青春18きっぷ2019夏⑪〜フライト前に天園ハイキングコースに行ってきた話・後編〜

本来ならサクッと終わらせようとしたはずなのに

意外と長くかかってしまった18きっぷの旅も

今回で本当の本当に最終回。

 

旅の間には浜名湖近辺で理学療法士さんにお会いしたり、

豊洲のライブに参戦したわけだけど、

そのへんのイベントについてはまたあとで書く予定。

 


というわけで、

最後までお楽しみいただけたらと思う。

 


最初から読むにはこちらから↓

 

 


前回は鎌倉の天園ハイキングコースに行こうということで

電車の中や鎌倉に着いた時の様子を書いた。

 

というわけで、今回はさっそく本編である天園コースの様子を書いていきたい。

 


前回↓

 

さて、予め言っておきたいのだが、

基本的に僕は自然の中をひたすら歩くとなると、

一心不乱になるので、あまり詳しいことは覚えていない。


歩く距離も長かったし、

しかもほとんど急に決めたことだったものだから

歴史や具体的なスポットなど事前の情報収集も甘かったしね。


そのため、ここから下はほぼ写真のみの掲載となる。

文中の情報や記憶もあやふやなことが多いので、

そのへんは自己責任で。


ハイキングの雰囲気だけでも楽しんでいただけたらと思う。

 

 

 

 

 

 

こういう狭い道もあるんだね。

 

 

 

 

なぜかここだけ穴が空いているのが気になる。

 

 

現代アートみたいな不思議な形の岩。

 

 

こういう穴を見かけるとなんだか気になっちゃう病らしい。

 

 

結構登るのがきついところもいくらかある。


あと、完全に道が作られているわけではないなど、

構造的にどちらへ行ったら良いのか一瞬迷う場所もあった。

途中で木々の隙間から遠くの景色が見える。

時折こういう景色も楽しみながら、

歩き続けることができるのも、ハイキングの醍醐味。

 

 

 

紐があるのは登る人のためかな???

親切な仕様だ。

 

 

 

 

こういう形の構造物ってなんだかジ◯リ作品に親和性がありそう。

(ちなみに僕、ジ◯リ作品に全く興味なし。)

 

 

 

どうしたらこんなミルフィーユみたいな形になるんだろ?

 

 

 

途中でこのような案内板があった。

0.7kmくらい歩いたということか。

僕は天園方面に進むので、あと3kmは歩かないといけないな。

 

 

 

綺麗。

 

 

 

こういう形も自然にできるのかな?

すごく独特で面白いな。

 

 

 

 

さっきから岩ばっかり撮っているけれど、

それくらいユニークな自然の造形美に心奪われているからだ。

 

 

 

過去には様々な自然の中を歩いてきたけど、

こんなに山の中が

「自然が作った現代美術館」と言わんばかりに

珍しい形の岩で溢れている…

歩いているだけで美術館を訪れているような気分になれるのは

素敵なことだ。

 

 

前回訪れた飛龍の滝の周辺は、

まるで日本の寺院のように神秘的な和の雰囲気が漂う山だったので

それはそれですごく好みだったのだが、

さすがに現代アートっぽくはなかったので、

その点でこの山はまた違った雰囲気がある。

 

 

それぞれの山を芸術家に例えると

「横山大観」か「草間彌生」かって感じかな?

(僕は両名に関してそれほど詳しいわけじゃないけど)

 

 

↑両者の違いを個人的な見解でイメージした図

 

 

同じ神奈川県の中にあるのに、

それぞれ個性的な特徴があるのは面白いなと思った。

 

 

飛龍の滝への旅の記録はこちらから↓

 

 

 

 

そしてなぜこの木は他の部分がなくこれだけの状態で立っているのだろう?

と不思議だった。

 

 

 

 

 

岩の造形美も美しいけれど、

木の美しさも素晴らしい。

 

 

 

 

こうして木々が連なる様子を撮影するのも好きなのだ。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

風が強いので背の高い木々がざわわざわわしてるのも

ちょっと怖く感じるのだが、

妖しさ満点で個人的にはすごく良い。

(なので上の動画は白黒に加工している。)

 

 

 

天に向かってまっすぐ伸びた木。

そのまま雲をも突っ切ってしまいそうだ。

 

 

 

木の根っこの形も静脈みたいで好きなんだ。

 

 

 

箱根のときと違って岩が本当に多いけれど、

その分異世界の迷路に迷い込んだような

SFっぽい気分になれた気がする。

 

 

 

 

ちなみに、写真に関しては

山の中で歩きながら撮影するので、

基本的にほぼ1回きりの撮影だし、構図もあまり気にしない。

 

 

 

その分、作られていない「リアル感」を

感じ取っていただければなと思う。

 

 

 

 

 

 

そして、駅からずっと歩いてきて

2時間ほど経った頃だろうか。

 

