SNSの「ブロック」なんて、全然怖くない

「コリュ」こと天海夜 煌琉(こうりゅう)でございまするん。

 

 

このところ、

人間関係の考え方や

自分自身のコミュニティを構築する方法などを

書く機会が多くなった。

 

 

 

それはきっとすぐに不安になったり

気が気ではなくなったりしてしまう自分の性質から

ちょっとでも楽になりたいと思って、

人間関係に関連する情報を勉強しているがゆえのことだ。

 

 

 

その、自分が「不安じゃない」「気が気じゃなくなる」状態に

させられる原因となるものの一つ…

 

 

それはSNSである。

 

 

というわけで今日は

 

「僕がSNS上の”ブロック”を怖がらなくなった方法」として

 

 

「ブロックに対する考え方を根こそぎ変えて、

リアルでもSNSでも人間関係を100倍楽にする話」

をしたいと思う。

 

 

 

僕は、今ではあまりSNSをそれほどやらなくなったが、

昔はTwitterなどでブロックされたりフォローを外されたりした度に

酷く落ち込んでしまっていたものだ。

 

 

そのため、いろいろな人々の考えが見れて楽しい半面、

常に不安な感情と戦いながらSNSをしていたのである。

 

 

今相互フォローしている人が、急にTLに現れなくなったらどうしようとか

 

 

たまたまその人のページを見に行ったら

自分へのフォローを外されていたらどうしようとか

 

自分がたまたま何気なく呟いたことで

他の人の気分を害したらどうしようとか

 

悪口言われていたらどうしようとか

 

そんな不安ばかりが付きまとっていたのだった。

 

 

また、自分の考えを表明するとクソリプを食らったり、

嫌な内容の空リプをしている人を見て、

「これって自分のことかな…?」とモヤモヤしたりすることもあった。

 

 

 

 

でも今では、とある考え方をするようになって、ちょっと楽になった。

 

 

それは

 

「ブロックされるということは、

自分の人間関係の質がより良くなる」

 

ということだ。

 

 

「え?ブロックされたり嫌われたりされたら、普通凹まない?」

 

 

多くの人はそう思うだろう。

 

 

 

しかし、よくよく考えてみよう。

 

 

とある人からブロックされて落ち込むなんて

長い人生の中で見たらほんの一瞬の出来事である。

 

 

しかも、ネット上だと相手は素性のわからない赤の他人である。

 

 

その相手は良い人かも悪い人なのかもわからない。

 

 

知らない誰かからブロックされたというだけで、

あなたの人間性の価値が低くなるわけではないのだ。

 

 

さらに言えば、

もしあなたが顔のわかる知人や友人からブロックされた場合だとして、

ブロックされずにそのまま付き合いを続けていたら?

その人との人間関係は今後も良好に続くだろうか?

 

 

 

その答えは、

残念ながら「NO」の可能性が極めて高い。

 

 

 

というのは、

あなたをブロックしてくる人、

もしくは

あなたをブロックしたいと思っている人、

 

 

そのような人々との人間関係が、今後も良好に続くとは

僕には全く思えないのだ。

 

 

 

 

 

それに、「あなたがブロックされる」ということは、

あなたが人間的に劣っているからではなく、

「その人とは合わない」というだけである。

 

 

それを相手が判断してくれて、ブロックしてくれたというわけだ。

 

 

長期的な視点で見れば、

むしろ早めにブロックしてくれた相手に対して、感謝しても良いくらいでは?

とも思うのだ。

 

 

でも、多くの人はブロックされただけで、

「嫌われた」「何か悪いことしたんじゃないか?」

「何だあいつ!ブロックしやがって!」

「(自覚がある場合)あんなことしなければ良かった」

などと嫌な気持ちが次々と湧き上がってくるだろう。

 

 

自己嫌悪に陥ったり、疑心暗鬼になったり

相手に対して恨みつらみの感情を抱いたり

後悔の念を抱いたりするようにもなるかもしれない。

 

 

しかし、心が読めるわけじゃあるまいし、

人の考えなんて、言わなきゃわからないものである。

 

 

わからないものをあれこれ推測して嫌な気持ちになってしまうのは

精神衛生上良くないし

昔の僕のように、ちょっとしたことにでも過剰に反応してしまい、

常に不安と戦いながらSNSを使うことになるだろう。

 

 

 

しかも、たとえオフラインだろうがオンラインだろうが、

仮にブロックせず(されず)にそのまま関係を続けていったとして、

あなたが過剰に気を使う関係というのは、

あなたにとって必要だろうか?

