石垣島離島巡り⑦〜マングローブクルーズで西表島の王と出会った話〜

前回の記事では西表島で散歩した時の様子について書いた。

 

 

西表島に来ても特に何をしているわけでもないので、

観光やレジャー目的など、人によってはつまらなく思えるだろうが、

「常に何かをしなきゃいけない」のが旅行ではないと個人的に思う。

 

 

限られた時間の中で島の中を散歩することで、

いつもは目にしないような景色に出会える…

 

 

そんな時間も大切だと思うんだ。

 

 

ただ、それだけじゃブログとしては何も面白くないので、

今回は実際に参加した

「マングローブクルーズ」について書いていきたい。

 

 

僕がマングローブクルーズに参加したのは15:30の回。

 

 

さっそくレッツゴー。

 

 


 

このクルーズでは、「サキシマスオウノキ」という

名前からしてなんかすごい木が実際に見られるというのだ。

(↑めちゃくちゃテキトーな説明)

 

 

ちなみに僕は普段からガジュマルなどの木にハグするくらい

沖縄の木が大好きなのである。

 

 

特に沖縄は徳が高い島なので、

一つ一つの木にも精霊が宿ってそうな印象だ。

 

 

そのため、木々などの植物には

どこか何かを悟っているような、

意志がありそうな気がするのである。

 

 

そのため、見る人によっては僕の発言は

不思議ちゃんに見えるかもしれないが…

 

 

できるだけたくさんの木と友だちになりたいと思っている。

 

 

ちなみに僕がこのような考えになったのは

こちら↓の書籍の影響だ。

 

 

タイトルからして不思議ちゃん満載な本だが、興味があったらぜひ。

 

 

 

さて、肝心のマングローブクルーズでは、貴重なお話がたくさん聞けた。

 

 

 

 

マングローブは木の名前ではないということ。

マングローブの種類として、マヤプシキやヒルギなど様々なものがあるということ。

仲間川は天然保護区域なので、どんなに荒れてしまっても直してはいけないこと。

 

 

 

そのためか、こんな感じで

日本離れした独特な大自然が守られているということだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか廃墟を見ているときと同じ感覚になるのも、

ある意味自然と人間によって実現された「ほったらかし感」

そして日常からトリップしたような「異世界感」がたまらないのかもしれない。

 

 

動画はこちら↓

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

ここが日本だなんて信じられないな…。

 

 

 

さて、出発から約30分後くらいに

サキシマスオウノキに行くための小さな船着き場に到着。

 

 

船着き場には誰もいないので、船着き場に船をぶつけて止める形になるので、

少しでも乗客の安全が守られるよう、船長さんの腕が試されるところだ。

 

 

船から出たあと、

鬱蒼とした茂みの中を歩くとすぐに「彼」はそこにいた。

 

実際に出会った王の姿が以下の写真である。

 

頭が高い人は低くして見ることをおすすめする。

 

 

 

存在からして異彩を放っている。

 

「その辺の木と一緒にされては困る」と言ってそうだ。

 

足元の根の形も美しくて惚れ惚れしてしまった。

 

 

 

 

 

根だけじゃないぞ。

 

 

どこまでも伸びていきそうなほどに天高く広がる枝。

 

 

 

それはまるで西表島全体を見守ってくれている神のようだ。

 

しかし、そんな神の近くでけしからん光景を目にした。

 

 

女性が携帯電話で話をしていたのである!!!!

 

 

思いっきりジャングルの中なのに

一体どうなってるんだ!!!!この島の電波事情は(笑)

 

 

王の勇姿を収めた動画はこちら(※画質悪い)↓

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

うーーーーーーー

柵があるためハグが出来ない。

 

 

触れたいのに触れられない距離とはなんてもどかしい。

 

 

このたった2日前に

竹富島で水牛ちゃんに触れられなかったときと同じくらい

切ない気持ちにもなってしまった。

 

 

王の前ではさすがの私も友達にはなれず、

ただただひれ伏すしかなかったのだ。

 

 

 

そんな少し切ないような、逆に満たされたような思いを胸に抱いたまま

残りのクルーズを楽しむことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、こいつ↓は先程のサキシマスオウノキの小さいバージョンである。

 

 

「俺もあんな風に大物になれたらなー」

などと思いながら窓の外を眺めている平社員のように

どこか哀愁が漂っている感じが実に可愛い。

 

 

 

 

港に到着後、帰りの高速船が待機していたのですぐさま、そちらに乗ることにした。

 

「帰ったらご飯はどこでたべよっかなー」

 

などと考えながら、軽い気持ちで乗ったものの…

 

 

地獄を経験した。

 

 

これまで経験したことがないほど非常に揺れたのだ。

 

 

すっげー怖かった…。

 

 

もし波照間島に行くならこの倍の時間、恐怖を味わうことになるのかもな…。

 

 

そう考えたら波照間島に行くのがちょっと憂鬱にもなるが、

ちょっと楽しみでもある。

 

 

石垣島本島に着いたあとは夜ご飯の場所探し。

 

 

雨の中の石垣市中心部。

道路に照らされた街の光が美しい。

 

 

本日の夜ご飯はこちら。

 

 

生姜焼き定食を注文。

 

お店自体も、リーズナブルな地元の美味しいご飯やさんという感じだ。

 

 

ちょうどハロウィンだったこともあり、↑可愛い飾り物もあった。

 

 

帰りはユーグレナモール周辺で適当にぶらぶらした。

 

 

 

この日まで中心部をあまりゆっくり散策しなかったものだから

色んなお店の発見があって楽しかった。

 

 

さて、宿に帰ったあとは

今回の旅で最も気になってたこの飲み物を飲む。

 

 

 

ゲンキなのかクールなのか?

 

つまりは冷静と情熱の間ってことか?

 

実に俺のような存在だ。

 

…そんなことを考えながら明日・最終日の予定を立てるのであった。

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない世界の闇や裏の情報、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

今後の世界の動向の予測と対策、

聖書の御言葉から得られた美徳・哲学など…

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を

自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*