 

 

この辺で山頂に着く。

 

 

最初は山頂だとわからなかったが

建物があることで山の中ではなく、

むしろ出口に近いと思っていた。

 

 

幻想から一気に現実に戻ったようで

ちょっとテンションが下がりもしたが、

一方で、ずっと一人で山の中を歩いていたものだから

人の気配がすることでちょっと安心感を覚えた。

 

 

ちなみに、天園コースに入り始める頃

天狗の像のところで見かけたおじさんと数人の子供たちは

いつの間にか先へ先へ進んでいたのか、全く追いつかない。

 

 

自分はその人たちから5分くらい遅れてスタートしたはずなのに

なんて速さだ。

 

 

もしかしたら、普段からハイキングやトレッキングに

慣れている人たちだったのかもな。

 

そうでなかったら、きっと神の使いかなにかかも知れない。

 

…なんてことを考えていたのだ。

 

 

 

 

山頂からの景色は、こうして鎌倉アルプスを一望できる。

 

周りには誰もいなかったし、絶景を独り占め。

 

それはきつい山道をひたすら歩き続けた者だけが味わえる、

自然からの贈り物なのだ。

 

この山頂からの景色は動画でも撮っておいた。

 

 

↓とにかく風の音がすごすぎて

感動できるほどのものではないが(笑)。

 

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

雨呑家さん(@koryu_aminumiya)がシェアした投稿

 

でも…ずっと歩いてきたら、

ここにたどり着いた時にはすごく感動するだろう。

 

山頂に行き着いたところで、

あとはひたすら先へ進むのみ。

 

 

 

 

 

建長寺から1時間ほど歩いてきたようだ。

瑞泉寺まであと35分だ。

頑張れ俺。

 

 

 

 

 

この先だっけ?

 

 

うろ覚えなのだけど休憩所があった気がする。

 

 

ちなみにこの休憩所で、

見失っていた先客たちを見かけることになった。

 

今回、その休憩所は素通りしたけれど、

食事のメニューを頼んでもよいし、

最安だと自販機で売られているジュースを買えば

誰でも自由に利用できるようだ。

 

こうしてひたすら歩いて疲れた頃に

ちょうどよくこの休憩所が現れるのだから

僕のように北鎌倉から天園コースに入ることをおすすめする。

 

 

 

 

 

 

 

何かの巣かな?

 

 

そういえば途中でトレイルランニングしている方ともすれ違ったな。

 

 

走りにくい箇所などはあるだろうけど、

自然の中で走れるって楽しそうだよね。

インドアな俺には全く無縁の世界かもしれないが。

 

 

 

 

木々も千差万別でいろいろな種類がある。

 

木という自然が生んだ偉大な芸術品に

自分たち生命体はどうあがいても勝てない気がするのだ。

 

 

 

 

この木、なんか好きなんだよなー。

 

 

 

 

 

 

この辺だったかな?

 

 

逆方向から来た外国人に「ここから先は天園ですか?」

というようなことを聞かれたのだ。

さすが鎌倉。

 

 

寺院だけでなく山の中まで世界中の人を魅了するのだ。

 

 

 

 

瑞泉寺まであと0.4km!!!!

ここまで来たら一気に追い上げるぜ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木々の隙間から住宅が見える!

 

 

 

 

そろそろ出口が近い予感。

 

 

 

きっとこの階段を抜けると…

 

 

 

じゃじゃん。

 

 

 

 

どうやら到着したらしい。

 

ここから駅までひたすら街中を歩く。

 

途中でいろいろ寺院や

小町通りなどの観光スポットを散策したかったけれど

もうこの時点で16時半くらい。

 

先程の看板周辺から駅までさらに20分もあるのだ。

 

 

17時台の電車には乗りたいので

ちょっと足を速める。

 

 

ちょっと急ぎ足だったので、この間の写真は無い。

 

 

 

 

鎌倉の町並みを楽しみながら、ようやく駅の近くまで到着。

 

 

その後は駅のロッカーから荷物を取り出し、

電車を乗り継いで羽田空港まで向かった。

 

羽田空港では、

楽天ゴールドカードのラウンジ無料サービスがあと1回残っていたので

保安検査通過後のラウンジ「POWER LOUGE NORTH」で過ごすことに。

 

 

楽天ゴールドカードは年2回まで無料でカードラウンジを利用できるので、

年に何回か国内旅行をする方であれば1枚持っておくと便利なのだ。

 

カードラウンジは1回1000円くらいの所がほとんどだから、
2回利用できれば年会費分は相殺できるしね。

下の写真は過去にラウンジを利用した時の写真だけど、
このように飛行機が間近で眺められるのだ!

