人生初のトローリングで「奇跡」を観た

先日、人生初のトローリングに参加してきた。

 

友人が海の仕事をしている関係で船を所有しており、

今回色々あって、その船長の企画により、

特別に無料でトローリングを体験させてもらう運びとなったのだ。

 

実はその数日前に、船長がカジキマグロを釣ったということで、

その一部をおすそ分けしてもらったのだが、

せっかくなので、出来るならば…

 

「カジキマグロを一目でも観たい!」

 

と思ったのである。

 

↑カジキマグロ、釣れると良いなぁ〜

 

トローリング当日は朝8:00に船へ集合。

 

まずは出発前に、カジキなどの大物を釣り上げる際に

ルアーの巻き方や身体の動かし方の練習をさせてもらった。

 

 

実際にこれを動かす機会が果たしてあるのかはわからないが、

感覚だけ覚えておけばまぁなんとかなるだろう。

 

そしてついに…

 

 

しゅっぱーーーつ!!!!

 

この日は船長含め計4名の乗船。

 

だんだんと遠ざかっていく景色。

 

ちょっと波が荒くて心配…

前日あまり眠れてないし大丈夫かな…

酔わないかな…

 

…などと思いながら遠くをずっと見つめていた。

 

 

船が出航してから1時間半くらいだっただろうか…。

 

一匹目の魚がルアーにかかり、

仲間が見事にシイラを釣り上げたのだ!

 

また、その後ほぼ間もなく2回目の魚がかかり、

僕がそれを釣り上げることになった。

 

 

カツオをゲット!!

 

どの種類のカツオかは忘れたけど、

市場にはあまり出回っていないらしい。

 

僕自身、釣り自体は初めてではないけれど、

めちゃくちゃ久しぶりなので、ほぼド素人に近い。

 

初トローリングで初めて魚が取れると、

楽しくなるし、自信につながるよね。

 

 

というか、僕自身はルアーを巻き上げただけで、

あとは船に上げていろいろやってくれたので、

実際にはほぼ何もしてないんだけど。

 

それと、こういう小さい魚であれば、

ただルアーを巻き上げるだけでいいので、

先に練習をしたやり方(身体を固定する方法)を実践することはなかった。

 

 

開始早々、連続で2匹も魚が釣れて、

幸先良いな〜と思っていた矢先…

 

さらになんと!!!!

 

3つのルアーに魚が引っかかるという自体に!!!!

 

しかも全てシイラだったので、

恐らくシイラの群れの中に入ったのだろうとのこと。

 

しかし…

 

残念ながら、ゲットできたシイラは3匹中1匹だけ…

 

僕が巻き上げたルアーの魚も、船の近くで逃げられてしまったけれど、

しっかりとした手応えにご満悦。

 

 

自分が釣ったわけでもないのに、いかにも自分が獲ったかのようなフリ。笑

 

魚がまだまだ動くし船もめちゃくちゃ揺れるしで恐くて、

自分だけで持つのはきつかった。

魚を触るのに慣れてきたら、自分だけで持てるようになりたいものだね。

 

 

このまま順調に進むかと思われたが…

 

初めての航海は決して甘くなかった。

 

その後は地獄が続く…

 

そう…

 

船酔いである。

 

船を動かしている間も危うい気はしていたが、

3匹を釣っている時が最も揺れて恐怖を感じた。

 

さらに、その後も波が激しいエリアを通過したため、

それまでなんとか耐えていた僕も…ついにダウン。

 

一度海に胃液を吐き出したらスッキリしたけれど、

その後は眠気が襲ってきて、

ベンチに座りながらウトウトしたり起きたりを繰り返していた。

 

船の中には横になる場所もあったけれど、

もう既に仲間が一人ダウンしていて、

僕自身は寝るほどでもないと判断したのだ。

 

その後は波が比較的穏やかになってきたため、

酔いもだいぶ改善しつつあったのだが…

 

その後、数時間船を動かしていても、

ルアーに何かがヒットする様子は全く無い。

 

 

時刻は13時をまわり、帰港時間を含めてあと2時間もない。

 

もはや今回は3匹の収穫で終わりか?

 

まぁ初めてにしては上出来じゃないか。

 

 

…と思い始めた矢先。

 

 

ルアーに何かが引っかかる。

 

 

「カジキだーーーーー!!!!」

 

 

仲間の声に反応し、何がなんだかわからないままに

動画を撮るべくスマホを持ち出そうとするも…

 

「逃げられた…」

 

と、一同落胆。

 

どうやら、後ほど聞いたところ、船長と乗船した仲間の一人は、

ハッキリとカジキが飛び跳ねるところを観たらしい。

 

一方、僕はと言えば…

 

 

なんだかそれらしきものを観た。

気がする(笑)。

 

なんだか悔しい!!

もう一度かかればいいのに!!

 

…と思ったが、残念ながらその後は

特に何も反応がなく、時間切れとなり、帰港へ…。

 

 

しかし…

僕としては今回の経験を、「奇跡」と呼ばずになんと言おう。

 

無料で船に乗らせていただいた上に、

自分ではほぼ実現不可能であろうトローリングを楽しむことが出来た。

 

しかも、ほんの少し見ただけとは言え、

カジキマグロと出会えたこと。

 

さらに、荒天は免れたものの、台風の影響がまだまだ残る荒波の中で、

無事に元気な状態で帰ってこれたこと…

 

これは紛れもない奇跡の連続だろう。

 

プロの素晴らしい運転スキルで船を動かしてくれた船長と

最初から最後まで、僕たちを守って下さった神に感謝したい。

 

 

最終的に、釣った魚は全部で3匹。

 

ありがたき海の恵み。

 

さっそく捌いていただいた。

 

↑加工したらなんだかおかしな絵になってしまった(笑)こっち見んな←

 

ありがたいことに、カツオに関しては僕が釣ったということで

全部いただけたのだが…

 

↑上がカツオ、下がシイラ

 

最終的にこんなに小さくなっちゃった。

 

でも、一人暮らしならむしろ十分すぎる量だ。

シイラは食べきれないのでほとんど冷凍したしね。

 

…というわけで、

初トローリングでカジキマグロを惜しくも逃したということで、

もう一度挑戦したくなった。

 

僕は普段、晴れている時にビーチに行くことはあるが、

比較的インドア派なほうである。

 

しかし、なんでも一歩踏み出してみることで、

世界が一気に広がるということを実感した一日だった。

 

今回同乗した仲間のうち、一人は初めましての方だったけれど、

その後の打ち上げで親しくなり、またもう一度一緒に釣りを楽しみたいと思った。

 

その時はカジキが釣れる…かわからないけれど、

せめてその勇姿をハッキリと拝みたいものだ。

 

 

いやでもやっぱり釣りたいよな〜〜〜カジキ!!

 

ほんの好奇心で参加しただけなのに、

船に乗る次の目標が出来てしまったのだった。

 

食糧危機を乗り越えるためというのもあるし、

釣りもやってみたいね!!!!

 

 

 

ちなみに、今回は近くのホテルに前入りしてみた。

 

 

宜野湾市の「レインボーテラス宜野湾」さん。

(↑※文字をクリックすると楽天商品ページ)

 

すっごく綺麗で広くてキッチンも付いていてとても良かった。

チェックインも対面ではないので、面倒な手続きは一切なし。

気軽に利用できた。

 

 

僕はふだん沖縄県内に住んでいるのだが、

気分転換にこちらへ泊まるのも良いかもね!

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない世界の闇や裏の情報、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

今後の世界の動向の予測と対策、

聖書の御言葉から得られた美徳・哲学など…

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を

自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*