さらば、義務(ギブ)&洗脳(テイク)

世の中には

 

「〇〇しなければいけない」

「〇〇しないと〇〇になれない」

「〇〇してはいけない」

 

みたいな義務や洗脳があまりにも多いと思う。

 

 

いや、思う、じゃなくて…

 

 

実際多いよなぁ。

 

 

いやはやまったく息苦しいよなぁ。

 

 

 

…そう思わないかい?

 

 

 

「メェ?」
 

 

…………。

 

 

 

最近気づいたんだけど…

 

「やらなきゃいけないこと」って
大抵別にしなくても良いことなんだよね。

 

もしかしたら自分自身で「やらなきゃいけない」と妄想しているのかもしれないし、
ただ、やらなかった場合の恐怖に対して動かされているのかもしれない。

 

 

色んな本を読んでわかったけれど、
恐怖で動くことはあまり良くないことがわかった。

 

いや、むしろやめたほうが良い。
それくらい身体に対するストレスが大きいからだ。

 

 

むしろ、「いかに遊ぶか」が重要。

 

 

 

 

自分にとって心地良いことだけを考えていくほうが、
心から幸せになれると思うし、
若々しくて健康的な身体を手に入れることができるはずだ。

 

 

これでも多くの人はまだ

 

「会社には3年以上務めなければいけない」とか

 

「良い会社に入るためには良い大学に出なければいけない」とか

 

「結婚して家庭を築かないといけない」とか

 

「周りに迷惑かけてはいけない」とか

 

いろんな義務感や焦り、不安で動いている人が多いと思う。

 

 

「その通りにならないといけない」と考えながら
親や周囲の人間からのプレッシャーを受けて、
失敗を恐れて行動している人もいることだろう。

 

 

自分や他人の生き方にあまりにも制限や条件ばかり付けていたら
自分自身が生きやすくならないだけじゃなくて、
常に緊張感でガチガチだったら身体も壊すよね。

 

 

…でもこんな生きにくい生き方というのはもう昔前の話。

 

今は時代と共に価値観が変わってきているし、
インターネットの発達とともに自分を表現する機会や場所が増えた。

 

実際に僕の回りには
自分をありのままに出すことで人が集まってくる人が多いし、
楽しそうにお金を稼いでいる人もたくさんいる。

 

確かに、僕だって不安が全くないわけではない。

 

でもどうにか以前よりも楽になれたのは、
上に挙げたような「自分に正直に生きている人たち」と出会えたおかげだ。

 

もしこれが生まれてから今まで一定の価値観しかないコミュニティに
身を置いていたらと思うと非常にゾッとする。

 

要するに「家庭」だよね。

 

 

僕は以前、↑の記事でも言っていたことがあるが、
真の意味で自分が楽に生きるようになるためには、
安心できる「家庭」から離れるしか無い。

 

その安心感は本当の意味で自分を癒やしてはくれない偽物だからだ。

 

暗い自分のままだったら、それはそれは変化がなくて楽だけど、
自分が一番苦しいのだ。

 

しかし、自分自身を変えるには、
これまで身を置いていた考え方や価値観を手放さないと
なかなか変わることができないと思う。

 

僕も他者に対する恐怖だったり依存だったり自意識だったりが非常に強かったから
この辺のマインドを作り上げるのに時間がかかった。

 

もちろん今も発展途上ではあるが、
自分がどう見られているか、嫌われないか、ということよりも
どうしたら周囲の人を助けられるか…という考えに変わってきたように思う。

 

そして、何かをやるにつけてハナから「無理だ」と決めつけるよりかは、
「やってみないとわからないな」という考えに変わってきた。

 

ただ、一番の足かせになっているのは、
性格上、出来るだけ自分で解決したいという気持ちが少し強いようだ。
もっと素直に人に相談できたら良いなと思うんだけどね。

 

世の中にはすぐに結果が出る人となかなか結果が出ない人がいると思うけど、
素直な人は悩んだり疑心暗鬼になったりする間もなく行動に移すから
成長のスピードが早いんだと思う。

 

慎重になるのは仕方がないけれど、
あまりにもひねくれたものの見方だけはしないようにしたいね。

そうならないように、
不満があったらなるべく言うようにするだけでも良いのかもしれない。

 

 

だから僕は出来るだけ色んな人と会うようにしている。

特にこれまで自分が内心嫌でモヤモヤと感じていた固定観念やらなんやら
それらを否定してくれる人達の存在が必要だと感じているのだ。

 

確かに、これまで生きていた中で自分に酷い扱いをしてきた人達もいたけれど、
そんな人達よりも自分を大切にしてくれる人が遥かに多い。
自分の未熟さが原因で粗相をしても、許してくれる人だってたくさんいる。

 

そうやって「自分が価値のある存在」であることに気づいて、
周囲の人々に心から「ありがとう」と思う気持ちを持つ。
体験を一つずつ積み重ねていくしかないんだよね。

 

それは何年かかるかわからないけれど、焦らなくていい。

 

別に誉められなくたって良い。

 

「ありがとう」の言葉があれば良い。

 

実際にそれだけで自分の存在が許されている気がする、魔法の言葉だからだ。

 

 

僕も少し前まではギブ&テイクの考えだったけれど、
最近はだいぶ緩んでいる。

 

「ギブ&テイク」は、「義務&洗脳」でもあるからだ。

 

 

自分の身を犠牲にする「ギブ&テイク」じゃなくて、

「自分が楽しみながら無償の愛で世に貢献できる」

これが理想だ。

 

 

当たり前になっている価値観から抜け出そう。

 

 

それにはまず、自分が遊ぶことから始まる。

 

 

※ハウステンボスにだって一人で行ってしまうくらい遊ぶの大好き、なのである。

Similar Posts:

コリュの地下室LINE@シアターに友だち登録してみる?

「あなたの人生という劇場を自分らしく思い通りに生きられる」LINEシアターを開催中です!

「雨人(あめんちゅ)=読者」としてお友だちに追加いただくと、”天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)”もとい”コリュ”のちょっとしたつぶやきやアイデア、ブログの更新情報や漫画やイラストを受け取れます。

ぜひ以下のQRコードから私コリュをお友達に追加して、リアルタイムなシアターをお楽しみください!

 

こちら↓からコリュをお友達に追加してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*