人から信頼される人物になりたいのなら「正論」は言うな。

本日は

 

「正論ばっかり言っていると信頼されなくなっちゃうゾ☆」

 

というテーマで語ろうと思う。

 

 

…この言葉、

なんか自分へのブーメランみたいにも見えるので、

自戒を込める意味でも、書く!!!!

 

 

さて、僕は前回の記事で

 

「悪質な営業マンにしつこくされて不快な思いをした」

 

という話をした。

 

 

その時の記事がこちら↓

 

 

実は以前も似たような経験がある。

 

 

その時もかなり悪質で

そいつは22時頃に家へ訪れてきたのだ。

 

 

夜だぜ?夜。

人によってはもうスヤァ…の時間帯だろ。

俺だって今この記事書いてて猛烈に眠いわ!!!!

 

 

まぁドアを開けて出てしまった自分も自分だが

その時の僕は超真面目だったので

 

「家にいて返事してしまった以上でなきゃいけないのかな…」

 

って思ってしまったからだ。

 

 

その後、30分もの時間を何度も何度も同じ質問攻めに遭うことになり、

その時もキレながらしつこい相手に辟易することになった。

 

 

結果、僕もかなり頑固で負けず嫌いなものだから

絶対に相手の言いなりにならないと決めていて、

最終的には名刺だけもらってなんとか帰ってもらったのだった。

(もちろん、その名刺を元に翌日苦情を入れた。)

 

 

その後もイライラモヤモヤの感情が収まらなかった。

 

 

不快な感情もだけど、恐怖心もあり

すぐさま信頼できそうな友人に相談した。

 

 

そもそも夜遅くに家へけしかけてきた上に

30分もドアの前に居座るなんて

どう考えても犯罪である。

 

 

しかし、その「信頼できそうな友人」に相談したのは間違いだった。

 

 

その人もまた「自分なりの正義」を言ってきて

あまり寄り添ってくれるような感じではなかったのだ。

 

 

実はこの人、過去に僕がパワハラ同然で派遣先を切られて相談したときも

全面的に味方についてくれるような感じではなかった。

 

 

なので僕は決めたのだ。

 

 

「正論しか言ってこない人」には

大事なことはもう相談しない。

 

 

って。

 

 

…もしかしたら

あなたもそういう経験あるのでは?と思う。

 

 

仕事や学校、家庭…など嫌な思いをした時に

 

「この人なら話を聞いてくれそう」

 

と思って相談した相手が

 

 

「こちらの話を聞いてくれない。」

「相手が自分のことばかり話してくる。」

「一般的な常識やルールを押し付けてくるばかり。」

 

 

そんな人だとがっかりしないだろうか。

 

 

その人に対して「失望」という感情が生まれるだろうし、

「この人はこうなのか…」

「じゃあ自分とは合わないな」

という考えに行き着いて、

結果、心を閉ざしてしまう。

 

 

そうやって距離を置くようになり、

過去には「疎遠になっていった人」もいただろうし

 

 

逆に自分はなんとも思っていなくても

「疎遠になってしまった」人もいるかもしれない。

 

 

ただ、僕もどちらかと言えば

「正論を言う」タイプだったかもしれない。

 

 

元々超真面目だったので

会社や学校、世の中のルールに対して

割と従順な方だから

「ルールに背いて好き放題やってたり

無頓着だったりいい加減だったり

その結果自業自得な出来事を招いてしまった人」に対して

内心意地悪したくなるというか、疎ましく感じてしまうのは

ものすごくわかる。

 

 

真面目な人ほどある意味「融通がきかない」んだよね。

 

 

だから本当に困っている相手なら全力で助けるけど、

ちょっとでも「相手も悪いな」という要素があると

冷淡にあしらってしまう、みたいな。

 

 

まぁ確かに、そういう「真面目な人」って

言ってることは正しいんだよ。

 

 

決して間違ってはいない。

 

 

でも大抵

その「正しさ」が自分基準じゃないんだ。

 

 

「世の中」に対して同調しているだけであって

自分の考えがない。

 

 

だから目の前の相手やその時の状況に柔軟に対応できないし、

なにか意見を求められても「言えない」のだ。

 

僕の場合、自分自身を「価値がない」と思い込んでいたから、

自分の意見を言うのが苦手だった。

 

 

面倒くさい

自分の身を守りたい

誰かを傷つけたくない

 

 

そういう感情で「ルール」を優先させていたかもしれない。

 

 

少なくともルールを守って「正論」を言っていれば、

それが「隠れ蓑」になるから。

 

 

しかし…

 

 

何を聞いても

 

「ルールだから」

「そういう決まりだから」

 

の一点張りって果たしてどうなのだろうか。

 

 

たとえばあなたが何か困ったことが起きて、

相手に相談をしてそういう答えしか帰ってこないと、

その人の人間性が薄っぺらく感じてしまうだろう。

 

