青春18きっぷ2020春⑦明石の玉子焼き&白鷺・姫路城と”黒鷺”城?

“コリュ”こと天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)だよ。

 

「青春18きっぷ2020春」ということで、

2020年3月の関東→四国への旅の記録を綴っていくこのシリーズ。

 

今回は静岡県から関西方面に進み、兵庫県に訪れた話。

朝と夜に撮影した姫路城の様子をお伝えしていきたい。

 

 

☆前回はこちらから↓

 

 

 

宿泊していたホテルで朝食をとったら、さっそく次の目的地へ出発。

 

 

関西方面へ向かい、電車を乗り継いでいく。

 

5時間後…

子午線(東経135度線)上にある明石市立天文科学館の大時計を通り過ぎる。

 

 

残念ながら手前の物体が邪魔だけど、これしか写真が無いのだ…。

 

 

というわけで、観光と休憩がてら明石駅にて下車。

 

ふだん滅多に朝食をとらないのだが、

この日はせっかくのホテルバイキングで多めに食べたので、

途中で昼休憩は挟まなかった。

 

前日の浜名湖サイクリングでも、途中でお昼を食べた形跡がなかったので、

恐らく同じような感じだったのだろう。

(※時を経てしまったので忘れた。)

 

 

ホームのゲートが門型ではなく、紐が自動で上下に動く形となっている。

東京近郊の駅のゲートとは違っていて珍しく感じ、ちょっと興奮した。

 

 

こちらは明石城だけど、今回は立ち寄らない。

 

 

確か明石市は、海鮮が美味しいと聞いた。

せっかくなので何か食べようと「明石銀座」という名の通りへ訪れる。

 

 

2020年と言っても、3月でまだコロナ騒ぎの影響をほとんど受けていなかった時期なので、

人もそれなりにいたし、お店も開いていた。

 

 

「魚の棚」商店街に到着。

ここで明石名物を食べながらちょっと一休みでもしよう。

 

 

明石名物・玉子焼き!!!!

 

お店の暖簾には「玉子焼き」とあったが、「明石焼き」とも呼ばれているようだ。

 

いわゆる「銀◯こ」や大阪のたこ焼きに見られるようなソース味のものではなく、

つけ汁を付けて食べる、あっさりしたタイプのものだった。

 

一つ一つが小さいので、わりとパクパク食べられちゃう感じ。

 

 

もっと色々なものを食べ歩きしてみたかったけれど、これだけで満足したので、

やや名残惜しいながらも明石を後にする。

 

電車に乗ると、20分ちょっとで本日の最終目的地へ到着。

 

 

この日の最終目的地・姫路駅へ到着。

 

 

実は、こちらへ訪れたのは初めてではないのだが、

前回は遠くから姫路城を撮影しただけで終わったので、

今回はがっつり近くに来て撮影したいと思ったのだ。

 

↓過去に姫路へ立ち寄った時の記録はこちらから

 

 

今回利用したホテルは「ホテルモントレ姫路」さん。

(※文字をクリックすると楽天商品ページ)

 

 

写真では伝わりづらいかと思うが、部屋は広くて綺麗。

終始快適だった。

 

 

ホテルで一休みした後は、夕方頃から本格的な散策へ。

 

 

 

このようなアーケードも昼間は人がたくさんいるだろうが、

夕方以降の人通りが少ない、少し寂しい雰囲気もまた好きなのだよ。

 

 

姫路城へ到着!!

 

 

ライトアップされていて綺麗だ。

昼の姫路城とはまた違った印象。

昼が白鷺なら、こちらは黒鷺といったところか…?

