キツネとタヌキという日本の両性具有者達

このサイトのタイトルについて語らせて下さい。

仮にあなたがそんなのしらねーよ!と思ったとしても語りたくて仕方がないのです。

そこは欲望に従わせてください。

まず「狐狸」というのは文字通りキツネとタヌキのことです。

キツネとタヌキは日本古来の昔話しによく出てくる動物ということで、日本人には馴染みが深い動物だと思います。

実際犬猫のように近くにいるわけではないけれど、野生の動物としてほどよい距離感を保ち続けていることも魅力ですね。

どことなくミステリアスな印象さえ覚えるのがまた惹きつけられるのです。

キャピキャピした可愛い女の子よりもどことなく幸が薄そうというか憂いを感じる美しい女性に惹かれるのと似たようなものだと思います。(←お前のことは知らん)

そしてこのキツネとタヌキですが、キツネは女に化けることが多く、タヌキは男に化けることが多いとされています。

そうやって彼らは目の前の人間を翻弄しながらも、長い間日本人とともに共生をしていたのです。

そういうわけで、僕はこのキツネとタヌキというものに日本人の性のあり方の自由さを感じるんだ!!

それが今日の海のようにだだっ広いセクシュアリティと両性具有的な日本人の性のあり方に繋がるのだ!!

そしてIKKOさん始め数多くの著名人の方々のおかげでLGBTが生きやすくなっているんだ!!

…なーんて勝手に思っています。

その結果生まれたキャラクターが↓こちらになります。

実際日本は緊縛文化をはじめ、BLやGLなどセクシュアリティや性表現がある作品、姓に関するサービスが豊富な国ですね。

現に一部のセクシー女優は中国に大人気ですし、日本の性に対する個人のあり方が世界に受け入れられています。

僕も和風な世界観は大好きだし、歌謡曲っぽい音楽が大好きだし、自分が使うものは極力和モノに囲まれたいと思っています。

そんな日本のコンテンツや素晴らしい部分を、もっと世界に広められたらと思います。

おふざけサイトと思った?

俺だって真面目に語るぜ。

以降、次回に続く!↓

Similar Posts:

コメントを残す