青春18きっぷ2019夏⑤〜小田原のユニークなホテルとカレー屋さんのことしか書いてないぜ〜

2019年18きっぷの旅も

ついに2日目の夜に突入した。

 

 

ヘトヘトに疲れていない限り、

旅先では夜でもすぐに休むことが無いのが僕のポリシー。

 

 

今回も眠りにつくまで遊び倒すとしようか。

 

 

↓前回

 

 

 

在来線の電車で静岡区間の長くて辛い乗車時間からようやく開放され

この日の目的地である小田原駅に着いて一安心の僕。

 

 

さっそく駅近くのホテルに向かった。

 

 

 

 

 

ここか。

 

 

こちらのホテルはホテルオレンヂさん。

 

 

建物からしてオレンジオレンジしてるね。

 

 

小田原も小田原城で有名な観光地なわけだし、

こんなに鮮やかな色で浮いているんじゃね?と思いきや

むしろ馴染んでいる不思議。

 

 

某◯◯◯ちゃんハウスみたいに

「周囲の景観を損ねる!!」

と怒る人がいなかったのだろうか。

 

 

まぁ仮にいたとしてもきっと一人か二人くらいだろうし(←超適当な憶測)

変わっているのは色だけで建物そのものは普通だし

何も問題はないだろう。

 

 

むしろ個性的で、インパクトも大で良いと思われる。

 

 

僕としても、建物に関して言えば、

今まで泊まったホテルやゲストハウスの中で最も印象強く、

絶対に忘れないだろうと思う。

 

 

まぁ民泊やゲストハウスなどはともかくとして、

ホテルってどこも似たり寄ったりだから

話のネタにもなるしね!

 

 

ちなみに、僕の経験談で言えば、

祖母の家の近くに、紫色の家ができたことがあるのだ。

 

 

周辺が田舎なだけに、

当初は家族親戚の皆が注目していて、

「すごいね」「なんで紫なんだ?」

「不釣り合いじゃね?」「変わってるよねー」

とかなんとか言ってたんだけれど、

 

 

なんだかいつの間にかその景色が当たり前になっていたしな。

 

 

 

 

 

 

景観って、結局慣れてしまえば

日常の中に溶け込んでしまうんだよね。

 

 

そう考えると、

「オーシャンビュー」ってあまり意味がない気がする。

ホテルはともかく、家探しだったら特に。

 

 

それよりかは機能性や通気性など住んでいて快適かどうか、

閉塞感、圧迫感がないかどうか、

周辺との利便性などが重要だよね。

 

 

 

話をもとに戻すと、

こちらのホテルオレンヂさんは駅へも徒歩数分で行ける上に

近くにコンビニもあるし飲食店も豊富だし

利便性の点でも申し分なし。

 

 

至近距離にある健康ランドは貸切の温泉もあるようだから

今度寄った時は利用してみようかな?

 

僕みたいにどっちつかずの身体で大浴場が利用できない奴には

貸切や個室って大変ありがたいのだ。

 

 

 

 

さて、建物がこんなにオレンジオレンジしていると

部屋までオレンジ一色じゃないかと心配になってくるが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

無用の長物。

いたって普通でした。むしろ綺麗。

 

 

部屋は禁煙じゃなかったから、ほのかに臭いはしたけれど、

そんなに気にならなかったし、

建物や設備が古い割に、清潔感があってとても良い。

 

 

写真撮るの忘れたが、タオルやバスマットもオレンジで可愛かったよー。

 

 

オレンジ色は元気な気分にさせてくれるので

楽しい旅になりそうな気もしてくるね。

 

 

駅にも近いし、箱根や熱海への旅行にも便利だし、

フロントの方も親切だったし、

今後もしかしたら、またお世話になることはあるかもしれないな。

 

 

☆ホテルオレンヂさん(小田原市)の詳細はこちらから☆

 

 

ちなみに…

 

 

今回はじゃらんから送られてきた

「期間限定ポイント」の2000ポイントを使用して、

1泊4500円だったところを、

2500円くらいで泊まれたのだ!!!!