 

 

むしろ、その人間関係があることで、

あなたがより自由になることを妨げてしまう可能性だってあるのだ。

 

 

ホリエモンこと堀江貴文さんも、ストレスを抱えてまで

昔の友人と付き合う必要は無いと明言している。

 

 

 

人によっては一見冷たい考え方に思えるだろうが、

これは本当にそうだなと思う。

 

 

以前の友人と合わなくなってきたということは、

自分自身が成長しているということだからである。

 

 

お互いに違う環境に身をおいていれば

考えが違ってくるのは当然である。

 

 

お互いに自立した人間だけれど、長年仲良くむつまじい関係…

それは一見素晴らしいことのように思えるけど、

 

「自分自身が成長していない可能性」

「これで良いや…と、ぬるま湯に浸かってしまっている可能性」

「いつまでも自分が相手に合わせている可能性」

「新しいことに挑戦していない可能性」

 

…などなど、負の側面で様々な可能性も考えられるのだ。

 

 

その点を踏まえた上で、

あなた自身がストレスを感じる人間関係って必要だろうか?

 

 

僕自身で言うならば、

僕は、必要とは思わない。

 

 

友達は多いほうが良いとも限らないし、

自分自身はむしろ少ない方である。

 

 

そもそも、あまり沢山の人と付き合えないから

少人数の人と深い付き合いをしていきたい。

 

 

しかも、友達の人数だけで、

人の価値が決まるわけじゃないとも思っている。

 

 

それならば、「合わないな」と思ったら距離を置けばよいのである。

 

 

もし、あなたがネット上で本音を発信をしているのを見て、

あなたから離れていく人がいるのなら、

 

それは相手があなたと「合わない」と判断してくれて、

その後起こりうる人間関係のトラブルや、

価値観が合わないことによって発生する

互いのストレスを回避してくれたとも考えられる。

 

 

 

 

要するに、

「将来的な関係性を視野に入れれば、ブロックはむしろ必要」

ということだ。

 

 

 

そのため、

もしあなたがブロックされたら…

 

まるでRPGなどのゲームでレベルが上ったかのように

 

「自分の人間関係の質が上がった!」

 

と思えば良いのだ。

 

 

 

 

そう、どんどんブロックされて良いし、

ブロックして良いのだ。

 

 

 

僕も以上のような考え方ができるようになって、

最近ではブロックされたり嫌われたりすることを

以前ほど恐れなくなったし、

 

 

逆に、自分も逆恨みなどを恐れることなく、

「はい、さよならー。」

と、合わない人とは即ブロックができるようになった。

 

 

もちろん、ブロックをすぐにできそうにない場合は、

距離をおいたりミュートしたりなど

最低限の気遣いとしての処置は取っているけど、

 

「もうこの人とは金輪際関わりたくない」

と思った場合は、全く容赦しないな(笑)。

 

 

「ブロックするなんて、酷い!」と思われそうだが、

自分の幸せを最優先に考えれば、それで良いと思うし、

その行為ができる自分を許せるようになったし、

結果的に相手のことも許せるようになるのだ。

 

 

というわけで、

総合的には「ブロック」という概念を

さほど恐れなくなったし、受け入れられるようになった。

 

 

というのも、僕がブロックやフォロー解除するケースを具体的に話すと、

 

僕だって色々な情報を取っているが、

昔から同じ人のメルマガを読んでいるわけじゃなかったのだ。

 

もう購読を解除してしまったり、

メールの受信はするが、もう読まなくなったりしてしまった人もいる。

 

 

でも実際のところ、

嫌いになった人はあまりいないのだ。

 

 

むしろ「ありがたい」と思っている人のほうが圧倒的に多い。

 

 

その人の言葉が、自分の血や肉となったことは事実だし、

その人の存在があったことで、自分が成長できるようになったのだから。

 

 

もちろん、その人のことを深く知る上で

「根本的なものが合わない」「なんかこの人嫌だな」

などと感じて、離れる場合もあるけど、

それはどちらかと言えば、

オフラインでの人間関係によく見られる傾向である。

 

 

しかし、それはそれで、自分自身が成長している証拠であり、

むしろその事実をわからせてくれた相手に、感謝できるようにもなったのだ。

 

