母親が例の注射を打ってしまったようだ

 陰と陽を和合・浄化するジェンダレス妖怪「コリュ」こと

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)でございます。

 

 

この手記を書いている日、父親の一周忌があった。

そのために宇都宮の実家に帰ってきている。

 

 

そして、実家に来たばかりの日に、

母親から非常にショックな事を聞いたのだ。

 

母親がコロワクを打ったというのだ。

しかも既に2回接種済み。

 

 

↑今回は茨城空港を利用したため、窓から見える景色もまた新鮮。

 

 

ワクに関する僕の情報源

 

僕のワクに対しての考え方は、どちらかと言うと慎重派…というか、

むしろ反対、必要ないと思っている。

最終的には本人の判断になるとはいえ、特に若い人たちは打ってはいけないとも思っている。

 

現段階でも「因果関係不明」とはいえ、

接種後の死亡・重篤な副反応事例も数多く存在しているのもまた事実。

(厚労省のサイトに最新のデータがあるので気になる人は調べてみてね。)

 

僕の主な情報源としては、

4月はドイツ在住の日本人YouTuberメイコさんのワクチン勉強会に行ってきたし、

それ以外にも、自分が信頼できると判断したお医者さんや専門家の方の

オンラインの講演会(有料無料に関わらず)など、気になったものは見るようにしている。

 

 

また、コロワクに限らず、医療や健康に関しての本も読むようにしている。

決して一つの情報媒体から判断しているわけではなく、

統計的なデータやクリティカル・シンキング、

人間の本質的な部分や医学の基本を知ることからはじめ、

Youtubeやテレグラム、海外のニュースなどからも情報をとった上で、

総合的に判断している。

 

やることはやった。それでも想い虚しく…

 

そのため、せめて母親には打ってほしくないと思っていたため、

一度4月に帰った時に、母親にも話をした。

当然、口論のようにはなったし、カルト扱いされて不愉快な思いをしたが、

その後も心ある方が作ってくれた資料や、片岡ジョージさんの漫画を送るなどしてみた。

 

そしたら、メッセージで

「ありがとう。気持ちが伝わってきた。漫画も読んでみる。」

という返事があった。

 

コロナは概念☆プランデミック 時事ネタ系4コマ漫画集/片岡ジョージ(※クリックすると楽天商品ページ)

 

加えて、以下の画像と同じようなデータを送ったら、

「しばらくは打たない」

と言ってくれたので、

「わかってくれた」と安心してしまったのだ。

 

 

「HEAVENESE style」 2021.8.22号より

 

そのため、それ以降はあまりワクに関する話をしなかった。

 

…ところが、迎えに来てくれた車の中で言われたのだ。

 

「打ったよ」って。

 

今の所元気そうなので良かったが、一瞬世界が真っ暗になるのを感じた。

 

事前になんの報告も相談もなかった。

 

怒る気にもなれなかった。

 

見せたデータに関しても、

「ネットだから信用できない」

って。

 

客観的な統計なのにね。

自分でも計算してみればわかることなのに。

 

加えて、一番の問題なのは

「テレビは真実しか言わない」

という思い込みである。

 

もうこれは重症というか、

「呆れて物が言えない」

というのが本当のところだ。

 

 

結局の所、「考え方の違い」

 

母親の「打たない」という言葉に安心せず、

もっとコミュニケーションを取っておけばよかったかなとも思ったが、

仕方がないとも思う。

 

結局の所、こればかりは考え方の違いだと思ったからだ。

 

僕は今後も生命が燃え尽きない限り、

余計なものを身体に入れずに末永く生きていきたいから、

毒性も対して強いと思わないウイルスに対して、

人類初のものを打ちたいとは思わないし、

どんなに周りが打ってようが、影でなんと言われようが、

こればかりは絶対に譲れない。

 

(ちなみに僕はあまり病院には行かないけれど、男性ホルモンは毎月打っている。

性別に関する問題は自分ではどうしようもないので、割り切っているけど、

医療関連に金を落としている事自体がバカバカしく思い始めているので、

もしかしたらいつかやめるかもわからない。)

 

しかし、一年前に夫に先立たれたばかりの老女にとっては、

「周囲に置いていかれるのが嫌」「みんなと一緒が安心」

といった感じで、社会的な目、周囲の関係性を恐れて、

自分軸というよりかは、他人軸の判断基準になってしまうのも仕方がないのかもしれない。

 

実際、話していて、その思いが強く感じられた。

 

「普通が良い」

「何も考えたくない」

 

考えることを放棄してしまったとはいえ、

本人にとってはそれが最善の選択のようだ。

 

本人の選択を尊重して良好な関係を築こう

 

ちなみに、母親の職場の方にワクの危険性を周囲に訴えていた人もいたようで、

母にも注意喚起をしてくれていたようだ。

その人には本当に申し訳なく思った。

 