 

 

 

徐々に日が落ちていき、周囲も暗くなっていく。

 

 

 

以下の写真は、夜の姫路城を撮影したものである。

 

 

正面かつ遠目から撮影したもの。

 

 

 

なんだか闇の動物園って感じ。

きっと昼間は可愛らしい動物が描かれているんだろうけど、

動物のシルエットが不気味に思えてちょっと怖かった。

 

 

これから先は、可能な限り拡大していく。

 

 

斜め下から撮影。

 

 

こちらは真後ろから撮影したもの。

 

 

姫路城の裏側には姫山公園という公園があり、

ウォーキングやジョギングをしている人達がいた。

 

 

 

これらは共に西側から撮影したもの。

同じ建物を違う角度から撮ったように見えるが、実は二つとも違うのだ。

 

 

 

池(見えないけど)に映り込む外堀が美しい。

 

 

姫路城の周りを一周したら、夕飯を買ってホテルへ戻ることに。

 

 

ちなみにこの日の夕飯だけど、メルペイでポイント還元のキャンペーンをやっていたので、

それを目当てに、某ファーストフード店を利用したのだが、

翌日メルペイをチェックした所、ポイントが還元されていなくて唖然とした。

調べた所、どうやら姫路の店舗はキャンペーン非対象であったことが発覚したのだ。

 

こんなことなら、姫路にしか無い個人飲食店でも利用すればよかった…。

…と、ちょっと後悔。

 

 

翌日はホテルをチェックアウトする前に、

少し早く起きてまたもや周辺を散策することにした。

 

 

 

 

朝だから開いているお店は少ないものの、

アーケードも夜とはまた違った雰囲気だ。

 

 

またしても姫路城に到着。

明るい時間帯の城の写真も、間近で撮影したいと思ったのだ。

 

 

昼間なので文字もハッキリ見える。

 

 

手前にある三の丸広場も桜がたくさん咲いていて、

憩いを求めて来た人々もちらほら。

 

 

同じ箇所を再び周る気力もないので、朝の写真は正面からのみ。

あとは心ゆくまで桜を撮影する。

 

 

 

今回の旅は各地を巡るだけでなく、

沖縄では見られない内地の桜を堪能するのも目的だからね。

 

 

 

 

さて、ホテルをチェックアウトした後は次の目的地へ。

 

次回はいよいよ四国に突入!!

四国は香川以外初めてなので、何日かに分けて滞在予定だが、

まずは高知を目指していく。

 

しかし…四国はJRの便が限りなく少ないため、難関とも聞いている。

果たしてコリュは、最後まで楽しむことができるのか?

 

お楽しみに!

 

☆続きはこちらから↓

 

Similar Posts:

本来の日本人、本当の自分自身へ還る旅に出ませんか?

コリュの中の人が運営する電子秘密基地(オンラインコミュニティ)「雨乃京-アメノミヤコ-」では、

一般的にあまり語られていない世界の闇や裏の情報、

世の中の嘘を見抜くための方法、

大切なお金や資産を守るための方法、

毎日健康でいられるための食や身体に関する情報、

今後の世界の動向の予測と対策、

聖書の御言葉から得られた美徳・哲学など…

 

これらの情報を参加者様である「ミヤコビト」様たちに共有し、一緒に考えていきます。

 

戦後の間違った教育で矯正された自分達ではなく、

本来の日本人としての自分達として、

大切な伝統を守りながらも今の時代にあった価値観を取り入れて

政府でも他の誰でもなく

自分にとって居心地の良い環境を

自分の手で作っていきたい!

 

そんな方は、ぜひちょっとでも覗いてみてください。

 

「自分なんか生きている価値なんて無い」などと諦める前に

僕たちと一緒に楽しく「より良い生き方」を模索してみませんか?

 

大切な兄弟姉妹の一人である、あなたのご参加を心からお待ちしております。

(なお、現時点で雨乃京はFaceBookグループとテレグラムチャンネル、
メールマガジンにて運営しております。

テレグラムは日々のつぶやきなどやちょっとした情報なども共有するため、内容は豊富ですが、

メインの投稿に関してはいずれも同じ内容ですので、お好きな媒体をご登録くださいませ。)

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」の参加はこちら↓から

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」Facebook版

※↑Facebookページへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」テレグラムチャンネル版

※↑テレグラムチャンネルへ飛びます。

 

電子秘密基地「雨乃京(アメノミヤコ)」メールマガジン登録フォーム‘;

※↑メールマガジン登録ページへ飛びます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*