 

 

そうやってブロックやフォロー解除を繰り返して

さらに色々な人々と出会い、

その人々の良い部分を吸収していった結果、

自分というオリジナルな存在が出来上がっていく…

 

 

そう考えたら、

「むしろブロックは推奨すべきものなのでは?」

と思うようになったのだ。

 

 

 

さて、まとめると…

 

ブロックという行為自体は

ブロックを実行した本人が、

ブロックした相手と「距離を置くことを提案」して

「強制的に実施」しているだけである。

 

 

そのため、ブロックされることで、あなた自身の価値が下がるわけではない。

 

 

それで「嫌われた」などとネガティブな感情が湧き上がってきたのなら、

それは自分自身で意味付けをしてしまっているだけである。

 

 

それならば、その意味付けを、

あなたがストレスを感じないものに変えれば良いのだ。

 

 

もしブロックなどで誰かがあなたから離れていったら、

 

「これからまた一人、別の人と友だちになれる。」

 

と考えてみてはいかがだろうか?

 

 

 

そうやって「誰かから嫌われても大丈夫」と思っていれば、

一人の人に依存しなくて済むし、

あなた自身も、今後新たな人間関係が

より楽しみになってくるだろう。

 

 

 

この記事を読んでいただいた後、

もし、あなたがSNS上でブロックされたら

怒ったり悲しくなったりすることもあるだろうが、

 

「これは新しい人と出会うチャンスだ」

 

と思うことで、人付き合いのストレスも軽減されるだろう。

 

 

 

空いた穴は必ず埋まる

空いた心も必ず埋まる

 

 

そう思うことで

一瞬の出来事に一喜一憂しなくなったのだ。

 

 

「去る者」で空いた穴は、「来る者」によって必ず塞がる。

 

 

 

…さて、いかがだっただろうか?

 

 

 

ちなみに今回の記事は書籍「コミュ障でも5分で増やせる超人脈術」より

インスピレーションを得た。

 

 

こちらの本の内容自体は、

ブロックに関することは特に明記されていないが、

嫌われることを恐れなくなる考え方や

友だちが少ない内向的な人でも、色々な人と繋がれるようになるための、

人間関係の構築法などが書かれている。

 

 

そのため、

「これは自分のために書かれた本だ!」

と、読み終わった際は大変感激したものだ。

 

 

そして、本の内容を一つ一つ実行することで、

僕はもうすべての人から好かれようなんて微塵も思わなくなったし、

その延長で、SNS上の「ブロック」に対する考え方も変わったのである。

 

 

もうこれからは、

「たとえ自分と合わなくても、周りの人とうまくやるのが当たり前」

みたいな、妥協したような考え方も一切しないだろう。

 

 

 

なぜなら、本気で成功したいからだ。

 

 

 

「一般的な人々」の考え方を鵜呑みにしていては

自分らしい人生を歩むことなど出来ない…

 

 

僕は自分にしか成しえないことで

自分の人生を歩んでいきたいし、発信を続けていきたい。

 

 

だからこそ、

「与えられたものに甘んじるのではなく、

自分自身で選んだ人間関係を構築していく」

と心に決めたのだ。

 

 

というわけで、もしあなたが

本気で「自分と合う人」だけと楽しく人生を送りたいと思うのなら、

おすすめの書籍である。

 

 

↓↓↓書籍の内容をチェックするならこちらから

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術

 

 

僕がこうして賢人たちから学びを得たように、

僕の思いが、あなたの人間関係に対する考え方に

少しでも良い影響を与えることが出来たら嬉しい。

 

 

 

もちろん、ちょっとでも「違うな」と思うのだったら

ブロックしてくれたって構わない。

 

 

 

 

ブロック…

 

 

 

 

 

ブロックね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い切り怖がってんじゃねーか(笑)

Similar Posts:

コリュの地下室LINE@シアターに友だち登録してみる?

「あなたの人生という劇場を自分らしく思い通りに生きられる」LINEシアターを開催中です!

「雨人(あめんちゅ)=読者」としてお友だちに追加いただくと、”天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)”もとい”コリュ”のちょっとしたつぶやきやアイデア、ブログの更新情報や漫画やイラストを受け取れます。

ぜひ以下のQRコードから私コリュをお友達に追加して、リアルタイムなシアターをお楽しみください!

 

こちら↓からコリュをお友達に追加してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*