 

 

 

ドリンクバーも充実してるので、
日本全国のカードラウンジの中でも、
特にお気に入りのラウンジの一つだ。

 

 

ちなみに、楽天ゴールドカードは
他のゴールドカードに比べて審査が通りやすいとは思うけど、
まずは普通の楽天カードを作ってそちらを利用してみることをオススメする。

 

僕も初めは普通の楽天カードを使ってたし、
定期的に使って信用を得ていけば、
年収や社会的ステータスがそんなに高くない方でも
簡単にゴールドカードを作れるかと思う。

 

楽天カードの詳細はこちらから。↓

 

 

飛行機の中では、普段であればあまり買わない弁当を食べながら、

機内で放送されているドキュメンタリー番組を観ながら

快適な時間を過ごした。

 

 

この時台風が西日本を直撃していたものだから、

帰省ラッシュと被っているし、

空港も保安検査場も絶対混んでるかな?と思っていたのだが

幸運なことにそんなことはなく、スムーズに移動できた。

 

 

 

 

ちなみに弁当を食べているとすぐにCAさんがお手拭きを渡してくれる。

 

こんな風にホスピタリティも高いからANAは好きなんだよね。

 

別々のCAさんから合計2つもお手拭きもらっちゃったよ(笑)。

 

 

 

 

とうきび茶もうまかった。

 

今後も内地に来た時はこれ買おう(売っていればな)。

 

 

 

…さて、最後の方はちょっと雑になってしまったが、

以上が天園ハイキングコースの感想である。

 

 

今回の天園ハイキングコースで個人的に印象深かったことや

個人的な反省点をまとめると

 

 

・天園コースの山中は現代アートのように個性的な岩がたくさんあった!

・その個性的な岩の間を歩いているのがなんだかSFっぽかった。

・自然が豊富で十分な森林浴が出来た!

・とにかく景色が素晴らしいの一言。

・しかもコース入口付近で天狗さんが出迎えてくれてテンション上がる。

・風がゴーゴーすごかった。(当時西日本に近づいていた台風の影響?)

・事前に歴史的なことを調べていたらもっと楽しめたかも?

・寺院や観光スポットや休憩所などでゆっくりしたかった。

・そのエリアを隅から隅まで楽しみたいなら、

午後だけ旅行する形をとるのではなく、

1日中楽しむくらいの気持ちで時間にゆとりを持って行動しよう。

・休憩所が後半に現れるので、北鎌倉から行くのが良さげ。

 

 

こんなところかな。

 

 

さて、今回で長かった18きっぷの旅も終わり。

 

 

2019年は台風シーズンということもあり、

天園コースも木々の倒壊などで一部通れない箇所があるらしい。

 

参考↓

 

 

天園ハイキングコースは、その文字通り

天まで通じていそうなほどに崇高な雰囲気で

まるで鎌倉全体を包んでしまいそうなくらいの

絶景を見渡せるような山である。

 

 

被害に遭う直前に訪れる機会があったのは

個人的にはラッキーだったが、

その分このような被害を受けていることを知り、

とてもショックだった。

 

 

ちなみにこの記事を書いている時は

台風19号が日本を直撃した後で

地元もかなりの大打撃を食らっていたことを知った。

 

 

 

 

上の映像は田川が氾濫した宇都宮駅周辺の様子である。

 

 

氾濫したという情報は親から聞いていたのだが、

映像で見ると想像以上に酷くて恐ろしいと思った。

 

 

近くにある寺院は年末までお墓参りができない状態だという。

 

 

 

 

ちなみに、普段の田川はこんな感じ↑である。

 

基本的には穏やかで、桜が満開の時期は本当に美しいのだ。

 

電車も両毛線などは、一部が破壊されて運行できなくなってしまった。

 

それが各地にあることを知って、心が傷んだのは僕だけじゃないはず。

 

 

また皆さんが安心して電車に乗ったり

各地を旅したりできるように、

台風で傷を負った箇所の1日も早い復旧と、

皆さんの心の傷が癒えることを願っている。

 

 

僕も復興した場所に訪れてその様子を書くなどして

地域の活性化に貢献できたら良いなーと思う。

 

 

今回挑戦できなかった飯田線からの中央線経由の旅も

いつか実現させたいしな!

 

 

というわけで、今後も旅の記録は書いていくので

楽しんでご覧いただけると嬉しい。

Similar Posts:

コリュの地下室LINE@シアターに友だち登録してみる?

「あなたの人生という劇場を自分らしく思い通りに生きられる」LINEシアターを開催中です!

「雨人(あめんちゅ)=読者」としてお友だちに追加いただくと、”天海夜 煌琉(あまみや こうりゅう)”もとい”コリュ”のちょっとしたつぶやきやアイデア、ブログの更新情報や漫画やイラストを受け取れます。

ぜひ以下のQRコードから私コリュをお友達に追加して、リアルタイムなシアターをお楽しみください!

 

こちら↓からコリュをお友達に追加してね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*