戦わずに戦うということ

陰と陽を和合・浄化するジェンダレス妖怪

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)でございます。

 

「戦わずに戦う」

 

これは一見すると矛盾した言葉のように思える。

 

しかし、僕はここ1年内面的に大きく成長して、

この「戦わずして戦う」という感覚が自然と身についてきたように思う。

 

殺伐とした世の中、より多くの方にこの感覚を身につけてもらって、

皆でより素敵な未来を築いていきたいと思い、

今回は「戦わずして戦う」ための3つのポイントを

書き起こしてみることにした。

 

 

①相手を論破するな 味方につけろ

 

相手に嫌な態度を取られたり、暴言を吐かれたり、

強制されたりなどの人権侵害をしてきた場合は別だが…

 

相手と自分の考えが違うというだけで、

相手に対して必要以上に喧嘩腰になったり、変に身構えて攻撃したりする必要はないと思う。

 

いわゆるエネルギーヴァンパイアなら、相手にしないで無視するのが一番だし。

 

ただ、場合によっては

自分の意見を伝えなきゃいけない場面も出てくるわけだけど、

ここで注意しなければいけないのは、

相手を論破してはいけないということだ。

 

論破って「相手を負かす前提」で成り立っている言葉だから、

それはコミュニケーションではなく、攻撃になるんだよね。

 

そのため、建設的に自分の考えや意見を伝えたいと思った時は、

相手に自分の考えをわかってもらう(尊重してもらう)ことに意識を向けて、

相手をコントロールしようとしないように氣をつけよう。

 

自分の考えを相手にわかってもらうのは難しいと思うけど、

家族や友人など、接触回数の多い相手であれば、

会うたびに相手が知らないことを一言二言でも伝えれば、

多少なりとも効果はあるはず。

 

そして、相手が言っていることに対して疑問点があるのなら、

「あなたはそう思うんだね」といったん受け入れた後に、

「自分が思っていること」を素直に言うだけでいい。

 

相手を「受け入れる」ことで、

ただ反論するよりも、歩み寄ってくれる可能性が高くなるからだ。

 

そもそも僕も含めて現代人はコミュニケーション自体が希薄なのだから、

相手のことを「敵」だと思うと、話すこと自体が苦痛に感じてしまうだろう。

 

相手を言い負かそうとか説得しようとかはせずに、

眼の前の人を味方につける前提で、人と話すことが大切だ。

 

 

 

 

②相手に期待をしない

 

二極化とか分断とか言われているけれど、

確かに、今の世の中は大きく2つに分かれている。

 

具体的に言うと、今は主にコロナ関連で

「変異株ヤバイ怖い勢」と「コロナは風邪(もしくはそれ以下)勢」で

大きく分かれているかと思う。

 

僕は後者のタイプだ。

それで、テレビばかりを見ている親に対して、

学んだことを話したり資料を送ったりしてたのだが、

未だに理解してもらえないし、僕のことを頭のおかしい奴と思っているようだ。

 

そのことをより詳しく話した回↓

 

僕の思い違いでなければ、

以前と比べてちょっとだけ手応えはあるようにも思うが、

最初は自分の無力さに愕然とした。

 

しかし、僕はSNSのコミュニティにいくつか入っていて、

その中で同じような経験をした人の投稿を見るなどしていくうちに、

今ではこのように思うようになった。

 

「大抵の場合は自分ではなく、相手の問題であり、

自分にはどうにもできないことである。」

 

 

確かに、人によっては、統計やエビデンスを提示して納得するタイプもいると思うけれど、

それ自体を信用しないで、テレビや新聞の情報ばかりを信じている人もいるわけだ。

 

特にテレビばかりを信用している人たちというのは、

客観的なデータを示したとしても、全く響かないんだよね。

 

 

そのためにプレゼンの準備をしたり、資料を集めたりしたところで

それで相手を確実に説得できるわけじゃない。

余計な労力がかかるだけの場合もある。

 