 

 

↑予約完了メールの一部

(画像では期間限定ポイントなのかは確認できないが)

 

 

もし、あなたにも、

じゃらんやホットペッパーからメールが来ていたら、

それはお得にサービスが受けられるチャンスだ。

 

 

その際に「期間限定ポイント」というものがないか

ぜひチェックしてみると良いだろう。

 

 

ちなみに僕はホットペッパーグルメも期間限定ポイントを利用したし、

ホットペッパービューティでも

そのポイントを使ってメンズネイルサロンを予約した。

 

 

こういうちょっとしたノウハウを知っているだけで

毎日がちょっと楽しくなるし、節約にも繋がるよね。

 

 

今後もこういう旅に関するお得な情報をゲットしたければ

ぜひ私・煌琉のLINE@に登録いただければと思う。

 

 

(ページの一番下にLINE@の登録用のバナーがあるので

ご登録はそちらからどうぞ。

人生を楽に生きるためのヒントも不定期で発信しています。)

 

 

 

さて、ホテルに荷物を置いたら街へ繰り出そう。

 

 

 

 

 

 

夕飯は「これが食べたい!」という明確なものがなかったので、

無難なカレーにした。

 

カレーって風邪以外はいつ食べても美味しいし、

僕としてはとっても便利な食べ物だ。

 

 

何が食べたいのかよくわからない時は

とりあえずカレーにしておけば間違いないだろう、的な。

 

 

大和魂全開の僕には

「日本人なら和食だろ」と言いたいところだが、

そんなのどうでも良くなってしまうくらい、

カレーってとっても国民的なメニューだなーと思う。

 

 

暇な時は自分で作るんだけど、

1週間分くらい作って冷凍するんだよね。

 

 

疲れて帰ってきても解凍して食べれば良いから

すごく楽ちん。

 

 

 

↑過去に作った自作カレー

 

カレー大好き!!!!

 

 

 

というわけで(前フリ長い)、小田原市内のカレー屋さんに行ってきた。

 

 

 

店内に入るとインド人の店員さんが迎えてくれた。

 

 

夜だとランチより価格が高くなるお店が多い中、

(↑いや逆だ、夜が本番でランチを低価格で提供している店が多いんだ)

 

夜でもランチでも値段が変わらないのが嬉しい。

 

 

セットの中でも一番安いDセットを頼んだ。

 

 

 

カレーは定番のバターチキンカレー。

ナンもご飯もついてくるのが嬉しい。

リーズナブルだしガッツリ食べられて満足満足。

 

こういうインド人が経営しているカレー屋さんって、

一般的にどこのエリアにでもあって、

ほとんど似たような感じがある印象だ。

 

 

しかも、建物の立地として一通りの少ない奥まったところや、

ちょっと古そうなビルの中にあるなど、

入りにくい雰囲気のお店が多いのも事実である。

 

 

一方で、こちらのお店はドンキホーテの建物の中にあるし、

周辺はラーメン屋さんもあるわけだし、

中の様子も見えるので、初めてでも安心して入れるかと思う。

 

 

さらに言えば、こじんまりとしているから一人でも入りやすいし、

店員さんも元気が有り余っているわけではなく、

どちらかというと落ち着いた穏やかな感じだから、

僕のような一人もんでも気後れしなくてだいぶ助かる(笑)。

 

 

始めてきた場所なのに、気軽にふらっと立ち寄れる雰囲気って大事よな。

 

 

 

 

 

さて、夕飯をとった後は、

夜の景色を撮るためにちょっと出かけるとするか。

 

 

せっかく18きっぷがあるから、

熱海へ向かうことにした。

 

 

昼間の熱海もまだ行ったことがないくせに、

夜の熱海などに行って、変わった発見と巡り会えるかは不明だが(笑)

 

 

とにかく「行きたい!」と思ったら

「行く!」のが僕のモットーだ。

 

 

というわけで、次回をお楽しみに〜。

 

続き↓

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない都市伝説など裏の情報や、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

豊かな人生を歩むための視点や考え方、哲学…などなど

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*