僕は自分の発信においては、正直に自分の気持や考えを書くことにしているけれど、

まぁ確かにワク自体の伝搬の問題も指摘されているとはいえ、

結局は本人の判断になるわけだから、

「なんとしても他の人の接種を止めよう」なんて、特に思わないんだよね。

自分はそこまで他人に感情移入できないから、

本当に人のことを思って行動できる人って心から尊敬する。

 

しかし、悲しいことに、ほとんどの人が自分の考えに固執していて、

相手の考えが間違っていると思いこむ。

自分の考えを省みることなく、

こういった真実を追求する人たちを「おかしな人」扱いするわけだ。

 

今回のコロワク騒動に置いて、このように考え方の違いが生じ、

人々の間で分断が起こっているようだ。

 

僕も考え方が違う既存の友人よりかは、

まだ出会ったことがないけれど、価値観が同じ赤の他人との出会いを

積極的に楽しむようになってきた。

 

今回の滞在中、葉山の海で遊ぼうと、

テレグラムのコミュニティで呼びかけがあり、

そこで知り合った方々と一日中思い切り遊んだ。

嫌なことも忘れて。

 

人もたくさんいたし、水上アクティビティを楽しんでいる人もいたようだし、

大多数の人がコロのことなんて関係ないといった様子で、心強かった。

 

その前日、土浦の街に滞在していたのだが、

駅前の商店街もほとんどの店が閉まっていて、なんだか寂しいことになっていた。

 

その時は駅周辺のロッカーも空きがなかったので、

本来の予定も諦めたし、残念な思いをしたのだが、

飲食店など、中には開いている店もあって、

人々が元気に活動しているのがわかって、それがすごく救いだったな。

 

↑石岡駅近くの蕎麦屋さんのカツ丼

 

↑亀城公園(土浦市)近くの定食屋さんの生姜焼き

 

土浦市に滞在した時に利用した旅館は、

「おおはら旅館」という古いビジネス旅館だったけれど、

女将さんがすごく親切で穏やかな雰囲気ですごく良かった。

 

世の中がいかに狂っていても、

それを忘れさせてくれるくらい、訪れた人にホッとする空間を提供してくれる…

そんなお店を応援していきたいよね。

 

 

☆「おおはら旅館」の詳細はこちらから☆

(※文字をクリックすると楽天トラベルページ)

 

まとめ:自分自身の未来に目を向けて新たな人との出会いを築いていこう

 

家族のことは大切だ。

しかし、今後は少なからず、帰省する回数も減っていくと思う。

 

今の自分にできることは、

せめて実家の滞在中はあまりコロワクに関する話をしないか、

もしその話題になった時にしろ、

持っている知識を小出しにする程度で、あまり相手を説得しようとしないことだな。

 

正直、あと何年一緒にいれるかは本当にわからないから、

せめて実家に帰ってきている間は、

楽しく仲良く過ごすようにしていきたい。

 

今すぐに実家に帰ってこようとは思わない。

僕は、縄文文化の実現に向けて、「丸い社会づくりをする」

という次のフェースに向かっているからだ。

 

これまでの自分は、家族だけではなく、既存の人間関係に執着しがちだった。

しかし、コロワク騒動になってからは、

自分の価値観が激変して、大きく成長したと実感してもいる。

 

今後は、「遠くの親戚より近くの他人」という言葉が、

自分にとって当たり前になってくると思う。

 

特に、沖縄は助け合いの精神「ゆいまーる」が人々の心に根付いている。

まさに、「丸い社会」が実現しやすい環境だと思う。

 

以前の自分は、母親がいなくなることが一番の恐怖だと思っていたけれど、

正直、年齢的なことも加味して、

今はもうある程度は仕方ないと、割り切っている部分もあるんだよね。

 

過去の自分は劣等感がひどくて、

両親、特に母親に対して何かしら罪悪感を感じていた時期もあった。

人によっては「それは母親のせい」と指摘する人もいて、憤慨することもあった。

 

今回のショックな出来事は、そんな過去の自分とはオサラバして、

「自分自身が腹を据えるきっかけ」だと思って、

自分が実現したい人生を生きるために、着々と行動に移していきたいと思う。

 

 

もしあなたがテレビやネットなどの情報に惑わされることなく、

自分で情報をとって、自分の頭で考えて、ご自身の人生を自分自身で選択していきたいのなら、

こちら↓もぜひ参考にしてみてね。

 

 

 

 

↓コロワク関係の書籍はこちらもオススメ

 

医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン/内海聡
※クリックすると楽天商品ページ

 

↓既存のワクチンの実態に関して知りたい方はこちら

 

ワクチン不要論/内海聡
※クリックすると楽天商品ページ

 

 

内海氏のコロナワクチン本は、僕も家族用に買っておきたいと思う。

読むかどうかは本人次第だが…。

 

 

それでは今日はこれまで!

どろんっ

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない都市伝説など裏の情報や、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

豊かな人生を歩むための視点や考え方、哲学…などなど

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*