「相手が変わってくれる」と期待すればするほど

思い通りにならなかった時に失望してしまい、

相手に対して攻撃的になったり、

余計なことを言ったりしてこじれてしまうのだ。

 

特にワクチンの問題に関しては、

「なんとしても相手を止めたい」と思っている人もいるかもしれないが、

その無意味さと危険性に気づかない人がたくさんいるのが現状であり、

僕としては、全ての人にわかってもらうことは、正直もう無理だと思っているし、

そこまで他人のために尽くす労力もない。

そのため、ある程度は腹をくくっておいたほうが良いのではないかと思う。

 

マスクを外すか外さないかも同様、

もちろん、その他における課題の切り分けも同様、

結局は本人の問題になるからだ。

 

 

 

良ければこちら↓も参考にしてね。

 

 

③自分の心に正直になろう

 

最後に、「戦わずに戦う」ということで

いちばん大切なポイントをお伝えしよう。

 

それは「自分がどう感じるか」を優先して毎日を過ごしていけばいいということだ。

 

「嫌なことは嫌」

「やりたくないことはやらない」

「納得出来ないことには応じない」

 

こういったスタンスを貫き、それらを自分自身の判断基準にしていく。

それだけでいい。

もちろん、見知らぬ誰かと戦わなくてもいい。

 

もし何か言われても、大抵の場合はスルーすれば良いだけだし、

自分の考えを伝えなければいけない場面なら、

子供のような心と視点で「こんなのおかしい」って

自分の思いを素直に言えば良いんじゃないかと思うんだ。

 

ブレないなびかない、自然体の自分で過ごしているうちに

「なぜこの人はそんなに嫌なんだろう?」

と、相手が考えるきっかけにもなる。

 

たとえ全く話したことがない相手だとしても、

あなたと相手との接点が生じるのだ。

 

それでも理解してくれない人は仕方がない。

すべての人に好かれることは難しいわけだし、

それも、あなたにはどうにもならないことだからだ。

 

 

 

 

「自分自身に正直に生きる」ということは、

人の目を氣にしたり、目先のことしか見えていない人たちには、

一見すると「ただのわがまま」にしか見えないかもしれない。

 

しかし、将来的な視点や広い視野で見ると、

自分軸で生きることは、相手のためになるのだ。

 

自分の氣持ちに正直であること、自然体の自分で生きることは、

眼の前の相手のため、子どもたちのため、

もっと広い規模になると、世界のためになりうるかもしれない。

 

一方で、日本人は特に同調圧力で人をコントロールしがち、

かつ同調圧力に負けて自分を殺してしまう国民性だ。

 

そのため、わざわざ誰かとバトったり、

むやみやたらに敵を作ったりしなくてもいい。

 

ただし…

 

自分自身はもちろん、相手の幸せを願い、

世界をより良いものにしたいと思うのならば、

しっかりと自分の信念を持って、理不尽だと思うことには従わないこと。

 

それが「戦わずに戦う」ということだ。

 

 

まとめ

 

というわけで、議論が苦手な日本人が「戦わずに戦う」方法は以下の通り。

 

①相手を論破するな 味方につけろ

②相手に期待をしない

③自分の心に正直になろう

 

今の自分を急に変えることは難しいにしても、

ほんの少しでいいので、あなたが確信していることを徐々に行動へ移していくことで、

だんだんとそれが共振して周りに伝わっていくはず。

 

そして…間違っても、

「救世主のような人が現れて、この現状を変えてくれる…!」

などという期待は絶対にしないこと。

 

あなたの人生をより良いものに変えられるのは、

僕でもなければ、周りの人でもないし、ましてや芸能人や政治家でもない。

あなたしかいないのだ。

 

周囲がどう思うかなんて氣にせず、

楽しみながら行動に移していきましょう。

 

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない都市伝説など裏の情報や、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

豊かな人生を歩むための視点や考え方、哲学…などなど

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*