人生二度目の石垣島旅行④〜波照間島のハイテクなモノたち〜

元号が令和になったばかりの2019年5月

GW明けに訪れた波照間島。

 

 

今回はその島で見た面白いものをまとめてみた。

 

 

前回↓

 

 

 

 

 

日本最南端之碑に訪れて時代の流れを感じ、

高那崎で荒れ狂う海の美しさに圧倒されながらも

なんとか出来る限り近づくことが出来た僕は

戦いを終えた戦士のように

満たされた気持ちでその場を後にした。

 

 

その前に…

 

 

 

 

 

あ、なんか面白いモニュメントがある。

 

 

…と思って近づいてみたところ…

 

 

 

 

全然違った。

 

 

普通の岩だった。

 

 

僕にはこんな感じで「オスライオンの像」に見えたんだけどな。

 

 

 

 

 

 

一方、こちらの岩。

 

 

 

なんだか牛が座っているようにも見える。

 

 

 

 

 

角度を変えてみよう。

 

もちろんこちらも普通の岩である。

 

 

 

あまり違いはないようにも見えるが(笑)。

 

 

 

このように、多くの自然が残る波照間島には

個性的な形の岩がたくさんある。

 

 

こういう旅の記録を書く時に気をつけているのが、

普通に「〇〇が良かった」というだけの記事にならないようにしている。

 

 

この経験を通して自分がどう考えたかとか、

他の人はあまり興味をもたないであろうものを

いかにして興味を持つかとか、

 

このようなことを意識するだけで、

「僕だから伝えられること」を表現できるのだ。

 

 

あなたもぜひ離島に行った場合はガイドブックに頼りすぎず、

色んなことにアンテナを張り巡らせて

何か面白いものはないか探してみるのも楽しいことだろう。

 

 

 

 

話が逸れたが、

以前の記事で気になっていたこちら↓の建物を目指して

自転車を走らせることにした。

 

 

 

 

写真の奥にうっすら見えるやつね。

 

 

日本最南端之碑からさほど遠くないところにそれはあった。

 

 

 

 

 

こちらは「波照間島星空観測タワー」というところだ。

 

 

星空だからきっと夜に大活躍するわけだね。

 

 

今回は日帰り旅行だから利用することはないだろうけど。

 

 

シャッターが閉まっているが、たまたま開館時間じゃなかったからか?

 

 

施設のサイトを見てみると、

お昼時の正午から1時間は閉まるとのこと。

 

でもこの日僕がこちらに訪れたのは午前11時代なんだよな…。

 

サイト↓

 

 

繁忙期じゃないから人も来ないだろうし

営業時間もまちまちなのかな?

 

そのゆるさが良い。

 

 

そういえば、本当ならば波照間島は日帰りではなく

一泊でも宿泊してみたかったんだ。

 

 

なぜかというと、この地は星空が綺麗だと聞いたからだ。

南十字座もはっきり見えるらしいね。

 

 

次の機会があるならその時は日帰りではなく

ぜひ宿泊して美しい満点の星空を楽しみたいものだ。

 

その時にはこちらの施設にもお世話になるかもしれないな。

 

 

 

いちゃいちゃ(?)しやがって。

 

 

この建物から自転車をさらに走らせると、

 

別エリアの高那崎に出た。

 

 

もう疲れてきたからこれ以上は散策しなくて良いかな。

 

 

 

こういう場所に咲く百合は綺麗。

 

 

再びここから自転車を走らせる。

 

 

 

やはり、所々でヤギを見かける。

 

 

 

すると…

 

 

 

ある場所にたどり着いた。

 

 

 

 

 

 

 

こ…これは!!!!

