きたくないと本気で思っている子がいたら、
登校拒否をして好きなものに打ち込んで構わない。

 

僕はそれを推奨する。

 

現に、学校で学ぶことなんて、ほとんど無駄だからだ。

 

今はオンラインで好きな先生を選んで
興味のある分野に関しての学びが得られるからね。

 

嫌いな先生や苦手な先生、合わない先生から
受けたくもない授業を受ける必要なんて無いわけよ。

 

学校は人間関係や集団行動を学ぶ場所?

 

その発想すらが古いと思う。

 

 

自分の趣味や好みが合う人達、
人間的に尊敬できる人達と交わっていけばいいじゃん。

 

そんなコミュニティなら
皆自分のことを一人間として認めてくれる人ばかりだろうから、
健全な人格が出来上がってくるだろうし。

むしろ理想のあり方だよ。

 

住んでいる地域や専攻しているコースが一緒、
はたまた同じ歳などという理由だけで
無理やりクラスを組まされて、
好きでもない奴と長い時間同じ空間を共にする必要なんて無い。

 

大好きな友達だけ、個人的に会えばいいじゃん。

 

実際僕も中学の時、学校に行くのは地獄だったけど、
ダンス教室に行くのはとても楽しかったな。
毎日好きな音楽を聴いて、好きなだけ絵を描いて、
当時のめりこんでいたダンスに一生懸命になっていれば良かったのだ。

 

でも過去のことを後悔したって仕方ないし、
どうにもならない。

だから、これからの時代の子供達に向けて
今言えることを発信しているのである。

 

実際、学校に行くかどうかはその子自身が決めるものだが、
学校に行くか会社に行くのかだけが人生の選択肢ではないこと。
それは頭の隅にでも入れておいて欲しい。

 

命を断つなんて早合点過ぎる。

確かに世の中にはくだらない人間も多いが、
それ以上に素晴らしい人達もたくさんいる。

 

それに気づくのが早ければ早いほど、
自分の生き方を模索できるようになるから。

 

会社だって辞めたって構わない。

 

辞めたことが経歴のキズになるとか、
良い大学をでていれば就職に有利になるとか、
資格を持っていれば良いとか。

 

そんなもので人の価値を判断するような会社なんて
ロクなものがないだろうし。

 

実際僕も仕事の面接を受ける上で
「失礼な奴だな」と思うような人間を何人も見てきた。
現に一緒に働くことにならなかっただけ、マシだったのかな。
そういう人間は腐るほどいるし、
現に嫌な奴の下で働いたこともある。

 

でも、負けちゃいけない。

 

ビビりながらも、自分なりに反発したさ。

 

古い価値観を押し付けてくるような人間の意見なんて
聞く必要なんて無いんだよ。

 

その人があなたの人生に責任を取ってくれるわけじゃないし。

 

「自分の人生は自分で責任を持つこと。」

 

そんな考えで自分の好きなように行動していくことで、気持ちが楽になるからだ。

 

好きな人達と一緒に、好きな仕事ができたら最高だよね。

 

 

誰かが提示したものではない

「自分の生き方」を

試行錯誤しながら探してみよう。

 

それはあなたにしかわからないものだから。

 

 

 

正解などなくても、泥臭くても良い。

 

 

 

複雑に絡み合った木の根のようにもがきながら

天に向けて真っ直ぐそびえ立つ木の幹のように

全力で生きている人は美しい。

 

 

 

 

と、僕は思う。

自由を謳う言葉には気をつけろ

世の中には「自由」とか「幸福」とか
表面だけポジティブ地味た薄っぺらい言葉が
うんざりするほど溢れている。

 

 

それだけならまだしも、

詐欺まがいなものも含まれているから問題なのだ。

 

 

もはや、搾取するだけ搾取して、

「夢を売っているだけ」のビジネスが

この世にたくさん存在するのは事実。

 

 

朝起きたら億万長者になっているなどということは、滅多に無いことだ。

お金を払ったからといってすぐにその夢が実現するわけでもない。

 

 

資産というのは、自己の成長とともに積み上げていくものだ。

 

 

僕は、自分の器に見合っただけのお金を得られるまでは、

大金を手にしたくないと思っている。

 

 

お金は稼ぎ方だけじゃなくて、使い方も大切だからだ。

 

 

単に節約がどう、といったことではなく、
よりお金がお金を生み出すための仕組みを知っておかないといけない。

 

 

 

夢を見ているだけで良いのか?

 

 

基本的にあなたは、今のままで良いのだ。

 

 

 

自分の人生をいかにして満足できるものにするか、それが大事なのだ。

 

 

他人のライフスタイルに踊らされてはいけない。

 

 

他人は、その人の今までの経過があってこそ

その人の今があるのだから、

あなたには関係ない。

 

 

あなたの人生を豊かにするには、

あなたが没頭できるもの、

ワクワクできるものを見つけられたら良い。

 

逆にあなたがどんなことを嫌っているのか、

徹底的に自問自答してみると良い。

 

 

仕事とは全く関係なく、好きなものは好きなわけだし、

その気持ちを大切にして、専門性を極めていけば良いのではないだろうか。

 

逆に、嫌いなことは一切やらなくて良い。

 

 

極めてシンプルなことなのだ。

 

 

やたら感情を煽る言葉、自由や幸福を謳う言葉には注意しよう。

 

 

他人の言葉に左右されず、

自分の核をしっかり築いて成長していきたい方は

ぜひこちら↓↓↓の記事も参考にしてみてね。

 

 

 

目の前のお金よりも、永久的に続く自分の本質を大切に。

 

 

 

一体、いつまで他人と同じ行動を取るつもりなんだい?

