【2017年2月山口〜福岡の旅⑤】下関のレトロな建物と唐戸市場の海鮮丼【御楽縁生記】

 

コリュにちばんこ。

 

狐と狸の妖怪・無性別

天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)でございます。

 

「御楽縁生記(ヲタノエンセイキ)福岡・山口の旅」も

今回で5回目であるが、

前日である4回目はかなり濃い内容の旅となった。

 

前回↓

 

その日は色んな意味で盛り沢山な一日だったけれど

今思い返すと…

もしかしたらこれまでの旅の中で

トップレベルに印象的な思い出だったかもしれない。

 

というのも、基本は計画的に行動するので

元々の計画自体に遅れが出たとしても、

行きたいところに行けなかったくらいで

大きなトラブルに遭遇することも、そんなにないからだ。

 

海外の研究では、

「旅の最中に何かしら嫌な思いをしたとしても

最終的な旅の満足度に大きな違いはない」

といった研究結果もあるらしい。

 

命の危機を感じるくらい過酷すぎる状況なのも考えものだけど、

ちょっとくらいは大変な思いをしたほうが

思い出の良いスパイスにもなるだろうしね。

 

というわけで、「あえて大変な思いをしてみる」というのも

より充実した旅にするために必要な要素なのかもしれない。

 

さて、前置きが長くなったが、

「御楽縁生記〜福岡・山口編〜」3日目の内容に入ろう。

 

3日目となる山口の朝は下関から。

 

朝は早めに起きて、観光がてら周辺を散歩する。

 

 

まずはゲストハウスの近くにあった赤間神宮に訪れた。

 

赤間神宮は、安徳天皇を祀る神社である。

 

 

 

耳なし芳一の像がある。

 

 

良い顔してるねぇー。

 

自分の世界に入り込んでいるテクニカルなギタリストほど

美しいものはない。

(※↑彼は琵琶法師ですよ)

 

 

 

 

そういえば山口には偉人も多い。

総理大臣8人も輩出したってね。

 

 

その後は街中をふらふら歩いてレトロな建物を拝見。

 

中に入って見学などした。

 

 

 

金子みすゞ氏を最後に撮影したカメラだそうな。

 

 

 

 

郵便局のポストもレトロかわいい。

 

 

こちらは巌流島行きのフェリー。

時間的な事情から今回は見送ることに。

 

 

街中も海が近くて開放的な環境。

開発もされていて住みやすいけれど、都会すぎない。

 

最高じゃないか。

 

いろいろ見て歩いていたら、お昼も近づいてきた。

 

というわけで、この日一番の目的地であるこちらに立ち寄った。

 

 

 

唐戸市場である。

 

その日の夜は福岡のゲストハウスに泊まるため

生鮮食品は買えなかったのだが、

乾物で何か美味しそうなものがないか

いろいろ見て回った。

 

この日一番楽しみにしていたお昼ごはんは

「市場食堂よし」さんで食べた海鮮丼だ。

 

 

 

1日目に寄ったお寿司屋さんも絶品だったが

こちらの海鮮丼も破壊力高い。

 

こちらを食べてしまったら、

もうしばらくは他の店で海鮮を食べることができなくなるはず(笑)

 

実際帰宅して他で海鮮を食べる機会があっても

「なんか違う」感が拭えなかったしな…。

 

今後も海鮮を食べるためだけに下関に行きたいなとも

思ってしまったのである。

 

むしろここまで海鮮が美味しいのであれば

下関に住んでも良いかも?

…なんてことが頭をよぎった。

 

自分の中で「海鮮と言えば下関」という構図が

見事に完成してしまったわけだ。

 

ところで、この海鮮丼を食べている時に

ちょっと珍しいことが起きた。

 

店員のおばさま方が何やらザワついているのである。

 

どうやら著名な演歌歌手(男性と女性の2名)が、

テレビの取材で市場に来ていたのだとか。

 

遠くからだからはっきりとはわからなかったけれど

確かに、市場の中を彼らが歩いていくのが食堂の窓から見えたし

僕が市場に戻ってからも、取材している様子が見えた。

 

開かれた場所なので取材もたくさんありそうだけれど

有名人が来るのは、やはり皆嬉しいようだ。

 

つっても、僕はミーハー気分よりも

カメラに写りたくない気持ちが強くて

極力避けていたわけだが(笑)

 

 

昔からそう。

 

わざわざ自分からカメラに向かって

「イェ〜〜〜イ!!」と喜び勇んでWピースするタイプじゃない。

 

むしろ

「うわぁー…なんでカメラがいるんだよ…」

と嫌がってUターンするタイプだから。

 

だってカメラに写ったら…

 

妖怪であることがバレちゃうんだもの!!

 

なーんて、どうでもいい戯言でした(笑)

 

さて、心ゆくまで下関の街を堪能したら、

次の目的地である福岡へと移動する。

 

しかし、普通に電車に乗るのでは、

行きと全く同じルートになるため面白くない。

 

せっかくなので、ちょっと変わった行き方で

福岡まで向かうことに決めたのだった。

 

 

そうそう。大砲の中に入って関門海峡をドピューンって…

 

 

違 う わ い ! ! ! !

 

次回↓をお楽しみに!!

 

Similar Posts:

コリュの地下室LINE@シアターに友だち登録してみる?

「あなたの人生という劇場を自分らしく思い通りに生きられる」LINEシアターを開催中です!

「雨人(あめんちゅ)=読者」としてお友だちに追加いただくと、”天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)”もとい”コリュ”のちょっとしたつぶやきやアイデア、ブログの更新情報や漫画やイラストを受け取れます。

ぜひ以下のQRコードから私コリュをお友達に追加して、リアルタイムなシアターをお楽しみください!

 

こちら↓からコリュをお友達に追加してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*