 

 

 

滑走路である。

 

 

飛行機の類は一切見当たらないが、

紛れもなく滑走路だ。

 

 

跡地ではない。

 

 

飛行機が飛んでいる様子は全くないが、

フェンス内には「立入禁止」の札があるところを見ると、

機能はしているらしい。

 

 

 

それもそのはず。

 

 

こちらは「波照間空港」なのだから。

 

 

建物がきれい。

どうやら2015年に建て替えられたようだ。

 

中には入れなかったようだが、駐車場に車があるところをみると、

一応人はいるようだ。

 

 

波照間に空港があると聞くと、

波照間行きの定期便を期待しても良さそうだよね。

 

そうすればあの揺れるフェリーに悩まされなくても良いわけだし…。

 

しかし、当然、定期便などは無いし、その見通しもないらしい。

 

ただ、緊急用で稼働させるようにはしてあるのだろう。

 

 

 

シーサーもちゃんといる。

 

 

ただ、建物自体が新しいと聞くと、

このまま使われずに風化してしまうようにも思えないのだ。

 

将来性的な利用も視野に入れているということだろう。

 

実際、具体的に実現されるかはわからないけれど

2020年に新たな定期便の導入予定があるらしい。

 

 

もしこちらが実現されたら

波照間への移動がさらに便利になること間違いなしだな!

 

 

 

 

さて、このへんで波照間島はもうすでに半分以上周っている。

そろそろ集落に戻ってランチでもとるか。

 

 

 

 

波照間島ののんびりとした風景を眺めながら走らせる自転車は

とっても気持ちが良いものだ。

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

風力発電機を発見。

 

 

波照間島の電気はこちらを用いて供給されているのかな?

 

 

こちらは調べてみたところ、「可倒式風力発電」というものらしい。

 

 

今では沖縄県内のいくつかの離島に数箇所設置されているようだが、

波照間島での設置が第一号だったそうだ。

 

 

そして、どうやらこちらを設置するまでに数々のドラマがあったようだ。

↓ぜひプ○ジェクトXでも取り上げてほしい、

人々の熱い想いと挑戦が感じられる内容だ。

 

 

 

世の中を動かすのは風力でも電気でもない。

 

 

新たな挑戦に立ち向かい、決して諦めず、

誰かのために行動し、実現を果たすことなのだ。

 

 

のどかな景色の中、似つかわしくないくらいに存在感のある風力発電所。

 

 

 

 

しかし、その存在感に、人々の偉大な情熱を見た気がした。

 

 

 

 

 

道の脇に佇んでいる子ヤギに癒やされながら

集落へと向かう。

 

 

 

集落に着いた。奥は学校らしい。

 

 

 

 

日本最南端の駐在所。

日本地図が描かれているのが印象的だった。

赤の部分は波照間島なのだとか。

 

 

…というか、こんな小さな島で大きな事件もほとんどなく

仕事なんてあるのだろうか?

 

まぁいいか。

 

 

この集落で昼食がとれるところを探そう。

 

 

 

 

しかし…ここで問題が…

 

 

 

 

行くところ行くところどこも閉まっている…。

 

 

 

おそらくGW明けで臨時休業しているところがほとんどなんだろうなー。

 

 

 

 

そんな中でやっとのこと開いているお店を見つけた。

 

 

こちらも日本最南端のcafeだそうだ。

 

 

飲食スペースは屋外のみなので涼むことは出来ないが、

自然をうまく活かした良い雰囲気のお店で

離島のカフェっていう感じがすごく好みだ。

 

 

ベジタコライスを注文。

外食でベジタリアン向けのメニューを頼むのは久しぶりだな。

正直お昼はもっと軽くて安いものでも良かったのだけれど、

たまにはちょっと贅沢に、おしゃれでヘルシーな料理も良いよね。

 

 

今回はお昼で利用したけれど、

ビーチで思い切り遊んだ後は、

こちらでドリンクやスイーツを嗜みながら

旅の疲れを癒やしてみるのも良いんじゃないかな。

 

 

 

猫さんも気持ちよさそうに寝てますな。

 

 

 

ちなみにこちらのカフェのトイレもセンス溢れる素敵空間で癒やされた。

波照間島でランチをする場所を考えているなら、

ぜひ立ち寄ってみてほしい。

 

 

 

さて、ランチを食べて元気になったら、

次はこの日のメインスポット、ニシ浜へと向かう。

 

 

とにかく海が美しいと聞くニシ浜だが、

 

はてさて、どれだけ美しいのかな?

 

 

そしてインドア派のくせに泳ぐ気満々の僕は

無事、海の中で魚たちとの出会いを果たすことが出来るのだろうか?

 

 

次回へ続く!!!!

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない世界の闇や裏の情報、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

今後の世界の動向の予測と対策、

聖書の御言葉から得られた美徳・哲学など…

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を

自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*