最近発信を滞っていたけれど、
今後はブログを習慣づけるために更新を頻繁に行おうと思う。

 

発信にはネタがつきものだけれど、

書くネタが決まってなくてもとりあえずキーボードを打つ。

それでもダメなら、紙に書いてみる。

 

書くことを忘れていても、そのうち思い出すかもしれないし。

 

 

そうすることで、まるで息をするかのように

「吐き出す」ことが当たり前になるのだ。

 

 

なので、とりあえずは何か書いてみることが肝心。

 

 

さて、世間ではクリスマスというものがあったようだけど、

一人暮らしを始めてからというもの、

数年から無縁になっている。

 

 

クリスマスパーティには参加することはあるけれど、

大抵当日にやらないしね(笑)

 

 

恐らく、僕の元には

「サンタから大切なお知らせ」が届いているに違いないんだ。

 

 

そして、その内容はというと…

 

 

「トナカイとの方向性の違いによりサンタは解散しました。

そのため、今年のプレゼントはお配り出来なくなりました。」

 

という内容だと予想される。

 

 

ちなみにこの「方向性の違い」というのは、

バンドマンで言えば「音楽」だろうけれど、

サンタとトナカイに至っては、「プレゼントを配りたい地域」に当たるだろう。

 

そりゃ両者の行きたい場所が違って妥協が出来なければ、

プレゼントが配れないのは当然である。

 

本当の意味で「行きたい方向性の違い」なわけだ。

 

 

 

…しかし、おかしなことに、

メールにもSNSにも郵便受けにも

そういった文書が見当たらない。

 

 

というわけで、僕のクリスマスが毎年寂しく、

プレゼントもないというのは、

未だに謎に包まれているのだ。

 

 

そうならば、仕方ない。

 

 

何もないならせめてものということで(?)、

自分自身でピザを作ってみた。

 

 

煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

何か自分でできることが増えると楽しい。

 

 

作るのが面倒だし大変だからとピザを注文するのは良いし、

ピザ屋だって売上が上がるから嬉しいのだろうけど、

皆が同じ行動をとればそれだけその分の負担も増える。

 

 

大概大企業などは自分達の力量以上に注文を受け付けているので、

パンク状態になっているだろうし。

 

結果、仕事が雑になり、ミスが多くなる。

 

 

何も問題が起きなきゃ良いのだが、自分自身にその影響が及ぶと、

せっかくの時間も楽しく過ごせられなくなる可能性がある。

 

 

そうなっても、相手の責任ではなく、自分の責任だ。

 

 

皆と同じ行動を取っているのだから、

そうなる危険性は覚悟しておかないといけないしね。

 

 

では、その可能性を低くして、どうしたら自分や周囲の人を幸せにできるか。

 

 

それは簡単。

 

 

世間と行動する時期をずらすこと。

 

 

もしくは、

 

 

自分でできることがあれば、

自分のペースでやってみること。

 

 

自分の力でやることがどうしても出来ない時だけ、

プロや専門家の手を頼るようにする。

 

 

それも、出来るだけ繁忙期ではない時期に。

 

 

そうやって世間とは逆の行動を取っていき、それを当たり前にしていく。

 

 

僕の場合だと、自分でピザを作ったことで、

誰にも負担をかけず、自分自身が満たされたこと。

 

 

不味ければ不味かったでネタになるし、改善点にも繋がるし。

 

 

買い物も混雑していない時間に行ったし。

 

 

別に僕がピザを買わなかっただけで、

世のピザ屋には大して影響ないだろうし。

 

 

別にクリスマスだからといって、その日に祝わないといけないわけじゃない。

 

 

日本人は大抵無宗教だから、

当日に何かしなきゃいけないということもないだろうし、

極端な話、何もしなくたって全く構わない。

 

 

僕だってたまたまピザが食べたくなったから作っただけだけど、

基本的には米と味噌汁があれば満足だし。

(余談だが、最近では、大戸屋さんの五穀米が世界で一番美味しいと気づいた。)

 

 

そうやって、「選択の自由」を広げることで、

自分の生活が充実していくと思うし、

それを心がけて毎日を過ごしていくつもり。

 

 

だから、年末年始は恐らくどこも行かないだろう。

 

 

人でごった返していない時期を選んで行動すれば、ストレスも感じないしね。

 

 

初詣もちょっと遅れてで良いや。

 

 

誰がどのように過ごすかは自由だし、

年末年始は営業している飲食店もあるんだろうけれど、

僕としては、混んでいる場所にわざわざ行く意味がよくわからないな。

 

 

そりゃ家族や親戚で過ごすのには、外食は丁度よいではあるけれど、

年末年始にお休みを決めている企業は英断だと思う。

 

 

お正月にゆっくり過ごすために”おせち”というものがあるのだから、

年末までにやることやって、

年始はお家で駅伝でも見てのんびり過ごすのも良いと思う。

 

 

僕は1人で居ても暇だからアルバイトするけどね。時給も上がるし。

その2週間くらい後に遅めの正月休みを頂くことにしたので、

その時にゆっくり実家で休もうかなと。

 

 

帰省ラッシュに影響されずに旅や遠征、帰省ができるって本当に最高。

 

 

世間とは真逆の行動をとって、自分のペースで好きなことをする。

 

 

皆さんも人生の自由度を高めていきませう。

 

 

そのために、何をしたら良いか、

どのような考え方をしたら良いのか、

そのヒントになることをこちらのブログや

下記のリンク先↓にあるLINE@でもお伝えしていこうと思います。

 

⇒煌琉(コリュ)を友だちに追加してみる?

※リンク先で「追加」ボタンを押すと煌琉を友だちに追加できます。

 

 

…さて、いろいろ書いたけれど、

僕もクリスマスに何かしらの行動をしているわけだから、

世間と完全には真逆とは言えないのはまたご愛嬌。