 

そうやって信頼を失っていくんだよね。

 

 

世の中はルールや決まりで片付けられるほど

単純なものじゃない。

 

 

皆それぞれ様々な事情を抱えているわけだし

価値観も考え方も国も文化も違うわけだ。

 

 

ある一定の文化によって築き上げられた「ルール」を押し付けることが

どんなに虚しいことか…

 

 

僕もかなり狭い考えを持っていたと思うが、

短い民泊ホスト経験で、外国のゲストさんを何組か受け入れてわかったのである。

 

「相手には相手が生まれ育って得てきた価値観やルールがある

 

それがあまり良くわかっていなかった頃は

普通に土足で家に上がって来られてビックリしたから(笑)

 

いや、欧米がそういう文化なのは知ってたけど

実際自分の家でやられると

「おいおいおいおいおい!!!!」ってなるよね。

 

 

日本の「空気を読め。」「マナーを守れ。」

というのはまず通用しないからね。

そういう意味では非常に良い経験だった。

 

日本人のほうがマナー悪いこともわかったし(笑)。

 

 

だから僕は「世の中の正しさ」で物事を語るのは

今後は一切しないことにした。

 

 

誰かが決めた「正しさ」を優先させてしまうと

自分の「正しさ」がわからなくなるし、

他人のことも思いやれなくなるからだ。

 

 

あ、もちろん

何か考えがあってそのルールを守っているのなら良いんだよ。

その人自身が自分の頭で考えて選んだことだから。

 

 

例えば

「車を運転中、赤信号で停まらないといけないのは

事故を起こす可能性があるから」

ってどう考えても納得できることだしね。

 

 

でも、そうではなくて、

「思考停止」の状態で「なんとなく」従っているだけなら

それはやめたほうが良いってことさ。

 

 

もちろんルールを楯に

守らない他人を「悪い」「悪くない」って

むやみにジャッジするのもナンセンス。

 

 

実は、

そういう行為は自分に対してしているのと同じで、

自分が苦しくなるだけだからね。

 

 

てなわけでまとめると…

 

 

「正論で語るな。

あなた自身の言葉で語れ。」

 

ということだ。

 

 

少なくても困っている相手が助けを求めてきたら、まずは助けてあげよう。

その人だって勇気を出してあなたに助けを求めているだから

その気持ちを思いやろう。

 

その上で、

「相談してくれてありがとう。」

と相手に感謝の気持ちを述べるんだ。

 

なにか意見やアドバイスなど言いたいことがあっても

そこは一度飲み込んで、相手の話を聴くのが最優先。

 

 

同意できない部分、理解できない部分があっても

「辛かったんですね。」

「嫌な思いをしたんですね。」

とせめて寄り添ってあげよう。

 

 

そうすれば、相手に

「この人は味方だ」「信頼できる人」と思ってもらえるし、

あなたに対する評判が周囲の人も巻き込んで、

その後も様々な面で良いことが訪れるようになるだろう。

 

 

…ちなみに

僕が「相談した相手」だが、

その人の人柄自体は好きなので今も仲良くしていただいている。

 

 

ただ、この人に限らず

 

人間って価値観が合わないと、

将来的には自然と離れていくことになるかもしれない

 

これは仕方がないことなのかなとは思っている。

 

 

だから、

嫌ってはいないけど、なんか合わない…っていう人に対しては

付かず離れずの良い距離感を保ちつつ

色んな人と知り合っていく上で

「この人なら価値観が合うな、似てるな。」

「この人をもっと知りたい!仲良くしたい!」

って人と付き合うようにしていけば良いと思うよ。

 

 

価値観が変わるっていうのは自分が成長しているっていうことだからね。

 

 

生まれてから死ぬまでずっと一緒にいたい人って

むしろいないんじゃないかって思う。

 

 

そう考えると結婚ってかなり無理がある制度だなって思うし

バンドや音楽グループの解散やメンバーの脱退も

ファンにとっては寂しいけれど、必要だから起こる現象なんだよ。

(↑※これは音楽ファンの自分へ言い聞かせている言葉でもある。)

 

 

自分の気持ちを誤魔化さない。

目の前の相手を責めることも一切しない。

 

 

ありのままの事実を受け入れてつつ

流れに身を任せて生きていこう。

 

2013年11月 京都にて撮影。

Similar Posts:

コリュの地下室LINE@シアターに友だち登録してみる?

「あなたの人生という劇場を自分らしく思い通りに生きられる」LINEシアターを開催中です!

「雨人(あめんちゅ)=読者」としてお友だちに追加いただくと、”天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)”もとい”コリュ”のちょっとしたつぶやきやアイデア、ブログの更新情報や漫画やイラストを受け取れます。

ぜひ以下のQRコードから私コリュをお友達に追加して、リアルタイムなシアターをお楽しみください!

 

こちら↓からコリュをお友達に追加してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*