他人を誹謗中傷する者は その舌を引っ込めて己を鏡に映せ

今もなお巨大掲示板やSNSでは、誰かに対する悪口や誹謗中傷が絶えない。

はたまた飲み会や井戸端会議でも、誰かの悪い噂話に花を咲かせることもあるだろう。

 

僕の考えでは、「基本的には、個人に対する悪口は言ってはいけない」と思っている。

 

個人を名指しで悪く言うのではなく、

その人の行動そのものや、特定の考え方の集団や人々を批判するなら、まだ良いかもしれないが、

本来であれば、誰かを罵倒したり、その人間性を否定する権利は誰にもないだろう。

 

 

僕は過去に、「人の悪口を言うこと」や「自分が悪口を言われた時の考え方」

について、いくつかの手記を書いてきた。

 

 

 

 

 

中には多くの反響をいただき、コメントをいただくこともある。

恐らくコメントをくださった方々というのは、

「人から悪口を言われること」に悩んでいたようだ。

 

悪口を言われているか気になるということは、人間関係に悩んでいるとも言えるね。

もはや現代日本人の大半が、この悩みを抱えていると言ってもいいだろう。

 

ちなみに上記はいずれも、僕がノンクリスチャンの時に書いた手記なのだが、

神を信じた今これらを読んでも、

当時の自分が言いたかったことは、まぁまぁわかるというか、

“一人間としての考え方”としては、理解していただけるかとは思う。

 

しかし、今では自分の考えではなく、神の御心として、

人を誹謗中傷する者について、聖書は何と言っているのか?

考えていきたいと思う。

 

 

特に今日はネットリンチやいわゆる「指殺人」などの問題が深刻である。

芸能人はもちろん、漫画やアニメなどの作品や人気キャラクターにも、

アンチ専用の掲示板が立てられているのを目にする。

 

SNSでも大型掲示板でも、有名人や一般人に限らず、

いわゆる失言や問題行動、不祥事を起こした人物が晒され、

集中攻撃されることは、当たり前に行われている。

 

僕が思うに、基本的にこのようなアンチ活動というのは…

 

「この人の性格や態度が気に入らない。」

↑(本音:もっとこうだったら好きになれるのに!)

とか

「この人が評価される理由が理解できない。」

↑(本音:私自身や私の好きな人がもっと評価されてほしい!)

とか…

 

他人に対する忠告や個人的な願望が、

愚痴や悪口、批判として現れているとも言える。

 

そのため、不特定多数の人間による個人への批判を、”忠告”と捉えて考えてみよう。

(↑かなり好意的解釈ではあるが)

人に対する忠告とは、本来ならどのようにするのが望ましいのか。

 

また、もし、あなたの兄弟が罪を犯したなら、行って、ふたりだけのところで責めなさい。もし聞き入れたら、あなたは兄弟を得たのです。

もし聞き入れないなら、ほかにひとりかふたりをいっしょに連れて行きなさい。ふたりか三人の証人の口によって、すべての事実が確認されるためです。

マタイの福音書 18:15・16

(↑17節ではさらに「それでも言うことを聞かないなら教会へ告げよ」

といった内容が続くが、今回は省略する。)

 

基本的に情報というのは、証拠となる写真や音声、データが無い限り、

自分と距離が遠くになればなるほど、信憑性が薄くなる。

 

結果、憶測が憶測を呼ぶことに加え、皆が自分の感情のままに人を裁くため、

ますます一人の人を傷つけてしまうことになる。

 

某消費者金融ではないが、果たして…そこに愛はあるのか?

 

 

ここ最近もネットでは、とある有名人の不倫騒動が話題になっているようだが、

本来であれば、その人物に対して直接叱責や忠告をしても良いのは、

問題の当事者はもちろん、その人にとって距離が近く、

その人の人となりや、一連の事情をよく知った少人数の人物のみで良いはずである。

 

いっさいのことを愛をもって行ないなさい。

コリント人への手紙 第一 16:14

 

たとえ自分は”忠告”のつもりで言葉を発したとしても、

そこに愛が伴わないのなら、改善も期待できないだろう。

 

特に有名人やネット上など、自分にとって距離がある相手に対しては、

ほとんどの人が、他人の不幸を楽しんでいるだけというか、

個人的な感情で叩いていることがほとんどだろう。

 

しかし、それは人としてあるべき姿なのだろうか?

 

舌を制御することは、だれにもできません。それは少しもじっとしていない悪であり、死の毒に満ちています。

私たちは、舌をもって、主であり父である方をほめたたえ、同じ舌をもって、神にかたどって造られた人をのろいます。

ヤコブの手紙 4:7・8

 

口は災いの元。人の振り見て我が振り直せ。

…とはまさにそれだ。

 

相手が誰であれ、神に似せて造られた人の悪口を言うことは、神を侮辱することである。

神をのろうことと、神を賛美することは共存できない。

 

お偉いさんに対しては媚びへつらいながら、

立場の弱い人間を冷遇しているような人間など、誰からも信頼されない。

それと似たようなものだろう。

 

基本的に人は自分に甘く、他人に対しては厳しくなりがちだ。

自分にとって理解しがたいことについては特にね。

 

他人を裁く前に、まずは自分自身を省みること。

 

 

自分はその人に対して、どうこう言えるほどの立場にあるのだろうか?

 

過去から現在までを振り返って、程度の差はあれど、

誰かを傷つけたり欺いたり罵ったり…

何かしらの「やらかし」をしているはずだ。

 

あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。

ヨハネの福音書 8:7

 

姦淫の罪を犯して捉えられた女を、イエス・キリストはかばったのだ。

 

罪の内容はさておき、誰かが攻撃されていたら、

その人を守ることができる人間が、本来あるべき姿なのかもしれない。

 

…というわけで、今回は

「誹謗中傷…特に集団で人を攻撃してはいけない理由」

について、聖書を用いて考察してみた。

 

僕も正直、口が悪い自覚があるので、

配慮が足りなかったり感情に任せてしまったりで、

不要な言葉を発してしまうこともあるかもしれない。

 

しかし、平和な世界や心の平安を実現するためにも、

人体で一番の暴れん坊将軍・舌を制御できるようになりたいものだ。

 

 

いのちを愛し、幸いな日々を過ごしたいと思う者は、舌を押えて悪を言わず、くちびるを閉ざして偽りを語らず、

悪から遠ざかって善を行い、平和を求めてこれを追い求めよ。

ペテロの手紙 第一 3:10・11

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない世界の闇や裏の情報、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

今後の世界の動向の予測と対策、

聖書の御言葉から得られた美徳・哲学など…

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を

自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*