人生は至ってシンプル〜「やりたくないこと」「自分を責めること」はしない〜

「心の声」とか
「内なる自分」とか

よく言うけれど、

 

自分の本音に素直になることは大切。

 

というか、人生というものはいたってシンプルで、
「やりたくないこと」をやらないだけで良いのかもしれない。

 

夢リストを書こうとか「やりたいこと」を明確にしようとか
それももちろん良いのだけど、
「やりたいこと」に目を向けてしまうといっぱいいっぱいになってしまうし、
結局「やりたいこと」が「やらなきゃいけないこと」になってしまったら
ストレスになってしまう。

 

そうならないよう、
「やりたくないこと」を意識していくことが肝心。

 

急にライフスタイルや考え方を変えるのはなかなか難しい。

 

現に、抱えている仕事を「やるな」「やらなくて良い」と言うと
無責任で非現実的なように感じてしまう人もいるだろう。

 

 

それならば…

例えば

(自分)「今皿洗いをするか。」

(自分)「いや、今は疲れているからしない。」

(自分)「そうか…今日も遅くまで仕事だったもんな。今日は早く寝よう。」

 

 

…といったように、別に今サボっても他人に多大な迷惑をかけなくて済むような個人的なことなど、
自分の中での小さな選択や判断を一つ一つ大切にしていく。

自分の心の声に問いかけていくんだ。

 

 

これくらいなら誰でも出来るはずだし、
逆にこれが出来ない、つまり「やりたくない」という自分の声に蓋をして
「いや、今すぐやらなきゃ!」という状態になってしまうであれば余裕がない証拠だろうし
場合によっては鬱傾向にあるなど危険な状態だと気づくことも出来る。

 

基本的に人は変化を嫌い、安定を望むもの。

 

本当に自分を労りたいのなら、
急に楽な世界へ自分を突き動かすよりも、
自分が出来ることを徐々にやっていけば良い。

 

それならばストレスも少ないはずだ。

 

 

自分の心の中に小さなうさぎを飼っているとでも思えば良いんだ。

 

 

そのうさぎが病気にならないためにはどうすれば良いか?

そのほうがわかりやすいかもしれない。

別にうさぎじゃなくて猫でも犬でもハムスターでもスベスベマンジュウガニでも良いけど。

 

自分なんてどうなっても良いと思っているような心の優しい人は、

可愛いペットを蔑ろに扱いたいとは思わないだろうし。

 

 

それから、休日をただ寝るだけで過ごしてしまう人も多いかと思う。
好きなテレビや動画やゲーム、まとめサイトをダラダラ見続けてしまうなど。
僕も未だによくやる。

 

そんな時は
「またやってしまった」とか
「自分はダメだな」とか
「どうしていつもこうなんだろう」とか
自分を責める人もいるはず。

 

せっかくの休日なのに
これではストレスが溜まるばかりだ。

 

もし時間を無駄にしてしまったと感じるのであれば

 

「自分には休息が必要だった」とか
「癒やしが必要だった」とか
「吸収できる何かが必要だった」とか

 

自分にとって気楽な考え方、
自分の都合の良い考え方をすれば良い。

 

発信している人であれば
その時に感じたことをブログなりTwitterに書いても良いし。

生きてりゃ何でもネタになるからね。

 

自分を気持ちよくさせるのも
いちいち自己嫌悪に陥るのも
結局は自分の考え方次第。

 

無意識のうちに自分を責めてしまっているなら

まずはそれに気づくこと。

 

そして「自分を苦しめる考え方をしない」ことから始めてみよう。

 

それに慣れてきたら

「自分が嫌だと思うことや、気が乗らないことをしない」ことを選びつつ、
「自分にとって優しい考え方をする、自分がやりたいことだけをやる」

そんな生き方をしていけば良いんじゃないかな。

 

 

無理をせず徐々に習慣にしていって、自分にとって楽な生き方を見つけていこう。

Similar Posts:

コメントを残す