韓流映画「新感染」感想〜人間の醜さと愛を描いたゾンビ映画〜

先日、韓流映画「新感染」を見に行った。

予告編を見たらどうやらゾンビ映画みたいなので、面白そうだなーって思って。

 

 

実はこの日、元々はLGBTのイベントに行く予定だったんだけど

台風で見事に中止になってしまった。

 

 

なので映画を見に行くことに。

 

 

ちなみにこの映画、

予告編の他に防災の心構えをアドバイスしてくれる映像も上げられていてすごくためになった。

 


まぁ少なくとも日本ではゾンビに感染するということはまず無いにしろ、

ここ最近災害が多いのは事実。

いざという時に備えて自分の身を守るようにしましょう。

 

 

この映画は1日限り特別に上映されたのだけど、

上映日当日は映画の会員は無料で見られると言うので

台風が来そうなのにも関わらず見に行ったのだった。

 

 

そして、いざ映画が始まったら

 

「ピロリロリロン♪ピロリロリロリン♪」

 

Jアラートがそこかしこから鳴り響きまくっていた。

 

携帯見れないけど、

「あ、ついに来たな」と察した。

 

そう、奴が…台風が来たのだ!!!!

 

予想より思ったより早く暴風域に入ったのだ。

それがよりによって映画を観ている時だなんて…。

 

 

今現在進行形で観ている映画はゾンビ映画だというのに、

映画よりも別の意味で怖かったわ。

 

 

でも映画は続行なのでそのまま観ることに。

 

 

「ピロリロリロン♪ピロリロリロリン♪」

 

 

止まったと思ったら思い出したようにまた鳴り始める音。

映画に集中できねぇ…。

 

 

 

※以下、ネタバレありです。

 

 

 

 

 

ゾンビのいる車両を通ってきた主人公たちのことを、

安全圏にいる客が感染しているかもしれないと疑心暗鬼になって

主人公たちを罵倒したり徹底的に排除しようとしたりしたあたり。

 

ゾンビよりも人が怖いと思った。

 

 

自分たち可愛さの結果、犠牲になっちゃった人もいたわけだし。

主人公たちが別の車両に閉じ込められた後

老女はゾンビ化した自分のお姉さんを見つけた。

その前に彼女が実際襲われたところも目撃してしまっていた。

 

そのゾンビ化したお姉さんたちを自分たち(罵倒した客含む)の車両に入れてしまった

彼女の行動はちょっとスッキリしたけど。

もちろんやった事自体は許されるものではないが。

 

 

なんだか日本の原発問題に似ている。

「福島の子は受け入れない」みたいなことあったもんな。

実際、いじめや差別も起きたし。

 

恐怖心にかられていると冷静な判断ができなくなる。

結果、新たな悲劇を生んでしまうんだなって。

 

友人がゾンビになってしまって彼らを殴れない少年の描写があったけれど、

さっきまで親しかった人が急に敵になってしまうのがゾンビ映画の恐ろしさ。

 

自分の命も守らないといけない、しかし例えゾンビになっても友人は友人だし、

血の繋がった親子は親子のままだ。

 

しかし、ゾンビになったらもう死んでしまったと同じ。

不可逆性の残酷さ、切なさが伝わってきた。

 

 

そして、その中でも自らを犠牲にして仲間を助けた人々の存在が印象に残る。

 

果たして自分はどちらになれるのか?

緊迫した状況の中で、何が最善の行動なのかを判断できるか?

誰かを助けたいという綺麗事は言いたいところだが、

実際パニックになってしまったら難しくなるだろう。

そんなことにならないように、出来るだけ皆で声を掛け合うことが大切なのかな。

 

 

 

結局乗客の中で残ったのは主人公の娘と妊婦さんだけ。

子供には希望がある。

そこが物語の中の唯一の救いだった。

 

 

怖い思いをしているだろうに誰にでも心優しい主人公の娘に、

少しずつ誰かのために動こうと考えを変えていく主人公。

 

でも最後はゾンビとなり自ら消えてしまった…。

 

ただホラー映画を観に来ただけなのに。

ただゾンビが見たかっただけなのに。

ゾンビ映画を見に来たはずなのに、感極まってしまった。

 

ゾンビを通して人の成長を描く映画だったんだ。

 

 

映像も迫力があってよかった。

急に豹変する人々の様子も恐ろしくて良い。

 

 

そして僕もゾンビになってみたくなったので、実際なってみた。

 

 

「ぐへぁあああああぁぁぁえぇぇぇぇxひんぃパンツぃん
かぁいをふjmcしlsあいらいあkp」
 

 

ちなみにこいつに噛まれるとゾンビにはならないけど

変態になるから注意してね!

 

(ん?なんか今変な言葉混じってた?気のせい気のせい!キジムナーキジムナー!)

 

 

久しぶりにイラスト描いたらアニメとして動かしたくなってきた。

今度ゾンビのGIFアニメでも作ってみよ。

 

 

というわけで!久しぶりにとても良い映画を見て

非常に満たされた気分になった。

 

 

韓国映画ってちょっと漫画っぽい表現もあるけど逆にそれがわかりやすいし

ホラーは日本とはまた違った独特の雰囲気あって面白い。

個人的には「箪笥」という映画が好き。これもまた見たいなぁ。

 

 

 

 

 

難解な映画もよく観るけど、わかりやすく感動できる映画も良いね。

 

 

まぁ映画の帰りは暴風雨で死にそうになりながら帰ったけどね!

ゾンビになるかと思った!

まぁまだ雨風も大したことなかったし無事だったけどね。

 

暴風域に入った時はもちろんだけど、次台風来そうな時には外出控えるわ(笑)

 

 

これからの季節、沖縄は台風シーズンとなるので、

皆様、お気をつけてお過ごしくださいませ。

Similar Posts:

コリュの地下室LINE@シアターに友だち登録してみる?

「あなたの人生という劇場を自分らしく思い通りに生きられる」LINE@シアターを開催中です!

「雨人(あめんちゅ)=読者」としてお友だちに追加いただくと、コリュのちょっとしたつぶやきやアイデア、ブログの更新情報や漫画やイラストを受け取れます。

その他、LINE@シアター限定で配信中の「1日1語1得(いちごいちえ)!生きるのが11倍くらい楽になるしりとり哲学」など楽しい企画も盛り沢山です。

ぜひ以下のリンクから私コリュをお友達に追加して、リアルタイムなシアターをお楽しみください!

 

☆ありのままの自分で楽しく生きる「雨人」になるにはこちらから☆

コメントを残す