2017年に、ありがとう

あと数時間で2017年も終わろうとしている。

長いこと隠居…いや、陰キャ生活を送っていた自分としては、
2017年ほどたくさんの人に出会えた年はない。

より多くの人と出会えたこと、
様々な助けをして頂いたこと、
感謝を忘れないようにしたい。

結局のところ、自分は生きているのではなく、生かされている。

今食べているもの、身につけているもの、住んでいる所、普段使用しているもの、働いている所…

これらは全て、人から提供されたものだ。

民泊のホストをして、サービスを提供する側の気持ちがわかった。

不平不満、文句を言っている人には誰も寄ってこないし、
クレクレ精神の人に何かをしてあげたいなんて全く思わない。

逆に、ルールを守り、こちらに最低限の敬意を払ってくれる人、
自分の力で旅行を楽しもうという人々に対しては、
精一杯力になってあげたいと思うのだ。

この人は自分に与えてくれているもの
この人がいることで、学べたこと
できるだけ人間の良い面に目を向けていけたらと思う。

逆に、感謝されることを考えてはいけない。

人の問題に対して、「自分がなんとかしなきゃ」と思うのはエゴ以外の何物でもない。

自分の承認欲求を満たすために、人を利用しちゃいけないよなって、最近になって思うのだ。

それよりかは、してくれたこと、どんなに小さなことでも感謝でいっぱいの気持ちになれたら、
自分自身にとって優しい生き方ができるだろう。

何か貢献することもなく、感謝してばかりというのは、別に悪いことではない。

その気持だけで、救われる人がどれだけいるのかわからない。

それくらい、「ありがとう」という言葉は偉大な力を秘めているのだろう。

誰でも出来るからこそ、怠りがちな所。

それは実は、最も大切なことなのだ。

 

今日も変わらず回っている地球にありがとう。

 

というわけで、2018年も、感謝でいっぱいの年にしたい。

Similar Posts:

コメントを残す