とにもかくにも始めなければ、何も続けられない

昨日はギターの弦の張替えをしていた。

 

 

数年前に以前持ってたベースの張替えをして以来、
すごく久しぶりにやることなので、すっかり忘れていた。

なので、ネットで公開されている説明を見ながら行った。

 

やっぱり下手くそで上手く巻けなかったけど、弾き着心地も良い感じだ。
楽器が良いコンディションに保てるように、定期的にメンテナンスしないとな。

 

ギターそんなに弾くわけじゃないけどDTMでたまに触ったりする。
コード覚えてないし全く弾けないけど(笑)

 

実は初めてギターを触ったのって小学校3年生くらいで、
5年生くらいになってのめり込み、大好きなGLAYのBELOVEDを一生懸命練習したものだ。

 

 


当時はGLAYのCDをひたすら買い漁ったものだ。
 

しかし、手が小さい自分は指で弦を押さえるたびに手が痛くなり、
楽器を演奏する楽しさよりもなかなか上達しない、辛いという気持ちが勝ってしまった挙句、
次第にモチベーションが下がっていた。

 

また、中学になるに連れ自分自身のの興味もロックからダンスへと移行していったので、
次第に楽器をやらなくなった。

 

今でもあの時ギターを続けていれば今プロ並みに弾けたかもしれない…と思うこともあるが、
過去を悔やんだって仕方がない。

 

人の考えや興味はその時その時で変わるわけだし、
今の自分はある意味過去における自分の選択で存在してるもの。
だからある意味で正しかったのだと思う、
逆に楽器が好きでずっと触ってばかりの人って凄いなと思う。

 

昔挫折した分、今後は定期的に触っていけたらと思う。

 

物事を続けるには「始める日」がなくては何も始まらない。

 

それを永久に先延ばしするくらいなら、今始めたほうが良い。

 

たとえ途中でやめてしまっても、
それはそれで1つの事実として受け止める。

挫折すること、諦めることへの恐怖よりも、
病気など何かしらの理由で、続けたくても続けられない…
そのほうがもっと恐いはずだ。

 

なので、何か挑戦したいこと、やりたいことがある時は、
できるだけ早く始めるようにしよう。

いつかそれが実を結ぶ時が必ず来ると、自分を信じて。

 

煌琉さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

てなわけで、今後、なんとかしてDTMの音源(カバー曲など)を完成させて、
YouTubeに上げられたらと思います。

飽きっぽい自分がやり遂げる時が、果たして来るのか?

Similar Posts:

コメントを残す